2005年09月

2005年09月30日

金魚

e5467a21.JPG知人のお店で窓に金魚の飾りが下げてありました。
ゆらゆら揺れて、とてもかわいらしいです。
三匹の金魚の顔がそれぞれ違っていて、
ちょっと太めで鯉のぼりならぬフグのぼりみたい。

そういえば、学生の頃、自分の部屋をピンクと白で統一して
かわいいぬいぐるみなども置いたりしていました。
いつの間にか、グレーや黒やベージュが落ち着く色になり、
飾り物なんて邪魔なもの、そんな風に思うようになっていました。

私は変わったかな・・なんて思って少し寂しくなりました。
夢を見なくなったわけではないのに。

金魚を飾った人は、その金魚の顔が表わすように
かわいらしい人です。
たぶん、私がどこかに置いてきてしまった少女の心を
持ち続けているのでしょう。
たとえ、現実の厳しさを知っていても・・・



mick0120 at 18:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0) エッセイ