2007年01月

2007年01月06日

cf625a47.jpg信州北国と言えど、松本は雨雪が少ない地域です。

朝、その静けさに遅く起きると、
外は予報通りの雪でした。

玄関からのアプローチ、駐車場までのアプローチ、
道までのアプローチと雪かきしていくと
汗びっしょりになります。
家に入って気づくと
指が曲がらなっている。

雪かきって大変な作業だと
シミジミ思います。

それでも、この松本に暮らしていて
時折の雪の日に雪見障子を上げて
白く積もった雪を見ながら
コーヒーなど飲んでいると
それはまた風情があるというもの。

最近買った二冊の本。
そのうちの一冊を開いています。
今、読んでいるのは「寡黙な死骸 みだらな弔い」
小川洋子の短編集です。
この人の、登場人物の心理に切迫しない描写は
結末の後味とは別に軽快な感じがします。

あ・・・そろそろ二度目の雪かきに立ち上がらなければ・・・




mick0120 at 15:37|PermalinkComments(6)TrackBack(0)