2010年10月

2010年10月13日

古来農法で信州蕎麦を育てる【その2】

古来農法で育てた蕎麦が収穫を迎えまして
奈川の昔からの食べ方で食してまいりました。


IMG_8134

火を熾して鉄鍋でお湯をわかしています。


IMG_8143


こちらは蕎麦おやき。
一人がそば粉をかき混ぜ
もう一人がお湯を足していくという
二人がかりでこねたそば粉を
灰に乗せて焼いていきます。


IMG_8177

出来上がった蕎麦おやきに
辛みそを付けていただきます。
外はかりっと、中はふわふわの100%蕎麦のおやき。

すごく美味しかった。


IMG_8260


今度はとうじ蕎麦を作ります。
若い頃から蕎麦を打ってきたおばあちゃんは
手が曲がってしまっていました。
蕎麦打ちは重労働なんです。


IMG_8366

切り方も熟練。


IMG_8412

奈川のとうじ蕎麦は
鍋に鶏肉や山菜を煮込んだ汁を煮立てて
そこに一口サイズの量の蕎麦をしゃぶしゃぶのようにくぐらせて
汁と一緒にいただくスタイル。
これがすごく美味しいのですが
作り手はとっても忙しいです。


IMG_8400

春に苦労して作った畑から取れた蕎麦は
このひとザル。

感謝せずにはいられませんでした。



mick0120 at 23:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)