2013年01月

2013年01月19日

お正月の習慣

その家の歴史とか
その家独自の習慣というのは
いったいどうやって始まるのだろう

最初はほんの些細なきっかけに過ぎなかった事が
続けていくと
欠かせないものになって
「縁起」になっていったりする


お正月を淡路島で迎えることになったのは
ごく些細なことからだったのだけど
それが20年も続くと
風習と呼んでいいと思う。

その間に起きた社会的に大きな事も含めて
消せない記憶を重ねていく

2013_01_10 iphone 137-1 
















淡路島で振舞われる地酒は都美人
このお酒の味も年々変化してきて
飲みやすいお酒になった


2013_01_10 iphone 150-1
















金刀比羅宮

以前は高速道路も繋がっていなくて
とても時間のかかる遠い場所だったので
最初の頃は淡路の厳島神社にお参りに行っていたのだけど
いつの頃から頑張って琴平まで行くようになった。

今は高速道路が繋がって
昔より早い時間で行けるようになった代わりに
近くに駐車するのは困難になった。

ここ3年ほどは
裏参道から登っています。


2013_01_10 iphone 153
















神馬
白と黒の二頭いた

2013_01_10 iphone 156-1
















下りは表参道で。
町並みがいい。


2013_01_10 iphone 158
















ねこいた。
カメラ向けたら、可愛いポーズをしてくれました。
ありがとうございました。

2013_01_10 iphone 163
















淡路に戻る時のこの風景が好き。


途中、必ず買うもの。
津田の松原SAにて

2013_01_10 iphone 178
















小豆島のオリーブサイダー

image
















小豆島のオリーブオイル。
自宅で料理に使う油はすべてこれ。
まとめ買いします。

2013_01_10 iphone 180
















今回買ってみた
日本最古の唐辛子。

古いものが好きなので
最古という言葉に弱い。
ハンパな古さじゃないぞという堂々たる古さ。
淡路のイザナギイザナミ神話並みです。

私は九州王朝支持ですが・・

住む場所をどこでも決めていいとしたら
昔は海外の某国を思っていたけど
今は九州か四国と思う。

和でも倭でも
日本は素敵です。

2013_01_10 iphone 204
















帰路で毎回撮ってしまう場所。
空の青とビルの青とそこに映る青


2013_01_10 iphone 292
















御堂筋。

親愛なる画伯が大阪に住んでいた時の話を時々思い出します。
御堂筋が一方通行になった日のこと。

「こんな大きな道が一方通行になるなんて想像もできなかった。
 いざ当日になってみると
 何車線もの道を整然と車が同方向に走っていた。
 なんだかわからないが感動してた」

2013_01_10 iphone 365-1























帰り道で必ず出会う
関ヶ原の雪

ナビ画面に現れる雪だるまのマークが可愛いですが
実際の道路は緊張感たっぷりの吹雪でした。

取りあえず。

20年目の新年も
変わらない幕開けであったことに
感謝して

明日は二十日正月。

私の母は「お年取り」と呼んでいましたが
一月二十日を境に
お正月気分は終わりですという日なのだそうです。

そんなわけでお正月気分のうちに
お正月のブログを書いたわけです。















mick0120 at 22:39|PermalinkComments(0)