2013年05月24日

塩の道(千国街道)を歩く その◆\通攜

中綱湖から青木湖へ。

青木湖。
昔母親が言っていた言葉が
いつも映像の用に蘇る場所。

「湖はすり鉢になっていて、その底は深くて
落ちたら上がってこないんだよ」

それは子ども心に深く怖いイメージとなって
今もリピートする。

このハート型の湖は
その言葉の通り断層湖で、下から湧水があがってきている。
どこからも流れ込んでいる川がない。


DSC_6984 














青木村の堂崎観音
DSC_6993
















内部。お邪魔します。
DSC_6988














お堂の写真など撮ると
時に超自然的な事が起きたりするので
見えない何かの存在を脅かしてはいけない。

挨拶は欠かさずに。



そしてここからが素敵な山道。

青木湖西岸のニリンソウの咲き乱れる街道沿いに
石仏が点々と安置されている佐野坂峠。

佐野からエビスマ原まで続く
西国三十三番観音。
どれもが文政12年丑年に作られたもので
砂岩じゃないので削れずに美しく残っている。DSC_6996






 








如意輪観音
DSC_7017

































千手観音
DSC_7066



































聖観音
DSC_7045
















時々、かつてゲレンデ内にあったお店に出会ったりして
青木湖は楽しいスキー場だったなと思い馳せたりする。
記憶の落ち葉が積み重なって
複雑なメロディーになる。



鬼石。
昔々、鬼がこの石を投げようとしてたてた爪痕が残っているという伝説の石。
DSC_7076







 










次は佐野に向かいます。

 

mick0120 at 22:24│Comments(2)

この記事へのコメント

2. Posted by mick   2013年12月09日 20:39
terawaさん
コメントありがとうございます。観音様、癒されますね。
1. Posted by TerawaHatsushi   2013年05月26日 10:41
5 素晴らしいコースですね

「千手観音」すきになりそうです

コメントする

名前
URL
 
  絵文字