独り言

2016年09月16日

何を美しいと思うか


ずっと前から知っているけれど
名前を知らなかった。

むくげ というらしい。

名前を知るというのは
何だか限界を決めてしまうような夢のなさと
知らない人が知り合いになるような夢の続きとを
併せ持つ

随分前になるけれど、絵画クラブに綺麗な歳下の男子がいた。
友達がその子の美しさを語った時のことが、印象的だった。

休みの日は何をしてるのか聞いたら、
「遅く起きてお風呂に入って昼間からビールを飲んで昼寝するんです。それが一番好きな時間です」と彼は答えて、その一連の姿を想像して、何て美しいんだろうと思ったと言った。

何もしないという行動に感動した友達の感覚の方が私には驚きだったけれど、会話のイメージは私の中で固定されて、休日のお風呂やビールや昼寝が、美しい絵になっている。

美しさとは名前なんだ、と
ふと思った。


mick0120 at 19:00|PermalinkComments(0)