[追記 2015/01/29 AM3時前後]

ちなみに,そのfacebookアカウント Micky The Cruel の読んだ本に,当初,記していたのは次の10冊で,老若男女を問わず,皆さまにお勧めです。

ルソー「社会契約論」
プラトン「国家」
池田晶子「悪妻に訊け-帰ってきたソクラテス」
ロック「市民政府論」
プラトン「ソクラテスの弁明」
スタンダール「赤と黒」
毛沢東「毛沢東語録」
キッシンジャー「外交」
モンテスキュー「法の精神」
マキャベッリ「君主論」

中学生の頃に,シェイクスピアだの夏目漱石だの太宰治だのにも,とりあえずの教養として,目を通したけれど,あまり強い関心はひかれなかったなぁ。

そういえば,小学生の頃は,自発的に読んでいた「ドラえもん」や「サザエさん」,「じゃりん子チエ」以外に,父に勧められて,次のような漫画を読んでいたなぁ。

ジョージ秋山「浮浪雲」
ちばてつや「のたり松太郎」
山上たつひこ「がきデカ」

良くも悪くも,漫画を含めて,読書は,社会人になってからの生き方に影響あるね。

そうそう,今読みたいのは,次の2冊かな。アマゾンのほしい物リストに加えている。

「シオンの議定書」
「パール判決書」

「パール判決書」のほうは,本当は,原典の英文版を読みたいんだけど,35000円近くなので,少し躊躇するね。









[以下,本文]

次の ------------- 以下に記す文書をCanaryの問題の報告として送信したよ。
この問題の報告には,スクリーンショットを含めることができるんだけど,次のリンクのハードコピー画像とほぼ同じものをそのスクリーンショットとして送信に含めたよ。
https://drive.google.com/file/d/0B0rIu6IydH1qM2xqZ1AtOWRmNWs/view?usp=sharing



-------------

(miracle toypoodleでログインしたCanaryから,Googleにフィードバックを送信。15/1/29 2時17分)

デュアルモニタ左側では,Waterfox上のfacebookで,Micky TheCruelのアカウントでログインして,Micky TheCruelの読んだ本を表示させています。
これに対して,右側では,Canary上のfacebookで,東京太郎のアカウントでログインして,Micky TheCruelの読んだ本を表示させています。

Canary上では,Micky TheCruelの読んだ本が適切に表示されていません。

実は,左側に表示されている10冊に加えて,ヒトラー「我が闘争」を読んだ本に含めていました。

ところが,このスクリーンショットの表示以前に,Canary上のfacebookで,東京四郎のアカウントでログインして,Micky TheCruelの読んだ本を表示させてみると,そのヒトラー「我が闘争」だけが表示される状態でした。
さすがに,その1冊だけが表示されるというのは嫌だなぁと思って,「我が闘争」を外しました。

これはなぜでしょう?

Googleは,ユダヤと関係があるのでしょうか?
facebookがユダヤと結託して,Googleでの表示を操作しているとは考えにくいよね。

もしGoogleがユダヤと関係が深いんだったら,ユダヤに対して,「嘘はいけない」と伝えてほしい。
http://youtu.be/brIjssij5tQ?list=PLApqqGZRUe5rkrdA93HFl7sLw58FxbdxI


中共がその真似をして,南京大虐殺を捏造しているよ。
結局,いずれは,嘘などばれて,中共もユダヤも恥をかくだけだよ。

民族によっては,恥という概念がない?
そこのところは,よくわからないけれど,いずれ嘘はばれて,世界中から非難されるだけだね。