2010年03月01日

2月読了本。

2月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1361ページ

本当に正しい大人のスキンケア―美容皮膚科医が教える美肌テクニック本当に正しい大人のスキンケア―美容皮膚科医が教える美肌テクニック
読了日:02月07日 著者:吉木 伸子
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
読了日:02月14日 著者:吉田 秋生
海街diary 2 (フラワーコミックス)海街diary 2 (フラワーコミックス)
読了日:02月14日 著者:吉田 秋生
海街diary / 3 / 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)海街diary / 3 / 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)
読了日:02月14日 著者:吉田 秋生
暮しの手帖2010年1月号別冊 シネマの手帖 昭和篇 2010年 01月号 [雑誌]暮しの手帖2010年1月号別冊 シネマの手帖 昭和篇 2010年 01月号 [雑誌]
読了日:02月20日 著者:
物乞う仏陀 (文春文庫)物乞う仏陀 (文春文庫)
読了日:02月21日 著者:石井 光太
二十四の瞳 (新潮文庫)二十四の瞳 (新潮文庫)
読了日:02月28日 著者:壺井 栄

読書メーター

この月読んだ本の中で一番インパクトがあったのは石井光太さん著作の『物乞う仏陀』。石井光太さんを知ったきっかけは一昨年休刊になったPLAYBOYの日本版最終号。こちらに石井さんの連載『地を這う裸虫』の最終回が掲載されてたのです。軽い気持ちで読み初めたのですが・・・あまりにも重い内容に頭を殴られた様な衝撃を受けました(言葉にすると何だか軽々しく感じて嫌だなぁ。でも本当そうだったんです)。『物乞う仏陀』はノンフィクションですが小難しい文章ではなく、読みやすい(これ大事)。作者の思想がむき出しではなく、ありのままの現実や出来事を“報告”している様な印象を受けました。そして・・・本当に日本に生まれてきて良かったなぁと思いました・・・この本読んだらそう思わずにはいられません。
2010年02月05日

Cher 15th ANNIVERSARY BOX 

Cher 15th ANNIVERSARY BOXCher 15th ANNIVERSARY BOX

宝島社  2010-02-15
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


宝島社のサイト『Cher 15th ANNIVERSARY BOX』を何気にチェックしたら・・・発売日は2/13(土)ぢゃないか!個人的には15日発売でなくて嬉しい・・・だって15日って雑誌の送品が多いんだもの、コロコロとかたまひよとか諸々。まぁ・・・土曜は曜日的に朝から来店数が多く、忙しい事は忙しいけれど私的にはこの方が◎!いやーでも今回のバック可愛いですネ!特に持ち手がヨイなぁ〜と!Cherのバックは未だ所持していませんが心惹かれます〜(でもいっつも迷って買いそびれてしまうんだナ)
2010年02月04日

ファンクラブ特典届いた!

ファンクラブ特典送付
待ちに待ってた楽天イーグルス公式ファンクラブの特典が本日届きました〜!(箱の破損部は配達伝票を剥がした跡)そうなんです、イーグルスのファンクラブに入会したんです、私(コースはゴールドクラブ)。去年のCSのチケットが取れなかったのが入会を決めたのが動機です。相方ともその方(ファンクラブに入っていたほうが)がチケット取りやすいよね、っつー事で(ちなみに相方はソフトバンクのファンクラブに入ってます)。明日は早出なので、開封は我慢します。興奮して寝れなくなりそうなんで(笑)
2010年02月01日

1月に読んだ本。

1月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:249ページ

怖い絵2怖い絵2
読了日:01月25日 著者:中野京子

読書メーター

読書メーターを利用するようになってから約1年(開始は'09 2/3)…最低記録です。11月は17冊、12月は13冊ときたのにイキナリ今月は1冊。確かにページをめくると2Pで爆睡!という日が多かった(笑)『怖い絵2』も読み終わるまでもえらく時間がかかってしまい・・・いかんですなぁ。『怖い絵』シリーズ、面白いです。今まで絵画というのは単純な感覚(「わ〜キレイ」とか・・・)でしか眺めてませんでしたが、絵画鑑賞の奥深さを垣間見ることが出来ました。次の3巻目が最終巻だなんて本ッ当に残念!!なので読みたいような、読むのが勿体無いような・・・。
2010年01月30日

J・D・サリンジャー死去

訃報に驚いた…というよりも失礼な話“まだ存命中だった”という事の方に驚きました…すみません。最後の出版が1965年の『ハプワース16、1924年』。以降新刊を発表せず、しかもサリンジャー氏本人が相当もマスコミ嫌いのため表舞台に出てこないため、既にお亡くなりになっている人だとばかり勘違いしてました。サリンジャーといえばあまりにも有名な『ライ麦畑でつかまえて』(去年続編の出版を巡って訴訟騒ぎがあったんですね…知らんかった)。むか〜し友人がこの本を読んでいたく感銘を受け、目の前で色々語ってくれた事を思い出します。未読ですが何となく“青春期に読むべき本”という印象が強く(当然若い時期に読まなきゃならない本という訳ではありません)、訳者も苦手意識のある村上春樹なので当分触手は動かなそう。自分でもこの食わず嫌いは勿体無いなと思います(苦笑)そうそう、吉田秋生ファンとしては『BANANA FISH』のタイトルの由来「ナイン・ストーリーズ」収録の“バナナフィッシュにうってつけの日”の著者で覚えている方も少なくないでしょうね。。。
キャッチャー・イン・ザ・ライキャッチャー・イン・ザ・ライ
村上 春樹

白水社  2003-04-11
売り上げランキング : 34

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)
野崎 孝

新潮社  1986-01
売り上げランキング : 194

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2010年01月24日

桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油

桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油
昨日の「 SmaSTATION!!」はヒット予測特集。そこで取り上げられていた“桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油”。ゲストのツッチー(土田晃之サン)も喰いついてましたが、辛い物好きの私も物凄〜く気になりました。今日ヨークベニマルで発見、早速2個買い込みました。フライドガーリック&オニオン入りで焼き&水餃子によし!ラーメン・白いごはん・冷奴・納豆・炒飯・パスタと色々試せそう。「まずは白いご飯!」と思ったのですが母の友人が炊き込みご飯を手土産してくれまして(笑)まだ試してないです。明日の夕ご飯にぶっかけようと思います、楽しみッ!
2010年01月13日

どういう本を買ったのか気になった(少し)

ひょっとして鳩山首相は速読できるんでしょうか?書名だけだとピンとこないので表紙を並べてみました・・・。

日本辺境論 (新潮新書) 逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー) 闘うレヴィ=ストロース (平凡社新書) 日本国家の真髄

情の国家論 新自由主義か 新福祉国家か <民主党政権下の日本の行方> 文化力―日本の底力 ワールド・カフェ~カフェ的会話が未来を創る~

ネオリベラリズムとは何か 新自由主義―その歴史的展開と現在 談志 最後の落語論 昭和史 戦後篇 1945-1989 (平凡社ライブラリー)

レヴィ=ストロース講義 (平凡社ライブラリー) 暴走する資本主義 日本型資本主義と市場主義の衝突―日・独対アングロサクソン
日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか 確率論的思考 金融市場のプロが教える 最後に勝つための哲学 21世紀の歴史――未来の人類から見た世界 ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質 新しい資本主義 (PHP新書) フラット化する世界 [増補改訂版] (上) フラット化する世界 [増補改訂版] (下)

金融危機後の世界 世界の経済が一目でわかる地図帳―お金、人、資源、環境……世界はこう動く! (知的生きかた文庫) 

ラスト2冊は安彦良和氏のコミック『虹色のトロツキー』の7巻&8巻。Amazonで画像が出なかったので省略しました。巷では「28冊もの本をいつ読むのか?」と話題になってますが、個人的には首相がどんな風に本を選んでいたのかが気になります。直に売り場を回って現物を吟味して購入したのか?あらかじめリストアップしていたのでしょうか??記事には“ゆっくりと本屋でもショッピングを堪能した首相”とあるので前者ですかね。でも久しぶりとはいえ一気に28冊はスゴイなぁ。