Rock偏愛学〜Good Rockin' Tonight〜

STONESとKEITH RICHARDSを溺愛しつつも、ジャンルを問わず、意味なく更新してます。

11月21日にWilko Johnsonが亡くなった。

2012年に末期の膵臓がんと診断され手術後2014年がん克服宣言。

その後は来日してたが…


FullSizeRender



FullSizeRender

「Wilko Johonson's Solid senders」

Dr.Feelgood脱退後の初ソロ作1978年発売。

黒いテレキャスターに赤いピックガードを指でかき鳴らす独特なスタイル。

自分の中ではまだまだ!


4
比較的穏やかな日が続く本州の果て…

地球温暖化やのに何故冬が寒い?

わかったようなわからんような疑問を抱く今日この頃、ほどほど願う。

FullSizeRender
「Lucille & Friends」

B.B.King

豪華ゲストを引き連れた企画盤。

FullSizeRender

U2,Robert Cray,Stevie Wonder,Grover Washington Jr,Vernon Reid,John Lee Hooker,Diane Shuur,Mick Fleetwood,Stevie Nicks,Gary Moore,Branford Marsalis,The Crusaders,Albert Collins,Leon Lussell,Joe Walsh,Gary Wright,Mac Rebennack,Ringo Starr,Bobby Bland

ジャンルを越えたミュージシャンが集結。

B.Bを立てる人あれば我関せずの人あり…ゲストのキャラが垣間見える。

クレジット見ないと気がつかなかったり。

どこに居ても己を曲げない…いや変えようがないんが氷人Albert Collins!

スキなんもあるやろが一聴でわかってしまう。

この手のアルバムから知らんやった方を聴いたり参考書みたいな企画。


4
比較的穏やかな天気が続く本州の果て、明後日からは気温下がるとか?

FullSizeRender
FullSizeRender
「Djangology」

Django Reinhardt

ベルギー出身のギター弾き、ジプシー・スウィングの創始者。

1920年代後半から25年程活躍し43歳で生涯を閉じる。

いわゆるジャズでなくフュージョンでもなく…ブルースっぽくもある。

今で言うボーダレスか?タップダンスのバックで流れそうな雰囲気。

引っかくようなカッティングと氷人も真っ青なたたみかけるソロは鳥肌もの!


3
秋晴れの続く本州の果て、エエ季節ですな。

最近The BeatlesのRevolverのスペシャル・エディションが出たそう…買うてませんが。


FullSizeRender
FullSizeRender

「Pistol」

The Punkles

リボルバーやからピストル!相変わらずの視点。

おなじみのパンクDEビートルズ!収録曲
FullSizeRender


そのままコピーでなく選曲は色々と、笑いながら聴ける。










FullSizeRender
FullSizeRender
先日届いたアコースティック・ギター・マガジン


夜な夜なアコギを爪弾く日々。アコギの秋。

3
比較的穏やかな気候が続く本州の果て。なんやエエ季節。

そんな秋の夜長に。


FullSizeRender
FullSizeRender

「full moon and the shrine」

Keiko Matsui

某所のたたき売りで入手、打ち込みのドラムにサックス、尺八にピアノが絡むコンテンポラリージャズなるジャンル。

耳障りのエエ音と言いましょうか、作業の邪魔にならないタイプの音。

とは言え鍵盤の息遣いにハッとする不思議な魅力がある。

1997年ビルボード誌スムースジャズ部門年間総合売上3位だったそう。

たまにはこんなんもエエな。


4
比較的穏やかな秋晴れ続きの本州の果て、エエ季節。


FullSizeRender

「Street Talkin」

Elmore James

なんとも不気味なジャケ、よく見ると人の顔が。アナログは別ジャケやったそう。


Jimmy Reed,Eddie Taylorのクレジットあるが、7曲づつでEddie Taylorは全曲参加。

おなじみの3連スライドで始まるが気持ち柔らかな感じ。

Jimmy Reedは毎度のピヨピヨハープでゆるゆると。

秋の夜長はゆるゆるとスイング!






このページのトップヘ