a343df69.jpg

c5dfd3bb.jpg

572e403d.jpg

d6775f27.jpg

秋ですね。

そろそろ柿が食べたくなってきた今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

どうも、泥谷です。



泥谷、小谷地の両名で参加させて頂いておりました、

TEAM54プロデュース「のらん」

1300人を大きく越えるお客様にご来場頂く大盛況のもと、無事終演致しました!



わっしょーい!\(^o^)/



「のらん」は2年前に続く再演。

僕は前回と同じ役を頂いたため、自分の演技に関しては大きく戸惑うようなこともなく、本当に楽しく取り組ませて頂きました。

毎回毎回血まみれメイクをやるのは大変でしたが(笑)



ただ演技面で戸惑うことはありませんでしたが、

稽古場での自身の立ち位置や振る舞いについては、

今回いろいろと考える部分がありました。



小谷地に対してはせっかくの外の現場なので、自分で考えて行動出来るよう、完全に放置する方針だったのですが、

オーディションで選ばれた小谷地以上に未熟な若者たち。。。

彼らに対してどこまでアドバイスして良いものか、非常に考えさせられる機会が多かったように思います。

自分の教え子なら平気で厳しいことも言えるんですけどね(笑)



つくづく「先輩」って難しいなぁ。。。



まあ個人的な感想はさておき、

芝居して踊ってはしゃいで、

稽古や本番の後には沢山お酒も呑んで、

本当に、本当に充実した1ヶ月でした。



今回もお声掛け下さった耕陽さん、副島さん。

「ベテラン組」ということでいろいろとお気遣い頂いた演出のナミヲさん(笑)

支えて下さったスタッフの皆様。

一緒に切磋琢磨した共演者の皆様。



そしてまさかこの人と同じ板の上でお芝居させて頂く日が来るなんてことは想像出来ませんでした、

吉本新喜劇座長、内場勝則さん。



皆様に心よりの感謝を申し上げます。

本当にありがとうございました。



そして最後になりましたが、

劇場に足をお運び下さったお客様に、

最大の感謝を(^ω^)





次回、泥谷の出演はホームページでも告知しております、

10/29(土)『本読みの時間』です。

ABCホールとはうって変わって、

百年長屋の濃密な空間でお届けする朗読公演。

「のらん」とも、普段のミクロ作品とも違う泥谷をお見せ出来ればと思います。

どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m


『本読みの時間』詳細
https://www.facebook.com/events/1582854785355994/?ti=cl