2006年06月05日

第二十九話 枕物語

はにゃぁーはにゃぁーを書き始めてからどのくらい経ったでしょうかー♪
幼稚園から小学校にあがった今でもとその相棒
今日も元気に「はにゃぁーはにゃぁー」しておりますが・・・

そんな彼らです。寝るときまで熱が冷めません^^;
昔から寝る前に歌を歌ったり(嫁に怒られるが・・・)
オリジナルのお話などを聞かせていたのですが
いつからか寝る前のお話は「はにゃぁーはにゃぁー」一本となり
さすがに毎晩ではネタが尽きると火・木・土だけお話をすることに決めております。

「ここ長安では、最近不審な盗賊が徘徊し、恐ろしい化け物が人々を
襲っておりました。街の偉い将軍様はこのままではいけないと
とても正義感が強く、そして勇敢な戦士「あっちゃん」を長安に呼びました・・・・・」

話はゲームのこれまでやってきた内容を子供に分かるように(?)話し、
特に子供が一緒に見ていた事はこと細かく(PTメンバーの名前や誰が死んだだの、
誰はどの武器を使って何を狩っていたか等々・・・・間違えると突っ込まれます!
話してやります。
いつも最終は誰かを倒して終わり、とか
どこどこの町に着いて終わり、とかだったんだけど
最近はそれだけでは寝ようとしないので
「・・・・とその時、あっちゃんの元に強い仲間が来てくれたのです。その人は・・・続くw」
とTVのように話をぶった切り、
「この後の話はすぐ寝るよい子だけにしてあげよーっと」と言って脅してます^^

「おとーさん、そのひとはあっちゃんよりもレベルがつよい人なん?」とが興味深深。
「さー?それは次回のお楽しみやンw」
「じゃーぼくがおまけのはなししてあげっでー」と
「おまけの話か、いいなー。きかせてぇな」
いつまでべらべらべらべらしゃべってんのやー!
 はよ寝かさなあかんいうてるやろー
」ふすまの向こうでイシュタル嫁が怒鳴ってます・・

「かーくん、最後にそれだけ話しして寝よか。おまけの話してみ」と小声で言うと
あっちゃんうんちぶりぶりーでしにました。おわりw」元気に大声で語ってくれましたT_T

枕物語は続くのであった・・・・・・・・

この記事へのトラックバックURL