aamall

2012年07月19日

『第1回クリエイターEXPO東京』出展レポート&感想

今月の4日〜6日の会期で東京ビッグサイトで開催されていました『第1回クリエイターEXPO東京』に漫画家としてブースを出展させて頂きました。

まずは、会期中に大変多くの企業の方からお声を掛けて頂き、中には後日のメール等を含め商談を頂きまして、誠に有難うございます!引き続き宜しくお願い申し上げます!!
また、 お忙しい中ブースを訪ねて下さった友人知人、読者の皆さん、本当に有難うございました!!
お陰様で、とても良い経験をさせて頂けました!

それと併せ、じつは会期中に同時開催されていた『電子出版EXPO』の凸版印刷ブースにおいて発表された『DIGクリエイティブアワード』の紹介映像に漫画家として出演させて頂いていました。



さて、そのクリエイターEXPOですが…

 


これまで開催されてきた『東京国際ブックフェア』『電子出版EXPO』『ライセンシング ジャパン』に加え、初めて個人のクリエイターがブースを出展し、様々なメディアの方たちとの新しいビジネスチャンスを得るための大規模な展示商談会です。初開催となった今回は400名ものクリエイターが出展しました。

僕は会期中に〆切が2つ重なってしまい、3日間で述べ24時間あった開催時間のうち、14時間半しかブースに入れなかったのですが、それでも50枚以上の名刺を交換させて頂けました。因みに僕が用意した名刺は200枚。最終的には20枚ほどを残した程度でした。名刺を頂いた企業の方とは必ず机に座ってお話を出来たので商談率も悪くないのでは?と勝手に満足していますw
さて、その商談内容ですが、一番多かったのは「ソーシャルゲームのイラスト」のお話。今回は普段あまり目にして頂けない女の子キャラのイラストを多めに展示したのですが、それの評判が良いこと(*^_^*) 皆さん指をさして「その女の子みたいな…」というご指名を下さいましたw
その他は「描き下ろし作品」や「企業広告漫画」のお話でした。 
また、今の流行りなのか厚塗り系で等身がある点や、漫画家ならではの表情の良さも評価して頂けたのは嬉しかったです。

最終的に、その後メールを頂き継続的にお付き合いをさせて頂くことになったのは今のところ8社です。これが多いのか少ないのかは分かりませんが、個人的には「出展料を回収できればいいや」というノリだったので、自分にスケジュールさえあれば回収は容易いという感触を得ました。

但し、今回のような商談会は、僕のような漫画雑誌を主な活動の場としている漫画家には向いていないという感じです。 というのも、出展準備もままならず、当日もスケジュールの調整がつくとも分からないうえに、連載を持ってしまうと商談頂ける案件のためのスケジュール確保も難しいからです。やはり短期的に消化していける描き下ろしや広告漫画をメインにされている漫画家さん向きなのだろうと感じました。
実際、来場者の多くの方は「新人クリエイターが仕事を探す場」という感覚を持たれたらしく、僕のキャリアを知ってくださっている多くの方は「どうしてここに?」という疑問を持たれたようですw

でも、とりあえず自分の絵のどこが評価されどのようなニーズに応えられるのか? といったことを少なからず肌感覚を持って確認できたのは良かったと思います。

それと、読者の方が直接会いに来てくださったりというのは、なかなか体験できないので一番嬉しかったかも。色紙を用意してきて下さった方もいたのでリクエストのキャラを描いて上げました。1枚は漫画の持ちキャラじゃない萌えキャラ系だったので、かなりレアだと思いますwww

あと、やり終えたあとに気付いた名刺に関しての注意点を幾つか。(住所を記載しないのは当然として…)

1.携帯等の電話番号を記載しないこと!
2.メールアドレスも催事限定のものを記載すること!
3.誰でもが持って行けるように置かないこと!

「1」については、後日突然、携帯にキャッチセールスがかかってきました。内容は不動産経営だったのですが携帯に直接かかってきたのは初めて。携帯番号はこれまで面識のある人にしか教えていないので、今回の催事で不特定の人が挨拶もなしに机から名刺を持って行くケースが多く、確証はないものの早速携帯番号が取引されたのかなと…。実際、キャッチの人に電話番号をどうして知っているのかと訪ねたところ「名簿を買いました」と素直に教えてくれたので^^;

「2」も同様の理由ですが、出版や印刷、電子関係の営業のDMが届きます。これも催事用のダミーのアドレスを用意し、その後そのアドレスにメールを下さった相手先には正規のアドレスを教えて、一定期間の後にダミーのアドレスを削除するくらいの段取りと手間をかけた方が、アドレスが汚れなくて良いと感じました。

「3」は、諸々の弊害を極力防ぐためにですが、全く名刺を持っていけないようにするのも催事の性質上困るというもので…。 


最後に…。
今回のクリエイターEXPOは、僕にとって初めての作品展示の機会だったので、なかなか楽しかったです。できれば、また作品を展示できるような機会があればと思っています。
但し、今回のクリエイターEXPOに関して言えば、催事的には良かったものの、出展者としては主催の 運営にはウンザリで怒りを覚えることばかり。素晴らしい催事なだけに本当に残念です。この場では多くを語りませんが、出展規約を守っていない出展者を取り締まることもなく、言うことが二転三転する運営には呆れてしまいます。主催にはクリエイターの立場になって心の篭った運営をして頂きたいです。


とは言え、この後もの凄い成果が出たら、これに懲りずまた出展するかもですがwww

というわけで、これが今回のマイブース!
もう今年の仕事を請け負うスケジュールが殆どないので、なるべく展示にはお金をかけませんでしたw
出展料以外にかかったのは、電源の設置費とA3のポスター1枚の印刷費だけ。あとは自前のプリンターで出力したイラストを貼って、アシスタント用のiMacを持ち込んで原稿の制作工程の動画とイラストのスライドショーを流していました。そんなくらいで意外といいんじゃないだろうか?w


さてさて、第2回は600名に増やすそうですが、どのようなレベルのクリエイターが揃うのか、ちょっと観ものです。










【クリエイターEXPO東京】
http://www.creator-expo.jp/About-Creater-EXPO-Tokyo/About-Creator-Expo/
(開催概要、会場レイアウト、会場の様子等)
 
【第1回出展者検索ページ】
https://exhibitor.reedexpo.co.jp/TIBF/2012/search/jp/creator/

 


mid_studio at 21:49│Comments(0) クリエイターEXPO東京 | 展覧会

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Twitpic
プロフィール

naka masato

naka masato の起床時間
早起き生活
Powered by 早起き生活
Recent Comments
Archives
ジオターゲティング

ジオターゲティング
なかのひと