2号発電所の1基(太陽光発電ーD・サニックス多結晶:傾斜角10° 55.05kW×1基:38.88円売電)と
(太陽光発電ーE・F・G・ソーラーフロンティアCIS:傾斜角20° 52.80kW×3基:38.88円売電)の
3月分の検針票(3月7日検針分:稼働日数28日間)が届きましたので発電量を公開します。


売電分
●2号発電所
太陽光発電ーD:5,025kWh(195,372円)/前年:4,666kWh(31日間:49.72kW)
太陽光発電ーE:5,640kWh(219,283円)
太陽光発電ーF:5,490kWh(213,451円)
太陽光発電ーG:5,510kWh(214,228円)


パワコンによる買電額
●2号発電所(絶縁ユニットなし)

太陽光発電ーD:0kWh(338円:従量電灯A)
太陽光発電ーE:36kWh(1,023円:低圧電力)
太陽光発電ーF:33kWh(981円:低圧電力)
太陽光発電ーG:33kWh(981円:低圧電力)


1703d


1703e

1703f

1703g

2号発電所サニックス3月分の発電量は、28日間と稼働日数は少なかったのですが、
5,025kWhとギリギリ5,000kWh台に乗せることができました。

前年の発電量とパネル1kwあたりの1日の発電量で比べてみると、
前年が、3.02kWh/日に対して、今年は、3.26kWh/日なので、
前年よりも多く発電していることがわかります。

これに対し、ソーラーフロンティアのパネル1kwあたりの1日の発電量は、
太陽光発電ーE:3.81kWh/日、太陽光発電ーF:3.71kWh/日、太陽光発電ーG:3.72kWh/日と
いずれもサニックスよりも多く発電しています。

ただ、ソーラーフロンティア分は3月に入ってから6.6kW増設していますので
最大で6日間程度59.4kWでの運転となっているかもしれません。

いずれにしても、前年よりも発電効率は良さそうで、一安心しました。
これからが発電本番、幸先のよいスタートが切れ、うれしい限りです。



■2号発電所の発電量に関する記事
→  2月の発電量1月の発電量12月の発電量

●ブログをご覧いただいたみなさんへ
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。私の失敗談や成功談をご覧いただくことで
みなさんのより良いミドルソーラー発電所つくりの一助になればと願っています。 

ランキングに参加しています!ポチッとご協力お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ