ミドルソーラー3号発電所の1基(太陽光発電ーI・サニックス多結晶:傾斜角10° 49.72kW×1基:38.88円売電)の
3月分の検針票(3月2日検針分:稼働日数28日間)が届きましたので発電量を公開します。


売電分
●3号発電所
太陽光発電ーI:4,235kWh(164,656円)


パワコンによる買電額
●3号発電所(絶縁ユニットなし)
太陽光発電ーI:0kWh(338円:従量電灯A)


1703i


3号発電所サニックス49.72kw×1基の2月分の発電量は4,235kWhとなりました。

昨年まで同じ出力だった太陽光発電ーD(2号発電所サニックス分)の昨年実績は
31日間で4,666kWhだったので、パネル1kWあたりの1日の発電量で比較してみると

今年の3号発電所は、3.04kWh/日に対し、昨年の太陽光発電ーDは、3.02kWh/日なので、
今年の3号発電所のほうが若干多いようですが、ほとんど同じくらいとなっています。


2号発電所の発電量で、太陽光発電ーDを今年と昨年で比べた際は、
今年が、3.26kWh/日で、昨年が、3.02kWh/日と今年の方がよかったので
3号発電所のほうがパネル1kWあたりの1日の発電量は、太陽光発電ーDより多くなると思っていたので、同程度ということでちょっと残念な結果になりました。

これからわかることですが(というか前々から感じていましたが)この3号発電所の太陽光発電ーIよりも
2号発電所の太陽光発電ーDのほうが発電効率がよさそうということです。

パネルの方位や計測する期間が違うので同条件での比較にはならないのですが、
日々の発電量などをサニックスアイなどでチェックしていて、以前から感じていたことでもあります。


個々の発電所が全く同じような発電能力で運転できるわけではないので、
多少の差異は気にしていませんが、それぞれの発電所の特徴や個性は把握しておきたいところです。

にしても、3号発電所のもう1基、太陽光発電ーJ(サニックス個人分32円案件)55.44kWは
2月17日に連系したはずなのに、検針票がまだ届きません。

一回、電力会社に問い合わせしてみようかな。



■3号発電所の発電量に関する記事
→  2月の発電量 1月の発電量  |  12月の発電量 



●ブログをご覧いただいたみなさんへ
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。私の失敗談や成功談をご覧いただくことで
みなさんのより良いミドルソーラー発電所つくりの一助になればと願っています。 

ランキングに参加しています!ポチッとご協力お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ