ミドルソーラー3号発電所の2基(太陽光発電ーI・サニックス多結晶:傾斜角10° 49.72kW×1基:38.88円売電)、
(太陽光発電ーJ・サニックス多結晶:傾斜角10° 55.44kW×1基:34.56円売電)の
6月分の検針票(6月4日検針分:稼働日数33日間)が届きましたので発電量を公開します。


売電分
●3号発電所
太陽光発電ーI:8,129kWh(316,055円)
太陽光発電ーJ:8,371kWh(289,301円)


パワコンによる買電額
●3号発電所(絶縁ユニットなし)
太陽光発電ーI:0kWh(359円:従量電灯A)
太陽光発電ーJ:21kWh(840円:低圧電力)

1706i

1706j

3号発電所のサニックス2基の6月分の発電量は、ともに8,000kwhを超え、
8,129kWh、8,371kWhとなりました。

サニックスの発電所で、発電量が8,000kwhを超えたのは、これまでの3年半の中で初めてのことです。
稼働日数が33日間というのも発電量が多くなった理由の一つと思いますが、
天候の良さに恵まれたものだと思っています。

というわけで、検針の対象期間となる5月3日〜6月4日までの発電量を
サニックスアイで確認してみました。

111

上の画像を見てみると検針の対象期間中の天候が良かったことがよくわかります。
対象となる33日間で、1日あたりの発電量が100kWhを下回るような天気が悪い日は、
たったの4日間しかありませんでした。

梅雨入り宣言は出たもののいまだにたいして雨が降らない6月ですが、
いずれ本格的な梅雨となって発電量は少なくなると思います。
梅雨本番となるまでに次の検針へ向けて少しでも発電量を積み上げておいてほしいものです。



■3号発電所の発電量に関する記事
→   5月の発電量 4月の発電量  |  3月の発電量



●ブログをご覧いただいたみなさんへ
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。私の失敗談や成功談をご覧いただくことで
みなさんのより良いミドルソーラー発電所つくりの一助になればと願っています。 

ランキングに参加しています!ポチッとご協力お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ