ミドルソーラー3号発電所の2基(太陽光発電ーI・サニックス多結晶:傾斜角10° 49.72+22.75kW×1基:38.88円売電)、
(太陽光発電ーJ・サニックス多結晶:傾斜角10° 55.44+28.44kW×1基:34.56円売電)の
3月分の検針票(3月5日検針分:稼働日数28日間)が届きましたので発電量を公開します。


売電分
●3号発電所
太陽光発電ーI:5,726kWh(222,626円)/前年:4,235Wh(28日間:49.72kW)
太陽光発電ーJ:6,689kWh(231,171円)

パワコンによる買電額
●3号発電所(絶縁ユニットなし)
太陽光発電ーI:0kWh(363円:従量電灯A)
太陽光発電ーJ:0kWh(272円:低圧電力)

1803i

1803j

ミドルソーラー3号発電所の発電量が出揃いました。

サニックス分(太陽光発電ーI)は昨年10月に増設をしていて、
昨年の発電量との比較ができないので、1kWあたりの1日の発電量で比較してみると、
昨年が3.042kWhに対して、今年は2.821kWhとなっていて

ミドルソーラー2号発電所の発電量を確認した際に感じた、
昨年より1割程度少ないというのと同じような結果になっています。

発電量が昨年と比べ少ないのはおもに天候によるものだと思います。
期間中の日々の発電量をサニックスアイで見てみると

111111111


期間中、晴れのマークがあるのが14日間で、
曇りや雨が原因で発電量が100kWh未満の日が5日間もあります。

稼働日数が28日間ですから、そのうち半分しか晴れた日はなかったことになります。
お陽さま次第の事業ですから、こんなことも想定のうちですが、
これからは晴れた日が多くなるように願ってみたいと思います。

ただ、こうやって日々の発電量をサニックスアイで見てみると、
1ヶ月前と比べると1日あたりの発電量がだんだん多くなってきているのがわかります。

2月には発電量が多い日でも300kWh前後の発電量だったのが、
3月に入ってからは330kWh前後まで増えてきています。

これからは、この調子でどんどん発電量が増えていくと思うとちょっと嬉しいですね。


■3号発電所の発電量に関する記事
→  2月の発電量 1月の発電量   |   12月の発電量



●ブログをご覧いただいたみなさんへ
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。私の失敗談や成功談をご覧いただくことで
みなさんのより良いミドルソーラー発電所つくりの一助になればと願っています。 

ランキングに参加しています!ポチッとご協力お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ