December 08, 2018

アジアに帰ろう

ストラスブールからルクセンブルクに移動して1泊し、ルクセンブルクからローカル線に乗ること3時間半、ついに今回のヨーロッパの最終目的地、フランクフルトにやってきた。
ギリシャからすればかれこれ1ヶ月以上ヨーロッパにいたから、やっと帰れる、と思うと同時に少しだけ名残惜しいような気もして妙な気分である。久しぶりに乗るヒコーキも、A380にもビジネスクラスにも、そしてラウンジにも、もはや全然わくわくしない。慣れって恐ろしい・・・。

レーマー広場

いい加減フランス語が耳に慣れてきたと思ったらまた突然ドイツ語と英語になって、やっぱり混乱している。何語で挨拶すれば自分がしっくりするのかわからない。
旅行はそういう一過性の慣れと適応の繰り返しで、でも環境が変わるとすぐに忘れてしまう程度のものであるから、人生において何の役にも立たない。いつものように。それがわかっていながら、何のためにこんな旅をしているんだろう、とふと思うことがある。


train ヨーロッパの列車旅は、天気の悪い日が多かった
けれど、のんびりとゆるくて、毎日ちゃんとお腹いっ
ぱい美味しいものが食べられ、車内はいつもヒコー
キよりよっぽど静かで、ルクセンブルクからフラン
クフルトまではことに景色のいい川沿いの風光明媚
なところを走り、車窓からもぼんやりと眺めを楽し
むことができてオツなものだった。
ただ、昔は‘列車に乗るためのような旅’ をしたこと
もあったが、今はもうその感覚はなく単なる移動
手段である。

南仏はなんとなくけっこう見るところがありそう
だから、エクスは美味しいものが食べられそうだから、リヨンはチョコレートを買うため、ストラスブールはクリスマスマーケットのため。そしてルクセンブルクもまたチョコレートを買うために、フランクフルトはスーツケースを買うためだけにルートに入れた。最後のスーツケースはもちろんRIMOWAのことで、これはまだ果たしていないが、それ以外の目的はちゃんと押さえてきた。

oberweisoberweis

ルクセンブルクにはその小さい国内に何店舗か展開しているOBERWEIS(オーバーヴァイス)というカフェ&パティスリーがあり、そんなオーバーヴァイスのチョコレートが2010年頃、東京のサロン・デュ・ショコラに来ていて知った。ものすごく美味しいトリュフは話題にもなり、実際食べてびっくりしたのに、それ以来日本に来なくなってしまった。ああまたあすこのチョコが食べたいよ、いつかまたベルギーなんぞに行くことがあれば立ち寄りたい、と思っていたことがようやく現実になった。

実はシャンパーニュのエペルネー滞在時、シャンパンの試飲もセラー見学も少し飽きてきて(胃のキャパにも限界あるし)、たいして観光するところもないし暇だよね、、、片道250kmくらいあるけど、クルマもあるし高速で行けばルクセンブルク日帰りできなくもない。急きょ違う国に行くのも面白いかも、行ってみる??と若干強引なことを思いついてしまい、当日朝に地図を見て行っちまおう、と私にとっては下見もかねて郊外のOBERWEISに行ったのだった。
ほんとに、観光は一切なしで、スイーツを食べチョコを買いに行くためだけに、シャンパーニュから片道3時間・・・日本で言えば東京から名古屋までクルマでひつまぶしたべに日帰りする的な感じ。思ったより遠かった f^_^; が、その郊外の店舗はルクセンブルク駅構内に入っている売店よりうんと大きく、惣菜もスイーツもマルシェのように素晴らしく充実した品揃えでイートインスペースも広く、結果としてみれば、いくらあとでルクセンブルクを訪れるとはいえ、クルマがないと行かれない郊外店に行くことができたのはすごくラッキーだった。

cakecake

その時にまず少しだけ買った、とてもとても久しぶりに再会した
トリュフチョコレートは南仏旅行中に食べきった。しかし正直
言って、確かに美味しいとは思ったけれど、以前ほどの感動がなかったのは、やっぱり他に高質なものを食べすぎたからに違いない。ということで、2度目のルクセンブルクでもまたチョコは買ったが、それよりここでないと絶対に食べられないオーバーヴァイスのケーキとパンとサンドイッチを食べることにエネルギーを注いだ。
夕方と朝、ホテルから横断歩道渡ればすぐの駅構内店に2度買いに行った。
ルクセンブルク滞在時間は20時間ほどのものだったが、その間オーバーヴァイスしか食べてない。笑
そして、チョコレートよりもケーキのきめ細かさと味の濃さと美味しさに感動した。パンも美味い。このためだけにルクセンブルクに来た甲斐はあった。そういう旅も悪くないか。

frankfurttree そして最後にたどりついたフランク
フルトも、ちょうどこの時期は盛大
なクリスマスマーケットをやっていて
週末なのもあり、混みっぷりはだいぶ
やばかった・・・!!! >_<
レーマー広場も、市内中心の百貨店
が集まるエリアも竹下通りか正月の
明治神宮くらいにスシ詰め。しかも
皆手にはホットワインや食べ物持っ
てるし、タバコは吸ってるわ、雨は
降ってくるわ。移動式遊園地の乗り
物はガンガンまわり、広場に面した
建物の上では楽団が演奏してたりと
もう一大フェスティバル。身動きと
れないくらい人が過密なところも
あって、こりゃドロボーとかスリもいそうだな、と早々に逃げ帰った。
ふう。ストラスブールさえもが可愛く思えた。(苦笑)

やれやれ・・・・クリスマスマーケットはもういい。爆

買ったもの ストラスブールを出る前にマリアージュフレールの
サブレとかエシレのバターを買い、ルクセンブ
ルクでチョコを買い足し、フランクフルトでロン
ネフェルトの紅茶を買った。こういうものはこち
らだとめちゃくちゃ安い。というか日本ではやた
らに高い。
最後に立ち寄るタイは、アルコールはたった1リッ
トルしか持ち込めないから、ヨーロッパでワイン
やシャンパンを買って行くわけにはいかない。
でもこれだけ買えば十分。そしてもはやスーツケー
スひとつじゃ収まらないから、空港で新しいリモワ
を調達したい。まず路面店には行ったが、路面店に
あるものは日本とかわらないラインナップだから、いくら安いとはいえ決定的に惹かれる何か、に欠けていた。とすればやっぱりルフトハンザモデルしかないのかな。
また10年は使う相棒。これならと思えるものがあればいいなあ。