December 22, 2009

中華白菜鍋・扁炉(ピエンロウ)

今日も寒かったので、鍋料理です。

桂林で有名な、中国広西(チワン族自治区)の鍋をアレンジしたものです。中国で最も南に位置する広西は、ベトナムとも文化が近い地域です。本場では、アヒルと川魚のぶつ切りを入れるのですが、鶏肉と助トウダラで代用しました。


pienrou

【中華白菜鍋】5人前
参考カロリー1642kcal (一人分328kcal)
 

1 白菜1/2把は、茎の部分と葉の部分を分けて、ざく切りにします。タラ500gと鶏もも肉300gを一口大に切ります。

2 緑豆春雨30gは熱湯に入れて硬めにもどし、乾し椎茸50gもたっぷりの水でもどし、石付きの部分を切り落とします(戻し汁は捨てないように)。

3 大き目の鍋に白菜の茎の部分を入れ、椎茸の戻し汁とお酒大さじ1、かぶるくらいの水を加え、透き通るまで煮ます。

4 白菜の葉、鶏肉、魚、椎茸を加え、中華スープの素大さじ1と白胡椒少々を振って、ごま油大さじ1を回しかけ、白菜がクタクタになるまで煮ます。

5 煮えたら春雨も加え、好みで塩を足して、仕上げにごま油大さじ1を加えれば出来上がり。お椀に取ったら、好みで一味唐辛子を振りかけて召し上がれ。


クリックお願いします 
   ↓
 人気ブログランキングへ

midori_aomushi at 22:26│Comments(0)TrackBack(0)レシピ | 鍋物

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。