こん近のblog

楽しいフォトライフ  主に鳥取県東部を中心に自然散策 四季折々の風物を楽しむ (但し名前の同定は趣味の範囲内であることをご了承ください)

趣味のカメラ片手に自然散策・旅・歴史などに興味をもっています

IMG_3196
IMG_3192_edited-1
薬師寺 中門
南門を抜けると 圧倒されるような大きさの中門がお目見え 中門は昭和59年(1984)に西塔に引き続き復興し 平成3年(1991)には二天王像も復元されました 回廊は 藤原京薬師寺では単廊であったとされているが 平城京薬師寺では複廊と呼ばれる2重構造になっているのが特徴 現在はすでに第三期までが復興工事完了  
IMG_3198
IMG_3213
金堂 (右に西塔・左は東塔修理中)
裳階(もこし)を施した金堂や塔のたたずまいの美しさは「龍宮造り」と呼ばれて 人々の目を奪いました 1300年を経 この間幾多の災害を受け 特に享禄元年(1582)の兵火では 東塔(白鳳時代)を除く諸堂が灰燼に帰した昭和42年 高田好胤管主により薬師寺白鳳伽藍の復興が発願されました 二重二閣、五間四面、瓦葺の建物で各層に裳階をつけた美しい堂です 金堂を始めとして東塔の意匠すべて統一されています 「堂内の荘厳は美をつくし 燈火がなくても金色に光り輝いた」と伝えられています
IMG_3207
金堂 堂内を拝観
薬師三尊像(国宝 白鳳時代) 薬師如来を中央に 向かって右が日光菩薩、左が月光菩薩 合わせて薬師三尊と言います 薬師如来は 東方浄瑠璃浄土の教主で またの名を医王如来とも言い 私たちの身と心の病気を救ってくださる仏様です 脇侍の日光・月光両菩薩は 動きのある美しい姿で 理想的な写実美を完成した仏様とも言われています あたかも今造られたかのような美しいお姿は 世界でも最高の仏像と仰がれています
IMG_3218
大講堂から正面の金堂をながめる
IMG_3206
西塔
各層に裳階をつけているため六重に見えますが 三重の塔です
享禄元年(1582)に兵火で焼失し 昭和56年4月に453年ぶりに創建当初の白鳳様式をもって復元された 華麗な西塔が長年の風雪に耐えた東塔と並び立つさまは 大変印象的な光景といえましょう
IMG_3201
東塔は 解体修理中です
(平成32年6月まで)
東塔も西塔と同じ様式で 三重の塔です この特異な形が 全体として律動的な美しさを保ち 「凍れる音楽」という愛称で親しまれています 相輪の頂上に取り付けられた水煙は4枚からなり その中には24体の飛翔が透かし彫りされています
西塔・東塔が立ち並ぶ姿を見たいものです

IMG_3208
大講堂
金堂の正面(北)になります 平成15年(2003)の復興 裳階付の薬師寺独自の様式です  
正面41m 奥行20m 高さ17mあり伽藍最大の建造物です 講堂が金堂より大きいのは古代伽藍の通則で これは南都仏教が教学を重んじ講堂に大勢の学僧が参集して経典を講讃したためです 特に薬師寺では天長7年(830)に南京三会の一つである最勝会(さいしょうえ)の道場となり 勅使を迎えた法会が毎年盛大に営まれていた 大講堂の焼失と共に最勝会も途絶えたが 平成15年の大講堂復興に伴い再興された
大講堂の本尊には弥勒三尊像(重文・白鳳時代)、後堂には仏足石・仏足跡歌碑(国宝・天平時代)が安置されています 仏足石の両脇に釈迦十大弟子(中村晋也作)も祀られています
奈良市西ノ京町 5月6日撮影

IMG_3182
薬師寺休ヶ丘八幡宮 (駐車場から薬師寺南門手前の左側にあります)
現在の社殿(重文)は幾度かの天災、人災により破壊・焼失された後 慶長8年(1603)に豊臣秀頼によって新造されたものです 他に瑞垣門・楼門・中門等も新造されたが地震で崩壊した 本殿は三間社流造で 両脇に脇殿が接続している 南北の細長い建物は座小屋と呼ばれ寺僧の加行場としても使用されたが 本来は宮座の座衆が座すところで 明治以降残っている例は少ない また両脇に脇殿が付属する例は少なく 座小屋まで残っている点で歴史的に重要な建物です 明治以降は神仏が分離され 一寺院が神社を管理している例は少ない 
IMG_3183
休ヶ丘八幡宮の神様
三神像(国宝) 平安時代前期の寛平年間(889-898)に薬師寺別当永紹(えいしょう)によって勧請祭祀された薬師寺鎮守八幡宮の三柱の神像で 僧形八幡神を中心に 向かって右に神功皇后、向かって左に仲津姫命(なかつひめのみこと)を配した三神一具の像として安置されています 木彫神像として最古の作例です(外観のみ観光)
IMG_3184
薬師寺 南門(受付所)を通ります
IMG_3185
南門手前の右側に孫太郎稲荷神社があります
IMG_3186
孫太郎稲荷神社
御祭神  宇迦之御魂神
薬師寺を守護する休ヶ丘八幡宮の末社です 藤原頼行が平安中期に創建された 孫太郎は藤原頼行の末裔の佐野孫太郎義綱が由来といわれている 藤原頼行は今上天皇(125代天皇)の直系祖先になります 
IMG_3187
薬師寺 南門
IMG_3189
薬師寺 南門から西塔が見えます
薬師寺は天武天皇(40代天皇)により発願 持統天皇(41代天皇・天武天皇の妃)により本尊開眼(697年) 更に文武天皇(42代天皇・天武天皇の孫)の代に至り 飛鳥の地に堂宇を完成させました その後 平城遷都(710年)に伴い現在地に移されたものです
当時は南都七大寺の一つとして その伽藍はわが国随一の壮美を誇りました 金堂を中心に東西両塔、講堂、回廊が立ち並んでいます さて これから伽藍内をじっくり観光します
奈良市西ノ京町 5月12日撮影
IMG_3193

IMG_4005
ガリガリ(?) 微かな音が~!
IMG_4006
ヒメコブオトシブミ  背中にコブ
体長6-7mm 時期5-6月 幼虫の食草 カラムシ・コアカソなど
越冬した成虫は4月頃から活動を始める 成虫はバラ、フジ、ナラ、クヌギなど多くの樹木の葉を巻いて「揺らん」を作り その中に卵を産みつける 新緑の葉先で作業する小さな虫の姿に出会う 
そ~っと近づいて観察しよう
IMG_4176
ヒメコブオトシブミ
背中にコブがあり 後足の付け根に 黒色のサポートのようなものが付いている
IMG_4063
ヒメクロオトシブミ
体長4-6mm 時期4-6月 幼虫の食草 バラ・コナラの葉 
実に上手くほぼ真っすぐに切っていくものだ 感心しながらしばらく観察 ジ~ッ! 
IMG_4069
やがて4分ほど経過 もう少しで葉が落ちようとしたところで 葉裏へ移動
人の気配を感じると ふっと空に舞い上がるのも多いが こうして一部始終を見せてくれるものもいる
IMG_4068
「揺らん」の作り方
まず葉の縁から主脈に向かって真っすぐに切込み 主脈に達すると反対側からも前と同じように切り進み 主脈を残して一直線に切り終える つまり 葉は主脈だけで基部にぶら下がった状態になる ついで主脈にも咬み傷を入れ また葉の裏側の主脈にも咬み傷を入れて葉をしおれさせる その後 葉の表側が内側になるように葉の左右を重ね合わせ 葉のしおれるのを待って 先端から切り口に向かって巻き上げてゆく そして2回転ほど巻き上げた後に主脈の脇に長円形の穴をあけ そこに卵を産み付けて再び巻き上げ 揺らんを完成させる
卵は4-5日で孵化 湿度が適当な場合には10-15日で蛹 その後4-5日で成虫が現れる
IMG_4080
IMG_4086
エゴツルクビオトシブミ♂
体長♂8-12mm ♀8-9mm メスはヒメクロオトシブミに似ているが 大きいです
鳥取市 5月撮影

IMG_3999
IMG_4001
ケハンショウヅル(毛半鐘蔓)  キンポウゲ科 センニンソウ属
時期5-6月 下向きに咲く鐘形の花を半鐘にたとえたもの 山地や林縁に生える蔓性の低木 長い葉柄が巻いてほかの木や草にからみつく 本州の中国地方と九州には萼片の外側に淡黄褐色の毛が密生するものがあり ケハンショウヅルという ハンショウヅルの萼片は紅紫色で白い毛で縁どられる
思わぬところで見つけると嬉しい チュウリップ形の花を逆さにしたような愛らしい花に頬がゆるむ
鳥取市 5月23日撮影

IMG_3390
IMG_3384
IMG_3391
ハシリドコロ(走野老)  ナス科 ハシリドコロ属
時期4-5月 根がヤマイモ科のオニドコロに似ており 全体にアルカロイドを含む猛毒植物 誤って食べると幻覚症状をおこし走り回ることからこの名がある 薬用にもされる
高さ30-60cm 葉腋に暗紫色の花が垂れ下がる 花冠は長さ約2cmの鐘形 朔果は球形で約1cm
ここ氷ノ山には驚くほど多く見られた 他所では1・2株見ただけ
IMG_3393
IMG_3404
ヒョウノセンカタバミ(氷ノ山片喰)  カタバミ科 
時期4-6月 分布 北海道西南部、本州日本海側 
主として本州日本海側のブナ林などに生える多年草 コミヤマカタバミの新変種で 全体が大きく 長楕円形の朔果をつける点でコミヤマカタバミと区別される 花は白色~淡紅紫色    
IMG_3397
エンレイソウ(延齢草)  ユリ科
時期4-5月 花は1個茎頂につき 外花被片は紫褐色から緑色まで変化に富み 果期まで落ちない 葉は3個輪生 早春の山地で普通に見られるが 出会うと何故か?嬉しい
IMG_3350
ショウジョウバカマ(猩々袴)  ユリ科
時期4-5月 花被片は淡紅色~濃紅色 まれに白色 花後は緑色になって残る
IMG_3370
IMG_3369
タチカメバソウ(立亀葉草)  ムラサキ科
時期5-6月 山地の湿ったところに生える多年草 茎は柔らかく 高さ20-40cm 葉は卵形~広卵形で長さ3-5cm 鋸歯はなく細かい毛がある  和名は亀の甲を思わせる葉にある 花は5裂し 花冠上部に黄色っぽい付属体がある 雄しべは5個 花筒は上半部につく
氷ノ山の登山口付近に数株みられた 花はミズタビラコに似ているが 葉が大きくて柔らかい
IMG_3400
IMG_3411
サンカヨウはまだ蕾も見られず
IMG_3410
ユキザサは堅い蕾をつける
おにぎり弁当を食べた後 陽気につられて途中まで登ってみることにした 登山慣れしている友と一緒なので心強い 下山する人達から「もう少し上に行くと雪渓があるよ」「よし 行ってみよう」 下から見えた縦に数本の雪渓 手を突っ込み感触を味わう 後日また行ってみたい
鳥取県八頭町若桜 5月14日 

IMG_2854
小松寺  沼名前神社の近くに鎮座
臨済宗妙心寺派 山号 萬年山
安元元年(1175)小松内府平重盛卿が厳島神社参詣の途次 護身の阿弥陀仏像を安置して一宇を建立した その際記念の松の木を植えた(樹齢850年の威容を誇っていたが 昭和29年の台風で倒伏した)
IMG_2856
小松寺 拝殿
寿永2年(1183)二男資盛の命により平貞能が京より重盛公の遺髪を持参する 五輪塔を建立し盛大なる法会を営む 延元元年(1335)足利尊氏が九州から大挙東上の途中 弟直義と当寺に宿陣して軍義した 光厳院の院宣を受け錦旗を掲げ意気衝天した 歴応2年南北朝期 当寺に本営を置いた北朝軍と大可島に陣する南朝軍との激戦 殿堂灰燼に帰す のち大永年間(1521~)安国寺6世曇叟華禅師が再建し 禅刹とした
IMG_2859
小松寺 拝殿内
天正3年(1575)京を追われた15代将軍足利義昭が 当地に宿陣の毛利輝元を頼って当寺に蟄居したが 羽柴秀吉と毛利の和議が成立するや 常国寺(熊野町)に移住した 古人曰く「足利は小松に興り 小松に亡ぶ」といわれた 瀬戸内の古刹で 高僧や将軍の足利尊氏・義昭・朝鮮通信使等の多彩な歴史の足跡が刻まれる
IMG_2782
南禅坊
宗派 浄土真宗本願寺派・山号 海龍山・開基 光照寺 尊栄  
建久元年(1190)法然上人の説く念仏往生の宗義が「世間を毒するもの」と弾劾され 京より讃岐に配流され その草庵を訪れた讃州塩飴(しわく)の城主・高階駿河守時遠入道西仁(ときとうにゅうどうさいにん)とその弟・竜山という豪族が 法然上人の法義に心打たれ帰依するに至った
建暦元年(1211)11月 法然上人の免罪が晴れ 勅免により再び京に引き揚げることとなる その時に法然上人は時遠入道西仁、竜山の二人に記念として一寸八分の護身弥陀仏の像と 伝教大師が作られた「護摩灰」の大黒天を授け 弟・竜山は小坊を建て それらを安置した 竜山から数えて9代目にあたる了西(りょうざい)が 真宗本山の許可を得て寺院とした 永正6年(1509)「海龍山 南禅坊」と称えた
了西から後3代目了海は 備後国山南村(現 沼隈町)の光照寺(真宗)の10世祐尊上人の高徳を聞き 船で鞆の浦に渡り(1580)福禅寺の隣の場所に僧坊を造営した 光照寺尊栄を迎え開基とした
IMG_2783_edited-1
南禅坊山門
一間一戸四脚門の上に 一間四方で入母屋造本瓦葺の上層が増築され 鐘楼を吊る構造 現在梵鐘はない 福山藩の命令により安政5年(1858)に供出されたことが分かっている(寺の文書) 上層は1811年の第12回通信使を迎える予定で増築工事を行ったものと考えられる 木部には全体に弁柄が塗られ 火灯窓、円窓がある 鬼瓦にそれぞれ異なる形態の猿が彫られているのも特徴的 随所に異国情緒を漂わせ 朝鮮通信使寄港地である鞆の浦の情景を彩る
「鞆の浦古寺巡り」の旗が掲げられるほど多くの寺院が軒を並べている 瀬戸内海の真ん中に位置するため歴史的にも興味深い場所となっている 再々訪しても飽きないだろう 
さて 来年は何処へ行こうか? 楽しみにしよう
鞆の浦 5月6日撮影

IMG_2797
「ささやき橋」  知らないとはいえスタスタと通り過ぎてしまった
静観寺のすぐ近くに小さな橋がある わずか1・2歩で渡れてしまう ここに悲恋の伝説があるのです
1500年以上も昔のこと 応神天皇の招きで 百済から王仁博士(わにはかせ)が 大陸の進んだ文化や技術を伝える渡来人の一行と共に来日してきました その一行が鞆の浦に寄港した時のことです 大和朝廷は「接待客」として武内臣和多利(たけのうちのおみわたり)を「宮妓」として”江の浦”を派遣 この出逢いが悲劇の始まりでした 渡来人の接待役として派遣された和多利と江の浦 二人は役目を忘れるほど恋に落ちました 当時の鞆の浦は七島と呼ばれ 橋で繋がれた中州でした その橋のたもとで夜ごと二人は逢瀬を重ねます しかし間もなく上官の知るところとなり 結果 後ろ手に縛られて 二人は海に沈められてしまったのです
IMG_2806
沼名前神社(ぬなくまじんじゃ) 第二鳥居(肥前鳥居)
鞆祇園宮(ともぎおんぐう)とも称され 大綿津見命(おおわつみのみこと)・須佐之男命(すさのおのみこと)をお祀りしています 寛永2年(1625)福山藩 水野第2代勝重が長男勝貞誕生に当たり その息災延命のために寄進したと言われている    
珍しい形の石鳥居 普通は明神鳥居と呼ばれる形だが 上部の笠木の形が変わっている 笠木の先端が丸みを帯びて反りあがり その上に鳥が止まっているように見えます 「鳥衾」(とりぶすま)と言われるもので このような形式を「肥前鳥居」と呼びます 全体的に華麗です
IMG_2822
IMG_2850
拝殿
約1800年前 第14代仲哀天皇2年 神功皇后が西国へ下向の際この浦に寄宿になり この地に社がにことを知り この浦の海中から出た霊石を神霊として 綿津見命を祀り 海路の安全をお祈りになられたのが当社の始まりです さらに 神功皇后御還幸の折 再びこの浦の寄り綿津見命の大前に稜威の高鞆(いづのたかとも・弓を射るときに使った武具の一種)を納め お礼をされたところから この地が鞆と呼ばれるようになりました
IMG_2834
本殿・拝殿
元は鞆町内の関町も鎮座していたが 慶長4年(1599)の火災で焼失し現在地(草谷)に鎮座の後 明治9年綿津見命を合祀し 相殿として奉斎されています 残念ながら この祇園宮の創建については不詳です
IMG_2821
右の建物が 秀吉ゆかりの「能舞台」
IMG_2825_edited-1
沼名前神社 能舞台  国重文 (境内より)
この能舞台は豊臣秀吉が愛用し伏見城内にあったもの 初代福山藩主水野勝成が2代将軍徳川秀忠より譲り受けたと伝えられる 3代水野勝貞がこの社に寄進し 元文3年(1738)この場所に設置 この能舞台はそれぞれの材料に番号や符号をつけた組立式で 戦場にも持ち運びできるようになっている 正面の鏡板には松と竹を描き 桃山時代の能舞台の特徴をもつ貴重なものです
構造 一重切妻造 桁行5.45m 梁間5.33m 屋根ここえら葺き
IMG_2829
沼名前神社 随身門(境内より)
やや高台から 鞆の浦方向を眺めます 隋身は左大臣(向かって右)・冠をつけ兵杖を帯した衛士と矢大臣(向かって左) 享保20年(1735)の建造物です 
鞆の浦 5月6日撮影

↑このページのトップヘ