2018年08月16日

新作家具

久々本業の家具作家のエントリです。家具の受注は先月は非常に多くて、今月は非常に忙しく仕事してました。お盆でバタバタしたり、泊まり旅行に行ったりと公私ともに忙しかった事もあり、仕事の〆切を守れなかったりもしました。


8月は随分たくさんの家具を作って全国に発送したものです。全てを写真撮影してないのですが、最近撮影したオーダーメイド家具を2つアップします。


3FF3EFA0-35EC-41DB-8E8C-66BA7D6A6646



61FB6DDE-4144-43D5-A26F-932BC6D9BCC1

midorinoki2011 at 10:55|PermalinkComments(0)家具 

今年の株はどう考えても駄目だろうと

おはようございます。えー、今日も日本市場はアメリカの軟調を引き継いで大幅に続落です。昨日はリラショック。今日はお気楽主婦のゆりぴょんさんのブログを見たところ、テセントショックと言うらしいです。テセントショックって何?って感じです。


私は基本的にはとりあえず優秀な優待株をホールドメインなので、日々の株価の上げ下げは余り気にしないし、ファンダメンタルズもいちいち調べません。外部要因が悪いと言うのは何となく分かりますが、面倒くさくていちいち調べません。

ただ今年が非常に厳しい一年であると言う事は理解できます。去年が非常に儲かって自身の金融資産が大きく増えただけに、その反動にはガッカリ感半端ないっす。ちょっと前まで何とか今年のパフォーマンスプラマイゼロ辺りで頑張っていましたが、米中貿易摩擦リスクやリラショックで、結局今年のパフォーマンスはマイナス圏に沈んでしまいました´д` ;


今年もあと1/3を残していますが、恐らく何ちゃらショックが次々起こって、更に日経平均や新興市場は下押しするんだろうなぁとマイセンチメントは冷え込んでおります(^◇^;)


今年は株は駄目だろーと思います。で今朝持ち株から利確出来るものは利確し、傷が浅いナンピンした銘柄は損切りし、持ち株を1/3ほど減らしました。地合いが悪いアンラッキーがあったとは言えコラボスや原田工業をナンピンしたのは失敗でしたね。下手なナンピン、スカンピンとはこの事ですね。


とりあえずキャッシュポジション、手厚くなりました。株は2/3くらいに減らし、永久ホールドと決めている吉野家やクリレス等だけの大事な銘柄だけにスリム化出来ました!今後もリスクオフがずっと続くと悲観的に考えてますので、キャッシュポジ多めで事態の推移を傍観させていただきます。休むも相場と言いますからね。

midorinoki2011 at 10:50|PermalinkComments(0)株全般 

2018年08月15日

ダメだ、こりゃ

取り敢えず終わったかと思ったリラショック再燃でまた日本市場はダダ下げ;´Д`) 昨日の評価益が1日で飛びましたわ。結局行ってこいか。ちょっと上げてはそれ以上に下げるの繰り返しで、今年はダメダメですね。

リラショックの引き金がアメリカの利上げだったわけで、アメリカはやりたい放題。結局アメリカ株買っとくのが一番で、日本株の先行きは限りなく暗いですかね。少子化が深刻で労働力は先細りするばかり。定年を段階的に引き上げても働きの悪い高齢者を労働力として残すだけで延命処置に他なりません。必要なのはバリバリは働いてくれる若者です。抜本的な少子化対策をしない限りは、日本の企業の成長も株価の上昇も望めません。でも少子化対策に本腰を入れない安倍政権に何を期待すれば良いんでしょうか(^◇^;)国防費予算は年々増え続けてるけど、国防も大事だけど、国防以上に少子化対策費用、子育て世帯の支援の方が重要じゃね?

日本の株価が冴えないから、 つい愚痴ってしまいましたが、今年は次々株価を押し下げる問題が発生して、ホールドでは勝てない年ですね。きっと最後までこんな感じなんでしょう。まあ嘆いててもどうしようもないんだけどね。

取り敢えず三光Mは許されたようで、3日連続のストップ安は免れましたね。まあそれでも-53円と-7.82%とひどい下げでしたね。寄ったので、怒りの成り売りした優待族の皆さんは漏れなく売ることが出来ました。今回は自分は保有してませんでしたが、優待だけで高株価を形成していた外食産業が優待改悪する怖さを思い知らされました。複数持つ怖さも。この経験を今後に活かしていきたいと思います。
 

midorinoki2011 at 16:39|PermalinkComments(0)株全般 

2018年08月14日

三光Mは

リラショックも幾分マシになりましたか。とりあえずリスク回避ムードは後退し、本日日経平均ほほぼ全戻しとなりました。持ち株はその割には半戻し程度なのがまったくもって納得いかないですがー(^◇^;)




とりあえず注視していた三光Mは2日連続でのストップ安で寄り付かずに引けました。まぁ明日は流石に寄るでしょう。

うーん、2代目ボンボンが社長に就任してからと言うもの、悪夢の東京チカラめしの件もあり、今回の株主優待改悪でのストップ安二連荘といい、ひたすら凋落の一途を辿っていますね。業績面は見る影もありませんが、株価も2日間で1/3を毀損すると言う体たらく。良すぎる株主優待だけでバブリー株価を形成した銘柄が割引券と言う使い道のない紙切れに優待改悪するとどうなるかを見事に体現してくれましたね!自身の才覚ではなく、経営者二世というだけで、エスカレーター式に社長の座に収まった人は、そんな機微も分からなかったようです。ヴィアHDと言う前例を見て何も学ばなかったのかなぁと。最大の株価維持のアップサイドを失った以上、ここはもうダメでしょうね。みんなそう思ってるからこそ、2日連続のストップ安なんでしょうが^^;

midorinoki2011 at 18:55|PermalinkComments(0)銘柄 

2018年08月12日

エリアクエスト、もろに喰らったわ

お疲れ様です。えー、1週間のまとめでーす。まず良かったのはゲオさんですね。通期進捗率がとんでもない爆裂四半期決算を出した事によりストップ高+300円比例配分となりました。私もここまで良い決算がでてくるとは思ってなくて、寧ろまた悪い決算だろーなぁと諦めモード、お通夜ムードでした。皆さん、同じ気持ちだったからこそのサプライズだったんじゃないでしょうか。いずれにしてもゲオは長期保有しないと株主優待がいただけないので、株価が上がろうが下がろうが手放すことは出来ません。


そしてあかんかったやつがエリアクエストです。もうね、ここはどうしようもない会社だなと怒りを通り越して呆れ果てました。まぁどのくらいダメダメな会社かは某掲示板やブログ等で散々触れられてるので、割愛するつもりですが、少し言わせてください!QUOカード利回りが半端ないQUOカード株主優待を開始して僅か5か月で株主優待を廃止するって、どれだけ経営陣の見通しが甘いんですかね(怒)単元株主急増するのくらい分かってたんとちゃうの?そして一度やると宣言した事をあっさり短期間で反故にする一貫性のない経営方針。こんな会社は全く信頼が置けません。増配アナウンスこそありましたが、業績も微妙なので、一本筋が通ってないこの経営陣では簡単に減配する事でしょうね。大切なお金を預ける以上、その会社が信頼に足るかどうかは非常に大切!ここは今回のギネス級最短株主優待廃止で全く信頼が置けない会社と判明したので、二名義保有していた分は速攻で怒りの損切りしました。損切りはしない主義ですが、こんな最低な会社に塩漬けで投資し続けるのは耐えられませんでした。もう二度と見たくない銘柄です。


あと現在保有はしてませんが、過去に株主優待を取得した事もある三光マーケティングが衝撃的な株主優待改悪を発表しました。これ、外食産業の株主優待券が割引券に変わる1番やっちゃダメなパターン´д` ;前にヴィアHDがやって株価大暴落したのと全く同じパターンです。半額分食事代を払ってまで定期的に通う株主がどれ程いるかと言う事ですが、金曜夜のptsでストップ安になったのを見るにつけ、お金を落としてまで定期的に通う株主はほとんど居ないと言う事なんでしょう…。月曜日はほぼ確実にストップ安でしょう。火曜日もストップ安近くまで暴落するでしょうね。割引券なんてなんの価値もないと考えてる優待族が多いですから、こうなると三光マーケティングは優待族の保有リストからは除外される事になり、業績も赤字ギリギリの頭打ちであることから、今後数年間は株価が低調になりそうです(^◇^;)ヴィアも株主優待改悪後は株価低迷してますからね。この両者に言えることは業績が悪くお得な株主優待で株価を保つか上昇していたと言う事。外食産業である以上、コロワイドみたいに上手く手厚い株主優待をファイナンスに活かすべきでしたね!三光もヴィアもとんでもない悪手を打ったと思いますね。

midorinoki2011 at 12:50|PermalinkComments(0)銘柄 

2018年08月09日

決算諸々

ゲオホールディングス<2681>がカイ気配スタートで底値圏を一気に離脱してきた。8日取引終了後に発表した19年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算は売上高が644億2500万円(前年同期比4.9%増)、営業利益は37億2400万円(同22.7%増)、最終利益は27億8100万円(同50.9%増)と高変化を示した。通期業績予想は従来見通しを据え置いているが、通期最終利益46億円(前期比30.5%減)に対する進捗率が60%に達しており、ポジティブサプライズとなった。株価は1400円近辺で底値鍛錬が進んでいたこともあって上値余地が意識されている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)




おはようございます。持ち株の四半期決算が次々とリリースされています。ヤマダ電機が相変わらずショボい決算内容で気を揉んでいたら、そこまで下がらずホッとしたり。

BRHDがNEXCOの受注業務本格化や今回の西日本豪雨災害の特需で1Qから爆発するのではないか?今期の経常利益は人件費増を見込んでかなり保守的に予想してるようなので、バーベルが低いのなら1Qから計画超過余裕じゃね?的に予想して決算前に買い増しして200株にしました。ところが結果は反対側に転んでしまって、決算ギャンブル大失敗´д` ;翌日50円くらい下落したので、2倍で-100円は痛いですね…。つうかショボかった前期の1Qま超えられないとは。まぁここは4Qに売り上げが集中しやすい季節性がある銘柄なので、ここからの挽回に期待です。



さて悪い決算もあれば良い決算もあります。ゲオが昨夜爆裂決算をリリースしました。月次を廃止した為に四半期決算を推し量るのも闇鍋状態となっていました。月次廃止が嫌気されて株価は直近高値2400円から1400円まで売りに売られたゲオですが、まさかの1Qからロケットダッシュに狐につままれた気持ちです。通期の進捗率が既に60%に達しております。通期の上方修正も当然ながら意識されますが、何故これだけの好決算となったんでしょうか?短信を読んでもリユースが好調、また効率的なオペレーションの見直しが進み販管費が抑えられた事で、これだけ変わるものでしょうか?


9時32分にストップ高の1717円(+300円)で寄り付きました。このあとどうなるでしょうか。注視していきたいと思います。

midorinoki2011 at 09:34|PermalinkComments(0)銘柄 

2018年08月06日

ブロードリーフ


ブロードリーフ<3673>は朝安スタートしたものの切り返し、反発している。前週末3日の取引終了後、18年12月期の連結業績予想について、売上高を204億円から212億円(前期比16.5%増)へ、営業利益を33億円から39億円(同29.5%増)へ、純利益を21億円から25億円(同29.4%増)へ上方修正したことが好材料視されている。

 特に自動車けのユーザー更新が牽引役となってシステム販売が好調に推移していることに加えて、下期も堅調な推移が見込まれることが要因としている。また、業績予想の修正に伴い、従来5円50銭を予定していた期末配当を1円増額して6円50銭にするとあわせて発表しており、年間配当は12円と前期実績に対して1円増配を予定している。



お疲れ様です。ブロードリーフが上記のように通期の上方修正を発表しました。先日上期の75%大幅上方修正の発表があり、通期の修正も既定路線として織り込まれていたと思います。ただ年間配当1円の増配の他、配当性向50%について明記されていたので、業績絶好の現状では更なる増配にも期待がかかります。


ここまでは素晴らしい内容だったのですが、微妙だったのが株主優待の変更です。単元株主に対する株主優待が廃止されてしまいました。ただ500株以上の複数単元株主優待に関しては拡充されているので、まさに微妙な変更になりました。


個人的には400株保有していたので、これまで通り200株保有でQUOカード3000円がもらえるのであれば、業績が申し分ない以上売却する理由はありませんでした。しかし現実には200株保有の株主優待は廃止されてしまいました。400株持ってるので、あと100株買い増せばいいと思われるかもしれませんが、娘のジュニアNISAで200株づつ保有してるので、100株買い増しても無意味です。


週末どうするべきか散々悩みました。月曜日の株価はどうなるのか?では年末にはどうなってるだろうか?とか。その結果月曜日の寄り付きは少し下がるのではないかと。ただ1年、2年のスパンで見れば上に上げていく可能性が高いだろうなぁという結論に至りました。これまで重いと言っていた株主優待引当金が軽くなるのも追い風でしょう。


ただ200株づつ保有していてもQUOカードがもらえないと言うのは優待族としては切ないところです´д` ;なので業績が良いだけに後ろ髪引かれますが、月曜日寄り底からプラ転するようなら200株は利確します。非課税のジュニアNISAの200株を利食いしよいかなと思います。


実際寄り付きはマイナススタートになりましたが、直ぐに前日比プラスに浮上したので、作戦通り200株は利確しました。2年連続QUOカードをいただけた上に、株価2倍で売却できたので、ブロードリーフには感謝感謝です。本当にありがとうございました!


願わくば200株3000円のQUOカードは維持していただきたかったです。でもこんな破格のQUOカード株主優待を維持するのは難しいですよね。外食産業の自社お食事券とかではないわけですから…。QUOカードの大盤振る舞い株主優待(利回りがいいやつ)は非常に危険だなと言う事を改めて実感出来ました^^;業績絶好のブロードリーフでさえ、上方修正と抱き合わせで株主優待改悪をぶち込んでくるわけで、先日下方修正して株価が低調で更にQUOカード利回りが大変な事になってる原田工業はもっと危険?


midorinoki2011 at 12:07|PermalinkComments(0)銘柄