2017年03月27日

直親が死んでしまった

なんの話かと言いますと大河ドラマ「直虎」の話です。日本の歴史に興味がない方にはチンプンカンプンかと思いますが、少し語らせてください。

毎週欠かさず大河ドラマを見る歴史好きな私ですが、最近は仕事が忙しく、毎週ハードディスクに撮り溜めして深夜時間のあるときに見るようにしています。昨夜2週遅れで三浦春馬演じる直親が今川軍掛川城主朝比奈に暗殺された話を見ました。

私は井伊家については殆ど知らない為、いい意味でドラマの展開が楽しみです。桶狭間で義元が討たれる事や、徳川家康が今川に反旗を翻す等歴史の重要な転換点は当然知っていますが、直人虎(柴咲コウ)、直親(三浦春馬)、政次(高橋一生)の幼なじみ3人の友情、そして三角関係がどうなっていくのかすごく楽しみに見ていました。個人的には役者高橋一生のどこか陰のある知的な参謀タイプの演技が好きでした。3人がどういう死を迎えるのか(人間はいずれ皆死にます) 、どういう一生を送ったのか、感情移入して見てきました。

そんな中幼なじみの3人の中で直親が今川軍の凶刃にかかり、命を落としました。

midorinoki2011 at 10:44|PermalinkComments(0)その他 

2017年03月26日

モンテローザ大量閉店


IMG_2883




今朝のヤフーニュースで気になる記事を見つけました。上場を目指すと怪気炎を上げるモンテローザがここ2カ月で100店舗程度を大量スクラップしたとのこと。その原因として1番に挙げられるのが飲食業界では現在最重要のテーマとなっている深刻な人手不足。大量閉店により人材を残りの店舗に集約して社員の労働環境を改善するとの事です。ブラックと名高い(失礼)モンテローザが方針転換とは意外ですが、それ程まで飲食業界の人手不足が深刻なのかもしれません。背に腹はかえられぬとはよく言ったものです。勿論経営陣はその先を見据えていて、労働環境を改善する事でモンテローザの悪いレッテルを少しでも改善し、人材を確保しやすくする目的があるのでしょう。

モンテローザについてはかつてはワタミ、コロワイドと共に居酒屋御三家と呼ばれていた時期もあり、居酒屋業態で2000店舗をクリアした最初の企業です。劣悪な社員の労働環境やパクリ訴訟事件等、居酒屋業界の暴れん坊的なイメージがあります。

余談ですが、私の地元にもモンテローザ系列の店舗は「笑笑」「白木屋」「魚民」等多種多様な業態で展開しておりまして、非常に利便性が高い為、新規上場して株主優待を新設して欲しいと以前から熱望していました。

既にワタミがそうであるようにモンテローザの様なスタンダードタイプの居酒屋業態は陳腐化しており、業績は頭打ちどころか徐々に下降線を描いています。この上で上場するのはどうなんだろうとは思います。既に成熟しきって腐りはじめている(またもや失礼!)企業が上場して欲しがる人は多いでしょうか?私は株主優待目当てで単元は欲しいですが^^;

モンテローザのコメントではこの大量閉店は業績不振が原因ではなく、あくまで労働環境を改善する事。2018年3月期までこの動きを継続し、その後は再成長する計画。別の新たな成長戦略まで用意してるとのこと。私には強がりを言ってるだけで、新しい成長戦略なんてとても想像できませんが、2期連続最終赤字のモンテローザをどう立て直すのかお手並み拝見といきましょうか。 今後も上場を期待しつつ、みんなのモンテローザを生暖かく見守っていきたいと思います。

midorinoki2011 at 10:31|PermalinkComments(0)株全般 

2017年03月25日

3月オススメの低位金券株主優待株

3月と言えば誰もが知ってる年に一度の株主優待祭りです。例年私も多くの株主優待銘柄を取得しますが、3月はクオカード等金券系の株主優待も非常に多かったりします。今回は少額資金でも取得出来る5万円以下のクオカード銘柄をご紹介します。5万円以下なので権利落ちダメージもそれ程でもないので今からでも買えるかもしれません^^;私は金券系低位株が大好物なので、この辺りは大体持っています。


☆ビーアールHD  421円  クオカード500円(3・9月)  3月24日の場中に今期2度目の上方修正を発表し、連結経常利益の増益率が2.6倍に急拡大しました。ただ前回の上方修正と同じく今回も場中発表だった為、上髭を残して株価は発表前の水準に戻ってきてしまいました。引け後のリリースだったら月曜日の展開は全然違った事でしょう。 今期躍進の一年となり、来期の業績の期待値は高まっています。クオカード年間1000円なので、まだまだクオカード利回り的には割安だと思います。

☆研創   423円  クオカード500円(3月)  広島基盤の企業向け金属製サイン、ネームプレートで業界首位。業績的にはここ3期はヨコヨコで推移していますが、東京五輪、カジノ銘柄とも噂されカタリストも豊富かと思われます(材料1つで大きく吹くのも低位株の醍醐味です)。指標的にも割安で、配当利回りも2.36%と悪くはありません。権利目前の2月に株主優待を新設したばかりで、知らない人もいるかもしれませんね。

☆ 日産東京販売ホールディングス  396円  クオカード500円(3月)  日産系最大手ディーラー。東京の個人・小口法人販売を集約して発足。若者の自動車離れが深刻で、国内の自動車販売不振の影響を受けやすいのが懸念材料です。優待のクオカードは毎回車のデザインが採用されている為、オクで500円以上の落札価格で売れるそうです。

☆あかつき本社  375円  クオカード500円(3月・9月)  あかつき証券を中心とする企業グループ。大手証券やネット証券に圧されて業績が低迷している為、業績面では何ら見所がありません。しかし株価4万円以下でクオカード500円が年2回という大盤振る舞いは十分魅力的ではあります。が日本証券新聞6カ月無料購読の株主優待を廃止にした前科があるので、クオカード優待改悪リスクには注意を払う必要があるでしょう。

midorinoki2011 at 22:51|PermalinkComments(0)株主優待 

2017年03月24日

私のIPO経歴

おはようございます。最近新規公開株用の新しい証券口座を開設したり、俄かにIPO投資のウェートを増やしている私ですが、優待株投資家としてのキャリアに比べてIPO投資家としてのキャリアは僅か3年目のヒヨッコです。

私が初めて新規公開株に応募したのは郵政三社上場の話題で持ちきりだった15年10月の事です。なのでそこから起算するとIPO投資家歴は1年5ヶ月に過ぎません^^;

郵政三社は非常に話題に上がっていたので一口だけ応募してみようかと思い立ったのがきっかけです。しかし公募割れが怖く、一口だけカブコムからゆうちょを応募しただけでした。この時三社とも応募していれば、或いは全力で応募していればどれだけ儲かったかは周知の事実であります。この時は新規公開株の知識も殆どなく、全てが手探りでした。更に結構な数のIPOブログで郵政三社は公募割れするのではないかとの記事もあり、実際郵政三社はスルーすると書いている人も多かったのです。

結局カブコムから応募したゆうちょは見事当選し、人生初のIPO当選となりました。ゆうちょ含む郵政三社は上場当日の気配が良く、大幅プラスリターンとなりました。私は初値が付くと初値売りはしないで寧ろ郵政やかんぽもセカンダリで突入し(今思えばセカンダリリスクを考慮しない大胆な判断でした)、郵政三社は初値形成から更にアレヨアレヨと上昇していきました。数日上昇した所で十分かと判断し全て利確しました。結果郵政三社で+20万円程度の売却益になりました。これが私の記念すべきIPO第1弾の結果でした。 

続く16年。郵政三社の自身の華々しい戦績に気を良くして、新規公開株に真剣に向き合ってみようと考えました。IPO向きの証券口座の情報をネットで手当たり次第調べてみました。その結果ポイントの蓄積で必ずS級が当たるとの文言に惹かれてSBI証券の口座を開設しました。カブコム、松井証券に続き、三社目の証券口座開設でした。

ところがです。SBI証券は確かに落選のたびに1ポイントもらえてどんどんポイントが加算されていきますが、一人一票制ではない為私の様な小口投資家ではどれだけ抽選に応募しても当たらないという事が分かったのですΣ(・□・;)確かにポイント積み上げでいずれはS級に当たるのでしょうけど、3年に一度くらいのペース(150ポイント以上は必要な様です)。SBI証券だけではコンスタントに当選を狙う事が出来ない、並行して一人一票制の証券口座も開設しなければいけないだろうという結論に辿り着いたのは16年も半分以上が経過した頃でした。

そこで新規公開株の三大ネット証券として挙げられていたマネックス証券、SMBC日興證券と立て続けに証券口座を開設しました。丁度この頃世間を賑わせていたのが超大型案件LINEの上場です。 マネックス証券の開設はラインの抽選に間に合いましたが、日興證券の開設は間に合わず、結局SBI証券とマネックス証券のみでの応募となりました。それでもマネックス証券の当選数が2000本以上あったので激熱には違いありませんでしたが、残念ながら外れ。

その後16年の後半の話題を独占したJR九州にも三大ネット証券から応募しました。マネックス証券で当選し、更にマネックスからは立て続けにマーキュリアインベストメントにも当選しました。マーキュリアインベストメントは現在は随分高くなっていますが、公開当時は人気がなく残念ながら公募割れの初値売りとなりました。こうして16年は当選数2で、成績は1勝1敗と相成りました。

17年になり、更に当選確率を上げるには幹事入りする証券口座を更に増やした方が良いだろうと考えました。ただこれ以上証券口座を増やしても分散する資金に苦慮します。資金移動させる手もありますが、振り込み手数料とかが馬鹿にならないし、手間暇もかかり、何より面倒臭いのは大嫌いです。そこで資金が拘束されない証券口座を開設する事になり、岡三オンライン証券、ライブスター証券と口座開設中で現在に至ります。恐らく次は野村証券かいちよし証券の口座も開設するものと思います。

新規公開株に手を出してもうすぐ2年になります。試行錯誤を繰り返しながら徐々に証券口座数も増えて、それなりに期待できる陣容になってきたと思います。小口投資家なので軍資金が限られてるという悩みはありますが、これからも優待株と二足のわらじでコツコツと頑張っていこうと思います。
 

midorinoki2011 at 08:19|PermalinkComments(0)IPO 

2017年03月23日

祝、プエルト・リコ決勝進出!

昨日は日経平均の暴落に巻き込まれ、優待株投資資金(新規公開株に振り分けてる資金を除いて)が-1.3%も目減りするという大打撃を受けた訳ですが、今日はリンクアンドモチベーションが理由も無く+4.39%も上昇している為、何とかプラス圏に浮上しています。昨日のやられ分を+0.5%でも良いから今日取り戻していただきたいものですね。




さて今日のエントリは株ではなくWBCの話題です。野球に興味がない読者さんはすみません。

私は野球が好きで、特に世界一のリーグMLBが大好きです。国籍でいうとプエルト・リコ選手に好きな選手が多く、プエルト・リコの野球を愛しています。その為先日プエルト・リコが2大会連続決勝進出したのが兎に角嬉しくて、昨日の株の暴落ダメージを幾分緩和してくれました。

最近はそんなでもないですが、前はサインものを中心にメジャーリーガーの野球カードを一生懸命集めていました。それこそかなりの資金を注ぎ込みイチロー選手や松井秀喜のサインものなんかを集めていたものでした。そしてプエルト・リコが好きな私はプエルト・リコ選手の野球カードなんかも随分収集したものでした。特にメジャーリーグを代表するスーパースターのカルロス・ベルトラン選手の私のコレクションは、当時日本で3指に入るコレクションだったと自負しています。今回プエルト・リコ決勝進出を記念してそんなプエルト・リコカードコレクションをアップします(誰もみたくないだろ!)。





プエルト・リコの伝説的スーパースターのオーランド・セペタのGame Used Jersey Cardです。カリブ海のベーブルースと言われていたメジャーを代表するスーパースターでした。引退後は慈善活動に積極的でした。


IMG_3087


 



プエルト・リコはイケメンの宝庫ですよ!女性の方はプエルト・リコのイケメンせんしゅに是非注目してください。このフェリペ・ロペスは甘いマスクのイケメンなだけでなく、走攻守三拍子揃ったアスリートでした。私はこのロペスの世界限定1枚のオンリーワンカードを今でも大切に保管してますよ。


IMG_3084
 





マリナーズで活躍したジョエル・ピネイロも端正な顔立ちのイケメンでしたよ。確かイチローのチームメイトだった筈です。キリッとした目鼻立ちがハリウッド俳優の様です。


IMG_3086
 





そしてプエルト・リコ決勝進出の立役者の1人生ける伝説カルロス・ベルトラン選手のルーキー当時のカードです。ちょっと若い頃のヴァル・キルマーに似た顔立ちをしてます(そう思ってるのは私だけか)。イチローの様に脚も早く、守備範囲も広い5ツールプレイヤーでした。40歳を過ぎた現在は盗塁する事は出来なくなりましたが、未だに強打は健在です。


IMG_3088
 






ベルトランのサインもの(カード会社が公認する本物ですよ!)は当時ホントに沢山買い集めました。そのコレクションの中から昔のベルトランの珍しいサインカードがあったので、写真をアップしておきます。Skybox社のAutographicsとFleer社のFresh Inkです。1990年代から2000年のサインカードで、現在ほとんどがコレクターの手中に収まってる為、オクに出回る事も無く今手に入れるのはかなり難しいと思われます。


IMG_3089
 



別にプエルト・リコにイケメンが多いから応援してる訳ではなくて、野球に対して情熱的で真摯に向き合う選手が多いので自然と応援する様になりました。今回のエントリは私が勝手に野球愛を語るだけのエントリでしたが、ご静聴ありがとうございました。プエルト・リコ決勝進出が嬉しくて急遽このエントリを立ち上げてしまいました^^;
 

midorinoki2011 at 13:03|PermalinkComments(0)その他 

2017年03月22日

ああっ、差し戻し

娘の未成年口座として開設中のマネックス証券からメールが来ました。なんでも申込書に不備があったらしく申込書を差し戻しますとのこと。何が不備があったかはわからないのですが、開設までまた時間が掛かるのかと思うと若干イラっとしました。けど今年はUSJや佐川、上場延期したZMP等の大型案件が上場する可能性もあります。そうなったらマネックス証券口座が2つあるのは大きな武器になってくれる筈なので、素直に不備を修正して再度投函しようと思います。

しかし今月上場するスシローは下限の3600円に決定したのですね。これは人気のなさがハッキリしたわけですが、下限決定したIPOでプラスリターンと言うのはかなり難易度が高いのでほぼ公募割れ確定かなと思います。株主優待も使い勝手が悪い割引券だし、皆が欲しいと思う内容でない以上かいじゅようには繋がりませんし。そもそも売り出し価格が高過ぎたのが失敗でしょうね。2000円くらいだったら展開は全然違ったものになっていた事でしょう。私はスシローには不参加ですが、上場当日の初値には注目してみたいと思います。

midorinoki2011 at 22:08|PermalinkComments(0)IPO 

ダウが…

どうでもいい話ですが、昨日ブログ始めて以来最大の訪問者数を記録しました。それはともかく朝起きてアメリカの指標と為替を見て一瞬固まりました。300ドル近い下落と為替は111円台、最初考えたのは安倍首相が森友寄付問題で辞任でもしたのかと思いました。しかしそうではなく、オバマケアの改廃に関して共和党内で紛糾いる事でトランプリスクが再燃した模様です。トランプ銘柄の金融株中心に売りに売られてこうなった模様ですが、直近ダウが高値を更新し続けていたので、いいガス抜きになったのかもしれません。

しかし日経平均先物も300円以上下げてるんですよね。首相の寄付問題も相場の重石になってるので、ここぞと売り込まれるかもしれません。 流石に今日は優待株も無傷とはいかないでしょう。なんかダウ爆下げの朝は大げさに言うと死刑執行が決行される朝を迎えた死刑囚みたいな気持ちです^^;大きく下げるのが事前に分かってるので気分は沈みますね。


13時  現在日経平均-400円前後です。今日はこんな感じでリバウンドする事なく終わりそうですね。持ち株は全般下げてる感じです。特に下げてるのはすかいらーくです。現在-40円程度下げてるのが意外と痛いです。若干上げてるのもあり、ビーアールなんかはここ最近大きく上げてたのに今日も殆ど下がっていないです。上昇する局面なんかもあり、なかなかに強いです。今日は特に売買はする予定は無かったんですが、ここ2日大きく下げているので、日本取引所を買いました。3月が優待の権利確定月で、あと数日保有してればクオカード3000円いただけます。


19時   ユーザーローカルの当落、ダメでした。これにて3月のIPOは全滅です。新規公開株はほぼノーリスクハイリターンなので年々参加者が増えて競争率も高くなってるので、厳しいのは分かってはいるんです。しかし新規公開株投資で絶対開設すべきネット証券三社(マネックス証券、日興證券、SBI証券)をフルに活用してるのに銘柄の多い3月でさえ1つとして当たらないのかぁといった感想です。

マクロミルが今年最初の公募割れとなってしまいました(1950円に対して初値1867円、その後1600円台まで更に下げ続けました)。マクロミルにとっては実質4社同時上場、更に地合いも最悪とあらゆる面でついていなかったですね。明日反発はあるのか注目してみようと思います。

新潟にも店舗がある一風堂の力の源ホールディングスは初値2230円とすごい初値を形成しました。驚いたのはそこから引けにかけて更に値を上げた事です。終わってみれば2630円で引けまして、明日以降株価がどうなるのか実に興味深いです。地元にも店舗があり、優待親和性のある外食産業だけにどこかで株主優待新設リリースがあるかもしれません。監視銘柄に入れて動向を注視したいと思います。

midorinoki2011 at 09:04|PermalinkComments(0)株全般