午後臨時休館させていただき、
山添村 ふるさとセンター ふれあいホールに行ってきました。

実は私このホールに入るの初めてなんです。


が!!!!  駐車場 満員

第2駐車場へ誘導されました!

半分近くのお車は 全天候型ゲートボール場で 球を追いかける村民さん達だったようですが

なぜ 行ったのか

パイプオルガン

これです これです!!


この 小型パイプオルガンが 村内の工房ですべて手作りなんです!!!

すごいですよ~



場内は 村内外の方々で ほぼ満員!





ポスターにのっている オルガンもすべて演奏してくださいました。


なんとも クリスマスシーズンにぴったりの演奏会でした。


さあさあ その中で私が引き寄せられたのが.....


2012年12月09日 パイプオルガン
パイプの パイプも  木!!!です!!(パイプ部は椿だそうです)

このタイプは「ポルタティーフ」と呼ばれるもので
13c~15cに人気のあった
パイプオルガンの原始的な姿を示すオルガンなのだそうです。

膝の上 あるいは テーブルの上に置いて
左手でフイゴを操りながら
右手で鍵盤を弾く

アコーディオンみたいな弾き方なんだけど
鍵盤の方向が違うわけで....

中世の絵画を参考に制作したものなのだそうです。




(当日プログラムに載っていた オルガン解説より 一部抜粋)


とても素敵な演奏会が 無料だったことにちょっとビックリですが
この様な機会に聞きに行くことが出来てとっても幸せでした!!!


こんど 工房に見学伺いたいな~




注意! 木工館にいらしても オルガンは作れません!!! 
      木工館は全くかかわっておりません!!
     木工館職員は 作れません!!!
     って 習いに行かないといけないぐらいです