2歳4ヶ月のときのおまる成功→トレパン開始→ダダ漏れの退化を経てオムツ生活、を続けていた息子さんですが、このたびトイレでおしっこに成功いたしました。
退化したあとも自主的によくトイレには座ってたんですが、成功には至らず、でも本人は楽しそうだしいっか〜と思って特にこちらから勧めることもせずに好きにさせてたんです。

今日のお迎えのときに先生から「今日上手にトイレ出来たんですよ〜!」って言われて「え〜そんなバナナ〜(笑)」なんて言って。帰宅後も普通にオムツにおしっこして過ごしました。まぐれでも出来て良かったな〜なんて思ってました。

で、彼は寝る前にいつも自主的にトイレに座ってるんで、今日もいつものように自分で座ったんです。
そしたら何やらニヤ〜っと笑って…なんだこの顔!と思ってたら。ちちちちち〜っと音が!

叫びましたよね、うん。

うへぇええ?!出てるよ?出てんじゃん!まじか!うへええええ!!!!
ちょっとぉ、皆んな来て!すごい、息子氏おしっこ出来た!

母は夫と娘をトイレに召還。
皆んなでトイレ成功を祝って小躍りしましたよ、えぇ。

いや〜でもなんかちょっと寂しくもあり…とうとう彼も生活動作が自立してきて、親の手を離れていくのか…なんて思ったり。

嬉し寂しの親心です。