2009年09月

2009年09月25日

シャープ 金返せの巻

この間の訪問者:287(25日)+ 205(26日)+ 194(27日)+ 299(28日)+ 260(29日)+ 301(30日) / 今月の訪問者:7389
▼のらりくらり答弁のハズが…

昨日から(改革の)三重県議会で
一般質問がおこなわれております

初日のトップバッターで
めずらしく共産党の萩原量吉 議員が登壇していたので
夜中に議会中継で視聴させていただきました

発言通告にも載っておりますが

 シャープ亀山第一工場の中国への撤退による補助金の返還を求める
 http://www.pref.mie.jp/KENGIKAI/oshirase/nittei/shitsumon/2009/2q.htm#hagiwara

シャープに補助金の返還を求めるという
いつもの難易度の高い要求が出されました

 三重県議会中継 萩原量吉議員 12分58秒から
 http://www.pref.mie.jp/GIKAI/contents/2669/player_bb1.htm

それに対する殿様の答弁は

 ルールに基づいて適正に判断していく

これまたいつものノラクラ答弁で
これだけならニュースにならないハズなのですが…


▼目の付けどころが朝日新聞

ところが朝日新聞の朝刊によると

 シャープ亀山工場設備売却 県、補助金一部を返還請求へ 9月25日6時28分
 …補助金で購入した設備を売却した場合、法定耐用年数を超えていない設備について補助金返還を求めることができる
 http://www.asahi.com/business/update/0924/NGY200909240017.html

マジ?

大多数の記者サンは
ノラクラ答弁を聞き流したと思うのですが
念のため事務方に裏取りして記事になったようです

 …補助金で購入した設備を売却した場合、法定耐用年数を超えていない設備について補助金返還を求めることができる

目の付けどころがアカPなのかもしれませんね

返還請求を検討しているのは間違いないようです
どっかの飛ばし新聞じゃないでしょうから w

県がどこまで本気なのか分かりませんが
wktkな展開になるかもしれません

でも売却方針が発表された直後に
私が同じ質問をしたときには
そんなこと言ってなかったんですけどね

理事が交代したことで
雲行きも変わったのかしら?

mieken1876418 at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 殿様=野呂昭彦・前知事 | 三重県議会・議員

2009年09月18日

達成感のない仕事でしたね

この間の訪問者:293(18日)+ 153(19日)+ 166(20日)+ 151(21日)+ 161(22日)+ 210(23日)+ 289(24日)
▼裁判員の参加する刑事裁判 その2
eeca6c4e.jpg
昨日も津地裁では
500人弱が並んでおりました
競争率は15倍ほどです

面白そうだったので
抽選会場も覗いてみました

1階の裁判員候補者待機室に150人ほどが集められ
入り切らなかった残りの人は屋外の駐車場で当選発表だったようです

大型ディスプレーに当選番号がパッと表示されて
ハイ終わり
なんだか味気ないです

当たりの人は別室に呼ばれ
大多数のハズレた人たちはぞろぞろと帰っていくのですが

 達成感のない仕事でしたね

ハズれてもギャラが支払われようですが
"サクラ"という仕事のツライ一面を仲間に語りかけながら帰っていく人が
私のツボにはまりました

▼路上で解散点呼? しかも裁判所の真向かいでか?
14649d28.jpg194a682c.jpg
中継スタッフの移動用と思いきや
ハズレた人たちを乗せて
開廷前に発車していった

3人当選したらしい

mieken1876418 at 02:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 司法制度 | メディア

2009年09月17日

裁判員制度 司法とメディアの歪んだ関係

この日の訪問者:300
▼傍聴席をカネで買い占める記者クラブ各社

一昨日から津地方裁判所で
裁判員の参加する刑事裁判が開廷されております

先日の2億円強盗事件ならともかく
今回のコンビニ強盗事件そのものにあまり興味がないので
さすがに並んでまで傍聴する気にはなれません

それよりも記者クラブ各社が
どんな立ち振る舞いをするのか
ジックリと観察するのがよろずやの役目と心得ております

2db169f0.JPG6a535e52.JPG5996c46a.JPG






東海地方では初の裁判員裁判とあってか
記者クラブ加盟各社は名古屋からの応援部隊や
中継車両も投入して連日賑やかにやっております

初日の9月15日には731人
2日目の16日にも533人が
傍聴券を求めて列を作ったそうです

a03ee1ea.JPG
← 2007年10月撮影

303号法廷は48席ありますが
そのうち15席は記者クラブに割当てられ彼らが占領できますので
残りは33席ということになります

16日には特別傍聴人(利害関係者)が2人おりましたので
さらに少なかったようです

この数少ない傍聴席を狙って
記者クラブ各社が熾烈な競争を繰り広げました

中にはマイクロバスまで手配した社もあって
地裁職員も驚いていました

その結果の731人であり533人なのですが
各社動員とは無縁ではないですから
さすがにこの点を批判する記事は見当たりません

何人かの一般市民は
時間と金をかけて傍聴しに来たのに
 明日も○時に××の4階に集合ですね?
などと○日新聞の腕章をした人に確認する人がいたりして

冷静に周りを見渡してみると
なんだかカネに釣られた"サクラ"ばかりに見えてきて
抽選にハズれてトボトボと帰宅したことでしょう
可哀想に

百歩譲って
動員だけなら問題なしとしても

傍聴する権利を金銭で売買する行為は
本来の傍聴目的の人を排除するわけですから
こんなものは迷惑防止条例かなにかを援用すれば簡単に排除できるでしょう

金銭での売買ができないとなれば
大規模な動員は恐らく不可能にはなりますが
まぁそこまで勇気のある警察や裁判所が日本に存在するのかどうか…


▼メディアへの開放なくして司法改革なし ← 小泉純一郎っぽく

ではなぜ彼らがそこまでカネを掛けて
傍聴席を占領したいのかといえば
法廷内での取材があまりにも制限されているからではないでしょうか

録音するな
撮影するなで
メモを取るのでさえ昔はダメだったのですから

やっとのことで今は冒頭2分間だけ
代表社がビデオカメラでの頭撮りを許可されるようになりました
静止画なのか動画なのか分かりにくいアレです

これをいきなり生中継へと発展させるのは
裁判所の閉鎖的な体質を考えると
さすがに困難かと思われます

しかし傍聴の便宜を図るために
裁判所側がビデオカメラを用意して別室で見聞きできるようにしてくれれば
本来の傍聴目的の人が排除されるようなこともなくなります

そうやって一つ一つ積み重ねていけば
やがては生中継できる日も来るのではないでしょうか


裁判員制度を導入したのは
司法への国民の参加ということになっておりますが

ここまで国民から隔絶した仕組みを作り上げておきながら
何をいまさらというのが率直なところだろう

浮世離れした裁判官がいたりするのは
社会の監視の目が行き届かないからに他なりません

メディアへの開放もなしに
そもそも興味がない国民を巻き込もうとするのは
至難の業ではないでしょうか


裁判員制度への国民の理解度は
一連の報道で表面的には得られたようにも見えますが

公判における休憩の乱発を見ていると
楽屋裏で裁判官が必死になって"誘導"もしくは"演技指導"しているのでは
との疑念をいだかせます

それどころか公判前手続きで争点を絞り込んでいるので
この過程も裁判員に示すべきなのですが
そこまで突っ込む能力が裁判員にあるとも思えませんね

さらには罰金刑を設けてまで
評議内容に守秘義務を課したりして
司法官僚が制度を骨抜きにした感がなきにしもあらず


▼【お約束ネタ】またまた地裁前の歩道を不法占拠する人たち
8f4ce46c.JPG2a10e57c.JPG

歩道を不法占拠する人たちと
お庭をキレイキレイにする職員



一般社会への迷惑を考えたら
裁判所の敷地内で取材させた方が
公共の安全と秩序も保たれると思うのですが

 地裁の敷地内で取材の声かけをする報道陣に「ここで取材はだめです」と地裁職員。それを見た傍聴者の男性は「裁判所の堅さは変わってないね」
 http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000000909160002

うーむ
どちらの肩を持つべきか悩む w

門を出てから傍聴者を捉まえているようでは
同業者との競争が激しくて独自ネタになりませんから
禁止されててもヘッチャラな記者がいるんでしょうね

まぁあんなこと
こんなこともあったので
人のこと言えたもんじゃありませんが(爆

mieken1876418 at 07:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 司法制度 | メディア