2019年09月05日

記録的短時間大雨情報@四日市市山城

*書きかけです

▼本日(9月11日)気象台から速報が公表される予定です

台風など被害をもたらす規模の自然災害が発生すると
数日以内に地方気象台から『速報』が公表され
HPにpdfで掲載されることがあります

先日の『キロクアメ』が公表基準に該当するのか
確認がてら発生メカニズムの話も聞いてきました




▼情報提供=三重県河川課河川計画班

22:50~23:00 13mm

23:00~23:10 18mm
23:10~23:20 21
23:20~23:30 7
23:30~23:40 3
23:40~23:50 1
23:50~00:00 4
正1時間降水量=54mm/h

00:00~00:10 16mm
00:10~00:20 25
00:20~00:30 30
00:30~00:40 26
00:40~00:50 20
00:50~01:00 8
正1時間降水量=125mm/h

三重県内の記録的短時間大雨情報の設定値は120mm/h
なので00時50分=(4+16+25+30+26+20)=121mmで発令

ピーク時の値としては01時00分=125mm

NHKの報道する数字に違いがあって違和感があるのは
これが原因

情報紙のアンポンタンが全然理解してないのに
テキトーな記事書いとるけど放置しておこう


▼県内でのキロタン、11年ぶりかな?

 平成20年8月28日22時23分 津地方気象台発表
 22時三重県で記録的短時間大雨
 四日市市付近で120ミリ以上

実測値での発表となると
2004年9月29日以来の15年ぶりか?

mieken1876418 at 19:28│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 自然災害 | 四日市版

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔