2020年03月24日

三重県の状況を谷口清州 医師が説明

▼せっかくなのでテキストにしておきます

三重テレビが谷口清州医師をスタジオに招き
三重県の状況について聞いていました

でも殆どの県民は放送を見ていないだろう
もったいない

AFB0F2E2-43C4-461F-82FC-9F2598356DD6
【写真=三重テレビ Mieライブから、谷口清州医師】

と言う訳で
谷口医師の発言要旨(意訳含む)

Q.愛知や大阪ではクラスターが発生しています
 三重県の状況は?

A.感染伝播経路がはっきりしていて
 そこから先の濃厚接触者が特定され
 調査がきちっとされているので
 県内あちこちにウイルスがいるという状況ではないだろうと思います。

 ただ三重の近くではクラスターが発生している
 不顕性感染の人から感染が広がることもありうるので注意は必要。

Q.症状とウイルスの特徴

A.感染しても8割は風邪症状で終わる
 症状の出ない人もいる
 2割は肺炎を起こす
 そのうち15パーセントは治る
 最終的に5パーセントは重症になる可能性。(この項、図示していないので不確実)

 このウイルスは肺の中で非常に良く増殖するが
 咽頭あるいは鼻咽頭でも増殖するのが分かってきた。

 口から近いところで増殖すると
 口から外へ出やすくなるので感染性も高まりやすい。

Q.専門家の谷口先生がする予防策

A.大きくは変わらない
 基本的には手洗い
 手指消毒剤で接触感染を予防する。

 あとは飛沫予防策
 ただこのウイルスはヒトからヒトへ伝播するので
 例えば2m以上離れていたら普通は飛沫は飛んでこないので特にマスクは必要ない。

 東京で密集した電車に乗る時にはマスクをすることはありますが
 普段、僕は三重県内ではマスクはしていません。

mieken1876418 at 00:37│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 コロナウイルス/ インフルエンザ(H1N1) | 三重テレビ放送

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔