司法制度

2019年08月05日

津地鎮祭訴訟の文書記録保存状況

▼涼しくなったら閲覧に行きますね

本日の共同通信出稿で興味深い記事があったので
久々に津地裁へ顔を出してみたけど
上から下まで相変わらずのクソ対応で妙に安心した

 【社会】憲法裁判記録 8割超を廃棄
  自衛隊・長沼ナイキ、「宴のあと」訴訟 検証不能に
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201908/CK2019080502000145.html

地裁3階 総務課で記事の確認をすると
廊下の気温は体感35度超なのにそこで待ってろと?
あづいぃぃぃ溶けるぅ

頭おかしいんじゃないの?
速やかに冷房の効いた部屋へ案内してくれぇ
頼むからお願いっ!

やっと冷房の効いた総務課の中へ入れてくれた
IMG_0039
【写真=津地方裁判所】

記事の中身はというと
戦後の重要な民事裁判の記録を保存しているかどうかで
津地裁は地鎮祭訴訟の記録を『特別保存』していて
共同の記事によればこれは珍しいとのこと

地鎮祭訴訟は1977年7月13日大法廷判決なので
1980年代の担当者が特別保存の決定をし
以後、不手際で捨てることもなく残ったと推測される

しかし特別保存とは、なんぞや?と聞いても
地裁では不慣れなためかトロトロしていたので
廊下へ出て最高裁判所事務総局へtelしてみた

すると最高裁事務官はこう言うのであった

「特別保存についてHPなどで説明していないのでお答えしません」

いいね、痺れるわぁ、その回答
さすが最高裁、サイコーだぜ!
今度録音してupしてあげるから待っててね

で暑い廊下から冷房の部屋に戻ると
津地裁の事務官は『司法行政文書開示申出書』を用意していたのであった
上から下まで本当にクソ揃い

いやぁさっき最高裁に聞いたら答えないって言ってたから
記入しても無駄っぽいので止めときます
と言って帰ってきた

そして『最高裁判所 文書保存規定 特別保存』でググると
拍子抜けするほどすんなり出るのよ

 裁判所における文書管理
 平成20年9月25日 最高裁判所事務総局
 特別保存制度は,保存期間満了後も保存を継続する制度であり,事実上の永久保存となっている
 https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/koubun/dai11/siryou1.pdf

共同の記事と同じ表現だわ

念のため共同本社にもtelして出稿した記者本人とも話したけど

 1件1件、各地裁へtelして保存状況を調べました

とのことで東京新聞HPでは18時半現在312件もシェアされて
硬派な記事なのに世間でもかなりの反響を呼んでるみたい
記者さんお疲れさまでした

いやぁ裁判所って本当にイイですね
AIとか言う前に一からやり直せ! >大谷

mieken1876418 at 18:34|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年06月10日

直也の母がウソ泣き

▼裁判傍聴の意義

朝日町JC強盗殺人事件で
遺族が直也の両親に損害賠償を求めていた訴訟は
「極めて低い」金額ながらも和解に応じたという

2015年10月の提訴時の報道では
「2年以上がたったが、少年の両親から何の連絡ないし謝罪の言葉もない」
としていたが今般、両親が謝罪したことで軟化させたようです

思えば直也の父母は鑑別所の書類を放置したり
民事訴訟の準備書を提出しなかったりと
非常識な場面が多々見受けられ

私が地裁の廊下に居た際も
ハンカチで顔を覆いながら入廷する姿を見て
遺族の母親が泣いているのかと思っていたが

再び前を通った際によく見ると
ハンカチの隙間から記者らをチラ見してて
直也の母親が人目を避けるため顔を隠していたみたい

うげっ!
とドン引きしてしまいました
IMG_0246
【写真=津地方裁判所前、2015年3月撮影】

書面には残らない情景や表情を見て
それを文字にして伝えることに
私は裁判を傍聴する意義があると思っている

で、近澤正浩のひき逃げ
誰か傍聴しに行ったの?
ガッツポーズとかしてなかった?


mieken1876418 at 16:52|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月17日

枕営業判決の始関正光が津地裁所長に就任

▼仰天判決でチョー有名なのに

津地方裁判所の新しい所長に始関正光氏が就任し
記者クラブ各社が伝えています
53)
【画像=NHK 津HPから】

始関正光氏といえば
争点でもないソープランドと枕営業の違いを力説してSNSで話題となり
判決から1年以上を経た2015年5月に朝日新聞で紹介された破壊力抜群の裁判官

始関正光でググれば
=枕営業判決が公知の事実か?と思うほどヒットしまくる
こんな逸材なかなか津に来ないぞw

それなのに記者クラブ各社ときたら就任会見で
赤レンガ時代が長いだとかアスベスト訴訟とか真面目な話に終始した模様で
イジり方が分かってねえよなぁ

大門のママさんたちは
もし所長を見かけたりしたら
枕営業について深く深〜く語ってもらいませう



mieken1876418 at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月17日

棄却

▼控訴棄却

「犯行は悪質で身勝手」と1審の津地裁・増田啓祐裁判長は指摘したものの
検察側が求めた懲役5年以上10年以下の上限刑に対し
5年以上9年以下の不定期刑としたうえに詳しい減刑理由を判決文に書かず

いつもの惰性でつい減刑して書き漏らしたもんだから遺族の怒りを買い
検察が意を汲んで控訴していた朝日町JC強盗殺人事件の控訴審判決が
さきほど名古屋高等裁判所でありました

悪質さ、計画性の程度、思慮の乏しさなどを考慮しても
5年以上9年以下の判決は妥当として木口信之裁判長は控訴を棄却しました
image
【写真=名古屋高等裁判所】

以下 9/22 17:00up
▼遺族感情を逆撫でする木口裁判長

判決理由を説明する中で木口裁判長は
 1審では減刑理由が書かれていないが恐らくこうだろう
という自説を展開されていたが

その言い方が非常に冷たく『上から目線』という感じで
 そんなことで控訴してくんじゃねーよ
とも聞き取れて
同じ内容でももう少しマシな言い方ができないのかと非常に残念だった

木口氏の経歴を調べてみたら
東大卒で最高裁調査官も経験し一時は司法の超エリートコースに乗っていたようですが
迎賓館テロ事件で無罪を言い渡して八王子に飛ばされるなど
筋を通すときもあるけどその分遠回りしてきた裁判官人生のようです

まぁそんな職業裁判官に遺族の感情を酌んでくれというのは
とても難しいという日本の司法の現状がよく表れた公判だったと私は理解しております

遺族も同様に「もう諦めました」と上告しない方針を
判決後の会見で述べたようです


▼被害者支援センターという黒子の存在

事件直後の遺族は
記者クラブ等の取材に全く応じていませんでしたが
今は顔無しで会見に応じるなど徐々に変化していきました

その背景には被害者支援センター(実質的には県警職員?)の存在が大きいと思われ
1審の津地裁では担当者と少しお話もさせていただきましたし
控訴審でも顔を見かけました

そのうち別項で書こうと考えていますが
事件初期の時点でもっと積極的にマスを通じて声を上げた方が
裁判にも影響を与えられたのではないかと思います

mieken1876418 at 13:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋高裁は少年法を尊重しません!宣言

▼少年事件なのに名古屋高裁は予定表で直也の実名記載

ちなみに津地裁は被告人「少年」でした

この件に関する名古屋高等裁判所のコメント
「1審の時点で被告人は未成年だったが20歳を迎えたので実名とした」
CIMG4379
【写真=朝日町JC強盗殺人事件 名古屋高裁 傍聴券】

同じく最高裁判所のコメント
「コメントいたしません」

同じく法務省刑事局のコメント
「少年法の主旨を尊重していないと取られても仕方ない」

よろずやから二言三言
法務省の真摯なコメントと
最高裁のクズっぷりなコメントの落差に感動?した

名高裁の規範意識は2ちゃんねると同程度か
役所がルールを逸脱するってどうよ?
週刊新潮編集部に連絡しようっと

mieken1876418 at 12:52|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月24日

鈴鹿ネット経営者殺人事件 懲役17年の実刑判決

▼15:05閉廷 15:12up

要旨交付が手直しするかもとか屁理屈つけて遅れる
聞こえん上にすぐくれやんとな?
記者が怒る怒る


▼証拠がほとんど無いのに 14:21up

有罪にもっていった論拠が大いに気になるけど
津地裁は多分判決文をHPにupしないだろう
池沼
image
【写真=津地方裁判所】

▼傍聴者が1人帰ったので再抽選します 14:18up

4人フツーのヒトが残っていて抽選した

ワシはパスしといた


▼裁判長の増田啓祐 14:10up

朝日町JC殺人事件の判決で増田裁判長は
減刑理由を書き漏らして上告されちゃったので
今回の判決は結審から判決まで時間的余裕を持たせた

今回は書き漏らし無い事を祈る


▼裁判長の声が小さくて何言ってんのか分からん 14:02up

とS記者がブチ切れて廊下に出てきた


▼懲役17年 13:59up

予定時刻より前なのに判決出た


▼廊下にほとんどヒトいないあるよ 13:58up

やっぱ125人動員だったあるね


▼ハズれたあるよ 13:47up

廊下で勧進帳するあるよ


▼130人並んだ 13:35up

つか100人以上は
記者クラブと地検等関係者の動員だろう


▼地検の動員の掛け方がハンパない 13:24up

炎天下を外で並ばせるのは可哀想と気を利かせたものの
裁判所職員の見込みハズレで
大勢のヒトが抽選に並んでいる

3階の廊下をグルリと囲んでる
地裁は40mのプラチェーンをもう1本持ち出してきた
抽選券が足らないので急いで作り増しているそうな


▼前打ち 12:55up

殺人罪に問われている加藤映次 被告の判決公判が
本日14時から津地方裁判所でおこなわれるので
現場から随時更新する予定です

殺人罪で無罪判決なら県内では青果商殺人事件以来の37年ぶりって
それにしても中日の安藤記者のめり込んでるなぁ

mieken1876418 at 12:56|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月05日

押収物還付公告

▼期限までに名乗り出なければ、職員がおいしく頂きます?
IMG_0591
【写真=津法務総合庁舎掲示板】

mieken1876418 at 17:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月12日

公判3日目 精神科医の陳述・尋問

▼今日はフカフカの椅子で寝られそうです

被告人に対する尋問 (昨日のつづき
鑑定人への尋問
が今日の予定だそうです
image
【写真=傍聴券】

11:06開廷
仙石母へ裁判員および裁判官からの尋問
(学校からモンスターペアレンツ呼ばわりされていた件について) *長い沈黙
(心外か?) *さらに沈黙
11:21
弁護側 謝罪文 陳述
11:22
弁護側要旨作成 少年鑑別所および家庭裁判所の報告書
携帯電話をアルコール消毒
非行処分歴なし
同級生の女生徒のノートへの射精など常軌逸した行為
12:00休廷

13:13再開
榊原病院の山本暢朋・医師 陳述
たまたまが重なって犯行に及んだ 運命みたいなものと言っていた
たまたま野球見に行って たまたま花火大会行ってと
隣の家の車に精子やオマンコと落書き アホとか死ねではなく性的志向
コンドーム持ってないし性病怖いので性行為していない 乳部と陰部を触った
(精神障害の有無について) 問題ない
13:34
検察から医師への尋問に答えて
少年父と母に対する面談もしたが
非常に失礼ながら父はワンテンポずれた印象
母もまったくピンときてない印象受けた
少年は私(医師)に対し検察寄りのことを書くんじゃないかとか
普通はそんなこと言わないけど言いたいことをはっきり言っている
14:10休廷

14:29再開
(ストレスと犯行の関連は) ありません
わいせつ目的だからです
衝動のコントロール 飛び掛かってないですよ
人の居ない所へ連れて行ってる 判断能力充分ある
中学の担任は被告の性犯を疑っていたが両親は知らなかった
共感性の乏しさ
14:43
弁護人から医師への尋問に答えて
共感性を向上させるには被害者の苦しみを理解してもらう必要ある
性嗜好障害 少年にはありません
15:02休廷

15:27再開
裁判官から医師への尋問に答えて
鑑別所と私の検査結果にそれほど違いないが解釈には大きな違いがある
鑑別所では主に臨床心理士らが検査するが彼らは検査に頼る傾向ある
鑑別所は少年に肩入れする傾向ある
ノートの件といい中学時代から性犯罪者に見られるような傾向あった
15:38閉廷


mieken1876418 at 10:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年06月09日

読売新聞が書かなかった信田検事正の学歴

▼津地検検事正に信田昌男氏が就任

6月2日付で
津地方検察庁の新しい検事正に信田昌男氏が就任した

どんな人なのかと『信田昌男』で検索してみると
東村山市議怪死という今から20年ほど前に世間を騒がせた事件の担当検事だったそうで
週刊新潮が『担当検事は創価学会員』と暴露したことで広く名の知られた方のようです

裁判所の現所長が全国区の有名人なだけに
検察庁もバランスを取ろうとして(?)
変化球を投げてきた感もありますね
CIMG2653
【写真=週刊新潮1996/5/2・9】

20年ほど前だと
さすがに顔が若いですね

なお、信田昌男+週刊新潮で検索すると
週刊新潮96/5/29号と書かれたブログ等が多数ヒットするものの
96/5/29号なるものは存在せず
正しくは96/5/2・9号「東村山市議怪死の担当検事は創価学会員」が元ネタと思われます

週刊誌ってゴールデンウィークと盆と年末年始には
合併号を出して休みを取るじゃないですか
そのナカグロ(・)を見落としたんでしょうね

って、お前ら元ネタも見やんと適当なコピペばっかしとんなよゴルァ


▼で、本題に入るよ

一番早く夕方にHPへ載せたNHKは信田検事正の学歴を書かなかったけど
深夜にCBCが『創価大学法学部卒業後…』と載せたので
翌日の新聞各紙がどう扱ったのか調べてみました

すると
中朝毎伊は創価大法学部卒と書いておりましたが
読売だけは
 東京都出身。1984年に東京地検の検事となり…
ということで学歴をスルーしておりましたわ

各社横並びで書いてあるのに
一社だけ書いて無いと凄〜く目立ちますねぇ
クラブで噂になっちゃいますよ

原稿には書いたのに
デスクかどこかで「学歴はいらんだろ」って削られたのかしらん?
読売の社内事情に俄然興味が湧いてきました

産経と日経は検事正就任の記事そのものが無かったけど
両紙共に検察庁の目の前に支局があるんだけどさ
まぁ人繰りがつかなかったということにでもしておきますか

それともアンチ学会だったのかしら?

mieken1876418 at 03:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年04月13日

国破れて3部ありの藤山雅行が津地裁所長に就任

▼行政関係者なら、この名前↑にピン!と来るでしょう

NHK津のHPを見ていたら
 津地方裁判所の新しい所長に藤山雅行氏が着任
というニュースが載っていた
CIMG1460
【写真=MTVから】

藤山雅行氏といえば
東京都の銀行税に無効判決を下したり
小田急線高架化訴訟では国に事業認可の取り消しを命じたりとチョー有名な裁判官

 以前所属していた東京地方裁判所行政訴訟専門部では、行政側に対する厳しい判決を連発し、杜甫の「国破れて山河在り」になぞらえ、所属する民事3部の名称をもじって「国破れて3部あり」などと言われていた
 http://ja.wikipedia.org/wiki/藤山雅行

行政訴訟専門の次は医療訴訟専門へと異動し

 医療訴訟は最高裁が知的財産などと並び力を入れている分野で、「あながち左遷とも言えない」(ある裁判官)との見方もある
 ttp://www.nikkei.co.jp/seiji/20040508e3e0800208.html

などと日経新聞に書かれたこともありました

でもNHKのあとに三重テレビニュースも見たけど
昨日の就任会見では過去のディープな話は出なかったみたい
全国紙の記者なら何か書くかな?

今回は所長として赴任したので
個別の判決に関与することはまず有り得ないのですが
人事評価でもって左右することは不可能ではないかもしれn…

mieken1876418 at 01:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月14日

大塚万吉さまに求刑3年

この間の訪問者:305(14日)+ 314(15日) ページビュー:910(14日)+ 906(15日)
▼弁護士もアッチ系の人でした

大塚万吉こと趙万吉による名誉毀損事件の第2回公判が
10時から津地裁でありました

 大塚本人はキーボードを打てないからパソコンで文書を作れない

 外国人記者らが大勢出入りしてたから彼らが意を汲んでやったかもしれない

 大塚事務所は店仕舞いする

事件屋を辞めるそぶりまでして
軟弱な弁論には予想外であります

ネットに書かれていた情報では
もっとスケールのデカい人物だと思っていたので
法廷でも電波飛ばしてくれるのかと期待して見に行ったのに

「脱北者の援助」「総領事と面会」「シンガポールで仕事」など
弁護士の発言には時折その片鱗がチリばめられていたけど
「中井洽」という肝心なキーワードはついに出ず終い

記者クラブからは
5人ほど取材に来てたけど
ネットで流れるのはいつものM紙だけ

目つきの鋭いオッサンも
5人ほど来てたけど
ブラックライターが来てたかどうかまでは知らん

http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-08.html#20100826
http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-10.html#20101026
http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-11.html#20101109
http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-12.html#20101202

mieken1876418 at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月09日

これからは「間違って入った」と言えば良いんですね?

この日の訪問者:304 ページビュー:685
▼出歯亀が不起訴処分になりました

 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-10.html#20101012

盗撮目的で女子トイレに侵入したとして警察に逮捕され
その後、釈放されていた津地裁職員が不起訴処分になったそうです

 「公判を維持するだけの十分な証拠が集まらなかった」として、この職員を不起訴処分
 ttp://www.nhk.or.jp/lnews/tsu/3075752051.html

先月釈放されて
休職手続きが出されていたらしいけど

今後もし不起訴になったら
職場の同僚はこの人をどう扱えば良いんでしょうかねぇ?
気マズイですよねぇって雑談してたところだけど

どうなるんでしょう? >関係者

最初から重要なブツがなくて証拠も集められそうではなかったのに
身柄を押さえて名前まで公表しちまって
挙げ句の果てに不起訴処分かいな

どんだけアホなんじゃろ?
逮捕すれば落ちるとでも思ってたのなら
見通しが甘いな

見通しがないなら
伊勢警察署も逮捕だけしといて公表しなきゃ良かったんだよ
なに焦ってんだよ

あとゴーサインを出した担当検事の名前も
公表すべきじゃなかろか

mieken1876418 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月04日

合わせて懲役2年10月

この日の訪問者:225 ページビュー:448
▼誰も書いてないみたいだけど

前回2008年12月の判決が
懲役1年4月、執行猶予3年

その執行猶予期間中に今回の実刑判決が出たので執行猶予は取り消されて
前回の懲役1年4月が執行され
さらに今回の懲役1年6月が合算されて懲役2年10月になるそうな

内山孝一 裁判官も
 合算されて刑が重くなるから求刑2年のところを1年6月に減刑してあげる
みたいなことを判決理由で言っていた

未決勾留期間30日とも言ってたから
実質2年9月なのかな
模範囚だと更に短いだろうし

追徴金1万円というのは
覚醒剤の売買金額と同額というだけの話で
不当利益の没収


▼今回は立ち見もなく着信音も鳴らず静かな法廷でした

法廷が狭いと書いた件だけど901号のままで
入口に地裁の腕章をつけた職員を5人以上も張り付けて
溢れたら入室させないつもりだったみたいエゲツナイ

でも予想外に傍聴者が少なくて
亀山の環境活動家も来てなかったみたいで
拍子抜けした

ちなみに702号は定員20人の小部屋だった


▼判決要旨不交付ってなんじゃそれ

内山裁判官が901号法廷に入室してきたのは
頭撮りもあって9時56分で
安藤弁護士は9時59分に着席

でも裁判が始まったのは
10時10分
裏で何があったかまでは知りませぬ

10時15分に閉廷

記者クラブは判決要旨を要求したみたいだけど
裁判官が拒否った?らしく不交付
短い内容だから法廷でしっかりメモしろってことか?

最後に弁護士が岳央に歩み寄って
「頑張ってな」
みたいに一言だけ声をかけてた

弁護士は囲み取材を避けるためか
裏の通路から脱出した

mieken1876418 at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月03日

名古屋地裁の事務管理能力

この日の訪問者:337 ページビュー:847
▼満員御礼

三重県知事の息子でプッシャーだった野呂岳央に
きょう判決が下される予定ですが
名古屋地裁の事務管理能力に疑問符がつくかもしれない

というのは前回の公判は901号法廷で開かれたのだが
48席ある傍聴席はほぼすべて埋まってしまい
時折、立ち見が出るほどの盛況ぶりで

裁判官が何度も
 立ってないで座りなさい
と傍聴人に対し注意していた

この裁判官に本来割り当てられた702号法廷は
恐らく901号よりさらに狭い部屋と思われ
合議用の広い部屋に変更しただけマシなのかもしれないが

 刑事第3部B係 内山孝一 702
 http://www.courts.go.jp/nagoya/saiban/tanto/tisai_tanto.html

三重県政と名古屋司法の各記者クラブにフリーの記者
さらに傍聴マニアの老人まで来ちまったもんだから
それでも溢れてしまった

このままでは
きょうの判決公判は収容しきれない可能性も考えられるので
名古屋地裁に電話で確認してみた

 よ フェロシルトのときみたいに1号法廷に変更しないのか
 名 今のところ考えていない
 よ なんかあったら責任取れよ
 名 責任ってなんだ?
 よ テメーで考えろ(ガチャ

傍聴券も交付する予定はないと言っていたけど
さてどうなることやら

mieken1876418 at 07:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月02日

誤認逮捕致死事件の判決文

この日の訪問者:319 ページビュー:863
▼裁判所がpdfで全文upしてくれました

記者クラブが判決要旨を要求したので
裁判所は彼らに交付したけど
結局どの社も紙面には載せなかったですね

なので例のごとく裁判所に情報公開請求してあって
手に入ったら載せようかと考えていたところですが
それならということで裁判所が急いで作業して全文upしてくれました

 http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20101130095822.pdf

もっとも記者クラブは
原告の弁護士から判決文の謄写を提供してもらったので
今となっては要旨を作成する必要もなかったことになるワケだが…

なお原告は11月30日に控訴して
被告も12月1日に控訴したそうです

mieken1876418 at 01:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

大塚万吉さまの初公判

この日の訪問者:319 ページビュー:863
▼気付いたときには終わってた

大塚万吉こと趙万吉による名誉毀損事件の初公判が
昨日10時から津地裁でありました

おっかしいなぁ
ついに地検からは連絡がなかったなぁ

開廷前の9時45分から10時までの15分間は
公判前整理手続もありました

予定では17時まで冒頭陳述でしたが
15時過ぎには閉廷したそうです

そうとは知らず16時過ぎに301号法廷へ見に行ったら
裁判長が尋問をしてるのだけど傍聴席には誰もいなくて
法廷はシ〜ンと静まり返っていた

そのうち下着泥棒の話になって
万吉っつぁんに罪状が増えたんかいのぉと思いながら聞いてたけど
被告人の横顔がなんか違うのよ

法廷を出て廊下の日程表を再確認したら
別の窃盗犯を16時からやってて
ズッコケちまった w

なお次回は12月14日
論告・弁論が予定されています

http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-08.html#20100826
http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-10.html#20101026
http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-11.html#20101109

mieken1876418 at 00:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月27日

検察官がキレた

この日の訪問者:265 ページビュー:673
▼稼いだ金の4割をシャブに消費

三重県知事の息子でプッシャーだった野呂岳央の第2回公判が
名古屋地裁で昨日ありました

 父島を選んだのは自分の意思か? → ハイ
 なぜ → 昔から一度行ってみたかった

 こういっちゃなんだが
 警察の目も甘い父島で
 シャブ漬けの生活を送ろうとしてたんじゃないのか! ← これ検察官のセリフです

 父島での収入は → 月12万から14万
 働いていた期間は → 1年2カ月

 ということは稼いだ金150〜160万のうち
 60万円も大阪の密売人に送金していたのか!

 覚醒剤を手渡した人数は → 女性4人
 そのすべてと? → 性交渉した

 小笠原へ行って前よりハマッたと言っていいか? → はい。。
 それで立ち直れるのか → 頑張ります
 具体的じゃないな → 。。。


あと気付かんかったけど
岳央の母ちゃんも傍聴に来てたって
閉廷後の囲み取材で弁護士が言ってた

でもコッソリ来て速攻帰ったらしく
誰も気付かないところが
記者クラブくおりてぃ

母ちゃん来てたのを岳央は知っているのかって聞いたら
昨日伝えたから知ってるハズって弁護士が言ってた

この弁護士は松阪春日町の野呂のお向かいさんで
野呂の自宅の家主でもあったとのこと
ググればすぐに分かった

何の因果か
28日(日曜)には県庁講堂で
こんな↓イベントもあると法廷で言ってた

 薬物(三重ダルク)フォーラムを開催します
 http://www.pref.mie.jp/TOPICS/2010110039.htm

あと弁護士が法廷で言ったことと
知事が同日午前の会見で言っていたことは明らかに違うのだが
裁判長はどう判断するのだろうか

知事
 長男の事件とは関係ない
弁護士
 2期8年 事件があったために意思を固めた


とりあえず書いて
後で大幅に書き換える予定だったけど
どうやらこのままみたい。。

mieken1876418 at 00:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月18日

判決 因果関係を認めなかったもよう

この間の訪問者:351(18日)+ 331(19日)+ 244(20日) ページビュー:1522(18日)+ 780(19日)+ 418(20日)
▼各社速報 13時36分カキコ 13時38分追記

 共同13:21 三重県に880万円支払い命令 誤認逮捕の男性死亡で津地裁
 http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111801000430.html

 時事13:29 誤認逮捕死亡、県に賠償命令=880万円認める−「違法な制圧」遺族主張・津地裁
 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010111800403


▼【速報】県に対し880万円の賠償 13時32分カキコ

原告側弁護士によると

 金額からすると因果関係を認めず
 推測だが和解案どおり
 控訴するかどうかは原告と相談して決める

とのこと

13時45分から
県庁3階で会見らしい


▼デジカメの調子が悪いのでstreamするかもしれない 12時02分カキコ 13時32分修正

津地方裁判所前で13時00分前後にstreamingするかも

【追記】よそごとしてる間に撮影機会を逃した orz


▼各社、前打ちを書いてますね

有難うございます

 朝日新聞三重県版 制圧行為など争点 損害賠償訴訟あす判決 「誤認」逮捕後死亡
 http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000001011170001

 読売新聞中部版 制圧男性死亡 賠償訴訟 警官の過失 認定焦点 津地裁 あす17日判決 原告、誤認逮捕も主張
 http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/101117_1.htm

 毎日新聞中部版夕刊 三重・四日市の誤認逮捕 「泥棒」誤認か 「制圧で死亡」争点 あす判決
 http://mainichi.jp/chubu/shakai_sports/news/20101117ddh041040006000c.html

 伊勢新聞 四日市・「誤認逮捕」翌日死亡事件 制圧行為が焦点 きょう判決
 10/11/18 HP未掲載

 NHK津 取り押さえ後死亡 判決へ 11月17日20時42分
 ttp://www.nhk.or.jp/lnews/tsu/3075214551.html

 2ちゃんねる 【裁判】四日市のスーパーで取り押さえられた男性が死亡 妻が起こした損害賠償請求訴訟は18日に判決
 http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1290010497/

mieken1876418 at 12:02|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月17日

3年越しの裁判

この日の訪問者:365 ページビュー:883
▼仕切り直し

2004年に発生したジャスコでの誤認逮捕致死事件が
紆余曲折の訴訟進行を経て
明日、判決が下される

これまでの訴訟の流れから
今年(2010年)2月の和解協議で合意できるのではないかと予想していたので
2月のブログでそういう書き方をした

原告と県警の双方が合意できる和解案を
堀内照美 裁判長ならきっと提示してくれるだろう
という希望的観測でそう書いた

しかし警察官の過失は認めたものの
死因との因果関係を認めなかったため
双方とも合意せず和解協議は打ち切られた

そして原告は死因との因果関係を
被告は制圧行為の正当性をそれぞれ主張して
6月23日に結審した


▼春の異動を蹴った裁判長

判決言い渡しの期日を指定する際に
堀内裁判長は法廷で

 時間を下さい

と言って少し頭を下げた

確かに約半年も先を指定するのは
長過ぎる気もしなくはないが

この間に右陪審が人事異動で交代しているので
調書の読み込みに時間がかかると見込んでのことだろう

原告の弁護士は
 交代は影響が大きい
と不安視していたが…

そこでふと考えたのだが

昨年(2009年)9月に和解勧告を宣言し
以後3回の和解協議を重ねて年度内に終わらせようと急いだのは
堀内裁判長に人事異動が打診されていたのではと推察する

しかし裁判長はそれを蹴って
この判決を自分で仕上げることにこだわったのではないかと思う

自分の出した和解案に
 そうじゃない、そうじゃないんだ
と原告の弁護士から指摘されて
素直に理解を示す裁判長はそれほどいないと思う


過去記事
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2007-10.html?p=2#20071004
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2008-04.html#20080401
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2008-09.html#20080929
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-02.html#20100209
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-02.html#20100218

mieken1876418 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月11日

昨日も電話ないにゃぁ

この日の訪問者:326 ページビュー:861
▼残業乙の津地検 昨日22時撮影
CIMG7126

mieken1876418 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月09日

電話まだかなぁ?

▼不夜城の津地検 本日22時撮影
CIMG7125
INAX事件について
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-10.html#20101026
公判前整理手続の第1回が今日あったハズなので
どこよりも早く次回期日をお知らせしようとしたのですが

昼過ぎに津地検へ電話してみると
女性事務官が2分ほど保留音の流れた後で
 公判担当者は電話中なので折り返します ← バレバレやん
との返事だったので

名前と電話No.を伝えて
もうかれこれ10時間ほど経つのですが
なかなか電話がかかってこないっすねぇ

もしかすると公判検事とやらがチョー長電話してるのかもしれないし
コロっと忘れてるだけなのかもしれないし
得意技の放置プレイなのかもしれない

ケーサツと違って俺ら法務省の一組織だし
蛤も閣僚から外れたことだし
テキトーに片付けちまおうぜって感じなのかしら?

ま、これ以上書くと
デッチアゲ調書でパクられるかもしれんから
これぐらいにしとこーっと

つうことで
このネタは明日以降に続く
かな?

mieken1876418 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月26日

INAX事件が動き始める

この日の訪問者:338 ページビュー:885
▼どこよりも早く公判日程をお届け

ごく一部の特殊な人たちの間で
注目を集めていた刑事事件が
公判に向けてようやく動き始めます

 INAX 名誉毀損事件
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-08.html#20100826

大塚万吉こと趙万吉による名誉毀損の公判前整理手続が
11月9日(火曜)午前10時から津地裁でおこなわれることが決まり
地裁の日程表に載せられました

逮捕からすでに半年以上も過ぎていますが
身柄は現在もなお拘留中のもよう

逮捕・起訴した段階では
中井洽・国家公安委員長が絡んでいるのではとウワサされていましたが
9月の内閣改造で閣僚から外れた点がどう影響するのか

今後も続報が入り次第
出来るだけお伝えしようと思います

mieken1876418 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月14日

前尾鷲市長の奥田尚佳氏が敗訴

この日の訪問者:300 ページビュー:765
▼阿久根市長みたいに判決無視するってことはない?

前尾鷲市長の奥田尚佳氏が
紀州鉄工から名誉毀損で訴えられていた民事訴訟の判決が
きょう津地裁で言い渡されました

 市議発言を名誉毀損と認める判決 10/14 17:29
 ttp://www.mietv.com/news/prenews.html?article=4

原告の訴えが一部認容され
30万円を支払うよう命ずる判決です

従前からの被告の言動を考えると
恐らく最高裁まで争うのではないかと想像するのですが

たとえ判決が確定したとしても
スンナリと従うのかどうか
阿久根市長のような例もあるのでまだまだ目が離せません

mieken1876418 at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月12日

出歯亀が逮捕されたと聞いて飛んで来ました

この日の訪問者:364 ページビュー:870
▼近いうちに、お邪魔することになるでしょう >地裁
CIMG7033


 津地方裁判所に勤務する職員が盗撮目的で女子トイレに侵入したとして警察に逮捕された
 ttp://www.mietv.com/news/prenews.html?article=1

 ◯◯容疑者がしゃがんでドア下のすき間から携帯電話を差し入れるようなそぶりをしていた。職員が携帯電話を見せるよう求めたが拒否し、バイクで逃走。バイクのナンバーなどから◯◯容疑者を特定した
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101012/crm1010121947036-n1.htm

mieken1876418 at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月20日

記者クラブから引っ張りダコの短大学長

この日の訪問者:230 ページビュー:478
▼今度からは並んでね

裁判員制度を検証するシンポジウムが
三重短大の主催で19日に開かれていた

パネリストとしては珍しく
記者クラブから4人の記者が顔を並べていたので
冷やかしに行ってあげようかと思ったけど止めた

主催者の短大学長であるU氏は
三重大学の学科長や副学長も務め
いずれは学長かという時期にポーンと放り出されたような人

津地裁での初の裁判員裁判の折には
記者クラブ各社こぞって刑法が専門の学長にコメントを求め

 センセイ、これどうぞ使って下さい

みたいに各社競って
傍聴券を横流ししていた

学長も心得たもので
整理券配布の列に並ぶことなく
公判開始直前に重役出勤する有り様

記者クラブが札束で手に入れた傍聴券
私の目の前で
有り難く受け取っていたのであった

mieken1876418 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年04月21日

御触書から進化しない役所

この間の訪問者:315(21日)+ 324(22日)+ 276(23日)
▼法改正以前の問題
BlogPaint
検察審査会って
何だかよく分からないシステムですよね
ブラックボックスに等しい

でもそれが却って
今回の不起訴不当の議決にもつながったと思います
システム自体にある程度の匿名性がありますから

行政、警察、検察が
川◯センセーに及び腰なのは
匿名性がないからでしょう
BlogPaint
いわゆる明石事件では
制度そのものが強化される法改正にもつながりましたし
報道される量も飛躍的に増えました

しかし検察審査会の議決結果は
審査会事務局から記者クラブへ資料提供することはなく
← こうして掲示板に貼り出すだけのようです

今回の事案は
弁護士側が記者クラブへお知らせして
それが記事になったようです


▼「見づらくても構いません」ということらしい

役所前の掲示板に貼り出して周知させる行為は
古くは『御触書』の時代にまで遡ることができ
明治政府で定着した方法だと思います

しかしそこから一歩も進んでいないところが
検察審査会の地位低下にもつながっていると思われます
今の時代ならHPに載せりゃ済む話ですから

BlogPaintちょうど別の掲示作業をしていた地裁職員(?)に
掲示板のガラスに雨滴がついて見づらいので
ガラスをずらしてくれないかと頼んでみたのですが

ニコニコと作り笑顔で
「できません」と拒否されたので
厭がらせには嫌がらせで対応するづら

おかげで判読できない文字もありますが
一部手打ちしておきます


             議決の要旨

下記被疑者に対する窃盗等被疑事件について、下記検察官がした不起訴■■の当
否に関し、当検察審査会は、平成22年4月15日下記のとおり議決したので、そ
の要旨を掲示する。

事実の概要
 第1 平成14年10月から平成19年8月までの間、株式会社甲において、
   同社所有に係る解体された牛の頭部から牛海綿状脳症対策特別措置法で特
   定危険部位と定められ、食用への提供が禁止されている牛のこめかみ肉や
   内ほほ肉などを切り取って窃取したものである。
 第2 平成17年12月ごろから平成19年8月までの間、焼肉店において、
   牛海綿状脳症対策特別措置法で特定危険部位として定められ、有害物質を
   含有するおそれのある牛のこめかみ肉を珍味と称して販売したものであ
   る。

議決の趣旨
 1 第1事実については相当である。
 2 第2事実については不当である。
議決の理由の趣旨 当検察審査会は、本件不起訴記録、審査申立書及び審査申立人
 から当検察審査会に提出された平成22年3月2日付け証拠資料を精査し、慎
 重に審査した結果
 1 第1事実について
  検察官がした不起訴処分の裁定を覆すに足りる証拠がないので、上記議決の
 趣旨記載のとおり議決する。
 2 第2事実について
  当検察審査会に提出された証拠資料を踏まえた判断が改めてなされるべ
 きであると思われるので、上記議決の趣旨記載のとおり議決する。

mieken1876418 at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年04月19日

コメカミ言うてたら…

この間の訪問者:299(19日)+ 325(20日)
▼こんなニュースきてもうた

3日前のブログで牛のコメカミ言うてたら
タイムリーなニュースが飛び込んできますた

 危険部位肉販売「不起訴不当」
 http://www.nhk.or.jp/lnews/tsu/3006391871.html

 こめかみ肉販売で検察審「不起訴不当」
 http://www.mietv.com/news/prenews.html?article=4

検察審査会さん


mieken1876418 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年04月09日

教員免許失効講師に懲役3年の実刑判決

この日の訪問者:301
▼井川智之に懲役3年の実刑判決
BlogPaint
地検の車で
どこかへ護送されていきました

mieken1876418 at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年03月30日

閉ざされた裁判所

この間の訪問者:288(30日)+ 311(31日) / 今月の訪問者:10321
▼近頃の刑事部

井川の事件については
判決が出たら書こうとネタを暖めていたのですが

 教え子に対する強制わいせつと傷害などの罪に問われた津市桜橋、元県立高校講師、井川智之被告(31)…判決は29日…
 http://mainichi.jp/area/mie/news/20100312ddlk24040141000c.html

判決言渡日を過ぎたのに記者クラブが何も報じないので
延期されたのかもしれないと思って
津地方裁判所まで期日を確認しに行った

 井川の事件の期日

と刑事部で聞くと

 4月9日13時30分からになった

と即答してくれた

以前だと嫌がらせのごとく事件番号や被告のフルネームを要求する事務官がいたけど
近頃は気分良く対応してくれる事務官がいて
こちらも時間が掛からず非常に助かります


▼近頃の民事部

ところが
民事事件を担当する民事部には
嫌がらせがを天職とするような人?がいて

興味を引く事件があったので
原告、被告、期日、概要をメモっておいたのですが
3月に1回目の弁論だったはずの事件が4月7日にも弁論1回とあったので確認してみた

すると事務官が担当書記官に取り次いで
書記官が事務官にこう尋ね直すのが聞こえた

 書記官 誰?記者?
 事務官 インターネットの人

ほほう
地裁では私はそう呼ばれているのか

そして「担当書記官ですが何か?」と聞いてきたので
期日を指定し直したのですか?
と尋ねてみたら書記官曰く

 お答えしていません

未だにいるんですねぇ
こういう出来の悪い書記官が

『開かれた裁判所』なんて
筒井信之さんの辞書にはない?

mieken1876418 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年03月12日

ガンダム放流事件で執行猶予判決

この間の訪問者:500(12日)+ 316(13日)+ 244(14日)+ 443(15日)
▼さきほど判決が言い渡されました

懲役1年6月、執行猶予3年です

裁判官は判決文で
「地方公務員の職を失う可能性がきわめて高い」と申しておりました

県の人事担当者が裁判を傍聴しに来ていたので
今日中に県が懲戒処分するのかどうか
みなさん生暖かく見守ってみましょう

 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2009-12.html#20091201
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-01.html#20100126
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-03.html#20100304


▼【追記】懲戒処分でました

 職員の懲戒処分について
 平成22年3月12日付けで、下記のとおり懲戒処分を行いました。
 http://www.pref.mie.jp/TOPICS/2010030253.htm

逮捕されてからの粟屋被告は
欠勤扱いだったので給料ゼロだったそうです

しかし釈放されてから判決が出るまでの約1ヶ月間は
本人から休職届が出されたことにより
給料の約6割が支給されていたそうです

被告との接見が禁じられて
罪を認めるのかどうか確認できない状態ならともかく
上司が被告と接見して意向確認をした後も懲戒処分を先延ばししました

3年前の殺人犯のときは
判決どころか公判すら待たず
接見後すみやかに懲戒免職処分にしました

 そうするのが一般企業では当たり前なんじゃないの?

と私が県の担当者に伝えたので
それを受けての判断だったかと思われます

今回は確かに著作権法違反という容疑からすると
重い処分になるという感覚が無くもないですが
即日免職処分にしたからといって手放しで褒める気にはなれません

mieken1876418 at 11:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年03月04日

ガンダム放流事件の第2回公判

この日の訪問者:349
▼粟屋被告、2月15日に釈放

ガンダムを放流した容疑で
逮捕・勾留されていた県職員(休職中)の粟屋被告

 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2009-12.html#20091201
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2010-01.html#20100126

彼の第2回公判が3月1日に開かれ
検察側から懲役1年6月が求刑されました

お約束の調書読み上げでは
廷内の大型モニターで
こんな↓ものや   こんなものを↓映し出していました
logo04711c609c






追起訴により猥褻図画陳列罪が加えられ
2月15日にようやく保釈されたとのことで
勾留期間は2ヶ月半におよんだことになります

証人として出廷した母は

 普通に「ただいま」って帰ってきた
 アンタ2ヶ月半もどこにおったんていう感じで
 現実のことと思えない
 いまは保釈中でゲームとかしてる

淡々と証言しておりました

閉廷後、徒歩で帰宅する粟屋被告に
コメントを求めて凸ってみましたが

 今は、ちょっと。。。

判決後に再凸するつもりですが
もし実刑判決だったら収監されてしまうから無理ですね

しかし裁判官は被告人質問で

 マンションのローンどれくらい残ってるの?
 1000万単位?

などと今後の生活設計を聞いていたので
寛大な処分が下されそうな気がします

次回3月12日に判決言い渡しです

mieken1876418 at 08:47|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年02月09日

裁判長の真価が問われる

この間の訪問者:427(9日)+ 387(10日)
▼誤認逮捕致死事件の和解協議

2004年2月17日に
ジャスコ四日市尾平店で発生した誤認逮捕致死事件が
きょうで一区切りをむかえる

過去記事
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2007-10.html?p=2#20071004
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2008-04.html#20080401
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2008-09.html#20080929

去年9月に結審した際の新聞記事によると
裁判所から提示される和解案で合意に至らなければ
今年1月14日に判決が言い渡される可能性もあった

 …24日、津地裁で結審し、堀内照美裁判長が和解を勧告した。和解協議を11月13日に行い、合意に至らなければ来年1月14日に判決が言い渡される予定
 ttp://mainichi.jp/area/mie/news/20090925ddlk24040197000c.html

実際の流れとしては11月13日は
和解協議に応じるかどうかを裁判所側が意向確認しただけだったようで
具体的な和解案が提示されたのは12月25日

 …津地裁の堀内照美裁判長は25日、原告、被告双方に和解案を提示した。双方が次回期日の来年2月9日までに和解案に同意するかの結論を出す
 ttp://www.mainichi.jp/area/mie/news/20091226ddlk24040217000c.html

12月25日の公判前に確認したところでは
次回は1月14日13時10分 302号法廷で判決言渡と期日指定されていたが
その予定はほどなくして消えた

どうやら堀内照美 裁判長が
粘り強く慎重に進めているようで

和解協議は非公開だったが
原告側と被告側が何度も入退室を繰り返し
裁判長が落としどころを探っているようだった

しかし原告側の弁護士によると提示された和解案への合意は
 ちょっと難しいだろう
とも私に語っていた

被告側の三重県警は
余程のことがない限り和解案を受け入れるように思われるので
あとは原告側と裁判長の交渉次第である

おそらくこの裁判は堀内裁判長にとって
津地裁での最も記憶に残る裁判になるであろうし
わたしたちも裁判長の印象を決めることになると思う

この結果は
きょうの昼過ぎ辺りから記者クラブ各社が速報すると思う

mieken1876418 at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年01月26日

ガンダム放流事件の初公判

この日の訪問者:646
▼粟屋被告、いまだに拘置中

ガンダムを放流した容疑で
11月30日に逮捕された県職員の粟屋被告

 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2009-12.html#20091201

彼の初公判が昨日ありました

とっくに保釈されて
自宅謹慎でもしてるのかしらんと思っていましたが
ぬぅわんと未だに勾留されております

たかが著作権法違反と思ってナメたらアカン
既に2ヶ月近くブチ込まれております

だもんで腰縄と手錠をかけられ
上下スウェットの部屋着のような服装で
津地裁301号法廷に入廷してきました

スリムとは言えない体型に
坊主頭と眼鏡があわさって
見た感じアニヲタのAAそっくり

証拠調べでは
自宅部屋の様子が廷内の大型モニターに映し出され
傍聴人らに晒されるという羞恥ぷれい

さらには調書の読み上げで
 IPアドレスは202.60.171.xxx
 ガンダム00セカンドシーズン23話 命の華
 機動戦士ガンダム
 宇宙戦艦ヤマト
 超時空要塞マクロス
 アダルトや無修正
 性描写のあるアニメなど、逮捕の時点で1355のファイルをアップロード
パソコンの中身まで容赦なく晒されます

しかもこれが地検は何を思ったのか
若い女性検察官に読み上げさせるから
羞恥効果が倍増

いつものイケメン坂崎に読ませときゃ良いのに…

mieken1876418 at 04:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年01月07日

JA鈴鹿2億円強盗事件の公判

この間の訪問者:333(7日)+ 302(8日)+ 199(9日)+ 204(10日)+ 237(11日)+ 348(12日)+ 333(13日)+ 322(14日)+ 299(15日)+ 220(16日)+ 175(17日)+ 350(18日)+ 320(19日)+ 315(20日)
▼明日も開かれるようです

たまたま自分の過去記事を見て
リンク先の津地方裁判所HPをたまたま確認したところ
傍聴券交付情報にこんな予定が掲載されていました
3f062249
【写真=日本通運三重警送支店】*2018.2.1写真リサイズ

 裁判所名  津地方裁判所 刑事部
 日時・場所 2010年1月7日 午前9時35分 津地方裁判所A館3階第301号法廷前
 事件名   強盗幇助 平成21年(わ)第380号
 備考    午前9時35分より先着順に傍聴券を交付します。開廷時間は午前9時50分(第301号法廷)です
 http://www.courts.go.jp/search/jbsp0010?crtName=229

つうことで傍聴してきたんだけど
釈放中の日本通運の元社員が
出廷していました

僕の隣席では
司法修習生?が爆睡してますた w

きょうは午前中で閉廷して
引き続き明日の午後から再開される予定です

mieken1876418 at 12:45|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年09月18日

達成感のない仕事でしたね

この間の訪問者:293(18日)+ 153(19日)+ 166(20日)+ 151(21日)+ 161(22日)+ 210(23日)+ 289(24日)
▼裁判員の参加する刑事裁判 その2
eeca6c4e.jpg
昨日も津地裁では
500人弱が並んでおりました
競争率は15倍ほどです

面白そうだったので
抽選会場も覗いてみました

1階の裁判員候補者待機室に150人ほどが集められ
入り切らなかった残りの人は屋外の駐車場で当選発表だったようです

大型ディスプレーに当選番号がパッと表示されて
ハイ終わり
なんだか味気ないです

当たりの人は別室に呼ばれ
大多数のハズレた人たちはぞろぞろと帰っていくのですが

 達成感のない仕事でしたね

ハズれてもギャラが支払われようですが
"サクラ"という仕事のツライ一面を仲間に語りかけながら帰っていく人が
私のツボにはまりました

▼路上で解散点呼? しかも裁判所の真向かいでか?
14649d28.jpg194a682c.jpg
中継スタッフの移動用と思いきや
ハズレた人たちを乗せて
開廷前に発車していった

3人当選したらしい

mieken1876418 at 02:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年09月17日

裁判員制度 司法とメディアの歪んだ関係

この日の訪問者:300
▼傍聴席をカネで買い占める記者クラブ各社

一昨日から津地方裁判所で
裁判員の参加する刑事裁判が開廷されております

先日の2億円強盗事件ならともかく
今回のコンビニ強盗事件そのものにあまり興味がないので
さすがに並んでまで傍聴する気にはなれません

それよりも記者クラブ各社が
どんな立ち振る舞いをするのか
ジックリと観察するのがよろずやの役目と心得ております

2db169f0.JPG6a535e52.JPG5996c46a.JPG






東海地方では初の裁判員裁判とあってか
記者クラブ加盟各社は名古屋からの応援部隊や
中継車両も投入して連日賑やかにやっております

初日の9月15日には731人
2日目の16日にも533人が
傍聴券を求めて列を作ったそうです

a03ee1ea.JPG
← 2007年10月撮影

303号法廷は48席ありますが
そのうち15席は記者クラブに割当てられ彼らが占領できますので
残りは33席ということになります

16日には特別傍聴人(利害関係者)が2人おりましたので
さらに少なかったようです

この数少ない傍聴席を狙って
記者クラブ各社が熾烈な競争を繰り広げました

中にはマイクロバスまで手配した社もあって
地裁職員も驚いていました

その結果の731人であり533人なのですが
各社動員とは無縁ではないですから
さすがにこの点を批判する記事は見当たりません

何人かの一般市民は
時間と金をかけて傍聴しに来たのに
 明日も○時に××の4階に集合ですね?
などと○日新聞の腕章をした人に確認する人がいたりして

冷静に周りを見渡してみると
なんだかカネに釣られた"サクラ"ばかりに見えてきて
抽選にハズれてトボトボと帰宅したことでしょう
可哀想に

百歩譲って
動員だけなら問題なしとしても

傍聴する権利を金銭で売買する行為は
本来の傍聴目的の人を排除するわけですから
こんなものは迷惑防止条例かなにかを援用すれば簡単に排除できるでしょう

金銭での売買ができないとなれば
大規模な動員は恐らく不可能にはなりますが
まぁそこまで勇気のある警察や裁判所が日本に存在するのかどうか…


▼メディアへの開放なくして司法改革なし ← 小泉純一郎っぽく

ではなぜ彼らがそこまでカネを掛けて
傍聴席を占領したいのかといえば
法廷内での取材があまりにも制限されているからではないでしょうか

録音するな
撮影するなで
メモを取るのでさえ昔はダメだったのですから

やっとのことで今は冒頭2分間だけ
代表社がビデオカメラでの頭撮りを許可されるようになりました
静止画なのか動画なのか分かりにくいアレです

これをいきなり生中継へと発展させるのは
裁判所の閉鎖的な体質を考えると
さすがに困難かと思われます

しかし傍聴の便宜を図るために
裁判所側がビデオカメラを用意して別室で見聞きできるようにしてくれれば
本来の傍聴目的の人が排除されるようなこともなくなります

そうやって一つ一つ積み重ねていけば
やがては生中継できる日も来るのではないでしょうか


裁判員制度を導入したのは
司法への国民の参加ということになっておりますが

ここまで国民から隔絶した仕組みを作り上げておきながら
何をいまさらというのが率直なところだろう

浮世離れした裁判官がいたりするのは
社会の監視の目が行き届かないからに他なりません

メディアへの開放もなしに
そもそも興味がない国民を巻き込もうとするのは
至難の業ではないでしょうか


裁判員制度への国民の理解度は
一連の報道で表面的には得られたようにも見えますが

公判における休憩の乱発を見ていると
楽屋裏で裁判官が必死になって"誘導"もしくは"演技指導"しているのでは
との疑念をいだかせます

それどころか公判前手続きで争点を絞り込んでいるので
この過程も裁判員に示すべきなのですが
そこまで突っ込む能力が裁判員にあるとも思えませんね

さらには罰金刑を設けてまで
評議内容に守秘義務を課したりして
司法官僚が制度を骨抜きにした感がなきにしもあらず


▼【お約束ネタ】またまた地裁前の歩道を不法占拠する人たち
8f4ce46c.JPG2a10e57c.JPG

歩道を不法占拠する人たちと
お庭をキレイキレイにする職員



一般社会への迷惑を考えたら
裁判所の敷地内で取材させた方が
公共の安全と秩序も保たれると思うのですが

 地裁の敷地内で取材の声かけをする報道陣に「ここで取材はだめです」と地裁職員。それを見た傍聴者の男性は「裁判所の堅さは変わってないね」
 http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000000909160002

うーむ
どちらの肩を持つべきか悩む w

門を出てから傍聴者を捉まえているようでは
同業者との競争が激しくて独自ネタになりませんから
禁止されててもヘッチャラな記者がいるんでしょうね

まぁあんなこと
こんなこともあったので
人のこと言えたもんじゃありませんが(爆

mieken1876418 at 07:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年09月29日

裁判長は、警察に厳しい印象をお持ちのようです

この日の訪問者:281
▼誤認逮捕の民事訴訟が本日ありました

 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2007-10.html?p=2#20071004

この事件を傍聴するのは約1年ぶりですが
どうやらこの間に裁判長が替わられたようです

 堀内照美,田中正哉,山口幸恵
 http://www.courts.go.jp/tsu/saiban/tanto/tisai_tanto.html

本日は警察官2人を証人尋問していたのですが
最後の方で堀内裁判長(女性)が

 押さえるのが精一杯で確認していなかったのではないですか?

と厳しい口調で証人に問い質す場面がありました

結局は調書を誤読していたとのことで
質問を取り消していたのであるいは裁判記録に残らないかもしれませんが
現時点での裁判長の心証のようなものが垣間見えた気がします

mieken1876418 at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年05月05日

まったく同感だよ >風にきく

この間の訪問者:158 (5日)+151 (6日)+214 (7日)
▼形骸化する裁判の公開

同感なんだけどさぁ

 …公判前に争点を絞り込むという考え自体には賛同できる。略 迅速化は必要だろう。
 一方で気になるのは、公判前整理手続きが非公開だということだ。そこで話が済んでしまい、誰もが傍聴できる裁判が形骸(けいがい)化する恐れはないだろうか。注意しながら、大きく変わりつつある裁判を取材していきたい。【岡大介】
 風にきく:公判前整理手続き
 ttp://www.mainichi.jp/area/mie/news/20080505ddlk24070163000c.html

迅速化とは言うものの
非公開の手続きまで含めると
費やしている時間は大して変わらないんじゃない?

弁論準備もそうだけど
なぜ迅速化(大して効果がないけど)に取り組むのかといえば
上級官庁が処理件数や公判日数などでしか裁判官を評価してなくて
短い時間で多くこなす奴が出世できるからじゃないのかなぁ?

完全にブラックボックスだから
憶測でしか言えないけどさ

mieken1876418 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年01月16日

なぁ、どないなってんの?

この日の訪問者:201
▼大阪では、民事は公開しやへんの?

今日の13時15分から大阪地裁で
フェロシルトの株主代表訴訟が開かれるようなのですが

3回連続で非公開協議ってことは
まさかそんな事ないよな?
と思いつつ一応確認したら。。。

 第4民事部 裁判官 揖斐潔、谷口哲也、松阿彌隆
 http://www.courts.go.jp/osaka/saiban/tanto/minji_tanto.html

ラクし過ぎだっつうの

mieken1876418 at 02:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年12月27日

裁判所って相変わらず閉鎖的ですね

この日の訪問者:169
▼売られた喧嘩はできるだけ買う方針です
609830a9.JPG
【写真=名古屋高等裁判所、07年12月26日】

結果は棄却
控訴せず


昨日確認した時点では
901号法廷って言ってたけど

急遽、1階の1号法廷に変更したみたいで
座席数は90席もある大部屋

つっても
一般傍聴者は推定3人
あとは記者が18人

石原産業と三重県庁は
来てたのかどうか分かんない

『赤い土』の著者も来てなくて
拍子抜けしたっす

頭撮りのためのテレビカメラが法廷内に待機してたので
記者クラブ向けの判決要旨も交付するんじゃないか?
と思って高裁の職員に尋ねたら

 『特に』お答えしてません

スカした職員が喧嘩売ってきたけど
口の聞き方から教育し直した方が良いんじゃないですか? >名高裁
最高裁の事務総局宛にお手紙出してみようっかなぁ…

ウチの愛読者には裁判所関係者もいるみたいだから
もし名高裁に電話することがあったら
 ご愁傷様
って言ってやって下さい


▼判決要旨を開示した津地裁 パチパチパチ拍手です

読者への報告が遅れてて
おもいっきりスマソなんだけど

フェロシルト地裁判決から丁度3ヵ月後の9月25日に
A4で18枚の判決要旨が津地裁から開示された
(年末に時間があったら全文載せたいなぁ)

 記者クラブへ交付してすぐに捨てたのでもう手元にない
 公文書じゃなくてメモだ
 クラブに相談したら断わられた

等々理由をつけて非開示処分をすることも予想されたけど
津地方裁判所はそういう卑怯なマネをしなかった

でも
前の課長と補佐ならどうなってたことやら…
結局『人』で組織は変わるんだよね

過去には松山地裁で提訴された事例もあるぐらいで
開示されたのは日本初かもしれない
エライぞ津地裁 パチパチパチ拍手

本来の制度では
請求後30日間で開示することとされているので
津地裁を指揮・監督している名高裁へ電話したことがある

そうしたら話が話だけに
エライさんへ電話が取り次がれて

 開示が遅れているという話は聞いている
 異議申し出の手段は無い
 え?ある? 私が不勉強かも ← 本当はあるぞ↓
 http://www.courts.go.jp/about/siryo/johokokai/johokokai01.html

ってS総務課長と会話をしたことがある


▼しどろもどろな名高裁

で話は飛んで昨日に戻るのですが
G総括補佐が対応してくれたのだけど

 クラブ向けの要旨を交付したかどうか言えない
 とりあえず開示請求してくれ

交付してないんだったら請求しないよ
どっちなの?って聞いても
しどろもどろな答えしか返ってこない

課長を出せって言おうかと思ったけど
奥で忙しそうにしてそうだったので止めた

過去に開示されたことがあるぐらいなんだから
下手なことをしても高裁は負けるワケだが
どこまで理解していることやら…

今までならそういう扱いで通ってきたのかもしれないけど
無理なんじゃないの?
2009年2月までには裁判員制度も始まるし

 アレが始まったら控訴が増えるし高裁はキビシイよ

って検察関係者から言われたことがあるけど
全く同感だよ

mieken1876418 at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年12月06日

どんな状況なんでしょうかね?

この日の訪問者:194
▼てらまちさん報告よろしくお願いします

明日というか既に今日の話になりますが
11時から大阪地裁でフェロシルトの株主代表訴訟が開かれるので
何時の近鉄に乗ろうか段取りをしようと考えておりました

念のため自分のブログを見直してみると

 次々回 12月6日11時から 弁論準備
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2007-09.html#20070919

おや?
2回連続で公判廷じゃなさそう…

念には念を入れて
大阪地裁民事4部へ電話してみると
やっぱり非公開

空振り喰らうとこだった セフセフセーフ

弁論準備とはいっても
そこで交わされる話の中身は
公判廷と何ら変わりないのですが

 日本国憲法 第82条
 裁判の対審及び判決は、公開法廷でこれを行ふ。

見事に死文化してます

mieken1876418 at 02:07|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年10月05日

裁判員法廷:10月6日(土曜)に見学会

この日の訪問者:141
▼「一般向け? ヤラないとは言ってない、ヤラないとは」の件

記者クラブ向けには
とっくの昔に内覧会も終えて
7月から運用していた津地方裁判所の新館

 一般県民向け? ヤラないとは言ってないですよ、ヤラないとは…
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2007-07.html#20070710

日本国では『法廷内は(原則)撮影禁止』
という旧態依然とした鎖国状態ですから
残念ながらここで紹介することはできませんでしたが

太っ腹な企画が
津祭りに便乗して
行われるらしい

 津地方裁判所に新しく完成した裁判員法廷を皆様にご覧いただくなどのイベントを行います。裁判官,検察官,弁護士による裁判員制度についての説明や映画「裁判員〜選ばれ,そして見えてきたもの〜」,「総務部総務課山口六平太 裁判員プロジェクトはじめます!」の上映も行いますので,皆様の参加をお待ちしています。また,裁判員制度についてのクイズも出題します。正解された方には粗品を差し上げます。ぜひご参加ください。
 日時:10月6日(土)午前9時30分から午後4時(参加自由)
 場所:津地方裁判所(津市中央3-1)
 http://www.courts.go.jp/tsu/about/koho/07_10_06_houtei_kengaku.html

地裁に確認したら
なんと
撮影自由なのだ

犯罪者を野に放ったボンクラ裁判官
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2007-07.html#20070726
こと鵜飼裁判官らが説明してくれるそうだ

『三重県よろずや』を見て来ました
と裁判所の職員に言っていただくと
もれなく冷たい視線が注がれます w

mieken1876418 at 04:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年10月04日

誤認逮捕:調書を作成しなかった理由

この日の訪問者:139
▼誤認逮捕致死事件の民事訴訟を傍聴して来たけど

遺族が提訴したのは今年の2月1日
でもって
警察が実況見分調書を作成したのは2月2日と判明した

つまり提訴の翌日
慌てて調書を作成したらしい

ちなみに事件があったのは3年前
2004年2月17日午後1時10分ごろ
(詳しくは下記の新聞記事を参照下さい、ソースがあれですが…)

三重県警察本部は
提訴されるまで3年もの間
調書作成を怠っていた

逮捕時の制圧行為が疑問視されている中で
客観的な調書を作れなかったという苦悩もあるだろうけど
作らない方が都合が良かったというのもあるでしょう

次回は12月7日に非公開で進行協議
次々回は08年2月7日13時30分から
津地裁で開かれます


参照
 誤認逮捕訴訟 一部書類の開示拒否 「捜査中」と県警側
 http://www.isenp.co.jp/news/20070831/news05.htm

 誤認逮捕訴訟 捜査報告書提出求める 津地裁口頭弁論
 http://www.isenp.co.jp/news/20070608/news07.htm

 四日市の「誤認逮捕」男性死亡訴訟 県側、争う姿勢
 ttp://www.isenp.co.jp/news/20070413/news01.htm

 「泥棒」誤認逮捕後に 68歳死亡 妻が三重県を提訴
 http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/070202_2.htm

mieken1876418 at 14:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年09月26日

知事汚職判決:やっぱり検察も腐ってました

▼木村良樹、検察共に控訴せず

9月10日に執行猶予の付いた判決が出て
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/50977406.html
昨日が控訴期限だったけど…

判決直後の検察のコメントを読むと

 大阪地検の清水治次席検事の話
 執行猶予が付いた点でやや不満は残るが、事実関係について主張の通り認定されており、おおむね妥当と考えている。量刑判断については、判決で指摘された内容をよく検討したい 07/09/12
 http://www.agara.co.jp/modules/tokushu/article.php?storyid=131509

やる気の無さが行間にも漂ってますが
ほんなら
大阪地検に電凸してみまひょか

よ 前和歌山県知事の汚職判決は控訴しないのか?
検 個別案件には答えない方針
よ でも判決直後にコメント出してるじゃん?
検 そうだな、うーん、まだ決めてないとしておく
よ 判例の相場からすると執行猶予が付くのがフツーか?
検 なんとも言えん
よ 控訴するかしないか、コメントを出すのか?
検 ブンヤが聞いてくれば出す

つうことで
ブンヤがコメントを取って来ますた

 清水治・次席検事は「執行猶予は不満だが、社会的制裁を受けていることなどを考慮した」とコメントした
 ゴルフ場経営会社元社長の井山義一被告(56)についても控訴しないことを決めた
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070926k0000m040117000c.html

あらら
フィクサーだった井山被告にまで
執行猶予が確定してるよ

大阪地検特捜部は
あれだけ世間を騒がせておきながら矛を収めて
悪しき前例を作りやがったな

和歌山県庁を揺るがせた汚職事件で
結局罪を償ったのは
電車に飛び込み自殺してしまった元出納長だけじゃないか!

mieken1876418 at 03:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年09月19日

第2回 株主代表訴訟

▼とりあえず大阪でおま
40daa4ec.JPG






平成19年(ワ)第4255号 損害賠償
原告:石原産業株式会社
被告:佐藤驍

平成19年(ワ)第4743号 損害賠償(株主代表訴訟)
原告:Y外2名
被告:田村藤夫外21名

平成19年(ワ)第6101号

第508号法廷
平成19年9月18日15時45分〜

15時48分
裁判長入廷
 陳述の確認
被告側弁護人
 9月5日付け第2回準備書面を撤回
 溝井の取り下げ
原告側弁護人
 719条 取締役会 防止措置の構築義務違反
 原告の主張を 陳述ではない
原告O
 陳述 企業の社会的責任
裁判長
 次回 10月24日11時から 弁論準備
 次々回 12月6日11時から 弁論準備
16時03分 閉廷

16時07分 弁論準備 ← 後述
被弁A
 私たちが弁護する人たちは(役員ゆえに現場から)相対的に遠い
被弁B
 (原告が)積極的に言っていただかないと反論できない
原弁
 つまり大阪弁で言うと巨額の(損害賠償)を十把一絡にと
被弁A
(うなずく)
原弁
 言いたいことは分かる 今後主張していく
16時16分 終


▼次回は非公開でおま

弁論準備ってなんでっしゃろ?
書記に尋ねてみますと

16時18分
 関係者だけで協議する 非公開
 今日のも後半は弁論準備だった 関係者かと思て間違えたわ
 次からはダメよ

やっぱ日本の司法
終わってるな

 日本国憲法 第82条
 裁判の対審及び判決は、公開法廷でこれを行ふ。

うん
絶対終わってる

mieken1876418 at 04:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年09月11日

知事汚職判決:やっぱり司法は腐ってました

▼木村良樹・前和歌山県知事に執行猶予の判決

いやぁ予想通りとはいえ
やっぱり司法は腐敗していますね

もはや【法と秩序】から最も遠い存在ではないだろうか?

 初公判後、しょく罪のために児童養護施設など4団体に各100万円を寄付した。さらに、知事時代の活動に資金援助を受けていた非公然の後援組織には600万円を返却。合わせて収賄額と同じ1000万円を吐き出した。木村前知事は判決を前に「寄付は裁判官が勧めてくれた」と話し、「猶予付き判決をくれるための裁判所の示唆だったのでは」と寛大な判決への期待をあらわにしていた。
 http://www.mainichi-msn.co.jp/kansai/archive/news/2007/09/10/20070910ddf041040013000c.html


>「寄付は裁判官が勧めてくれた」
姑息な取引してんじゃねーよ、ゴルァ!

西田真基(裁判長)が存在する限り
地方の汚職は根絶しない

mieken1876418 at 03:51|PermalinkComments(1)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年07月26日

そして犯罪者は野に放たれる

この日の訪問者:124
▼再犯なら実刑だろ?

きょう26日10時から
津地裁で判決言い渡し

 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2007-05.html#20070522
 http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/2007-07.html#20070710

いつもの『七掛け&執行猶予つき』判決か?
悪質な再犯ということで実刑判決か?

(ここまで↑判決前に書きました)

*以下、判決後に追記しタイトルも変更しました*

▼国民の信頼を損ねる判決

まったく同じ手口での再犯だというのに
執行猶予付きの判決だなんて
国民の信頼を大きく損ねたのは司法の側ではないか?
6d543d9d
【写真=野に放たれた瞬間、2007年7月26日10時14分】*2018.2.1写真リサイズ

以下、HP掲載順に

11:38 中京テレビ
 鵜飼祐充裁判官は「公正な選挙制度に対する国民の信頼を大きく損ねるものであって悪質」として、塩谷被告に懲役1年、執行猶予5年の有罪判決
 http://www.ctv.co.jp/news/local/news_loc.html?sv=LOCAL&id=urn:newsml:ctv.co.jp:20070726:000012:3

12時09分 メーテレ
 「町長を3期務め、県議選でもトップ当選した被告による犯行は社会への影響が大きい。一方で、反省の態度を示している」として塩谷被告に懲役1年、執行猶予5年
 http://www2.nagoyatv.com/LanDB/jsp/NewsH0200/NewsH0200.jsp?id=22177

12時17分 CBC
 鵜飼祐充裁判官は「過去、別の候補者の運動員をしていた際にも買収で罰金刑を受けており、酌量の余地はない」とし、求刑1年に対し懲役1年、執行猶予5年の判決
 http://hicbc.com/news/detail.asp?cl=c&id=0001FB1A

12時19分 東海テレビ
 鵜飼祐充裁判官は「犯行は選挙の公正性を害し、民主主義の根幹を揺るがした責任は重い。しかし一定の社会的制裁は受けている」とした
 http://www.tokai-tv.com/news/fnn-tokai/ondemand/20070726/index.html#8371

14時04分 毎日新聞
 鵜飼祐充裁判官は「違法を十分認識しながらあえて犯行に及んでおり、酌量の余地はない」などとして懲役1年、執行猶予5年(求刑・懲役1年)を言い渡した。公民権停止は5年間
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/news/20070726k0000e040071000c.html

14時23分 NHK
 鵜飼祐充裁判官は「民主政治の根幹をなす選挙制度への国民の信頼を損ねた犯行で悪質だ」などと指摘
 ttp://www.nhk.or.jp/tsu/lnews/01.html

16時42分 三重テレビ
 鵜飼祐允裁判官は「選挙に対する国民の信頼を大きく損ね、犯行は悪質」と指摘、懲役1年、執行猶予5年、公民権停止5年
 ttp://www.mietv.com/news/prefnews.html


▼なぜ実刑判決を躊躇するのか?

「酌量の余地はない」のなら
サラッと実刑判決を書けよ
なんか裏があんのか?

事件発覚後の流れを抜き出すから
よく読めよ >ボンクラ裁判官


07/4/14中日新聞社会面
 塩谷氏は…本紙の取材に、…「奥地容疑者から『ちょっと来てくれ』と言われ、最初の五分だけ顔を出した。県議選の話はしていない」と話している。
 http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2007041402008522.html

07/4/14伊勢新聞
 運動員の喫茶店経営奥地敬子容疑者(68)=紀北町紀伊長島区道瀬=が逮捕される直前の十三日夜、塩谷氏は本紙の取材に応じ、心境を語った。一問一答は次の通り。
 ―料理などの支払いはしたのか。
 一切していない。一度もない。
 ―誰が支払ったのか。
 誰かは分からない。私を呼んでくれた人ではないかと思う。
 ―席で接待の認識はあったか。
 ない。
 ―自身の責任はどうか。
 私は分からない。警察が判断すること。席に出て選挙の話をして罪に問われるのであれば、選挙をやれなくなる。
 http://www.isenp.co.jp/news/20070414/news02.htm


当初は容疑事実を認めていなかったし
警察の取り調べにも
概ね同じことを言っていたはずだ

この時点では運動員らに罪をかぶせて
塩谷本人は逃げようとしていた

それだけではない


07/5/22伊勢新聞
 宴席費用の捻出(ねんしゅつ)先について…民宿関係者は「忘れた」と話している
 http://www.isenp.co.jp/news/20070522/news01.htm


事件に直接関係の無い民宿『大谷』までもが
塩谷を庇って言葉を濁しているではないか!

県庁所在地を転々とするだけの裁判官には
狭い地域に縛られた人たちの
モノが言えない閉鎖的な状況が理解できないのではないか?


▼日本の司法は腐っている

8年前の服部県議の選挙違反事件の際は
議員バッジ交付式の前日に逮捕にこぎつけることができたが
今回の塩谷は堂々と議員バッジをつけて
本会議にも出席して政治活動を始めた

県警としても
現職県議を逮捕するのと私人を逮捕するのとでは
我々には見えない重圧があるのではないか

Q. センセイ、ちょっと話が聞きたいのですが?
A. いま忙しい。また今度にしてくれ

こうなったら両者の神経戦に突入で
県警は運動員を『落とす』作戦に出た

するとそれが見事に当たって
事件が大きく動いた

 センセイ、運動員がこういうことを言ってます
 ちょっと確認したい事があるので、津署までお越し下さい
 任意がアレでしたら令状持って自宅に伺いますけど ( ̄ー ̄)ニヤリ

とかなんとか追い込みを掛けられたのか?


07/5/22伊勢新聞
 捜査二課と尾鷲署がこの日午後二時ごろ、自宅にいた塩谷容疑者に任意出頭を求め、午後三時すぎから津署で取り調べたところ、容疑を認めたため、逮捕に踏み切った。この間、塩谷容疑者は代理人を通じて県議会に、県議の辞職願を提出、受理された。
 http://www.isenp.co.jp/news/20070522/news01.htm


このように
県警との勝負の帰趨が決まってから
仕方なく議員を辞職したのであって

「一定の社会的制裁は受けている」
という判断は
大きな誤りであると言わざるを得ない


16年前の初犯の公判記録を調べれば
(刑事訴訟記録は事実上閲覧不可、ただし裁判官なら職権で見れるだろう)
当時の塩谷がなんと言っていたかが分かるはずだが

恐らく今回と同じように
 反省しています。もうしません。
と言っていたのではないだろうか?

同じ犯罪を繰り返して
その度に同じ反省を口にし
そしてそれに執行猶予が付く

日本の司法は腐っているとしか言いようが無い

海山にお住まいのアンチ塩谷な住民や
警察、それに愛読者の方々
そう思いませんか?


▼控訴しかねえだろ

検察も
控訴しかねえだろ
って思ってるんでしょ?

 運動員の好意に沿った
 (塩谷は)主導ではない
 実質的に歪められたとは言えない

という弁護士の主張は何一つ認められなかった
にも関わらず裁判官が誤認に基づいて執行猶予を付けて
そして犯罪者が野に放たれる

選挙での買収行為が
いつまでたっても根絶しないのは
日本の司法が甘過ぎるからだ!

mieken1876418 at 23:59|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

久保事件のコメント

*エーンエーン、シクシク(本泣)*
▼享栄学園・担当者A氏のコメント
c6e3a07c.jpg
【写真=鈴鹿国際大学、2007年7月】





Q マスコミ向けコメントは発表したか?
A 発表していない、弁護士に任せてある

Q 久保憲一教授が教壇に戻るのはいつか?
A まだ何も決めていない


▼元三重タイムズ記者のコメント

北本豊さんのコメントも取りたいけど
居場所わかるかなぁ…

mieken1876418 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年07月24日

某国際大学を直撃

この日の訪問者:126
▼ [寝転び禁止]の張り紙↓ (笑)
8387eb97.jpg
【写真=某国際大学の図書館】





某国際大学を直撃して
目の前から一応電話でアポ取ったら

 対応しないことになっています
 学園本部に聞いて下さい
 事務局長が対応するのですが本日は不在です ← さっきと言ってることが違う w

で学園本部に電話したら

 今日から夏休みだからみんな早く帰っちゃったよ
 宇都木弁護士の電話番号教えるからそっちに聞いてよ

優しい声の守衛サンが指示書通りに答えてくれたけど
時間切れで仕切り直し

このところ久保事件を
載せては消しての繰り返しですが
もうしばらくお待ち下さい

おっと図書館マニアに報告

ここは海外の時事週刊誌が充実しているけど ← 県立図書館よりも
司書のお姉さんは
蔵書を把握していないし対応も最悪

mieken1876418 at 03:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年07月23日

久保事件:最高裁判決全文

この日の訪問者:128
事件番号  平成18(受)347
事件名   無効確認等請求事件
裁判年月日 平成19年07月13日
法廷名   最高裁判所第二小法廷
裁判種別  判決
結果    破棄自判

原審裁判所名  名古屋高等裁判所
原審事件番号  平成16(ネ)982
原審裁判年月日 平成17年11月15日

裁判要旨
1 学校法人が被用者である大学教授に対し同教授の地元新聞紙上における発言等を理由としてした戒告処分が無効とされた事例
2 学校法人が被用者である大学教授に対し教授会への出席その他の教育諸活動をやめるよう求めた要請の無効確認を求める訴えが適法とされた事例
3 学校法人が被用者である大学教授に対し教授会への出席その他の教育諸活動をやめるよう求めた要請が無効とされた事例

全文
 http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20070713160229.pdf

主文
 原判決を破棄する。
 被上告人らの控訴を棄却する。
 控訴費用及び上告費用は被上告人らの負担とする。

理由
 上告代理人倉田嚴圓の上告受理申立て理由第4について
 1 本件は,被上告人享栄学園 (以下「被上告人享栄学園 」という。)の設置する鈴鹿国際大学(以下「本件大学」という。)の国際学部教授である上告人が,地元新聞紙上で行った発言等を理由として,被上告人享栄学園から戒告処分を受け,さらに,教育諸活動を中止することなどを要請されたことから,被上告人享栄学園に対し上記戒告処分等の無効確認を求めるとともに,これらの手続に関与した被上告人式部 (以下「被上告人式部 」という。)及び被上告人中野 (以下「被上告人中野 」といい,被上告人式部と併せて「被上告人式部ら」という。)に対し不法行為に基づく損害賠償を求める事案である。

 2 原審の適法に確定した事実関係等の概要は,次のとおりである。

 (1) 被上告人享栄学園は,本件大学を設置,運営する学校法人である。上告人は,比較政治論及び比較憲法論を専攻しており,上記戒告処分等がされた当時,本件大学の教授として,比較政治論等の講座を担当していた。被上告人式部及び被上告人中野は,いずれも本件大学の教授であり,上記戒告処分等がされた当時,それぞれ国際学部長及び学生部長の地位にあった。

 (2) 被上告人享栄学園の定めた享栄学園就業規則(以下「本件就業規則」という。)には,職員の服務規律及び懲戒に関し,次の定めが置かれている。

  35条(遵守事項) 職員は,服務にあたって,次の各号に掲げる事項を守らなければならない。
   (1) 学園の名誉を重んじ,職員としての品格を保つこと
  37条(禁止事項) 職員は,次の各号に掲げる行為をしてはならない。
   (7) 選択した教科書を使用しないで授業をし,生徒にみだりに自習をさせ,又は不公正な成績評価をする等,教師としてふさわしくない行為をすること
  42条(懲戒) 職員が次に掲げる各号の一に該当する場合においては,これに対して懲戒処分として戒告,減給,停職又は懲戒解雇の処分をすることができる。
   (1) この規則その他学園及び学校の定める諸規定に違反した場合
   (5) 規則第4章に定めた服務規律に違反した場合
   (6) 学園の職員としてふさわしくない行為のあった場合

 (3) 平成11年11月5日付け「三重タイムズ」紙上に,「歴史認識の見直し機運高まる」,「史観の押付けが問題」,「先人の功罪を正しく評価」及び「鈴鹿国際大学教授に聞く」との見出しの下,同紙編集長の質問に答える形でされた上告人の発言(以下「本件発言」という。)を紹介する記事が掲載された。本件発言の要旨は,1 第二次世界大戦の敗戦国はすぐに自国の歴史を取り戻しているのに,我が国においてのみ戦勝国の史観が続いている,2 戦争においては当事国のどちらかが一方的に悪いと決め付けられるものではなく,先人の功罪を正しく見つめる必要がある,3 県立施設である三重県人権センター(以下「人権センター」という。)の展示内容は,ほとんどが部落問題で占められ,残る2割ほどが反日,自虐史観に基づく展示であって,どういう子どもや日本人を育てようとしているのか疑問に感じる,4 人権センターは一方的な歴史観の押し付けをやめるべきである,5 歴史観がしっかりしていなければ政治を語ることはできないし,すぐに謝罪する態度では国際政治に通用しない,6 台湾の歴史教科書は,我が国の植民地政策の功罪をはっきりと記述し,内容的にはむしろこれを評価している点が多いなどというものであった。上告人は,同月6日に上記記事の掲載された新聞紙の写しを勝田吉太郎学長(以下「勝田学長」という。)や同僚ら数名に配布し,その後もこれを同僚に交付したりした。

 (4) 勝田学長や被上告人享栄学園の常務理事及び事務局長,被上告人中野は,上告人に対し,同月29日から同年12月8日までの間,本件発言が大学に大変な迷惑を掛けたとして,繰り返し辞職を勧奨した。

 (5) 勝田学長は,上告人が上記辞職勧奨に応じなかったことから,同月17日,被上告人式部らほか2名と共に「久保教授の教員としての適格性審査委員会」(以下「審査委員会」という。)を組織し,審査を行い,同審査の結果,全員一致で,上告人は本件大学の教員として不適切な人物と判断せざるを得ず,辞職してもらうのが適当であるとの結論に達した。これを受けて,被上告人式部は,上告人の本件発言に関する責任について審議するため,同月22日に臨時教授会(以下「本件教授会1」という。)を招集することとした。
 同日開催された本件教授会1においては,欠席した被上告人式部に代わり,被上告人中野が議事を進行し,まず,勝田学長が,本件発言から当日までの経過及び上告人に自発的に責任を取るよう促したが応じなかったことを説明した上,審査委員会としては,上告人は本件大学の教員として不適切な人物と判断せざるを得ず,辞職してもらうのが適当との結論に達したことを報告し,審査委員会の結論について教授会の了承を求めた(なお,記録によれば,上記説明は,特定の団体が過去に同和問題に関して執った行動等に照らすと,本件発言は学生募集や大学経営に深刻な影響を及ぼす可能性があるものであり,本件大学は現在廃校の危機に直面しているといっても過言ではないなどというものであったことがうかがわれる。)。その後,出席者による意見交換が行われた結果,全員一致の決議で,審査委員会の上記結論が承認された。

 (6) 被上告人享栄学園は,上告人に対し,平成12年1月17日,公的機関である人権センターに対する誹謗ともとられかねない本件発言や上告人のこれまでの講義方法等(東条英機に関する映画の鑑賞を強要するかのような指導等)は,被上告人享栄学園の名誉と品位を害し,その生徒や学生の募集に悪影響を及ぼすものであって,本件就業規則35条1号,42条1号,5号及び6号に該当することを理由として,本件就業規則43条1号に基づき上告人を戒告する旨の処分(以下「本件戒告処分」という。)をするとともに,上告人について教授の職を解き,本部付事務職員を命ずるとの辞令を交付した。なお,被上告人享栄学園は,懲戒手続の過程で,1 上告人が東条英機に関する映画を観た学生に加点したこと,2 講義において戦艦大和の大砲の音を収録した録音テープを再生したこと,3 上告人の担当するゼミを履修する学生は海外研修のため20万円の費用を要する旨講義要項に記載されていたものの,それが予期せぬ負担となっている学生もあることなどを認識し,このような授業態度は問題であると考えていた。

 (7) その後,被上告人享栄学園は,上告人の代理人弁護士から抗議を受け,同年2月3日付けで,上告人には当分の間教授を兼務させることとするが,「大学の教授会での前記決議がなされている事情に鑑み,教授会,委員会等への出席その他の教育諸活動等はお辞め下さい。」と記載された回答書を送付した。
 さらに,被上告人享栄学園は,上告人に対し,同月14日付けで,本部付事務職員と本件大学教授との兼務を命ずるとの辞令を交付するとともに,理事長名の連絡書(以下「本件連絡書」という。)を送付した。本件連絡書には,上告人は本件大学短期大学部に新たに設けられた一室で学園史の英訳等の業務に従事すべき旨及び「平成12年2月3日付け回答書でご連絡申し上げましたように,鈴鹿国際大学の教授会,委員会への出席,その他の教育諸活動はお辞め下さい。」との記載(以下,教授会への出席その他の教育諸活動をやめることを求める要請を「本件要請」といい,本件戒告処分と併せて「本件戒告処分等」という。)がある。
 その後,同年3月8日に開催された教授会(以下「本件教授会2」という。)において,上告人に授業を含む一切の教育活動をさせないこと及び教授会への出席をさせないことが全員一致で了承された。被上告人式部は,本件教授会2の議長を務め,被上告人中野はこれに出席した。

 (8) 被上告人享栄学園は,上告人に対し,同月30日付けで,本部付事務職員の辞令は撤回した,上告人の本件大学における地位は平成11年10月1日以降教授であるなどと通知した。また,被上告人享栄学園は,本件訴えが第一審に係属中の同13年11月15日,本件連絡書のうち本件大学短期大学部に新たに設けられた一室で学園史の英訳等の業務に従事すべき旨を命じた部分を撤回するとの意思表示をした。

 (9) 上告人は,本件戒告処分等以降,現在に至るまで,本件大学の教授会に出席することができず,また,本件大学において講義を始めとする教育諸活動を行うことができない状態が継続している。

 3 原審は,上記事実関係等の下において,次のとおり判断して,本件訴えのうち本件要請の無効確認を求める部分を却下し,その余の上告人の請求をいずれも棄却した。

 (1) 本件発言は,必ずしも上告人の大学教授としての研究活動としてされたものではないにもかかわらず,本件大学の教授の肩書を示して行われ,その内容も公的機関である人権センターに対する誹謗ともとられかねないものであり,被上告人享栄学園と関係諸機関との信頼関係を損なうおそれがあるものである。また,上記2(6)1ないし3の上告人の講義方法等については,これに違和感を持った学生もあり,そのことが本件大学側に混乱を生じさせたと考えられる。したがって,本件戒告処分が事実に基づかない無効なものということはできない。

 (2) 上告人の教授会への出席を認めるか否かについては性質上教授会が決定すべき事柄と考えられること,本件要請は本件教授会1の決議を受けてされたものであること,本件連絡書が送付された経緯や「お辞め下さい。」という文言が使用されていることなどに照らすと,本件要請は,上記決議を前提として,上告人が自発的に教授会への出席その他の教育諸活動を自粛するよう求める趣旨の要請と解されるから,被上告人享栄学園が使用者としての立場から上告人に発した業務命令と解することはできない。したがって,その無効確認を求める訴えは,訴えの利益を欠き不適法である。

 (3) 本件教授会1の決議は,上告人の教授という地位を直接はく奪するものではなく,任意の辞職を求めるにとどまり,また,本件教授会2の決議も,上告人には教授会出席のほか一切の教育諸活動をさせないというにとどまり,最終的には出席者の全員一致に基づくものであるから,上記決議に参加した被上告人式部らに上告人に対する不法行為が成立するということはできない。

 4 しかしながら,原審の上記判断はいずれも是認することができない。その理由は,次のとおりである。

 ( 1 ) 前記事実関係等によれば,本件発言は,その見出しや発言内容に照らして,第二次世界大戦下において我が国が採った諸政策には功罪両面があったのであるから,その一方のみを殊更に強調するような歴史観を強制すべきではなく,そのような見地からみて,人権センターの展示内容には偏りがあるという上告人の意見を表明するにすぎないものと認められる。このような本件発言の趣旨,内容等にかんがみると,本件発言は,これが地元新聞紙上に掲載されたからといって,被上告人享栄学園の社会的評価の低下毀損を生じさせるものであるとは認め難い。また,原審が懲戒を基礎付ける事由として挙げる上記2(6 )1ないし3の上告人の講義方法等についても,それが大学における講義等の教育活動の一環としてされたものであることなどを考慮すると,それのみを採り上げて直ちに本件就業規則所定の懲戒事由に該当すると認めるのは困難というほかない。
 そうすると,本件戒告処分は,それが本件就業規則において定められた最も軽微な懲戒処分であることを考慮しても,客観的に合理的と認められる理由を欠くものといわざるを得ないから,懲戒権を濫用するものとして無効というべきである。

 (2) また,被上告人享栄学園は,使用者としての立場から,教授等の職員に対して業務上の命令を発することができるものと解すべきところ,被上告人享栄学園の規程上,教授会は学長の諮問機関としての位置付けしか与えられておらず(鈴鹿国際大学学則10条1項),上記業務命令に係る権限の行使が特に教授会等の機関に専権的に委任されていることをうかがわせるに足りる趣旨の規定も見当たらない。したがって,被上告人享栄学園の代表者である理事長は,上告人に対し,業務上の必要性等にかんがみ,教授会への出席その他の教育諸活動をやめるよう命ずる業務命令を発することも許されるものと解される。そして,本件要請は,被上告人享栄学園が上告人に対し,理事長名の文書で教授会への出席その他の教育諸活動をやめるよう求めるものであり,これに反する行動を不問に付する趣旨をうかがうこともできないから,単に上告人に対し上記活動の自粛を求める趣旨にとどまるものと解することはできない。
 そうすると,本件要請は,被上告人享栄学園が使用者としての立場から上告人に対して発した業務命令であることは明らかであり,その無効確認を求める訴えは適法と解される。なお,本件要請が本件教授会1の決議を受けてされたものであることや,本件要請において「お辞め下さい。」という文言が用いられていることは,上記判断を左右するものではない。
 そして,前記事実関係等によれば,被上告人享栄学園は,上告人が本件大学の教員として不適切な人物であり,辞職してもらうのが適当との判断の下に,執拗に辞職を勧奨し,上告人が同勧奨に応じなかったことから,懲戒に値する事由がないにもかかわらず,上告人を本件戒告処分に付した上,さらに,何ら業務上の必要性がないにもかかわらず,教授として最も基本的な職責である教授会への出席及び教育諸活動を停止する旨の業務命令である本件要請をし,かつ,本件訴訟提起後に撤回されたとはいうものの,本件大学短期大学部に新たに設けられた一室において,通常大学教授の本来的業務とは考えられず,上告人の専攻分野とも関連性のない学園史の英訳等の業務に従事させるという不利益を殊更に課したものということができるのであって,これは,制裁的意図に基づく差別的取扱いであるとみられてもやむを得ない行為である。そうすると,本件要請は,業務上の必要性を欠き,社会通念上著しく合理性を欠くものといわざるを得ず,業務命令権を濫用するものとして無効であることは明らかというべきである。

 (3) さらに,前記事実関係等によれば,被上告人式部らは,上告人に懲戒に値する事由がないにもかかわらず,審査委員会において,上告人は本件大学の教員として不適切な人物と判断せざるを得ず,辞職してもらうのが適当との結論を出した上,本件教授会1(被上告人式部を除く。)及び同2の決議に賛成したというのであるから,これが上告人の名誉を毀損する不法行為に当たることは論をまたない。被上告人式部らが審査委員会や上記教授会の一構成員として審査又は決議に加わったという事情は上記判断を左右するものではない。

 5 以上によれば,本件要請の無効確認を求める訴えを不適法とし,その余の請求に理由がないとした原審の判断には,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反がある。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,本件戒告処分等の無効確認請求を認容し,被上告人式部らに対する損害賠償請求を200万円の限度で認容した第1審判決の結論は正当であるから,被上告人らの控訴を棄却すべきである。
 よって,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり判決する。

(裁判長裁判官 中川了滋 裁判官 津野修 裁判官 今井功 裁判官 古田佑紀)


* なお、最高裁判所HPの原文では、XYABC等で表記されている。

mieken1876418 at 05:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加