スタルカ的雑感-Part2

スタルカの言いたい放題:猫・食・楽・笑・時々毒

小春日和

昨日に続き、お日様がいっぱいの一日。昼間は九十九の籠が置いてある西側の窓も全開にして「居ながらにしてのビタミンD摂取」をお勧め(笑)

9harema

なんとも「ふこふこ」した感じがお気に召たようで何より


それにしても、昨日の女子駅伝のニュースは残念過ぎ。選手が這いつくばって進む姿は見たくなかった スタルカなぞあの映像を見て反射的に「⚫️⚫️産業って、ブラック企業」と思ったもの
「胸が熱くなった」人もいたようだけど、決して美談なんかにしてはいけない。
あの姿を利用して「女子でもあそこまでやれるんだから、お前らも死ぬ気でやれ!」なんて間違った指導をやりそうな体育会系指導者がたくさん出てくるんだろうな〜

旬を楽しむ

日本全体が晴天の秋日和となった本日。居間の窓からは白く輝く富士山がくっきりと見えて何やらありがたい気分

春に約束していた「うち山」での従姉妹会だが、本日は最年長の従姉妹の長女が別件ができて長男が、もう一人の従姉妹も急な用事で欠席となったので交代要員としてスタルカ弟が初参加することに。女子会のはずが男子3名となり、お酒が進みそうな予感(笑)

時間通りに個室で6人が寛ぎ、とりビーを頼んだらDHCゴールデンマイスター[無濾過]というビールを薦められ、全員が思わず「飲んでみよう!」ということに(笑)

1beer

 ふ〜ん、日本でも地ビールが美味しくなってきたんだね〜 しかしDHCって本当に面白い会社だ。前身は「大学翻訳センター」という会社で、翻訳を生業にしていた会社なんだよと、皆さんにトリビアを披露

次々に出される秋の味(もちろん松茸も)にマッチする「冷おろし」とか「山廃」の日本酒を楽しみ、〆の鯛茶漬けになった。

1usagi

新たな器はウサギの形状でビックリ(笑)

全員大満足で、特に一番若いFなどは「こんなにユニークで面白い親族だったんだ〜」と本日の面子にも大満足だったみたい(笑)

連チャンで和食の美しさ美味しさを堪能し、満足満足、大満足

秋に笑う

青空が眩しい秋日和となったので、中野までの足取りも軽く一之輔と白酒の落語会に行ってきた。

1020

ここの大ホールは久しぶりだけど、前から2列目の席が取れていたのでラッキー🎵
開口一番は白酒の弟子桃月庵ひしもちで前座さんの持ちネタ「子ほめ」。何となく頼りない感じでまだまだだな。

一席目は一之輔で会場をぐるっと見渡し「主催者がほぼ満席と言ったけど二階席はちょっと空席があるね・・・私はキャンセルしないけど」とジュリーのドタキャンを早速笑いに取り入れていた(笑)自分の子供の文化祭に連れて行かれた話とか、いつもどおりまくらで十分に笑わせて演目は「百川」。この人の演じる百兵衛さんは、一体全体どこの出身?というぐらい大仰な訛りでお腹がよじれるほど大笑い 一之輔は華があるな〜🎵

中入り後は漫才のロケット団。この人たちは中堅どころで大ブレークはしないだろうけど、しぶとく生き残るんだろうな(笑)

トリは白酒さんで「井戸の茶碗」。この噺はよく聞く噺だが、白酒さん演じる清兵衛がだんだんと投げやりになっていく様が秀逸で面白いったら

一席づつではちょっと物足りない感じだが、ま、十分に笑ったので良しとしよう

行きつけの「四季音」のオープンが17:30になってしまったので、16:00からの1時間半を途中のビアレストランで過ごすことに いろいろなビールを試し飲みしつつあまりお腹が膨れないようなツマミで空腹を維持(笑)
ようやく17:20になったので、四季音に向かおうと外へ出たら大粒の雨がぁ〜。小さめの傘を持っていたけど濡れずに済んだのは頭のみ

ずぶ濡れで四季音に入ると珍しくお客は私たちだけの貸切状態
旬のコースをゆったりと味わった
一.御椀     松茸の土瓶蒸し
一.お造り 平目・島鯵・本鮪
一.焼物  秋鯖塩焼・和牛としめじの焼きポンズ
      新丸十レモン煮
一.煮物  海老芋の蟹ときのこのあんかけ
一.揚げ物 栗・銀杏・海老かき揚げ
一.酢の物 蟹と帆立の菊花和え      
一.食事  松茸炊き込みご飯      
一.果物  シャインマスカット

他にお客さんが入らなかったせいか、〆の松茸ご飯の中には松茸がた〜っぷり入っていて幸せな気分が増大(笑)

本日も満足、満足、大満足の一日

新たなシリーズ

51hCYkNKSxLここのところ時代小説は当たりが多く、「ぼろ鳶」・「ひなげし雨竜剣」シリーズに続き新たに発掘したのが岡本さとるの「取次屋栄三」シリーズ。作者が脚本家だっただけにテンポが早く軽妙なところが魅力かな🎵

時々思うのだが表紙の絵のタッチで食わず嫌いになることもありそうなので、出版社はもう少し気を使って欲しい

どの口が言う

NHKでよく見かける「ストップ詐欺被害:私はだまされない」というコーナーがあって、最近の詐欺情報を説明しているが、こんな情報をキチンとみている人は騙されないだろうし、騙される人はこんな情報を見ないんだろうな〜と思う

同じような詐欺被害防止のためなのに、政府広報として民放に流れるCMには何故か腹立たしくなるのが不思議(笑)

1sagi

年金問題について散々詐欺まがいのことをやってきた政府が税金をかけてこんなCMを流すのかと、ついつい思っちゃうからなんだろうね〜。

現在、50代の友人たちは「ようやく年金に手が届く年齢になった頃には死にかけてると思う。年金開始までの間、仕事ってあるのか? 働けるのか? 不安」と言っている。

「バラ色の年金暮らし」なんてすっかり死語になった平成時代の最後っ屁が消費税引き上げだと

残念な息子

81KBqaVvrRL一時嵌っていた佐伯泰英の時代物だが、一番お気に入りだった磐音シリーズが完結し、鎌倉河岸捕物控も大団円まで読んだし、酔いどれ小藤次、吉原裏同心シリーズは共に主人公が女性陣に振り回されて本筋から離れてしまった感じが嫌でちょっと離れていた。

友人が磐音の息子が主人公のシリーズが始まったので買ってみたと、回してくれたので、早速読んでみたが・・・なんだかね〜。

いくら修行のためとは言え、何故「口がきけないふり」をしなければならないのか理解できない。周囲の人々に愛されるキャラとして描かれているけど、こんなに迷惑な輩が愛されるわけないと思う(笑)

最近の出来事だが、韓国視覚障害者柔道チームのインチキみたいで嫌〜な気分。

作者の感性がズレてしまったように思えるぐらい、磐音の息子は残念な存在だ

大小の秋

一度サンラメラの暖かさを実感してしまったニャンズはサンラメラを消すと、「ケチってるんじゃないわよっ!」と真ん前で騒ぐ 決まって負けるのはスタルカ・・・ニャンズのブーイングには弱いのよ

9sanme1

九十九さんはご満悦

10sanme

十寿も気持ち良さげ

ということで、この秋もスタルカ家の電気代は節約という言葉を知らずに過ぎていくようだ
月別アーカイブ
プロフィール

STARKA

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ