みえたんブログ

うなぎ問屋のブログです。シラスウナギからお料理、スポーツネタまでたくさんの話題を掲載していきます。「ものつくり日本」を応援します。

2011年03月

三重県産活鰻

こんにちは。大震災から約3週間、被害に合われた方々のご苦労は想像も出来ません。経験したことがありません。でも日本はもとより世界中の人が見守っています。募金をさせていただいたり、手を合わせて祈ることぐらいしかできません。どうか平穏な日が早く来ますように。
 三重県産活鰻が入荷しましたので紹介いたします。

3/30池上げ三重県産三重県松坂市曽原町2413-2
蠑床養鰻
今の時期にしては胴回りの肉もしっかりついていて、背と腹の境目もハッキリしていて良い鰻と思います。


松岡さんの社長は40台前半で物静かな真摯な方です。
近鉄四日市駅前の商店街にうなぎ料理店「松岡」を営んでおり、そのほかにも何店舗か直営している「うなぎ大好き」オヤジです。
直営店で使うので年間を通して養殖しなければならない、つまり自社池には常に鰻が入っているという養殖家はあまりやりたがらないことを普通にやっています。 店で使うのサイズは確か3pだと思います。美味しいですよ。興味があれば一度来店してみてください。

入荷状況と活鰻価格

3/17の朝入荷です。これは前日の16日(水)に関西国際空港に到着して空港で冷検さんが検体を抜いていますので18日(金)には通関が切れる予定です。3.17入荷中国        
価格が上がり続けた2月〜3月上旬は茶色やガリの混入も多くて困っていましたが価格が高値で張り付いてからは比較的青手が多い鰻になってきました。
胴回りのお肉が豊かで良い鰻です。


成田空港での空港抜き取りができないので関西国際空港での抜き取りになります。 それか冷検さんに立場までご足労願い、立場で抜き取るか。通関までが長くなるので立場抜き取りはできるだけやらないように段取りしています。

関東地区のお客様から朝連絡をいただき、「お客がへーらねーよ。(入らないよ。の方言)」とのこと。ガソリンが手に入らないのが原因でしょうが死活問題です。大消費地の東日本、北日本の状況が世界的に大影響を及ぼしているのですね。 

価格ですが一応高値横ばいです。でも、ムードとしては弱いのでは?
「相場は需要と供給のバランスで決まる。」といわれています。
反論もあるでしょうが今回の上げ相場は明らかに供給側の一方的な要因です。今、日本の経済の仕組みが大きく変わろうとしています。そんな中で池には鰻は少ないのでしょうけど、さらなる値上げは考えにくいです。

日々入荷新着状況

東北関東大震災で被災された方々に心より  お見舞い申し上げます。

連日報道される東北関東大地震の被害状況。
被災された方々の事を想うと・・・、
寒い夜を過ごさなくて良いよう少しでも早く暖かな日が来ることを切に願います。今は生きる希望も見失った方も多いでしょうが、
家族を信じ、仲間を信じ、そして自分を信じて今はがんばり続けてください。 こんな時こそ小さな事でも私達にできることから始めさせていただきます。

私達中部地区に生活する者は、今回被災された皆様の貴重な体験を近い将来必ずやってくる東海大地震に備えるために生かさせいただきます。


遅ればせながら活鰻の入荷状況を連絡させていただきます。
                   
3/7入荷 宮崎3/7入荷の宮崎県です。
胴回りに肉が多く背と腹の堺がハッキリして美味しそうな鰻です。
  



3/7入荷 一色3/7入荷の愛知・一色です。
遅いシラスと思います。肌がツルツルして良い鰻と思います。




3/10入荷 台湾3/10入荷の台湾です。
胴回りの肉付きが良く美味しそうです。





3/14入荷 一色3/14入荷の愛知・一色です。
胴回りの肉は7日の方が良いです。

HPはコチラから
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ