みえたんブログ

うなぎ問屋のブログです。シラスウナギからお料理、スポーツネタまでたくさんの話題を掲載していきます。「ものつくり日本」を応援します。

2013年03月

がんばれ!!

おはようございます

今日は各地で寒い一日になるようです

がんばれ

センバツ甲子園は県岐商ががんばってくれました
藤田君は9回大阪桐蔭の峯本選手がホームを突くもタッチアウトそして守備妨害喜ぶ藤田投手痛い足を我慢しながらの快挙なのでうれしいですね
淡々と投げる姿が好感が持てました
最終回の攻防はヒヤヒヤでしたが
センターからの返球がドストライクでした
常葉菊川が負けてしまいましたので
県岐商にはがんばってほしいです
プロ野球はが開幕2連敗でコケていますが
注目の新人が登場して面白いです
7回を1失点9kと好投の菅野投手ライオンズの菊池投手に2三振の大谷選手菅野投手のポーカーフェイスはふてぶてしいというか

大したルーキーですね
大谷選手は昨日は良いところが無かったですが
頭小さいですね


高梨沙羅さんの始球式沙羅ちゃん、ヘッポコでした
誰だろうって思いました
陸に上がった河童
かわいいから許します
がんばれルーキー

さて3月も今日で終わります

金融円滑化法も今日で消滅します

全国で約30万社がこの法律により融資の返済猶予を受け経営の建て直しを行いました

しかし2割程度の企業が依然として再建に目処が立っていないようです

うちの会社もそうですが他人資本のお金で操業していますので得意先の入金遅れなど
が起こるととたんにキャッシュフローが悪くなります。

自社の試算表を何回も見直して資産と負債を減らして身軽にしなければなりません

それと同時に粗利の向上に全社で取り組むことです

会社を健全な方向に持っていこうとするまじめな姿を評価してくれる金融機関もあります

がんばれ社長

さて2013年シラスウナギ漁もあと1ヶ月となりました

今日で鹿児島が終漁
宮崎はすでに20日で終わっています

信頼すべき消息筋である日本養殖新聞によりますと
日本での池入れは10トンを超えて昨年の同時期12トンに迫っています

中国は浙江省以北、上海中心に80〜100塹日とのことです

流通価格も24元(日本式換算で186万円)とずいぶん下がってきました

広東省の池が買いたい価格は20元以下

このまま採れ続ければ20元は切ってくると思います

香港経由で鹿児島が買いのオファーを入れてしまうと
値上ってしまうので心配です

今年の初めは国内5トン入るかどうか…と危惧されたシラスウナギの池入れですが
10トンの大台を確保できてよかったです

あとは昨年の15トンにどれだけ迫るかです

買う人が少なく流通価格も下げ続けているという日本養殖新聞の記事にもあるように
相当な無理をしてシラス購入資金をねん出しています

270億円のシラスがいくらの成鰻になるか…

200億円にしかならないこともあります

本当の勝負はこれからです

がんばれ鰻業界


それぞれの開幕戦

おはようございます

日中は暖かくなる列島です

夜は気温が冷え込むようなので週末金曜日お花見のチャンスですが
寒くない服装でお出かけください

風疹が流行しているようです

40代から50代に発症が高いようです

子供のころに掛かってないヒトが多いのでしょうか

免疫の注射を打ちましょう

特に妊婦さんは心配ですから

いよいよプロ野球のペナントレースが開幕します
8番ライトでスタメン予定の大谷選手注目の大谷選手
で育成するのかで行くのか
プロ野球の指導者を悩ませるだけの才能溢れる選手のようです
NHKで落合元中日監督が言っていました
オレでも悩むなあどちらとも決められない…
開幕スタメンの出場となるのでしょうか
楽しみです
こちらも44歳でスタメンを狙う山崎武司選手です
山崎武司選手大谷選手と比べると親子の差ですが
がんばっています
高木監督の前を横切るときに
手を合わせて拝むそうです
スタメンよろしくパンパン
ペナント奪還

打倒

シラスウナギは月夜の中潮なので日本では採れていません
三重県がそろそろ採れだしてもいいと思うのですが

来ませんね

九州、四国よりも東の浜名湖や湘南の方がまだ良いようです

知れていますが…

これから網が仕掛けやすくなる潮回りのところもあります

大潮だと潮の逆流が強すぎて定置網が仕掛けられないようです

結局場所によって大潮が良かったり、若潮が良かったり、小潮が良かったり

あと1か月

どこまで採れるかですね

期待しましょう



今年端境期はあるのか?

おはようございます

桑名は昨日から冷たい雨が降っています

センバツ高校野球、昨日は東海地区代表の2校が勝利してベスト8に進みました
逆転の常葉菊川2走藤田選手が生還静岡・常葉菊川高校は4回目の出場で
2007年には初優勝しています
バントはしない、強打の常菊で地元で通っています
県岐商は創部100年を越える高校野球のS級名門高
センバツは以外に縁がなく36年ぶりだったのですね

もうひとつの東海代表・菰野高校は早々と負けてしまったので出場できなかった愛知県の分も
がんばってほしいです

さて今週は満月の大潮です

23日から25日にかけて東で少しまとまった程度で大した漁果は上がっていません

気温が下がっていますしね

大きさはだいぶ小さくなってきています

6000匹/kgくらいです

でもプリプリした良い魚体です

新しい群れということです

まだまだ期待できます

それよりも相変わらず成鰻の売り攻勢が激しいです

去年とまったく違いますね

今年は端境期知らずで新仔を迎えてしまうかもしれません

下がるかなあ??

おはようございます

桑名城跡公園の桜は3分咲きです

朝晩寒いですからね
陽和中学前の桜並木3陽和中学前の桜並木2陽和中学前の桜並木名古屋より寒いのでしょうか
でもこのままあと10日くらい
8分咲きの桜並木の下
4月の入学式に満開がいいね



さて3月も終盤に入りました

シラスウナギの浜値が下がっています

中国の下げが要因のようです

大採れしてるわけではありません

買い一服ということでしょうか

もとはタダの魚ですから

こうなると今までが嘘のようにアチコチからシラスが集まってきます

1週間もしないうちに200万円を切るかもしれません

お金に余裕のある池しか買えませんので

プチ買い手市場です

もともと中国よりも安いですから200万円から大きく下がることはないと思います

あとは成鰻相場がどうなるかです

日を追うごとに温かくなるごとに成鰻需要は増えてきます

今は中国産が青手の軟らかな鰻が多く入っていますので名古屋から西は中国が主だと思います

中国は値上げをしたくて仕方がないので今後日本の需要が増えれば値上げも予想されます

去年みたいな一方的な値上げは避けたいので
中国の池にシラスウナギを入れてもらわなければなりません

ということで日本の養殖池、特に九州の池は中国シラスが安くなっても買わないで欲しいです

国産は愛知県の池上げが山を越しましたので残りも500トンくらいでしょうか

九州はまだまだ池上げは多いと思います

残鰻の数量は定かではありません

超大手さんの残鰻が不明なので…

アバウト2000トンくらいかと思います

全国で3000〜3500トン

その数字で3か月

十分ですね

余ると思います

そうなると加工屋さんに頑張ってもらうしかない

過去6月の需要期に相場が下がることが多いのです

マスコミによる風評被害も6月に多いです

相場は下がってほしいけどマスコミさんには静かにしていてほしいですね



勤勉な日本人を伝えていく

おはようございます

名古屋鶴舞公園の桜も3〜5分咲きと友人の便りがありました
鶴舞公園の桜

五条川も5分咲きでしょうか



入学式に満開のように気温の調整ができると良いですね
桜の下で日本人と桜花
ぴったりくるなあ
満開の桜の下を真新しいダブダブの学生服を着させられた
ピッカピカの中学1年生たちがちょっと不安そうな顔をして
うつむきながら歩いていく…
毎年変わることなく4月上旬の通勤通学の風景です

TPP交渉によって否応なくASEAN各国の人たちが日本に来ます

働きに来たり、学びに来たり

入学式を9月にする動きも大学中心に文科省で検討されていますが

ピッカピカ1年生の入学式は桜花乱れ舞う季節がいいなあ
桜の下で2ピッカピカピッカピカ2





このブログによく投稿していただいている名古屋の某大将のブログに
良いことが書いてありましたので紹介しますね。

本人には無断ですが…
http://ameblo.jp/unatoyo/entry-11496852270.html

兀兀地 春夏秋冬という言葉があります

コツコツチもしくはゴツゴツヂ シュンカシュウトウと読みます

もともとは禅の言葉だと思うのですが、最近では剣道修行の中で使われることが多いです

季節が変わっても何ら変わることなくしっかりと稽古に励め

そういう意味だと思います

何ら変わることなく励むというのが日本人の美徳で未来永劫そうあって欲しいのです

兀兀地春夏秋冬農夫が畑を耕しています
コツコツ、ゴツゴツ…
根菜の収穫が終われば葉野菜の種まき
コツコツ、ゴツゴツ…
雨の日も風の日も手を入れて慈しむように
コツコツ、ゴツゴツ…

囲炉裏端の風景夜は囲炉裏端で農機具の手入れや修理を行います
コツコツ、ゴツゴツ
壊れたら修理してまた使います
コツコツ、ゴツゴツ
傍らで女房がお茶を入れてくれます
炭火がチロチロ燃えています

何十年何百年と変わらない日本の原風景です

変わらない事の素晴らしさを某大将の日記から気付かせて頂きました

幕末から維新
文明開化から太平洋戦争
敗戦から復興
復興から経済成長まで

絹糸しか外貨に換える資源のない貧乏国日本が世界を相手に戦ってきた原動力は
正にこのコツコツ、ゴツゴツの勤勉性にほかなりません


HPはコチラから
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ