みえたんブログ

うなぎ問屋のブログです。シラスウナギからお料理、スポーツネタまでたくさんの話題を掲載していきます。「ものつくり日本」を応援します。

2013年07月

すべての鰻に対して全力で臨め

こんにちは

中国地方を襲った豪雨は時には200/hという観測史上初の雨量を記録したようです

被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます

いち早い復興を願います

昨夜のNHK番組プロフェッショナル仕事の流儀
麻布の五代目野田岩店主金本兼次郎さん85歳の匠が紹介されました
焼きは一生今の仕事に満足する時はお迎えが来た時15歳で調理場に立った金本氏は
以来70年、野田岩伝統の味を
ひたすら追求し続けています
目指すはおいしさと美しさ


美味しさと美しさと透明感のある黄金色金本氏の鰻は透明感のある黄金色
と称され、お客様に感動を与えます
そのためには表面を焦がしてはいけない
しかし焼きこまなければ美味しくないし
照りも出ない
ぎりぎり極限のところを金本氏は攻めていきます
立ち姿も美しく約5佗でヒレ取りをする仕事に美しさがあるか
仕事を正しく理解しているか
美しくおいしく仕上げるためには
美しく裂かなければなりません
仕事を作業にするな
今行っている仕事の意味を理解しろ
金本氏はすべての工程の意義を自分なりに考えることが大切とお店の若い衆に言います

調理場に私情を持ち込まない

金本氏は自分の都合で焼き方が変わってしまうことを極端に嫌います

自分にとっては数百匹の中の1匹でもお客様にとっては唯一の鰻

だからこそすべての鰻に対して全力で臨む

現在の仕事を天職と思い生涯をかけて全うする

金本兼次郎さんに代表される日本が誇る鰻職人の思いを未来永劫引き継いで行く
そういう鰻料理屋さんを私達は心から応援します

がんばれ高木監督

おはようございます

雨の桑名です

中国地方を襲った集中豪の被害が拡大しています

岡山県島根県で過去最大の雨量で河川が氾濫し住宅が流され
萩市では1人が死亡、3人が行方不明とのことです

心配です

温暖化によって局地的な集中豪雨が増えていると言います

まだまだ大気の不安定な状態が続くようですので気象情報に注意して
河川や土砂災害に備えましょう

の打撃はいったいどうなってしまったのでしょうか
もともと打てないチームですが、これほど打てないとは気力でいかなアカン
ネットでも最近はこういう画像しか載っていません
菅野投手に散発2安打ではお手上げです
カウントで追い込まれて結果打たされている
オールスター前の勢いがありません
今季お得意様のDeNa戦でコケたのが響いています
こういう時は監督の陣頭指揮で何が何でも勝つことです

がんばれ高木監督

さて7月もあと3日となりました

土用丑はあっという間に去ってしまいましたがこれからが本当に暑い日本列島です

最近お客様から怒られてばかりです

新仔が無いどうしてくれるの
中国が固い

ほとんどがそういう内容でございます

この時期は固い中国を買わないでも新仔で足りるのが本来の流れなのですが

池には居るのですが出荷サイズになっていません

サスガに9月になれば4p中心で全国的に池上げは多くなると思います

でも本当に必要なのは今だものね

残念! 墨田の大輪

おはようございます

昨夜の関東以北の集中豪雨は局地的に激しくなったようです

世界の隅田川花火大会も開始後30分で中止になってしまいました
中止前の大輪の花ツリーから見た花火はどんなだろう23,000発の大輪を用意しての大会でしたが
局地的な雷雨と集中豪雨によって
開始30分で中止になってしまいました
80万人のため息が聞こえてくるようです
今朝はスッキリ青空のようです
残念ですね

Yahooニュースに鰻の完全養殖の記事が載っていました
ウナギ、黒マグロの完全養殖化に向けたサイクル国の研究機関などの努力によって人工ふ化と飼育に成功しましたが
政府は平成32年度までに日本鰻を天然資源に頼らない完全養殖の
大規模な商業化を実現するビジョンを決定したという内容です
横浜市にある水産総合研究センターや三重県の水産試験場など
国の研究機関の総力を挙げて日本鰻の完全養殖化に挑みます

鰻文化を未来永劫伝えていくための大事な研究ですね

こういうことをマスコミはどんどん大衆に伝えてほしいです

民放は鰻のマイナー記事しか興味ないでしょうから

NHKがんばれ

さて、このブログにたびたびご登場して下さる先輩の記事がYahooに紹介されていました
大忙しだった和歌山の先輩店東鳥春さん 和歌山市の老舗店です
今年は猛暑に加えて丑が土日の週末がらみで大繁盛したようです
仕入価格は上がっても小売価格は据え置いたり
名古屋の某大将と心意気がそっくり
人気店というのはどこか共通点があります
まずはお店の大将とスタッフの皆さんが明るく元気なことでしょう


和歌山のお盆は土用丑以上に鰻を食するようですから

先輩今年の夏は炭火の前で息絶えるかもしれません

どうせならお盆が終わってからにしてください

花火 お盆

おはようございます

日本列島各地を集中豪雨が襲っています

昨日、東海地方では愛知県北部が時間80个旅覬

ゲリラ豪雨

増水した河川に流されないように
子供の水遊びは天気予報に注意して行いましょう

昨夜の戦は3回が試合を左右しました
試合を振り返る高木監督前日広島に大敗した
昨夜も負のオーラが出まくっていましたから
沢村投手から2点を先制してヨッシャぁでしたが
3回2死走者無しから大野投手が崩れました
安倍選手村田選手に連続タイムリーを打たれて逆転
6連勝ならなかったです
高木監督に辞めてもらいたいのでしょうか

さて今日7月27日は日本全国各地で花火大会が予定されているところが多いです

人気度では葛飾納涼花火大会が1ですが
規模では今夜開催される隅田川花火大会がダントツです
葛飾納涼花火大会隅田川花火大会葛飾納涼は約12000発ですが
隅田川は倍以上の25000発を打ち上げます
きれいになった隅田川に屋形船を浮かべて
玉やあ〜鍵やあ〜と間の手を入れる

葛飾では寅さん両さんの絵を描く花火が人気のようです


静岡を含めた東海地区も今夜は花火大会が押しています
桑名水郷花火大会長良川中日花火大会津花火大会安倍川花火大会





桑名水郷花火大会は揖斐川の河口付近の中州から12000発を打ち上げます
岐阜の長良川中日花火大会は大小合わせて30,000発という太っ腹大会
三重県津市でも3000発と小規模ながら尺玉の連発で大迫力です
静岡安倍川花火大会は戦争中、空襲で亡くなった方々の慰霊と供養を兼ねて
昭和23年から続いており、今年は12000発を打ち上げます
愛知県は28日(日)に行われる豊田おいでん祭り花火大会が最大の12000発を上げます
名古屋は7月20日(土)に行われた港祭り花火大会3000発と小規模ですね
豊田おいでん祭り名古屋港祭り花火大会
大名古屋にしては控えめな花火大会です
その他蒲郡ラグーナも5000発を上げます
その年の景気に左右される花火大会です
今年は大きな尺玉がたくさん上がると良いですね



この週末は集中豪雨もなく天候に恵まれることを願います

さて土用丑が終わったうなぎ業界は今や国産鰻を探すのに大変です

土用丑ほどではないにせよ、お盆明けまでは最大の需要なので
8月第2週から第3週にかけては土用丑以上に気を遣います

特に輸入物の仕入れは土用丑以上に気を遣います

お盆明けに鰻が残ってしまったらもう売れません

残った鰻は販売に時間がかかり二等品になってしまいます

そうならないように綿密に販売数量を予測するのですが…

まったく当たらないことが多いです

お盆期間は同業者は休みなので足らなくなった時に仲間から買うことができません

私たち問屋業は足らなくなったらどうするという思いがトラウマになっています

だから買ってしまうのですね


マサバ

おはようございます

曇っていますがとても蒸し暑い桑名です

昨日は小牧や江南でものすごい集中豪雨だったようです
今日も日中は晴れて蒸し暑い天気ですが
昨日同様1時間80个侶磴靴けの恐れがあるようです

私の大好きな五条川が氾濫しませんように

は大事な試合に競り勝ちました
2打点と活躍の森野選手延長11回サヨナラ打の大島選手大島選手のサヨナラ打に笑顔で迎える高木監督DeNaに2-1の辛勝です
8回、2死走者無しからの3連打
森野選手が同点タイムリーです
延長11回大島選手が3塁強襲打でサヨナラ
3位をキープした一打でした
2年契約の最後の年の高木監督
CSに出るかで無いか、来年の去就が掛かっています

高木監督が選手からどのくらい信頼があるかが試される後半戦です

千葉県銚子市はかつて世界でも有数の水揚げ量を誇った港町ですが
近年は多獲性魚の漁獲減少で水揚げ量は低迷しています

しかし銚子市内の水産加工業は元気です
銚子の地場産業である水産加工業1970年代には13,000トンの水揚げがあったマサバですが
その後減少し続け、今から25年前の平成初めは200トンまで
落ち込みましたがその後徐々に回復しつつあります
銚子の水産加工業200社も銚子港の水揚げの減少によって
経営危機に瀕しましたがしぶとく生き残ったのは輸入サバ
大西洋海域で漁獲されるヨーロッパサバのおかげでした

マサバの漁獲高水位2012年あたりから国内マサバが戻ってきつつあるようです
ニシンも2013年は久々の大量を記録した道南の港です
大きな周期があるのでしょうか

大西洋のサバマサバ画像左がヨーロッパサバで右が国内サバです
縞模様が違います
ヨーロッパの方が荒いです
寒い所の魚なので皮下脂肪が多く脂っぽい


銚子の加工業社は当初、ヨーロッパサバを気持ち悪いといって拒否していました
焼き塩サバそれから間もなくして、ノルウエーやデンマークのサバの対日輸出は
1万トンを超え、大半が銚子や波崎などの加工業社に行きます
国内の水揚げも徐々に戻ってきて、国内サバで製品を作るのですが
脂が薄くて美味しくないという評価になってしまいました
慣れでしょうか

おかしな話ですね

マイワシやカタクチイワシ、マアジにも同じことが起こっています
マイワシの画像マイワシ入梅いわしといって
脂をたっぷり含んだ6月〜7月のイワシは
身がホコホコしてとっても美味しいです

カタクチイワシ(セグロ)カタクチイワシ銚子のみりん干カタクチイワシ(セグロ)
を開いて乾燥させてみりん調味液に漬けこんだ製品
高級珍味として人気でしたが…

マアジの画像maajiサバやイワシほどではないにしろマアジ
漁獲量の減少に悩んでいます
それでも輸入物に切り替えてしぶとく商売しています

資源はそのうち回復してきます

日本人は世界でも稀な環境順応性の高い民族です

しぶとく残っていれば子や孫の代には良いことがあります

みんなでがんばりましょう

HPはコチラから
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ