みえたんブログ

うなぎ問屋のブログです。シラスウナギからお料理、スポーツネタまでたくさんの話題を掲載していきます。「ものつくり日本」を応援します。

2015年12月

これからの単年養殖を考えたい

おはようございます

2015年大晦日の朝は曇り空です

今日は前置き無しでさっそく行きます

漁果が上がってきているようです

信頼すべき消息筋であります日本養殖新聞によりますと
鹿児島県鹿児島県志布志湾菱田川の30日朝集荷は
二日分で約10圓蛤5┷嚢發里茲Δ任
西の薩摩川内は29日に1.5圓鮟顕戮靴
30日朝までに5圓鮟顕
種子島・屋久島合わせて6
これは解禁から12日間の合計のようですが
種子島には良い鰻を作る池があったような気がしたなあ

いい感じになってきましたね

宮崎県はセンターは31日が休漁明け
県内3河川の30日朝の合計は500g程度と変わらず薄漁

千葉茨城地図期待が大きい利根川ですが波崎側では
5問屋が一巡して最初の問屋も終わり
2番目の問屋さんもそろそろのようです
日本養殖新聞の推測では波崎で150〜160圓虜諒
銚子側と九十九里など房総と合わせた千葉県全体で
150堋度の採捕になっています

国内は解禁から30日で合計が720〜740圓隼廚錣譴泙

次に台湾ですが北部・宜蘭縣が15圓班活してきたようです
台湾地図日本養殖新聞が30日に聞き取りしたところによりますと
南部・屏東縣と高尾縣は相変わらずの20堊宛紊虜諒
嘉儀縣、雲林縣などの西海岸で8〜9
淡水など東で10〜11
そして宜蘭縣で15圓らいとなり
全島で60〜70圓蛤5┷嚢
価格も急落しています
こうなると台湾と日本との価格の綱引きですね

中国は前日と変わらない3省合わせて70堊宛紊虜諒瓩里茲Δ任

国内の漁果が上がってくることで外国のシラスウナギを買う割合が減りますから
養鰻業者も楽になります
先週までかなりヒートアップしていた外国のシラスウナギ流通価格ですが
今週から急落しているようです

養殖うなぎ国内の単年養殖組(年越しせずに11月にはすべて出荷する)
特に愛知県と宮崎県の養鰻業者は池入れに時間制限があるので
気が気ではないと思いますが、採算が合わない価格で買うくらいなら
無理して買わずに買える価格に下がるまで待てばいいと思います
シラスウナギの資源が急減している現状では
単年養殖のあり方を見直す必要があると思います

池上げ価格が2012年のように5000円以上になったら
鰻蒲焼の食文化自体が絶滅しかねないです

良い方法は必ずあると思います

1年間にご愛読いただきまして誠にありがとうございました
鰻文化を未来永劫維持発展していくことを祈願しまして
2015年のブログを締めさせていただきます

また来年もよろしくお願いします(明日ですけど・・・)

安藤昇逝く

おはようございます

寒いですが爽やかな青空が広がっています

2015年も残り2日となりました

今年も各界の有名人の訃報が相次ぎました

大相撲・北の湖親方、貴ノ浪親方 
女優・原節子さん、加藤治子さん、川島なお美さん
俳優・阿藤快さん、今井雅之さん、萩原流行さん、坂東三津五郎さん
漫画家・水木しげるさん、小説家・野坂昭如さん、音楽家・加瀬邦彦さん
元ドラゴンズ・大豊泰昭さん、柔道家・斉藤仁さん

そして12月16日に89歳で逝った安藤昇を皆様は御存じでしょうか
安藤昇1926年生 東京都出身
俳優であり、歌手であり、小説家であり、プロデューサーであり
そして元ヤクザなのであります
コンプライアンスが厳しい現在では考えられないことですが
ヤクザから転身した異色の映画俳優です
私より上の世代の方たちは良く知っていると思いますが
50代以下の方たちはほとんど知らないでしょう
間違いなく芸能界の巨星でした

芸能界に入る前の経歴を紹介すると
1943年に海軍予科練に合格すると翌年
三重の海軍航空隊に所属になります
1945年6月に特攻隊員に志願し神奈川県久里浜に転属
猛訓練後に終戦を迎えます

終戦の翌年、法政大学に入学
在学中からヤクザと抗争を繰り返し1947年に法政を中退します
その後愚連隊を結成し新宿や渋谷などの歓楽街でヤクザとの縄張り争いを展開
安藤昇21952年、26歳で安藤組を結成
渋谷で興行を生業とする事務所を開きます
安藤組の幹部は全て大学卒業、もしくは中退者で占め
いれずみ、指詰め、薬物は一切禁止 スーツ着用を義務付けるという
当時としてはファッショナブルな集団で若者に大変人気だった安藤組
最盛期は500人の精鋭を抱え銀座赤坂六本木のホステスから
絶大な人気があったようです
のちにベストセラー作家・安倍譲二も
末端構成員の一人だったとのこと
渋谷のスターだった安藤昇一目見ようとデパート勤めの女の子たちなどで
事務所の周りはいっぱいだったと言います
昭和63年から連載された新田たつおの静かなるドンは安藤組がモデルだという人もいます
安藤昇3ホテル・ニュージャパン火災で話題になった実業家・横井英樹と
仕事上のトラブルになり、配下に襲わせた殺人未遂の罪で服役
リーダーを失った安藤組は警視庁の暴力団壊滅作戦により
幹部を次々に逮捕されその規模を縮小させていきます
服役中に幹部を死なせたことをきっかけに
1964年12月に安藤組は解散します
その後映画俳優の道を進む安藤昇
なにしろ筋金入りの本物ヤクザで、端正な顔の左ほほには
トレードマークの切り傷がありますからやくざ映画に多数出演します
俳優転身後も本物の拳銃を撮影に使い警察に検挙されています
映画界の大スター・三船敏郎と飲みに行きベロベロに酔っぱらった三船が
安藤の顔を冗談で叩いたことに激怒して思いきり三船を蹴り飛ばして半殺しの目に遭わせたといいます
そのため三船は撮影していた「宮本武蔵」の撮影ができなくなります

人気スターを集めた興業も行っていた安藤昇は森繁久弥や小林圭樹など人気スター
30人を集めた公演を行いましたが、石原裕次郎だけは多忙を理由に出演を断ったようです
それに怒った安藤は裕次郎の撮影所に押し掛けて威嚇します
何しろ元ヤクザですからさすがの裕次郎も謝ったというエピソードがあります
書道家としても有名だった安藤昇38歳で俳優デビューしてから12年で引退します
きっかけは銀座のロケでピストルを撃つリハーサルの際に
「バン、バン」と口で言うのですが銀座には知り合いが多く
看られたことで恥ずかしかったことを理由にしていますが
俳優という職業に飽きてしまったのが本音といいます
その後不動産事業、作詞作曲、小説、防災マスクの発明など多くの才能を発揮します
口癖は「歯から出た言葉は死んでも守る」

作家であり「映画俳優・安藤昇」の著者である山口猛氏は
安藤がこれまで活躍できたのは安藤自身に凄みと色気
そして気品があったからだと言います

元ヤクザということで今の芸能界ではタブーの安藤昇です
亡くなったことさえも一部のスポーツ新聞に載る程度ですが
昭和という時代はこういう異色な男をスターにのし上げる
パワーがあったということです

昨年の高倉健さんに次いで
また一人、昭和の色濃い巨人が逝ってしまいました

前置きが非常に長くなり、申し訳ありません

シラスウナギ状況です

台湾や中国が日に日に採捕数量が増えていくのに対して
国内はまったく漁果が上がっていない、と日本養殖新聞は伝えています

静岡県西部は好調だった天竜川が今晩から5日間の休漁期に入ります
昨日29日朝の集荷は2000匹程度だったようで数量にならないとのことです
浜名湖は新居や舞阪も一人10匹程度とまったく振るわないようです
29日までの浜名湖漁業(協)の集荷数量は
浜名湖50圈天竜川65圈⇔詰41圓嚢膩156圓藁派です
大井川周辺の静岡うなぎ漁協は29日朝の集荷で6堋度
解禁から4回目の集荷を行い、累計で27圓箸里海箸任

宮崎県はセンターが29日まで休漁、
河川は休漁明けの29日は300gと話にならないです

29日朝までのシーズン採捕数量は約680~730圓反びてこないです

その他の国内採捕地情報も入ってきていない事から
2016年国内シラスウナギ漁は不漁で始まったといえます

対する台湾・中国ですが両方合わせて120~130圓
日増しに採捕数量を上げてきています
台湾は南部・屏東縣で30~35圓帆えました
西海岸の嘉儀縣、雲林縣は合わせて10kgと減ったものの
東海岸や北部を合わせて15圓帆えたことから
全島採捕数量は50垓と今季最高
これで解禁から29日朝までの総採捕数量は1,030圓らいとなり昨年の倍以上となりました

中国は福建省北部の霞浦、長楽、福州でまとまり、
浙江省、広東省を合わせた合計採捕数量は約80坩幣紊巴羚颪盧5┷嚢發虜諒瓩任靴
解禁からの累計採捕数量は約780圓蛤鯒並み

国内が採れない事で流通価格が下がってきません

三カ国合わせて2,500坩幣紊虜諒瓩あるにもかかわらず
流通価格は高値に張り付いたままという、おかしな状況が続いています

一年の計は元旦にあり

おはようございます

空を見上げれば青空の中に灰色の大きな雲がたくさん浮いている桑名です
雪雲雪が降る前はあのような雲がでます
寒い朝です
列島は強い冬型の気圧配置で太平洋側は晴れ
日本海側は曇りか雪になる年末年始のようです
全国のゲレンデもホッとしていることでしょう


エルニーニョの影響で暖冬を心配しています
シラスウナギの回遊にも影響があるようです

自然のことは人智の及ぶところではないですから
毎日の営みに感謝をして祈ることしかできないです

そして環境に適応するように自分自身を変えていくことでしょうか

現在の環境に満足して将来への備えを怠ると
知らず知らず落ちていきます
一年の計好きなことや得意なことから神様は取り上げていきます
仕事においては利益商材から先に消えていきます
だから元旦には現在の自身の状態をよく把握して
1年後のあるべき姿を夢見て行動計画を立てる
それが古人曰く一年の計は元旦にあり
ということだと思います
暦はもう少しで今年も終わりですね
鹿児島県志布志湾での採捕の様子寒い夜中に胴長を履いて川面と戦っている採り子さんたち
本当にありがとうございます
潮の押しは小さくなるので苦労が報われないかもしれませんが
1月10日前後の採れに東アジアの業界関係者のすべてが
注目しています
海外の高値も1月10日を境に更にに行くのか
それとも大暴落するのかが決まります

ワシントン会議もここの漁果が影響すると言っても過言ではないと思います

ですから頑張ってくれていることに感謝しています

これからもよろしくお願いします

年寄りのグチが過ぎました

今日も日本養殖新聞が28日朝の漁果を報告してくれています

採れが上向いている台湾と中国の状況です

台湾地図台湾シラスウナギ漁は月明かりの中でも
全島で40圓虜諒瓩あったとのことです
中心は南部・屏東縣と高雄健で合わせて20堋度
嘉儀縣、雲林縣合わせて15kg
そして北部で5堋度という内容とのことです
累計採捕数量は約980圓帆闇の2倍近くになっています

中国は福建省北部主体に70圓らいとのこと
中国地図養殖新聞が心配するのは漁場が広がっていない、ということです
解禁からの総採捕数量は約800圓蛤鯒並み
価格についても言及されていて
とんでもなく高い価格です
成鰻を早く出したいという思惑需要がありますから
1月10日前後までは続く、と見ています
昨年より1尾10人民元も高いことの危うさを感じます
完全な思惑バブル価格です

山高ければ谷深しは自然の理です

年内あと4日のシラスウナギ漁

おはようございます

2015年の最終週に突入しました

今年やり残した仕事を一気にやっつける4日間です

お酒で疲れた胃袋を励ましながら今年最後のお仕事をがんばりましょう
鹿児島県志布志湾での採捕の様子徳島県吉野川での漁模様シラスウナギ漁の採り子さんや
集荷人さんには暮も正月もないのですが
新しい群れの回遊がまだ来ないようで
特に西日本の状況が良くないです
池入れ数量も昨年同時期の半分程度
愛知県から西の池に入っていないのが

国内の採捕状況は都度報告させていただくとして
外国の漁果が上がってきているようです
台湾地図台湾シラスウナギ漁は27日朝の集荷で全島合わせて40~45圓
日本養殖新聞は報じてくれています
26日の集荷ではガッカリな漁果でしたが
南部・屏東縣から高雄にかけて15垓の採捕
さらに嘉儀縣、台南縣などの西海岸で約15
そして薄漁に泣いた北部・宜蘭縣では新しい群れに変わったようで
4~5圓虜諒瓩あったとのことです
新しい群れは大型で5000匹で1圓魃曚┐襪箸い情報もあります
解禁から2か月近く経った採捕総数量は940堊宛
まだまだ行ける台湾シラスウナギ漁ですね

中国でも大幅に漁果が上がっているようです
中国の主な採捕地主採捕地である福建省北部の霞浦、長楽、福州を中心に
浙江省温州、そして南の広東省汕頭(スワトウ)を合わせて
60~70圓虜諒瓩あったようです
解禁から27日までの総採捕数量は約700
流通価格も下げ始めています
早く広東省の池や福建省のクロコ業者の池に入って欲しいです
台湾と中国を合わせた採捕合計は1,640
昨年同時期での合計が1,200~1,250圓陵佑任垢ら
今後に期待が持てますね

鰻の赤ちゃんばかりに頭が向いていますが
成鰻価格が上昇しています
12月28入荷中国シラスウナギの高値を反映してのことのようですが
中国が今週から細物を中心に大幅な値上げになります
国内産活鰻も11月から12月上旬の荷余り状態から
一転して品薄状態になっていることで輸入量が増えています
三河の池上げ価格は変化がないものの
流通価格については上昇しています
鹿児島が上がりそうです

特に4pから太いサイズの供給が不足しています
シラスウナギの採捕次第なんですけどね

北日本荒れた天気に

おはようございます

雨が降ってきそうな桑名ですが

今日は北日本を中心に荒れた天気になるようです
暴風雪の旭川 午前5時 北海道や東北では強い低気圧と上空の寒気団の影響で
昨夜から日本海側では暴風雪になる地域が多く
北海道旭川市では風速20mの強風と雪で
1時間の降雪が60僂蛤5┷嚢發箸里海箸任
この荒れた天気は明日まで続く見通しです
北日本の荒天に大きな被害がないことを願いますが
西高東低の冬型の気圧配置が安定すれば
年明けのシラスウナギ漁は期待が持てます

持ち直したように思えた台湾のシラスウナギ漁でしたが
26日朝の集荷では南部・屏東縣の採れは半減したようです
嘉儀縣や台南縣など西海岸は合わせて7堋度と変わらないようです

さすが、自然の生き物ですね
予測がつかないです
中国地図中国は中心が少しづつ北上しているようで
広東省は減少気味
福建省の中北部と浙江省の南部での漁果が
膨らんできているとのこと
26日朝の採捕は45〜50圓帆えています
大陸で50圓任呂泙世泙世任垢今期累計で610~630
昨年同期は約500甜紊世辰燭海箸2013年の150圓鮖廚┐弌ΑΑ
御の字でしょう

国内は満月が影響してか、利根川や浜名湖周辺の漁果も落ちていますが
それでも利根川は波崎側の5問屋が一巡したということで25日までに
100圓虜諒瓩あったということです
銚子側も同じくらいあったと見ると
利根川だけで解禁から27日
潮休みも入れると約20日間で200堊宛紊竜があったということです
去年の不漁を思うと上出来と言えます

年明けの漁が待ち遠しいですが
今後の国内での需給バランンスをザッと計算します

国内462軒の養殖業者の内、お盆までに出荷してしまいたい池が4割弱として160軒
2016年の許可数量21,600圓里Δ4割りがその160軒に該当するとして約8,500
すでに池入れされている数量が2,000圓箸垢襪
残り6,500圓1月20日くらいまでに池入れ希望数量だと思います
国内でどれくらいの供給があるか・・・
3鼎詫澆靴い箸海蹐任

利根川が調子よければ闇の大潮前後2日、延べ5日間で1填瓩は採れます
何とかして欲しいのが高知徳島鹿児島宮崎ですね
有袋動物のような形の愛知県それよりも心配なのが一色町の池入れが少ないことです
まだ100堝ったかどうかでしょう
昨年も池入れは遅かったのですが
それでも12月中に10軒300圓らい入ったと思います
7月は愛知県産ご指定が加工業者さん中心に多くなります
7月8月で愛知を欲しいのに・・・無い、ということになりかねないです
そして需要期が終わった9月10月に池上げが盛んになるという
問屋泣かせの池上げに今年もならなければいいなあと

今までは南の方角を向いて手を合わせていましたが
これからは西の九州四国、東の利根川を向いて拝まないと

HPはコチラから
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ