みえたんブログ

うなぎ問屋のブログです。シラスウナギからお料理、スポーツネタまでたくさんの話題を掲載していきます。「ものつくり日本」を応援します。

本社報告

8月9日に思う

おはようございます

昨日の関東地方は台風13号の影響で気温も
東京で32℃とこの夏では比較的涼し気のようでした
台風13号と14号の動き今日は台風が常磐沖を北上しますので
首都圏は北からの風が強く
最高気温も33℃と多少は過ごしやすいようです
愛知県から西はいつもの危険な暑さの一日のようです
表で働く方々や部活などの中高生は水分と塩分のこまめな補給ですね
夕方が涼しくなれば癒されるのですが

73年前も今朝のように朝から30℃を越える暑い日だったようです
その後積雲が増してきて空を覆うようになった午前11時過ぎ
雲の合間から長崎市街地を視認した3機のB-29
ボックスカー機グレートアーティスト機エノラゲイ機





ボックスカー機、グレートアーティスト機、そしてヒロシマで核爆弾を投下したエノラゲイ機
上空を覆った積雲がもっと長崎の上空を覆っていたら
ボックスカーに搭載された核爆弾は太平洋に投下する予定だった
戦後、機長務めたスウィニー少佐は語っています
そして長崎は第2目標だったことも
海軍局地戦闘機雷電第一目標だった福岡県小倉市(現在の北九州市)の上空に
9:44分に到着した3機のB-29
前日に爆撃した福岡県八幡市から立ち上る煙と
地上を覆った積雲によりボックスカー機の観測士は目標である
小倉陸軍造兵廠を視認することができませんでした
そのうちに地上からの日本軍による対空砲火も激しくなり
陸軍五式戦闘機陸軍五式戦闘機や海軍局地戦闘機雷電のスクランブル攻撃に合い
第一目標である小倉造兵廠への投下をあきらめ
午前10:30に小倉市上空から去った、といいます
そして11:50分にB-29編隊は長崎市上空に達します
8割〜9割を積雲で覆われた長崎市街地は
高度1万mの上空からは目標の視認が困難だったようです
1945年11月、破壊された浦上天主堂で行われた初の原爆慰霊祭視認投下をあきらめて軍律違反のレーダー投下を行おうと
スウィニー少佐が決断しようとした刹那、観測士から
「街が見える」の報告が
小倉の地上からは日本軍の対空砲火や
迎撃機の攻撃を受けたB-29編隊でしたが
長崎上空では一発の砲撃も迎撃機による攻撃も無かった、といいます
どういうことでしょうか

東京市谷の大本営陸軍部原爆2発を日本に投下することを決定した
当時の米国大統領や米議会は
私たち日本人にとって決して許すことはできない悪ですが
太平洋戦争突入時から終戦に至るまでの大本営の組織的腐敗
自己の保身ばかりに気を遣い、戦術の失敗を隠し通そうとしたことなど
当時の記述に触れるたびに本来、国を守るべき軍が最悪だったことの
憤りを感じます

現代の会社組織でも良いことはの報告は遅くても問題無し
悪いことは即刻報告するべきなのですが
なかなか徹底できないようです
その逆が横行して、企業の不祥事に繋がっています
組織の腐敗はその上部から始まります

100回目の夏、73回目の8月6日

こんにちは

今日も危険な暑さの一日になるようです
道路工事や建築関係など
表の仕事は辛いです
水分、塩分、睡眠を怠りなくですね

甲子園も熱いです
9回裏、サヨナラ勝ちで喜ぶ慶応ナイン第100回全国高校野球選手権大会は
昨日、開幕3戦が行われ
北神奈川代表の慶応高校が
新潟県の中越高校にサヨナラ勝ちで
2回戦進出です
勝利打点をたたき出した慶応の宮尾選手
中越の左腕・山田投手の重い球をよくはじき返しました
しかし慶応の応援は正に六大学野球の応援団
凄いですわ
二日目の初戦が先ほど終わり
12年ぶり出場の高知商高が乱打戦を制して2回戦進出です
5回、突然の乱調で8失点の高知商・北代投手エースの北代投手
正に高知の野球人という身体つきですね
土佐の異骨相です
5回にまさかの8失点で大逆転されました
汗が指に流れてきてかなりナーバスになったようです
しかし
高知県大会決勝で9連覇を狙った明徳義塾高を
14安打10-2で撃破した強力打線は本番でも健在でした
「逆境を楽しむ」のが今年の高知商のテーマのようです
がんばれ高知商業

今日8月6日は原爆の日
73年前の今日、世界で初めて広島市に原紙爆弾が投下された日です
それから3日目の9日には長崎市にも原子爆弾が投下されました
「戦争を早く終結したかった」と米国は戦後に原子爆弾の投下を
正当化するコメントを何回も発表しています
皆さんは知っているでしょうか?
ロンドン市民にV信サインを送るチャーチル「ピースサイン」の由来です
指を2本立てる行為は14世紀から15世紀に掛けて
英国とフランスが戦った100年戦争での英国側の挑発行為が始まり
といわれています
またVサインとしての由来は
英国のチャーチル首相が大戦中、進撃してくるドイツ軍に対して
勝利のVサインを掲げたことに始まるという説があります
それがなぜ平和を表すピースに代わったのか
諸説あるようですが
一説によりますと2本の指はヒロシマとナガサキに投下された原子爆弾という説です
日本が無条件降伏をした8月15日以降、米国海軍の兵隊が
原爆2発で平和がやってきたと指を2本立てたと言います
私はそれを聞いてから日本人なら絶対にこのサインを行うべきではないと思い
会社や知り合いの中高生にも話しています

原爆投下の地獄を実際に体験した方たちは年々少なくなっています
そのうち誰ももいなくなります
私は先の大戦を体験したわけでもなく、原子爆弾の地獄を体験したわけでもないのですが
原爆2発で平和が来た説のある平和の象徴「ピース」サインは
日本人なら絶対にやってはいけないよ、と伝えていきます

2018うなぎ夏商戦前半戦を終えて

おはようございます

朝から車の外気温表示は30℃を示しています
今日も危険な暑さのようです
世界無形文化遺産の石取祭り夏祭りも盛んな今日このごろ
夜遅くまでチキドンチキドンやっていますから
お酒や睡眠不足は仕方がないので
水分と塩分の補給をシッカリ行ってください
氷は三重淡水魚にて販売しております

さて海の日三連休、土用丑三連休、そして二の丑と済んで
2018年うなぎ夏商戦の前半戦大きなヤマを越しました
国産新仔が土用丑戦線に参戦できなかった分
頼りになる輸入活鰻でしたが
信頼すべき消息筋であります日本養殖新聞によりますと
4月の日中会議で両国関係者が予想した中国活鰻の7月販売量は1300
しかし実際は900伝宛紊陵入量ではないか、ということです
台湾が発表した対日輸出量は384鼎覗闇の113%ということです
中国活鰻は安定供給という点ではとても安心できる商材ですが
出荷が激増し集中するこの時期では上りが非常に多い、というのがネック
上海市の北東100劼曚匹砲△覬催貉圓旅業地区に
日本向けの鰻立て場が数多くあります
ここは空港に近くて便利なのですが
水が少ないという大きな問題を抱えています
水は地下水ではなく水道の循環
循環はダメですね
酸欠になるし、菌が発生するとすべての鰻に広がります
そんな立て場では一日2トン程度の出荷であれば没問題なのですが
この時期は一日20トン以上の出荷はザラ
活鰻が締まるわけがない

上海浦東空港からの出荷ではなく
政治力を活用して広州白雲空港からの出荷を目指すべきです

さて
最大の需要期に国産新仔が蚊帳の外に置かれたのは
出荷サイズに成長していない池が多かったことと
1000円以上の開きがある輸入活鰻との値差が原因です
今後は相場が修正されてくると思いますが
せめて輸入活鰻との値差が500円程度となるようでないと
需要期を終えてから池上げが増える新仔の行き場所がないです

全国50か所の加工業者もしばらく休みますからね




ワシントン会議への第1関門

こんにちは

異様な進路を取り西進している台風12号
非常発電機と制御盤側三重県は中伊勢地方が主に停電の被害が多く
しかも停電が長時間に及んだため
養鰻池3軒と鰻問屋さんは自家発電をフル活動
燃費が非常に悪い自家発電機
FULLにしても2時間くらいでEMPTYになるので
仮眠して給油の繰り返しでした
養鰻池は特に気を遣います
シラスウナギの餌付けの時期ではなかったので良かったです

さて、来年の第18回CITES締結国会議(COP18)の
動物委員会が7月16日より始まり21日に閉幕しました

日本養殖新聞の記事によりますと
会議に出席した水産庁漁業資源課の松島課長補佐に
養殖新聞がインタビューした記事を掲載しています
CITESの鰻関係報告書それによりますと今回の動物委員会では
ニホンウナギの議題は上がらかった、ということです
ウナギに関する議論はほとんどがヨーロッパウナギ(アンギラ・アンギラ)
の違法取引に関することに終始したようです
2013年のCOP16で付属書兇坊悩椶気譴覆らも
種苗をモロッコ、チュニジア、アルジェリアが輸出許可を出していること
この三か国についてはアンギラを輸出しても種は減少しない(無害証明)
を提出しており、その科学的根拠が問題となり
来年5月の本会議では三か国の輸出枠を下げるか
反対に現在の資源評価を見直し、付属書兇ら取り消すかどうか
の作業を行う、ということです

2018年10月1日〜5日にロシアのソチで開催される
CITES常設委員会が本会議前の第2関門ですが
この時にヨーロッパウナギは付属書から外すどころか
かなり厳しい規制を加えるように突っ込んだ議論が行われるのでは
ということです

まだまだ予断は許されないですが
ヨーロッパウナギのおかげで今回の委員会では
議題に上らずスルーされたニホンウナギです

今後の流れは10月にロシアのソチでCITES常設委員会が行われ
12月の委員会で本会議で提出される案件が締め切られる、ということです
この12月の委員会で案件としてニホンウナギもしくは世界19種のウナギ属を
まとめて提案されてしまうと、本会議において付属書への掲載がほぼ確定
という状況のようです

日本養殖新聞は水産庁の松島課長補佐の談として
今回はスルーとなったが予断を許す状況ではない
182か国とEU加盟国並びに加盟地域の中で
1カ国でもニホンウナギが提案された場合
反対するのは3か国1地域のみであり
圧倒的な賛成多数で付属書に掲載されるだろう
との見解を紹介しています

しかしまあ・・・第1関門はクリアです

第18回ワシントン条約締結国会議いよいよ

おはようございます

今日も朝からだらだらの桑名です
着替えようと身体を動かすだけで汗が出ます

17日の気圧配置昨日の東海地方は灼熱地帯と化し、名古屋市で37℃
岐阜県揖斐川町では全国で今年初めての39.3℃を記録
48名の方たちが病院に運ばれて熱中症と診断されたとのことです
その他、岐阜市で39℃、三重県亀山市で38.6℃となり
正に酷暑の海の日でした
今日もかなりな猛暑となりますね
水分と塩分と睡眠を充足させて熱中症にならないように
自己防衛しましょう

さて夏の土用丑の日まであと4日となりました
WEBサイトやSNSなどではニホンウナギの個体保護に関連した
書き込みや怪しい投稿が盛んになっています

というのも昨日からジュネーブでワシントン条約動物会議が開かれたからです
CITESの鰻関係報告書第18回ワシントン条約締結国会議(COP18)に先だち
討議される予定の現在規制の対象となっている
付属書機蘇嫗綾餃靴粒稜А及び新たに提案される予定の
種属の確認が昨日の委員会でなされたと思います
詳細については業界を代表する報道機関である
日本養殖新聞の報告を待たなければなりません
関連地域内からの提案があるのか、ないのかはこれからです
2016年4月の第17回会議の模様米国やメキシコ、グアテマラ、コロンビア、エクアドル、ペルーなど
アメリカ種と言われるアンギラロストラータなどが分布する
領域内の国々がうなぎ属と称される世界19種のアンギラを
一括して議題として挙げるかどうか・・・
よもや東アジア3カ国からジャポニカの提案は無いと思うのですが
まずは昨日の委員会の討議内容の報告待ちです

HPはコチラから
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ