みえたんブログ

うなぎ問屋のブログです。シラスウナギからお料理、スポーツネタまでたくさんの話題を掲載していきます。「ものつくり日本」を応援します。

入荷状況

4月7日

おはようございます

昨日までは暖かい日が続きましたが

今日からは3月並の気温に戻る東海地方です

まーくん開幕戦を勝利で飾ることはできませんでした
開幕投手を務めた田中投手NYヤンキースの田中投手は
開幕戦に先発出場の大役でしたが
地元のヤンキースタジアムに
ブルージェイズを迎えての初戦
田中投手は4回を5安打5失点で
敗け投手になってしまいました
残念ですが次回はコントロールの修正をして
リベンジしてくれるでしょう
がんばれまーくん
4回を投げて6Kはすごいですよね

日本に目を転じますと
5日、サヨナラ安打の小笠原選手わがは開幕3連戦でコケましたが
その後、だれも予想しなかった6連勝で
目下セ・リーグ首位を走っています
すごいですね
ガッツ小笠原選手は代打成功率10割です
今日から3連戦ですが
雨がどうなりますか


さて国内シラスウナギは相変わらず10堊宛紊稜漁です
国内の浜値は昨年同時期の5〜6倍

去年の国内は大して採れていなかったのに
浜値が安くて採り子さんたちのモチベが極端に低かったと思います
今年はどうでしょうか

中国のシラスウナギ漁も終日50kg前後で
1匹約19人民元(円換算185万円/kg)と
昨年同時期の6倍くらいの高値です

国内の池入れ数量を約1週間置きに日本養殖新聞が集計してくれています

それによりますと12〜14日の間に日本と中国で約2,000圓らいが池入れされています

一日150圈170圓曚匹虜諒瓩ないとこの数字にはならないのです

計算が合わないですよね

韓国で採れたシラスは自国で消費しますので日本や中国には来ません

よくわからないのがシラスウナギです





三河産地状況

こんにちは

薄曇りの空から少しだけお日様の光が射しています 

明日は晴れそうですね

はちょっと気になる負け方です

7回に山井投手をリリーフした浅尾投手
2点勝ち越しての登板に気合い十分でしたが
高橋由選手に逆転3ランを浴びてしまいました
 あと単打1本でサイクルだった和田選手その後すぐに同点に追いつきましたが
代わった福谷投手も打たれ・・・
又吉投手も打たれ
の打線がのエースたちを上回った試合でした
この日5打数3安打3打点と猛打賞の和田選手
あとシングル1本でサイクルでしたが
悔しい2死球でした
厳しいところで勝負している証拠と気にしないコメントです

さすが42歳 大人ですね

しかしこれで交流戦のあと3連敗

今日は一矢報いたいところです

TOKYO2020に向けて江戸城本丸再建構想がマスコミで話題になっています
江戸城天守閣跡地私も一度訪れたことがります
石垣だけですが皇居内に残る天守閣を乗せる天守台
意外とこじんまりしているなあという印象でした
調べてみると天守台の広さは18間×16間で288坪
壮大は姫路城の天守台が東西13間×南北10間で130坪ですから
倍以上あるのですね
さすが徳川将軍家の居城です
その288坪の天守台に高さ59mの五層構造の天守閣を
木造建築で再現しようという構想です
再建費用はざっと350億円
完成すれば国内最大の木造建築物になります
たくさんの課題をクリアしなければなりませんが
個人的に寄付金を出しても良いので是非再現して欲しいです

皇居を見下ろすという懸念もありますが皇居側の窓を塞いでしまうとか・・・

なんとか実現して欲しいなあ

私が再現して欲しい理由は宮大工さん達の技術の伝承です
江戸城再建のイメージ江戸城が木造建築として再建されれば
戦後1960年台に全国で再建された30余りあるコンクリート城郭
名古屋城や熊本城など耐久年数や耐震問題で
建て替えか取り壊しかで検討中の城郭が
一気に木造建築として再建されるでしょう
そうすれば今後建築される一般住宅やマンションも
木造が主流になるかもしれません

宮大工さんたちが作る木造建築物の耐久年数は1500年とケタ違いに長いことと
姫路城などは震度8まで耐えられる構造になっているようです

東京スカイツリーの総工費が650億円ですから

江戸城再建費用の350億円を高いとみるか安いとみるかです

前置きが長くなりました

鰻の産地状況です

愛知県一色町の新仔が今シーズンは5月はじめから飛び出しました

5月後半から6月前半にかけての約1か月間で5p中心に池上げ価格が下がりました

それによって5pの1匹単価が一番安くなったことで量販店などの
国内加工場への注文が5pを中心に多くなっているようです

その他大手料理店さんが土用丑用に販売するために今から白焼きで仕込んだり
とにかく池上げされた鰻は長いこと問屋さんの立場にはいないようです

池にはいるのですが・・・

そして注目の中国の新仔は7月13日の週に広東省台山から出荷になるようです

今年の鰻シーズンは7月17日(木)以降にちょっとした山ができて
大山は24日(木)〜27日(日)と思います

その時期に果たして国産の鰻がどれほど供給できるのか

今の段階では中国活鰻にある程度頼るしかないようです




 

5月8日

おはようございます

朝晩はまだまだ寒いですね

昨夜は名古屋にいましたが夜風が肌にしみました

名駅周辺は相変わらずおしゃれな居酒屋が多いのです
和民が3月の連結で49億円の赤字転落にショックを受けました
和民創業の渡邊美樹氏和民和民、わたみん家、介護事業・・・など
連結赤字に渡邊美樹氏はネットで謝罪しています
株主に申し訳ない・・・
渡邊氏も私と同世代ですが我々が新人の時代は
会社は株主のものと教えられてきました
何の疑いもなく数十年過ごしてきました
6年前に経営者になってからも当初はそう考えていました
同友会で経営の勉強をさせてもらってからはそれは間違っていることに気がつきました

やはり社員さん達の仕事に対する満足度を上げる経営を行う努力をしないと・・・

和民の大赤字はたくさんのマイナス要素が絡んでいるのでしょうが
他の居酒屋チェーン店は和民ほどひどくは無いですが、良くないようです
世界の山ちゃん鳥貴族画像や台や






名古屋でよく見かける居酒屋さんです
アベノミクスの成長戦略にイマイチ乗りきれていないということです
牛丼業界も業績を下げていますし

むしろ家族でプチ贅沢をしようということでファミレスが好調の様です
サイゼリアデニーズステーキガスト






お酒は飲まないけど美味しいものを食べたいという若い人が増えているのと
若いママたちが昼間子供連れで会話を楽しんだり・・・

コストパフォーマンスを上げるのは世の景気で変耐える時と
メリハリを付ける必要があります

その点では鰻料理屋さんの経営環境はおおかた順風と言えると思います

あとはナイスショットを打てるかどうか

過去3年間は仕入原価と経費の高騰で
店主さんたちは自分の報酬を犠牲にして店を守ってきました
美容にうなぎうなぎは人を幸せにする
鰻に感謝をしてしばらくは体力回復に努め
創業以来最高のパフォーマンスを実現できるよう頑張りましょう

株主さんのためだけではなく、最高のパートナーであるお店のスタッフたちや
ワクワクしながら来て下さるお客様のために

月夜の大潮

おはようございます

桜の樹も芽吹き間近になってきました
桜の芽吹きとカワラヒワ今年の冬は特に寒くて荒れた天気が多かったですから
日本で冬を過ごす野鳥たちも餌さがしに苦労したようです
しかし梅の木が開花し桜の芽吹きが始まればもう大丈夫
新芽にむらがるたくさんの虫をついばんで元気になっていきます
新入生を歓迎する桜並木にもうすぐ花が咲きます
長く寒い冬が終わりがやってきました

春になればシラスウナギくんさようならです

本当にたくさん来てくれたなあとありがたく思います

宮崎県と高知県は昨日の漁で終わり
鹿児島県も漁期を20日間程残して3月20日で終わりです

これからは紀伊半島よりの漁場が中心になりますね
揖斐川木曽川長良川河口の様子長良川の河口堰三重県はかつては木曽三川で
たくさんのシラスが採れましたが
最近は本当に少なくなりました
長良川河口堰が出来てから
採れなくなったという人もいます
河口堰が原因かどうかわかりませんが
全くの無関係ではないでしょう
明日17日は夜の大潮で岸への押しが強く満潮が朝ということで期待されます

月は明るいのですが利根川は両方で40坩未虜諒瓩続いているようです

信頼すべき消息筋であります日本養殖新聞によりますと
九十九里の漁と合わせて千葉県は50坩幣紊呂△襪茲Δ任

浜名湖や天竜川の採捕も2〜3日で20圓虜諒瓩続いているとのこと
型は小さくなりましたがプリプリとした良いシラスです
まだクロコではありません

四国高知県は終わりましたが徳島県は続いています
先週は50/日の採捕もあった日本養殖新聞は報じています

徳島は遅いのですね

月は明るいのですが採捕数量は100〜120/日は採れているようです

18日(火)くらいまでは期待できそうですね

9月24日

おはようございます

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったものです

朝晩は20℃以下に気温が下がり寒いほどです
台風20号進路台風20号が南の海で発生して週末日本に近づきます
中心の気圧が975hPaといいますから18号ほどではないですが
大きいです
しかし小笠原近海から進路を北東に取りますので
日本に上陸する可能性は少なそうです
よかった

プロ野球も残り10試合余りとなりましてセパとも3位争いがし烈になってきました
ご機嫌でHRの岩崎選手を迎える高木監督との差をなかなか縮めることができません
今日から直接対決の3連戦ですが
今まで20戦して9勝11敗と分が悪い相手です
1戦目はマエケンを投入してくるだろうし
高木監督のほんまに3連勝できるんかいというのも
良くわかります

それでもFANはCSを期待しているからガンバッテネ

さて9月の残りわずか

池上げも少なくて中国の搬入も少ないという非常に冷え込んだ市況です

これから国産も少しづつ池上げが増えてくると思います

懸念された国産が無くなってしまうことは今のところ考えられません

しかし選択肢は多い方が良いので

サイズや魚種については融通のきく対応をお願いします



HPはコチラから
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ