みえたんブログ

うなぎ問屋のブログです。シラスウナギからお料理、スポーツネタまでたくさんの話題を掲載していきます。「ものつくり日本」を応援します。

鰻のニュース

4月27日

おはようございます

1週間の始まりは爽やかな青空が広がっています

今日も一日明るく元気に行きましょう

ゴールデンウイーク週間に入りました

Dも大型連休に先週金曜日から突入しています
6回2失点してベンチから支持を受ける岡田投手と松井捕手横浜先発の高橋投手をノックアウトしたまではヨカッタのに
小刻みに加点されて5回に同点
6回には梶谷選手、そして筒香選手の連続タイムリーで逆転されました
打線も4回以降、1安打と横浜のリリーフ陣に押さえられ
気が付けば14勝13敗で4位に
若手を中心にチームを作っているD
事業承継の真っ最中という感じです
負けている時は経営者の手腕を発揮する時です

2失点の後、バッテリーを呼んで指導する谷繁監督と森ヘッド

期待の若龍たちを大きく育ててほしいものです

女子ゴルフ、フジサンケイレディースは藤田光里選手(20歳)が混戦を制しました
藤田選手、勝利の瞬間惜しくも優勝を逃したイ・ボミ選手最終18Hにまさかの3パット、悪魔が潜んでいた最終組が最終18Hの
ティーショットを行う時に
6人が6アンダーで並んでいるという
観ている側は実に面白い展開でした
松森彩夏選手が優勝に一番近かった
のですが最終Hで痛恨の3パット
イ・ボミ選手も急斜面に張り付いたバンカーショットを
見事2mに寄せ、入れば単独首位でしたが・・・
藤田選手がグリーンの外から約5mを沈めてナイスバーディー
その瞬間に最年少での優勝が決まりました

藤田選手の喜びを爆発させた後の大粒の涙が印象的でした

会場になった川奈ホテルGC富士コースはコースレート74.2という世界でも有数の難コース
特に上りの16番、17番、18番の3ホールは難関中の難関ホールのようです

一度経験したいですね



4月23日

おはようございます

今日も朝から素晴らしい青空が広がっている桑名です

6回1死までは完全だったのですが・・・
6回に4点献上した山井投手大引選手にフルカウントで粘られた末
勝負球の低めのストレートをボール判定で
イメージが狂ってきたのでしょうか
続く森岡選手の平凡な2ゴロを亀山選手が1塁に悪送球
あれで緊張の糸が切れてしまったのでしょうね
最終回無死満塁と今季6度目の大逆転のチャンスでしたが
当たっているナニータ選手、福田選手そしてエルナンデス選手が倒れて
万事休しました
今夜に期待します

存在感増す中国マネー

おはようございます

爽やかな朝日がまぶしい桑名です

大野投手が冷や汗の完投2勝目です
冷や汗ながらの完投勝利、大野投手デビュー戦初安打初HRの桂選手首位決戦の初日は大野投手
はロッテから移籍の成瀬投手の投合いで
エルナンデス選手とほぼ桂捕手
2人のHRを大野投手が辛くも守りしました
またまた爽やかな若竜の登場ですね

加瀬さん、なぜ
21日に死亡が確認された加瀬邦彦さん21日自宅で亡くなっていたのを家族に発見された
音楽プロデューサーの加瀬邦彦さん74歳
ワイルドワンズのリーダーとして一世を風靡しましたが
世間にデビューしたのは寺内タケシとブルージーンンズ
東宝映画・海の若大将でブルージーンズのサイドギターを担当していました
私が敬愛する加山雄三氏78歳と非常に縁が深い加瀬さんでしたが
残念です
自らの音楽活動に大きな影響を与えてくれた
P.マッカートニー来日初公演の日に亡くなるなんて
ご冥福をお祈りします

今や世界経済は米国と中国の2大国の経済動向に左右されますね
次々と経済構想を打ち出す習近平国家主席20日に中国人民銀行が追加の金融緩和策を発表したと同時に
中国マネーが欧米と日本の株を買い進みました
日本株は日経平均19600円台と値ごろ感もありましたが
これで再度2万円を越えようかというラインまで戻しました
GDPが伸び悩んでいるとはいえ7%台の脅威的な成長下の中国

21世紀シルクロード計画に驚きです
13日に発表された中国の対外経済開放戦略一帯一路

そこには中央アジアから欧州、そして東南アジアから南太平洋まで
地球の半分を経済圏とする広域な経済戦略が見えてきます
一帯一路構想図陸上ルートである一帯は3ルートに別れ
いずれも北京を中心に
中央アジアロシア欧州
中央アジア西アジアペルシャ湾地中海
東南アジア南アジアインド洋
海上ルートは中国沿海部を起点に2ルート
南シナ海インド洋欧州
南シナ海南太平洋

中国主導の経済構想がどれほどの経済効果を生むのか

管轄権を巡って東南アジア諸国と激しく対立する中国中央アジアでは内モンゴル自治区や新疆ウイグル自治区など
中央政府の強硬政策に猛反発してダライラマ氏を中心にした
反政府運動という火種を抱えており
東南アジアではベトナムのように領土問題で
関係がぎくしゃくしている国が多いです
過去のマイナス要因はさておいて
輝く未来構想を描く中国共産党
ロシアは経済が破たんしていますから
天然ガスを買ってくれるのならどことでも手を結びます

日本や米国は慌てることは無いと静観しています



久々の国内池入れ状況

おはようございます

昨日は冷たい雨が降り続きましたが
今日は良い天気になるようです

久しぶりに布団を干す陽気になりそうです

は前週3勝3敗でした
これで開幕から21試合消化して12勝9敗で2位
好投しながらも味方の援護がもらえないパルデス投手3番手として登場した浜田智投手投手力を中心に守りで勝ってきた感じです
しかし
チームの防御率2.6はリーグ3位
打率は2.7はリーグ2位です
感じているほどの貧打ではないのです
他の5チームも打てないので何とかなっているのですね
防御率2.0でリーグ2位の
打率が2.3と低くて最下位に甘んじていますが
理想の勝利は1-0だと言いますから
はいずれ出てきます

さて、2015年国内シラスウナギ商戦も終わりですね

信頼すべき消息筋である日本養殖新聞によりますと
4月20日現在の国内池入れ数量は17填と昨年同期の73%となっています

         2015 2014 2013  2015       2014       2013
千葉 :    1軒  ( 2)    1       35     (60)          30
静岡 :  40     (57)    49    1,493  (2,238)       911
新潟 :    1   ( 1)    1      30     (40)         21
愛知 :  109  ( 121)  88    3,924   (5,227)    2,283
三重 :    6   ( 8)    5    300     (346)       152
大阪 :    0   ( 1)   1         0     (15)           5
徳島 :    12  ( 26)   13      252    (755)       253
高知 :    9  ( 16)     7      260    (767)       184
愛媛 :    1   ( 1)     1       42       (42)         32
福岡 :    0   ( 1)   1      27      (36)        10
熊本 :    6   ( 7)     8     320     (520)       200
大分 :    1   ( 1)    1      60    (150)         93
宮崎 :    37   ( 37)    38    3,150     (3,770)   2,168
鹿児 :    50    ( 39)  38     7,160     (9,181)   5,505
合計 :   274    ( 306)   244 17,064   (23,105)  11,814

中国 8,200
台湾  850
韓国 4,200

東アジア4か国でジャポニカの池入れ総数量は30,250圓悩鯒の38%となっています

昨年同期では中国が35填池入れされています

今期入っている8鼎詫菁以降の池上げになるのでしょう

がんばれ!夏場に向けて流通価格はジリ高が予想されます

どんな状況になろうとも苦しかった時のことを思い出して
乗り切っていきましょうね

中国活鰻

おはようございます

毎日毎日よく降るですね

今日もどんよりとした曇り空からポツポツ降っています

9回裏の攻防はまるで詰め将棋のようでした
4回に同点打を放った福田選手好投の先発パルデス投手序盤は福田選手などの好打で2-1と先行します
8回には好投のパルデス投手から1点を取り
同点に追いつきます
昨年までの流れなら勢いは
しかし今季は違います
鳥谷選手をゲッツーにしとめ流れを渡しません
逆転されなかったのが9回につながりました
1死2塁から代打の切り札小笠原選手
敬遠で歩かされて谷繁監督は代打に新加入のドミニカ出身のナニータ選手を送ります
サヨナラ打のナニータ選手ナニータ選手とハイタッチの谷繁監督松田遼馬投手はストレートが走っていたので
打てないかなあと思っていたのですが
見事高めのストレートを左中間に運びました
最高ですね
4月は10試合でサヨナラ勝ちが4つと
球団タイ記録になりました
あと10試合残していますので球団新とプロ野球新まであと3つ
開幕戦のお返しもしなくてはならないしね

さて4月も半分過ぎましたがわが社の今月の実績を見ますと
3月15日の実績よりもかなり落ちています

天候不順もありますが3月のほうがお祝い事が多いのでしょう

輸入物もジリ高です
中国の青手うなぎ2015年のシラスウナギ池入れが進んでいない事で
池繰りに追われなくても良く、もう一年餌をやればいいという
長期戦に変えてきたことが値上げの要因だと思います

夏以降、青手の柔らかい中国鰻は少なくなることが予想されます

国内シラスウナギ漁は19日の今期最後の闇の大潮週間に入りましたが
漁果が上がらずそのままシーズンオフになりそうです
中国がどこまで頑張ってくれるか
4月10日時点で8,000~8,500圓涼啼れ
12鼎脇ってほしいものです
HPはコチラから
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ