みえたんブログ

うなぎ問屋のブログです。シラスウナギからお料理、スポーツネタまでたくさんの話題を掲載していきます。「ものつくり日本」を応援します。

鰻のニュース

銀漢の賦

おはようございます

梅雨の雨雲が厚く空を覆っている桑名です

今日、七月七日は日本の年中行事である五節句の一つ、七夕です

五節句は
人日の七草一月一日から七日までの七草の節句
三月三日の桃の節句
五月五日の端午の節句
七月七日の七夕の節句
九月九日の菊の節句
を言います
七草の節句は人日の節句ともいい、1年の計を成しています
上巳の桃端午の菖蒲七夕の織布重陽の菊





その他の四節句はそれぞれの季節の変わり目を表し
江戸の昔は公的な祝日として各家では祝いの宴が設けられたようです

七夕はその後のお盆(七月十五日)と関連した行事でしたが
明治期になり旧暦が新暦に変わってからその関連性が薄くなりました
銀漢(天の川)七夕伝説はご存知のように1年に一度
天の川を渡って織女星と牽牛星が出会う日であり
中国では古来からめぐり合いの日として七夕伝説が起こりました
新暦になってから梅雨の影響で例年雨模様の日が多くて
なかなか出会うことがない織姫と彦星であります

中国の詩人蘇軾(そしゅく)の漢詩中秋月は天の川に懸かる月を詠んでいます
玉盤を転ず暮雲収尽溢清寒(夕暮れの雲が闇に隠れ、爽やかな寒気が溢れている)
銀漢無声転玉盤(中天には天の川が横たわり、明月が音もなく昇っている)
此生此夜不長好(この楽しい生活、楽しい夜も長くは続かないだろう)
明月明年何処看(来年の今日は何処でこの月を眺めるのだろう)

小説家・葉室麟氏の書いた「銀漢の賦」から引用しています

男同士の友情は髪が銀色に染まっても変わらない
永く志を貫く男たち(漢)もまた銀漢である

そういう小説です

是非一読ください

さてうなぎ業界は土用丑のお祭りを迎えるまであと17日となりました

昨年のこの時期は国産の新仔がド山に溢れて非常に盛り上がった丑週間でしたが
今年は一転して静かな7月前半であります

輸入物との価格差が大きいので中国台湾の出番も例年よりは多いのかなあ、と思います

でも新仔が無ければ平穏な土用丑を迎えることはできません

特に地焼きの名古屋から西の地域はそのようです

6月の天候不順でうなぎに病の気が出た池が多く
その影響で成長遅れの池が目立ち、シラス池入れ数量の減少もあって
先延ばしをする池が多いのだと思います

輸入物の出番という感じですね

7月4日

おはようございます
4日7時の雲の様子台風の影響で全国的に雨の列島です
来週は台風9号の影響で晴れ間のない1週間になりそうですね
今朝3時ごろには台風11号も発生して
南の海上には3つの台風が活動しています
同時期に3つも・・・
今年の夏は台風に悩まされそうなうなぎ業界です


三河一色町では新仔の池上げは未だ本格化していません
今シーズンはシラスウナギ池入れが前年よりも少なかったために
相場の先高感が強く、あわてて池上げするところは少ないです
網の目を太くして4.5pサイズは抜けるようにしている池が多いようです

その影響で5pよりも細い新仔の出回りが少なくなっています

自然の成り行きです

今後もシラスウナギの減少は続きますから
国内の池は遅く遅く出すようになると思います

輸入物は池に多すぎるほどいますから
日本とは違って池上げを進めたいようです

台湾は特に売り姿勢が強いと感じます

太かろうが、細かろうが出したいのでしょう

今年は国産と輸入物の値差が大きいので
輸入物の出番もあります

7月の業界の流れとしては
国産は上げ
輸入は横ばい

そんな雰囲気です

株主総会

おはようございます

7月1日は雨で始まりました

今日の8時台は1秒長いのですね
うるう秒修正うるう秒の修正ということで世界中で実施されます
日本では午前8時台に行われ
8時60秒が挿入されるとのこと
PCやスマホは自動修正されるようです
世界時間というのは厳正に管理されているのですね

昨日は三重淡水魚の7回目の株主総会でした

株主とオブザーバーさんたちをお呼びして
第7期の業績報告と第8期の経営計画を報告させていただきました

過去を報告し未来を語る
複数の方々のご意見をいただくことで
代表取締役ひとりでは間違った方向に会社が進んでいるかもしれないことを
指摘し合ってもらう貴重な会議です

無事に終了しホッとしています

本来ならば三重県桑名市で行うのが筋ですが
毎年場所を代えて行っています

三河の方々が多いので便を考えてここ数年は西尾市で行っています

東京の方にはご足労を掛けています

さあ、雨の一日になりますが
元気に明るく行きましょう


進化しない国

おはようございます

曇り空から薄日が差し込んでいる桑名です

環境の変化に対応しないで進化を止めてしまうとこうなるということです
国民投票に実施を発表するギリシャ・チプラス首相29日、デフォルトの危機に直面しているギリシャ、チプラス首相は
マスコミを通して声明を発表し、EUが求めているギリシャ経済の
構造的改革案を容認するかどうかの国民投票を実施するとのことです
EUが求めている緊縮財政に対して首相みずからが
「反対票を投じるように」と公言しています
誇り高い国に対して32兆円の返済を迫るのはけしからん!ということです

世界には様々な考えを持った人種がいるのですね

日本でも頭にちょんまげを結っている時代に「徳政令」とか「棄捐令」とか
いう悪政が発令されたことがあります

士族が商人から借りたお金に対して殿さまが「免除してやれ」
借金のカタに取り上げた土地などの担保を「返してやれ」
と鶴の一声を発します

その途端に商人が発行した藩士たちの借金の証文はだたの紙切れになります

藩(国)の経済はおかしくなりますよね

200年も前の話です

いまだにそういう国があるのですね






国産入荷状況

おはようございます

日中は暑くなるようですが、今は曇り空が広がっている桑名です

6月も終わりですね

今週は鹿児島の池上げはそんなに多くないようですが
宮崎の新仔池上げが毎日あるようで
加工屋さんの中には連日大量の新仔が入荷されている所もあるようです

7月が近づいて国産の入荷は比較的順調です

しかし供給が難しいサイズもあります

特に5pなど細いサイズについては市中の出回りは非常に少なく
輸入物に頼らなくてはならないような状況です

加工屋さんは輸入物というわけにはいかないですから
蒲焼80尾サイズは新仔を使うと思います
1匹と向き合う愛知県の池は網による池上げです

今年は昨年よりもシラスウナギの池入れが少なかったですから
網の目を粗くして5pより細いサイズは池に逃がすようにしています

今後ニホンウナギの稚魚は少なくなるのですから
水産庁の管理の下
養鰻池は1匹を大きく育てることになります

5pなどの細物は原料の供給が難しくなると思います

その時々の柔軟な対応を期待したいです


HPはコチラから
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ