みえたんブログ

うなぎ問屋のブログです。シラスウナギからお料理、スポーツネタまでたくさんの話題を掲載していきます。「ものつくり日本」を応援します。

鰻のニュース

We will make America great again

おはようございます

発達した低気圧の影響で昨夜から日本海側では大雪になっています
太平洋側は風が強く、冷たい一日になりますね

日本時間の今日2:00ごろ、ドナルド・トランプ氏が宣誓を終え
第45代米合衆国大統領に就任しました
宣誓式の後演説を行うトランプ大統領宣誓後の演説では「米国第一」を繰り返し
米国の労働者と家族の利益となるように、と宣言
国境を守ることにも言及し
より現実的な自国の利益優先を訴えました
小雨が降る中、演説は18分におよび就任式を終えました

演説後の就任パレードで車を降りて手を振るトランプ氏演説の後、会場となった連邦議会議事堂から
リンカーン記念堂までの約2.5kmをパレード
途中下車して歩きながら市民に手を振る場面も
警護のSP100名に守られながらパレードは終了
連邦議会の昼食会に参加 し、就任式は無事終了しました

就任式に集まった人では約90万人と発表され8年前のオバマ氏を別格とすると
まずまずの関心を集めたことになります 

世界の検察官を自認していた米合衆国は終焉を迎えるのでしょうか

さて今日のシラスウナギ状況です
1月19日〜20日朝にかけての各地の漁果をお伝えします
国内の主要採捕地ではすでに新しいシラスウナギが採れてきている、という
報告もあり、今月26日からの闇の大潮週間に期待がかかります
「国内」
潮の寄せが小さいことから各地で「採れた」の声は聞こえてきません
漁果は前日と同じく100堊宛紊里茲Δ任

「中国」
漁果が増えてきた兆候として、各地の関係者の数字に差があります
各省合わせて100圓箸いκと、150圓箸いκまでいろいろ
各漁場の天候は低気圧の影響から荒れた海上となり
波が高く漁船が早々に引き上げているようです
その中で100〜150圓虜諒瓩まずまずとみます

以上のように東アジアでの採捕は250kg程度だったと思われます


 

世界が衆目する就任式

おはようございます

寒い朝をむかえています 
今日は日本海側で大雪になるようです
雪による事故が無いことを祈っています

日本時間の21日真夜中、共和党の異端児・ドナルド トランプ氏が第45代米合衆国大統領に就任します
就任式で指示命令が出そうなトランプ氏大統領就任式に集まる人出が就任式後に発表されますが
記録が残っている中での過去最高は
2009年に初当選したオバマ大統領の180万人
最低は2001年のブッシュ大統領30万人
さてトランプ氏は・・・
他の候補者を中傷し、排他的な政策を掲げての当選という
型破りな選挙戦を勝ち抜いてきたトランプ氏
一方では米国の世論を分断させてきました
トランプ氏就任に反対する市民メディアによる就任直前の支持率調査では
40%と過去最低を予測しています
100を超す団体の抗議デモや
プロシンガーによる抗議のロックコンサート
女性による抗議パレードなどで騒然としているワシントンDC
デモの群衆だけでも40〜50万人に達すると
連邦警察や異例の予測を出しています
違った意味で凄いと思います
世界衆目の就任式は日本時間の21日1:30から行われます

さてシラスウナギ状況に行きましょう
1月18日から19日朝のかけての全国の漁果は100kg前後とここ数日同じ水準ですが
新しいシラスウナギが混じってきたようです
「国内」
宮崎県
県内3河川で手すくい漁を取り仕切る協議会で約1kgの採捕
高知県
セグロの細いサイズ中心で全県で10kg程度
静岡県
西の天竜川で好転しているようです
今日が集荷日なので明日の状況報告が楽しみです
遠州灘から御前崎の静岡うなぎ漁協ででは
約2kgの集荷があったとのこと
千葉県 茨城県
利根川は両岸合わせて5〜10kg程度
今年は比較的良い、とされる外房でも
5〜10kgと潮の寄せが小さい割には採れています

「中国」
19日朝の集荷は120〜130圓畔僂錣蕕覆い浜値は急落したようです
日本養殖新聞はここ数日の値上がりを「実需が伴わない値上げ」と
中国人的な価格設定を表していました 
数が多い方が勝つ、という共産主義思考からでしょうね
活鰻でも中国側の一方的な値上げをよく行います
浜の一方的な値上げ、そして今回の急落に
買う側の養殖池は「化けの皮がはがれた」と表現しているようですが
養殖池にしても同じことを活鰻輸出の際に行っています
物価は需要と供給のバランスによって決定する、という
市場の原則を忘れないでほしいものです
解禁からの総採捕数量は6,850〜6,960

「台湾」
採れはないようです
中国の急落に敏感に反応し19日の流通価格も下げたようです


アメーバー経営

おはようございます

曇り空の寒い寒い桑名です
午後からは日が差すようです

8年前の今日、2010年1月19日
日本航空(JAL)と子会社2社が戦後最大2兆3千億円の負債を抱えて倒産しました
日本の高度経済成長の象徴であるJALジャンボジェット倒産の原因は様々ですが主たる原因は
1987年の民営化に対応できなかったことです
民営化以前の日本航空は日本航空法で守られた国営企業でした
国内にはJALの他に全日本空輸(ANA)と
日本エアシステム(JAS)があって
国営企業のJALが旗艦となって護送輸送船団方式で
航空業界を棲み分けしてきました
当時国内には100以上のローカル空港が存在し、採算が合わない路線が多くあり
JALが一手に引き受けていました
日本エアシステムの大型機1987年の民営化となってからも従来体質の国を頼る経営は続き、
赤字でも(国が何とかしてくれるだろう)と、銀行からの融資を受け続け
燃費の悪いボーイング747を大量に保有したり
破格の高額企業年金を退職者に支給し続けたり
経常利益という単語を知らない経営陣による
ぬるま湯経営を行い続けました
破産当時の退職者の企業年金は61歳で約480万円
公的年金と合わせると実に600万円を超す金額がOBに支払われていました
その結果が2兆3千万円余の債務超過

倒産から2年後
正にV字回復するとはほとんどの国民が想像できなかったです
そこには京セラ創業者の稲森和夫氏の下で会社再建が始まりました
稲盛和夫氏稲森氏が行った再建法は部門別採算制度
フィロソフィー教育を両輪とした
有名なアメーバー経営です
会社組織をアメーバーと呼ばれる小集団に小分けし
各アメーバーのリーダーが経営者として小集団の経営を行います
いわば全員参加の人を生かす経営です

そしてそのリーダー教育がフィロソフィー教育と呼ばれている
本音で語り合う会です
フィロソフィー教育で本音で語り合うリーダーたちここではあらゆる経営課題をテーマとし
それに対して体験報告をしたり
悩みを報告し合ったりして
各リーダー同士の横のつながりを密にして
本音で語る企業文化を醸成していくものです
その中で全員参加の意識を浸透させてきました
そして再生日本航空の社員全員が日本航空を愛し
なんとか立ち直らせようと労使が一丸となって再建に向かって行った結果が
早くも2年後の2013年4月決算で現れたということです

凄いですね

前置きが長くなりました
20174鰻年度1月17日〜18日朝にかけての東アジア各国の採捕状況です
「国内」
潮目の影響か、東西の漁場から採れた、の声は上がってきません
全国合わせて約100堋度の採捕と思われます
鹿児島県
薩摩川内から1週間分の24圓集荷
志布志湾は判りません
宮崎県
協議会の河川は2圓僚顕戮18日朝に合ったようです
千葉県・茨城県
利根川両岸と房総合わせて前日同様30堋度の採捕となったようです
四国、東海筋の漁果は不明ですが前日並みとした場合
各5〜10堋度の採捕と思われます

「中国」
前日よりも2〜3割り増しの120〜130圓半し増えたようです
それまで連日上がっていた浜値も冷え、売りが先行したようです
総採捕数量は6,720〜6,830圓箸泙困泙

「台湾」
島内の養殖池に入れるシラスウナギの商いで
流通価格が高騰しているようです

「韓国」
解禁後の天候不順で高浪が続き
まともな漁ができていないようです
南部に集中する養殖池の池入れ総数は
2,000kg〜2,100







祈りの朝

おはようございます

今朝は雪が降っていない桑名です
あかるくなっても気温は上がらず路面はツルツルです
でも日中は昨日よりも暖かくなるようです

阪神淡路大震災から22年が経ちました
祈りの朝6434人が犠牲になった 大震災から今年で22年
神戸市内を始め震災の被害にあった地域では
震災が起こった午前5時46分
犠牲になった方達の冥福を祈りました
私も22年前の朝のニュースで観た信じられない映像が今でもはっきり思い浮かびます
あらためて震災に対する備えと起こった後の一早い復旧の備えを確認する
日になります

さあ、2017年1月も半月を過ぎました
16日朝の集荷はどうでしたでしょうか

日本養殖新聞の記事をもとに東アジアの漁果をお知らせします
「国内」
九州は相変わらずの薄漁が続き、休漁明けの宮崎県は300g程度
鹿児島県は情報がない
四国の情報は入っていないが高知徳島両県合わせて5kg〜10堋度か
東海筋は静岡県浜名湖の西側(新居町)で500gちょ数字にならない
天竜川と竜洋は情報無し
遠州灘から大井川までの管轄である静岡うなぎ漁協は2〜3日分の集荷6圓箸里海
湘南から外房、利根川両岸が目下の主力採捕地となっていて
関東地区で50圓呂だらない
以上を合わせて16日朝の集荷は100埃紊箸ね椰新聞は見ています

「中国」
漁場が福建省北部から浙江省に移っている、という現地関係者の声があるものの
各省の採捕を集めても100kg集まったかどうか、という程度です
流通価格は依然としてジリ高

「台湾」
前日同様の5〜10圓稜漁で1月の潮はからぶった、という現地関係者です
中国の浜値ジリ高を受けて島内の養鰻業者も高値を追うようになったようで
流通価格は上昇しています

「韓国」
16日の夜に解禁となった韓国のシラスウナギ漁です
南部の木浦を中心に漁船が出漁しましたが
寒波の影響でいくらも経たないところで帰投したようです
悪天候が収まり月が欠けてくる22日〜23日ごろに再度出漁するとのこと

以上のように潮の寄せが小さく、低気圧の影響で海上が荒れている東アジアは
採捕量を大幅に落としています
今までの採捕量を合計すると推定15,000程度は採れたようですが
今年のシラスウナギ漁の特徴は過去の延長線上に今はない、という感じで
この先どうなるかわからない、とい不安に思う現地関係者が多いようです

1月16日

おはようございます

土日と降った大雪で今朝は道路は大混乱になっている桑名です
京都三十三間堂で行われた「通し矢」に参加する振袖姿の新成人たち日本中が大変な週末でした
都大路を前が見えなくなるくらい吹雪の中で47名のランナーが
たすきリレーをしました
同じく三十三間堂では正月恒例の大的全国大会が開催され
新成人たちが振袖と袴姿で遠的に挑戦しました
今日もまだ荒れた一日になる日本列島です
雪の事故が無いことを祈ります

ミニロケット失敗してしまいましたね
15日に打ち上げられたが失敗に終わった「SS-520」4号機地上とロケットとの交信が打ち上げてから途絶え
2段目を噴射する予定までに復旧しなかったことで
切り離しを諦め、そのまま1段ロケット落下海域に落としました
残念です
ただ打上げまでの経費が5億円と従来のロケットと比べて
1/20以下でできるミニロケットの開発は必要でしょう
今回の失敗を将来につなげるモノにできれば良いですね
さあ、寒い中のシラスウナギ採捕状況はどうでしょうか?
1月14日〜15日朝までの東アジア各地の採捕状況です
「国内」
現在の主要採捕地である東日本各地の採捕状況は日々変わっているようで
千葉県の採捕地利根川では若干減って両岸で30〜40堋度とのこと
外房は昨日の現地関係者の話では
鴨川の手スクイがまずまずとのこと
九十九里は横芝の栗山川付近でも手スクイ漁が良いようです
旭や勝浦はどうなのでしょうか
外房から銚子までの漁場では魚影は濃いようで
来週からの潮回りに期待がかかります
その他の採捕地の状況はわかりません

「中国」
各省合わせた15日朝の集荷は120〜150圓筏果を落としています
中国のシラスウナギ漁場ところで広東省の養鰻業者と福建省甫田の中間業者との間で
契約のトラブルが発生しているようです
15日朝までに納める約束のシラスウナギができなかったようで
違約金で解決したようですが、養鰻業者は
「高いシラスを買わなければならなくなった」と不満の様です
高いといっても昨年の半値以下ですから
違約金を貰っていうて「何言ってんだ!」です
日本のように土用丑までに出荷しなければならない、ということは無いですし
高い、と思ったら先物契約なんかやらなければ良いのです
しらすうなぎを良く知らない素人の池でしょうか

「台湾」
台湾全島のシラスウナギ採捕地北淡水で数千匹、ということで1圓頬たない数量
西海岸の鹿港から布袋の間でいくらか採れて
全島合わせて5〜6圓箸海蛙日変わらない
総採捕数量はこのところ変わらない3,940〜4,040圓任
結局現地関係者が期待した旧暦17日以降の漁は
1月については今のところ期待外れに終わっています
あと2〜3日は様子を見たいということでまだまだ終わってはいません
池入れ数量は養殖新聞が現地関係者に聞き込みしたところ
1月15日現在で約300万匹(600圈砲砲話している、ということです



HPはコチラから
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ