みえたんブログ

うなぎ問屋のブログです。シラスウナギからお料理、スポーツネタまでたくさんの話題を掲載していきます。「ものつくり日本」を応援します。

鰻のニュース

鰻は「晴れ」の食べ物

おはようございます

昨日は美味しい鰻蒲焼きを食べていただけましたか

土用丑だから鰻を食べる、という社会祭事的な食文化だったのが
土用丑ではなくても鰻は食べるから、あえて混んでいる土用丑に
お店に行かなくてもいい、という消費者が増えてきたような感じです

21世紀に入って食の多用化が限界にきたようで
逆に昔ながらの食文化が見直されてきて
スローフードなどじっくりコトコト手間ヒマをかけて調理した料理を
若いご夫婦が好むようになりました
香ばしい鰻蒲焼2008年ごろにFBやツイッターなどのSNSが普及し始めると
B級グルメたちが華やかに投稿してくれます
鰻蒲焼の投稿も多く、季節や土用丑だから食べる、というよりは
今日は鰻を食べたい気分、という乗りでお店に行かれるご家族や
カップルも多くなりました

鰻料理が汎用されてきた、ということでしょう
土用丑でなくても鰻蒲焼きを食べる食習慣が少しずつ広がっているようです
いいことです

鰻は晴れの食べもの

会社で昇進した
ボーナスが上がった
株が上がった
おばあちゃんの米寿のお祝い
1週間の海外旅行から帰ってきた
無くしたと思っていた財布が出てきた
田舎から親戚が遊びに来た
法事で親戚が集まった
長年勤めた会社を無事に退職した
おめでたいことがあると日本人は「鰻でも食べようか」と言うことになります
その食文化を未来永劫、守っていくのが三重淡水魚の社会的使命と思います

だからこそシラスウナギの安定した回遊のために東アジア3か国1地域は
資源を増やす努力と工夫を行わなければなりません

日本では
太平洋側各地の鰻川環境整備と保全が有効だと思います
うなぎは人を幸せにする漁期を1ヶ月早めて11月〜翌年3月末までとする
採捕上限を守り、上限に達したら期間が残っていても漁期終了
などなどでしょうか
中国・台湾のシラスウナギ資源の保全策が重要です





焼津水産高校

おはようございます

朝から蒸し暑い桑名です

今日は週末ですから昨日にましてお店は忙しいと思います
有難いことです

全英オープン第二日目
日本の松山選手は4バーディ4ボギー1Wボギーの2オーバーでした
二日目1番ショートホールでティーショットを放つ松山選手前半1バーディでまとめた松山選手
折り返した10番から連続ボギーをたたくと
13番でもティーショットを右に曲げてスコアを落とします
16番でバーディを奪いスコアを戻しましたが
17番でセカンドをブッシュに入れてしまい痛恨のWボギー
スコアを2つ落としてTOTALイーブンパーで大会を折り返しました
首位と6打差の10位で決勝ラウンドに進出です
がんばれ!松山選手

Dはマツダスタジアムで今季初勝利です
バルデスの2点タイムリーで逆転広島に勝利しタッチで喜ぶDナイン強打広島のお株を奪う長打で初戦を取りました
2回1死満塁でバルデス投手のまさかの2塁打や
3回にピシエドの3ランで先発ジョンソンを撃破
5回7回にゲレーロのソロでダメを押しました
先発バルデスは7回を8安打4失点で今季6勝目

今日の先発は柳です
かなりの「準備をして広島戦に臨んでいるようです
楽しみです

今月25日の夏の土用丑に向けて静岡県の焼津水産公庫yの生徒たちが
実習で養殖したニホンウナギを蒲焼きに加工して
静岡市葵区の松坂屋静岡店で販売しています
この販売は焼津水産高校栽培漁業科の生徒たちが
養殖や加工を学ぶだけではなく実際に店頭に立って
消費者に販売しよう、と昨年から行われている学校行事です
販売する鰻は昨年1月に地元で採れたシラスウナギを
学校の実習池で1年半かけて育てたものです
1匹を開いた長焼きや串を刺した鰻などが販売されています
通常の養殖ウナギよりもフィードオイルを減らしていて
あっさりと食べやすい味になっている、ということです
どんな味なのか買ってみようと思います

若い方たちが鰻を学ぶのは本当にうれしいことです
微力ながら応援させていただきます

2017年新仔

おはようございます

九州から中国地方で活発な活動を続ける梅雨前線は
今週も西日本中心に大雨を降らせるようです
福岡県朝倉市内で救助活動をする自衛隊員九州豪雨の被災地では新たに3人の死亡が確認され
発生から5日目で福岡、大分両県の犠牲者は21人になりました
依然20人超の行方や安否が不明で、自衛隊や消防などは
この日も不明者の捜索や住民らの救助に当たっています
幼い子どもを抱きかかえるようにして発見された親子の遺体もあるとか
むごいです
被災地から遠い私たちに何かできることは無いかと考えています

さて今週末の海の日から25日の夏の土用丑にかけていよいよ活鰻の流通量が増えてきます
今年は国内新仔の流通が昨年よりも不安定です
今週から三河で多少まとまる、という話も聞きますが1月上旬に池入れした
いわゆる単年養殖組約60軒(数量約2,200圈砲里Δ
順調に育っている池は20軒にも満たないようです
三河の鰻池上げ風景三河では網を池に入れて地引網のように数人で曳きます
「頭(カシラ)を抜く」と地元では言っています
同じに池入れした鰻の成長の良いクラスを抜いてしまい池を空かせ
残った鰻たちの生活環境を良くして成長促進に必要な作業です
どこの池も必ず行っていますが
6月に単年組が頭を抜いて、残りの鰻の成長があまり良くありません
新仔入荷が本格的になってきた浜名湖の組合昨年は宮崎県も参戦してきて、今の時期はそれなりに
国産新仔の存在が大きかったのですが
今季は12月末までに池入れした数量が全国で6填(養殖新聞調べ)
と前年の2倍近い池入れにもかかわらず出荷数量は半分程度
昨年は土用丑にかけて新仔が不足しましたが
今年は増え続けて行ってほしいと願います

日欧EPA大枠合意

おはようございます

九州北部での大雨の被害がマスコミで報道されています
大分には関連先の養殖池があり、とても心配です
水没した朝倉市内福岡県や大分県そして中国地方での大雨による被害は
市街地に及んでいます
朝7時の段階で行方不明者が11名
孤立した住民からの救助依頼が相次いでいるといいます
昨夜9時に朝倉市では避難指示が出ましたが
逃げ遅れた方たちは居ながらにして流されてしまう恐怖と闘っています
被害の少ないことを祈ります

今年のDはまことに内弁慶です
生還した大島をベンチで迎え入れる森監督今季12試合目のヤクルト戦は3-0と投手陣が完封リレーで2連勝です
先発のジョーダン投手は6回を2安打4四球1死球と好投???
制球が定まらず、多少荒れたピッチングでヤクルト打線を翻弄しました
岩瀬、又吉とつないで田島でクロージング
打線では福田選手28歳が連日の殊勲打を放ち
京田、松井らの若竜に加えて
ベテランの大島、藤井が活躍してくれています
今夜の先発はバルデスですね
悪夢の広島戦を払しょくする素晴らしい投球を期待します

ドイツに訪問中の岸田外相からの嬉しい報告でした
日本時間6日早朝、EPA大枠合意の記者会見を行う岸田外相日本政府とEUは経済連携協定(EPA)交渉の大枠合意を
現地時間7月5日午後の協議でまとめたというニュースが入ってきました
7月7日から行われるハンブルクG20首脳会議を前に
安倍総理とトウスクEU大統領との首脳会議で正式に内容を取り決めます
安倍総理はTPPをはじめとする世界各国との通商条約を
「アベノミクスの重要な柱」と位置付けており
保護主義に傾いている先進国に対して自由貿易を主導していくようです
詳細の取り決めも含めて年内には正式調印となる運びです
おとといまでは難航している、という報道でしたが一転しています
EUと大枠で合意したEPAの内容日経がまとめた大枠の内容が左の表です
最後まで難航したのが欧州産チーズの日本の乗用車の扱い
チーズについては日本側が新たに低関税で輸入する枠を設け
15年以内に関税をゼロ」にする見通しです
日本車については欧州側が現在の10%課税を7年間でゼロに
その他飲料など酒類で即時撤廃の内容で合意したようです

日欧がイニシアティブをとって世界に自由貿易の模範を示す勢いですね
素晴らしいです






大企業と中小企業のマインド差

おはようございます

曇り空が広がっている桑名です

午前8時頃、台風三号は長崎県に上陸しました
台風3号進路予想中心気圧は990hPa、中心の最大風速は25m/sと大型
時速50圓播譴某覆鵑任り
4日の21時には浜松市の南約60kmに達し
5日9時には日本の東に達するようです
その後は温帯低気圧に変わるとのこと
和歌山県と三重県南部では朝、避難勧告がでました
大きな被害の無いことを祈ります

さて日本銀行が昨日発表した6月の企業短期経済観測調査
俗にいう「短観」です
2017年5月30日〜6月30日の期間で東海企業の736社が回答した結果です
愛知、三重、岐阜の東海3県の景況感は3月に続いて上向き改善されています
中部地区企業の景況感日経新聞の調査によりますと
6月の景況感について
「良い」と答えた企業の割合から
「悪い」と答えた企業の割合を引いた数値「DI」は
前回調査の3月に比べて全産業でプラス11となっています
2020年の大イベントを控え、今後3年間の成長を見据え
主に製造業が積極的な設備投資に動いていることと
名駅を中心とした再開発を背景にサービス業など
非製造業も投資を増やしている傾向にある、とのことです

中部企業の設備投資日経がまとめた中部企業の設備投資計画によりますと
2017年度は全産業で10.6%と2013年以来の増加となります
左の表は前年の設備投資金額と比べてどのくらい増減したのか?
という割合を示しています
製造業では大企業(資本金3億円以上、或いは従業員301人以上)
が2016年と比べて15.5%も設備投資金額を増やしたのに比べ
中小企業(資本金3億円未満、或いは従業員300人以下)では
▲15%となっています
日経が区分する「中堅企業」という定義が曖昧なのですが
|羮企業から成長して大企業には至っていない企業
株を公開している企業
F伴の技術力により各々の分野で高い市場優先率を占める企業
の設備投資前年比率は▲5.9%と落ちています
中堅企業は2016年度に積極的な設備投資を行った結果で大企業の内製化とは関連が無いでしょう

中小企業のマイナスは大企業の内製化が進み
中小企業に落としていた下請け仕事や孫請け仕事は減っている
という表れではないでしょうか

日銀短観は株価に影響がある程度と受け止めて
地域に生きる中小企業の設備投資意欲が上向かないと日本の消費は上向きません
大企業に影響されない自主的な販路を開拓して
中小企業から中堅企業へと成長して行くことに努力することです





HPはコチラから
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ