ブックカバーアップルタルトを作りました。

2008年10月02日

赤い刺しゅうのショッピングバック

1831
1827

パリの暮らしを感じる赤をきかせた
刺しゅうと云う題名の
ショッピングバックを作りました。
本当に刺しゅうをして、縫い合わせただけの
簡単なショッピングバックですが、
フランス語の勉強にもなって、
面白いかなと思いました。
(勉強していた事すらすっかり忘れていましたが(汗))



Bonjour, Madame.が、 こんにちわ。マダムで
Puise-je regarder? が、見て良いかしら?で
C'est combien? が、 いくら? で
Je prends ca. が、これいただくわ です。

いつかつかえたら・・・と思っています。
いつの日か。ですが、

もうひとつ、まけてください。って云うのも
必要かも。でも、返事を理解しなくては、
会話にならないし。と

そして、以前ブックカバーを作った同じ生地
で、ティッシュケースを作りました。
裏から縫い、ひっくり返すのですが、
その、折り方が難しくて、(簡単なんですが)
よく解らなくって、少し時間が掛かりましたが、
なんとか出来上がりました。

スイートポテトもこの時期、
縁戚が(従兄弟の奥さんのご両親)
毎年送ってくれる川越の芋で、作ってみました。

1802
また、先週地元の小学校のJICA交流と云うのが
あったので、通訳でお手伝いをさせて頂きました。

行った事のあるインドネシアの方の通訳をさせて
頂きました。あまり英語が得意ではなかったので
すが、とても明るい方だったので、きっと生徒達
も楽しかったと思います。
(・・・とお礼のお手紙を頂いたので)

授業では、生徒達が初めにインドネシアについて
調べた事を発表して、その後インドネシアから来
ているラプタさんが、楽器とかダンスとか、島の
事など説明し、生徒達が質問をすると云う内容
で、スポーツの事とか、動物の事とか、食べ物の
事とか、家族の事とか、であっという間の1時間
×2でした。
私が生徒だったら、海賊みたことありますか?
って、聞きたかったんですが、

初め、誰もいない校長室で、一人で待たされたの
ですが、校長室に何故かドラッガーの本がありま
した。

・・・ドラッガーってそう、マネージメントの父
と呼ばれる一般に経済学系の方なのですが。

ドラゴン桜と一緒にありました。

アクセスアップ



miew_miew at 20:04│Comments(2) patisserie お菓子 | embroidery 刺繍

この記事へのコメント

1. Posted by かりん   2008年10月04日 21:03
miew-miewさん こんばんは〜
最近ちょっと忙しく、ご無沙汰してました。
いつものことながら、刺繍すごいですね。フランス語を刺繍したんですか!
これは時間がかかったでしょう?
私も勉強しておかなきゃ!いつかフランスに行くために。

スイートポテトの形がかわいい♪
こんな形は初めてみました。

もしかして、写真に写っているのはmiew-miewっさん?
カメラマンだから写ってないかな?
それにしても通訳なんてすごいなぁ。
私やっぱりフランス語のお勉強はやめよう。
フランスでもお願いしますね(笑)
2. Posted by miew-miew   2008年10月06日 18:46
かりんさん
コメントをどうも有り難うございます。
いつもかりんさんのコメント読ませて頂いて
とっても温かい感じがします。
きっとお人柄なんでしょうね。
フランス語の刺しゅうは、バックステッチが
メインだったので、あんまり時間が掛かりません
でした。ゆっくりやって、しっかり暗記
出来ればよかった。

スイートポテトは、ただ絞りだし袋に入れて
とぐろを巻いただけなのですが、最後に焦げ目
をつける為に粉砂糖を振りましたが、最初から
振っておけばもっと、焦げ目とか良く付いて
くれたかもと少し後悔しています。
通訳は、本当に子供達に遊んでもらったような
もので、暇な時に写真を撮りました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブックカバーアップルタルトを作りました。