2009年07月20日

子供を可愛がってくれない。

子供は夫婦にとって愛の結晶
無条件で愛しい存在のはずなのに、育児に無関心であったり、躾けだといってまだ年端のいかない子に必要以上の折檻をしたりと、まるで邪魔だと言わんばかり、お世辞ににも子はかすがいなんて言えない、どうして可愛がってくれないのかと悩んでいます。



夫と子供(息子)との確執で悩む母親は昔から多かれ少なかれよくある話ですが、子供が小さかったり、また異性だとしても子供に対してきつくあたる場合。下手をすれば虐待になってしまいかねません。

子供を躾けている夫からすれば、正当な理由で子供と接していると豪語するでしょうが、子供が卑屈になってしまったり、ストレスを外に向け乱暴な振る舞いをするようなら、疑問を持つ事です。

日々家族の営みをしていると、行き過ぎだと感じず、それが当たり前のようになってしまいがちです。

気づいたら取り返しの付かない事になる事も少なくないのです。

何かおかしい、このままでは良くないと思う事はあるのなら

家族関係を再度見直してみてください。

夫の言っている事は、父親の立場からものを発言しているのか、それとも自分可愛さからなのか、一歩引いた目で見てください。

一見父親的な発言でも、感情をコントロール出来ていないなら要注意です。

自分可愛さからの発言だと思うなら、家族がアンバランスな状態になっている可能性があります。

貴女自身も夫に対して気を使っていたり、妻ではなく母親的になっていないか、自身の周辺も見直してみる必要があります。

子供に対して無関心でいる事も同じです。

子供に関心を向けてくれない夫に代わり妻が全てフォローしてしまうとアンバランスになりやすい傾向があります。

どちらも、一方的な愛情の押しつけと欲求なのです。

必要以上の摂関をしたり、また全く無関心になる事は愛してほしいという訴えのサインだということ

夫が妻に縋り付き子供に妻(母親)の愛情を取られたと嫉妬している図式なのです。

子供を責めたり、放任をしているなら、黙認や手助けをするような事は逆効果です。

相手(夫)は愛情を求めているのだという事を承知で、妻は母親ではないのだという事をわかってもらうこと

相手(夫)からしたら、妻が母親ではないという事は当たり前の事でしょうが、その愛情を欲しているのだという事を何度でも伝えていく作業が必要なのです

自分が気づかない感情を意識する事によって子供の接し方も少しつづ変わってくるかも知れません。


子供が出来たら親になりますが、本当(心)の親になるには自身が成長してなれるもの、子供によって親は成長させてもらっているのです。


貴方のポッチが、コラムを書く、原動力となります。
↓ ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓ ↓
blogram投票ボタン  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村   ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ
にほんブログ村   にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
           ↓ ↓ ↓ ↓
         



migakuonna at 01:16│Comments(0)TrackBack(0) 家族 | 幸せのコツ

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

恋に効く魔法♪
大胆に変身♪
脚もと♪磨き
ベビー待ち♪カップル
まつ毛☆美容
春コーデ特集♪
幸せになる♪石鹸
ブライダル・プチギフトの通信販売/ハッピーソープ
女性磨きグッズ
飲むフィッシュコラーゲン ルピュール 通販 エアアロマ aromax販売館 ゲルマローラー フェイスラボ 通販 リエナ販売館
^^笑顔のある生活
☆心の疲れには温泉☆
女の基本は♪健康から
楽天ランキング
ショップランキング
プログセンター
紹介キャンペーン
くる天
くる天 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Googleカスタム検索
カスタム検索
http://blog.wa9sei.net/rank.cgi?mode=r_link&id=6061
ブログランキング