2009年07月31日

[浮気]自分の非を認めない。[不倫]

裏切ったのはあっちなのに、ちょっとでも問いつめたり正したりすると逆ギレ
いつのまにかこっちが悪者あつかい。
別れてほしいと何度お願いしても、悪びれることもなく堂々と会いにいく始末
もう限界です。

妻の嘆きや不安を正面から受け止める事もなく、代わりに自分を正当化し相手(妻)を責める。

第三者からしたら理解できない事でも、何故か夫婦間では成立しているケースがよくあります。

家庭や夫婦の危機のはずが、そんな切迫感が何も感じられないでいる夫。

端からみたら、そく離婚ものでしょう!?と首を傾げてしまうのですが、子供の為、いつかは目をさましてくれるかも知れないと待っている妻、夫婦の問題は夫婦でしかわからない、そう片付けてしまいます

が、あえてそんな夫婦関係に異を唱えてみる。

夫が浮気して、好き勝手な行動をとり家庭を顧みない、そんな夫を健気に待つ妻

妻や子供がいるのに外に女を作って家庭を蔑ろにしている夫などは言語道断、笑止千万、そんな夫は悪で妻が善という図式になりがちだろう。

だが、はたして夫だけが悪者なのだろうか?

例えば、愛人と別れてほしいと妻が夫に迫った時、理不尽に突っぱねられたり、訳の分からない理屈をならべ自分を正当化しようとする夫だとしたら、夫婦ではなく親子に近い関係ではないのかと疑問に思う。

明らかに、夫は妻に甘えて自分の我を通そうとしているのではないのか?

それは即ち元々健全な夫婦関係ではないという事。

夫婦はお互いを労り合い、対等な関係であるべきだと思う。

もし対等な関係であったなら、当然、妻や子供の事を思い自分を抑える事をするだろう

それが出来ていないという事は、元々不対等な関係だった。

不対等な関係の場合、どんなに正論を唱えた所で相手の心に響く事はない。

不倫がばれても開き直り堂々としている。

不対等な夫婦関係は理不尽な振る舞いをされても妻は、本気になって行動を起こさないケースが多い。

どこかで悲劇の自分を肯定している所があるのではないだろうか?

不満を持ちながらでも反抗期の息子を抱えて困っている母親の心境に似たものがあり、しょうがないわねと思ってはいないだろうか?

そんな妻の足下を夫は見逃さない、ますますやんちゃになっていくのだ。

不対等な関係を解消したいと思っているのなら、現実を見せること。

聞き分けの良い妻から卒業すること。

相手(夫)が子供なら、さらに聞き分けのない子供を演じてみる事も一つの手段。

雁字搦めになっている夫婦関係を一度ご和讃し、新たに再構築していく。

目先の不倫や浮気に捕われてしまうと、一番の問題点である夫婦関係の見直しにまで気が回らなくなる。

悪循環がまし修復不可能な事になるケースが多い。

そう考えると、不倫や浮気は結果であって元々要因や原因はあったのではないだろうか?

結果だけを追求した所で本当の再出発にはならない。

原因や要因をしっかり見極め、少しずつでも軌道修正をしていく。

それが夫婦を長く保つ秘訣ではないだろうか?

貴方のポッチが、コラムを書く、原動力となります。
↓ ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓ ↓
blogram投票ボタン  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村   ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦生活(性生活)へ
にほんブログ村   にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
           ↓ ↓ ↓ ↓
         



migakuonna at 11:09│Comments(0)TrackBack(0) 浮気 | 結婚

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

恋に効く魔法♪
大胆に変身♪
脚もと♪磨き
ベビー待ち♪カップル
まつ毛☆美容
春コーデ特集♪
幸せになる♪石鹸
ブライダル・プチギフトの通信販売/ハッピーソープ
女性磨きグッズ
飲むフィッシュコラーゲン ルピュール 通販 エアアロマ aromax販売館 ゲルマローラー フェイスラボ 通販 リエナ販売館
^^笑顔のある生活
☆心の疲れには温泉☆
女の基本は♪健康から
楽天ランキング
ショップランキング
プログセンター
紹介キャンペーン
くる天
くる天 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Googleカスタム検索
カスタム検索
http://blog.wa9sei.net/rank.cgi?mode=r_link&id=6061
ブログランキング