2006年03月20日

春浅い銚子へ

先週末。
息子の幼児教室の修了式のために千葉へやって来た母を連れて
関東最東端の銚子へと出掛けてきました。

そもそも夫が銚子に宿を取ったんですけど
「なぜ銚子?」って思ったの。
それほど温泉が有名なわけでもなし、
特別観光地というわけでもなし。
後で問いただしたら、夫は言いましたよ。
「海のそばなら、花粉が少ないと思って。」

な〜るほどね。(笑)
花粉対策でしたか!

私たち家族は
何度かドライブで銚子に出かけてはいますが
実家の母は初めてだったので
そこそこ楽しんでくれたようです。
犬吠崎灯台に登って、
海岸で少し遊びました。
灯台のそばの海岸が岩場になっていて
結構楽しいのです。岩場

 ※ ※ ※

今回、宿泊したのは「グランドホテル磯屋
灯台からも見える宿です。
つまり、部屋からも灯台が見える。
海を照らし続ける灯りをのんびり眺めるなんてのも
なかなか風情があってね。
(実際は子供が駆け回ってて、風情もへったくれもありませんでしたけど。)

部屋からも、お風呂からも太平洋が一望できるので
「初日の出」を見るのにはきっと最適。
日の出の時間に起こしてくれる
「日の出コール」も頼めるようになってました。
残念ながら、私たちが泊まった時は夜から嵐になっちゃって
日の出は拝めませんでいたけどね。

食事は海の幸中心。
まぁ、普通ですね。
でも、部屋食だったのでゆっくりはできました。

お風呂はそれなりに種類があって
(露天風呂・岩風呂・薬湯・レモン風呂・寝湯?・打たせ湯など)
楽しかったけど
温泉、としての泉質はどうなんでしょうか?
あまり温泉って感じじゃなかったなぁ・・・。
もちろん天然温泉なんですけどね。

それでも、温泉にゆっくり浸かって
いっぱい汗かいて
することも無いので早めに寝てね。(笑)
3月前半はとにかく慌しくてバタバタしてたので
久しぶりにゆっくり出来た感じでした。
どうしてもまた泊まりたい宿、ってわけじゃないけど
でも、日の出は1回見たいかも!

銚子


migale at 19:04│Comments(0)TrackBack(0)旅の記録 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔