2006年03月30日

牛乳を飲もう

毎日楽しみにしているどうでしょう公式の「日記」。

今日の担当は嬉野さん。
桜の咲く季節って、なぜかこういう虚しさみたいな感情に襲われるよね。
なんか、分かる。

で、その日記の中にちょっと気になるところがあった。

それは、

 ※ ※ ※

「さて、帰って牛乳をたくさん飲もう。」

この一文。

ちょうど今日の昼、とある番組で北海道の酪農家が絞った生乳を出荷できずに捨てているという特集を見た。
昨年夏、乳牛の飼料となる牧草が豊作で、そのおかげで例年より搾乳量が増加しているにも関わらず、消費量が伸びないため余ってしまい処分するしかないと言うのだ。

3月になってからは、全道で1日に1000トンもの生乳を捨てているらしい。
ホクレンは減産を酪農家に指示してるそうだけど、牛にしてみりゃね。
私も乳出してたことあるから分かるけど、あれはどんどん出来ちゃうんだもん。
で、絞らないでほっとくと病気になるんだよ。
減らせったって、簡単には行かないよ。
だから、酪農家の人も、出荷する当てがなくても絞るだけは絞らざるを得ない。
で、捨ててると。

確かに、今は牛乳以外にもありとあらゆる飲み物がある。
他の飲み物(お茶とかスポーツドリンクとか)は消費量が増えてるのに、牛乳は減ってるそうだ。
簡単に「もったいない」と言って済むことじゃないけど、もったいない・・・。

そんな風に思ってるところに、うれしーのあの一節。
偶然なのかしら?
とても気になった。

私自身は牛乳は大好き。
子供のころから、たくさん飲んで育ち、背も割りと高い方だ。
でも、私以外の家族はあんまり飲まない。
牛乳はビタミンCと鉄分以外のほとんどの栄養素を含む優秀な食品。
で、飲んでも太らない。
太る、ってイメージを持たれてるけど、太らないそう。
スポーツドリンクなんかの方が、よっぽど太る。
ただ、アレルギーやお腹に合わない人もいるけどね。
そうでない人は、飲もうよ、牛乳。
今日取材されてたのは、豊頃町の酪農家だった。

ほら、どうバカの血がうずくでしょ?

 


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by トム   2006年03月31日 01:46
>私も乳出してたことあるから分かるけど
うはは!さらっと書いちゃうミジチさんカッコいい!(笑)

嬉野さんはきっとその話を知って書いたのではないかと思います。
ミジチさんの記事読んで、私も「気になったところ」が納得できました!!
捨てられちゃうんですか・・・・もったない。
素人考えで「加工品にして捨てずに済む方法はないのか」とか思っちゃいます。
私は給食以来まともに飲んでないのですけど(何十年前よ(笑))
食後に飲むとビタミン(B?)の吸収がいいとかで、最近ちょっとづつ飲みだしたのです。
ちょっとは役に立てるかなぁ(笑)
(いっぱい飲むとお腹の調子が・・・・)
2. Posted by ことぶき   2006年03月31日 11:20
こんにちは。
あたしもうれしーの言葉が気になったんですが、この間もみのさんの番組で取り上げられてて、酪農家1軒につき毎日50万円の損失と言ってました。
バターもヨーグルトももう飽和状態のようです。

おもわずスーパーで牛乳を買っちゃいましたよ。
でもそのまま飲むとおなかがゆるくなっちゃうので、フルーチェにまぜてます。あとはミルクティーとか、ココアとか。

どうバカが毎日200ccずつでも飲めば、結構な量になると思うんですよねぇ。
3. Posted by ミヅチ>トムさま   2006年03月31日 13:56
か、かっこいいかな?(照)

やっぱりうれしーは知ってて書いたんでしょうかね?
「加工品」私も思ったけど、
それをめいっぱいしてももう消費しきれないみたい。
春休みで、給食分がさばけないのも影響してるそうですよ。

牛乳がお腹に合わない人は厳しいよねぇ・・・。
飲みすぎるのも、良くないみたいだし。
私も適量を飲み続けたいと思ってます。
4. Posted by ミヅチ>ことぶきさま   2006年03月31日 14:02
どうも〜。

一日50万って厳しいね・・・。
そんなんじゃ、続けられないよね。
数年前、猛暑の時に牛乳が消費量に追いつかなくて足りなくなったことがあったんだって。
で、そのときホクレンあたりが支援して
酪農家に大規模化して増産を勧めたらしい。
で、今こうだからね。

その時、規模を大きくしちゃった人は大変みたい。
消費量に振り回される生産者はほんと大変だわ。

私たちに出来るのは「飲む」ことぐらいだもんね。
飲みましょう、飲みましょう!
でも、お腹はお大事にね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔