J−REIT&配当銘柄&株式投資日記

REITの話題や配当銘柄、配当性向などの動向、株式市場を舞台にした事件へのコメントを綴ります。

全てのREIT投資家に捧ぐ!

私はREITが日本に初上場した時からこれに投資しています。

このブログはかなり遅れて開始していますがそれでも2005年からREIT中心に書いてきました。

しかし、最近のREIT投資家はあまり報われてこなかったと思います。

その原因はREIT投資家のあまりの少なさです。下記ランキングに投票いただける方は株式ランキングの中にどれだけREITブログがあるか見れば一目瞭然です。





 
にほんブログ村 株ブログへ

で構造はREITのブログを書いても投資家自体が少ないので読者が少ない。でランキング上位に行けないのでREIT投資家も増えない。

で株式需給が悪くファンダメンタルの割りに株価が上昇しない。で儲からないから誰も投資をしようとは思わない。

この悪循環です。

REIT情報が充実してきました。↓
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT


でREIT投資家は投資家の中では勉強家が多いように思いますがその研究に費やす時間の1/100をランキングに協力していただけ無いでしょうか?

特に人気ブログランキングの投票率の低さは驚異的です。1週間で約1000人の読者で4票です。

これではいくらなんでもREITと株を買う人の比率が逆転しません。

赤字のないREITと赤字続出の株式ですから最近REITは少し底堅くなってきていますが、この時期にREIT投資家を増やさずいれば株式が復活した時にREITは配当は多いけど株価は弱いので含み損を考慮すれば買うことはできないなんて状況に戻るに決まっています。

というかずっとその連続でREIT投資家はのどもと過ぎれば熱さを忘れるを何年間繰り返すのでしょうか?今の内に私の我田引水といえども人気ブログランキングに協力していただけ無いでしょうか?

カテゴリ : 金融・投資 (100%) - 789位 (現状です。789位なんて集客効果はありません。)

人気ブログランキング



 
にほんブログ村 株ブログへ

REITは資金調達や成長性で不安の面もありますが相対的に株式よりは圧倒的に投資優位性があるのですがREIT投資家自身が「REITが資金調達に窮するほどREIT投資家が少ない現実」を直視しないために結局投資したREITが値崩れするという状況を作り出して事に気が付いていません。

過去に赤字決算だった比率を一般株式と比較してみてください。

まあこのブログのとりえはREITブログにしては更新頻度がそこそこあるぐらいなんですけど!

REIT情報が充実してきました。↓
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT





取引条件はありません。入金した時点で5000円もらえるので完璧にノーリスクで5000円もらえます。これほどの好条件はあまり無いでしょう。



超高利回りREITと勝率100%投資で勝率99.9%!

そして実際はまず以下の様に進んでいます。

1月に6万2千円もらって、今月2万5000円ゲット!

6万2千円の内訳は

マネースクエアジャパンで3万円。
マネーパートナーズで2万2千円。
エース交易で1万円。

のキャンペーンで貰っています。
そして昨日2万円をみんなのFXでゲットしました。


にほんブログ村 株ブログへ


月3回まで振込み無料の銀行です。 

     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ


私のホームページ

絶対負けない投資方法!


取引条件はありません。入金した時点で5000円もらえるので完璧にノーリスクで5000円もらえます。これほどの好条件はあまり無いでしょう。

過去にこんな記事をブログで書きました。REITに投資する資金を絶対に負けないと思われる投資で稼ごうというものです。

超高利回りREITと勝率100%投資で勝率99.9%!

REITトラコミュ情報も参考にしてください。

REIT情報が充実してきました。↓
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT


でまあとりあえずいくつかのREITが買えるようにはなっています。
もし買ったREITが破綻してもトータルでマイナスにならない仕組みは完成しました。

しかし、日本レジデンシャル投資法人は51400円で買って52100円で売ってしまいました。

もう少し見たい気もするんで...。


 _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

にほんブログ村 株ブログへ
現在、投資信託ブログランキング3位まで来ています。株式ランキング上位にREITブログがあるだけでREITってよく聞くけどなんだっけということになるのではと思っています。REIT保有者の思っている程、REIT非保有者の認知度は高くありません。

REITのブログが投資信託ランキングだけでなく株式ランキング上位に並ぶ日もあと5年くらいで来るかも知れません。
現在1325位です。↓





 
にほんブログ村 株ブログへ


月3回まで振込み無料の銀行です。 

     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ

私のホームページ


     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。 
にほんブログ村 株ブログへ

REIT投資の利益を守る方法と金融危機!


取引条件はありません。入金した時点で5000円もらえるので完璧にノーリスクで5000円もらえます。これほどの好条件はあまり無いでしょう。

現在のREITの利回りランキング上位は

当期予想利回り終値日付:2009.01.30

投資法人 当期予想分配金 終値 予想利回り
8962 日本レジデンシャル        8,600円 49,000円 40.0%
3229 日本コマーシャル          11,145円 60,000円 37.5%
8963 東京グロースリート         11,400円 65,800円 34.7%
8983 クリード・オフィス          10,500円 64,200円 27.9%
8969 プロスペクト・レジデンシャル    6,020円 46,800円 25.7%
8974 ラサール ジャパン          8,100円 68,300円 23.9%
8970 ジャパン・シングルレジデンス   5,600円 48,200円 23.2%
8973 ジョイント・リート           11,000円 114,500円 19.2%
8981 ジャパン・ホテル・アンド・リゾート 18,862円 105,400円 17.9%
8966 クレッシェンド             8,810円 104,300円 16.9%

となっています。

これほどの利回りを実現したのは金融危機による借金借り換え不可で破綻するのではという恐怖です。

で簡単に言うと借金の目処がたてば、収入は家賃ですから一般株式の様に赤字にはなりません。

そう考えるとREIT投資が一般に浸透すればこの問題を払拭することは容易であることはわかるはずです。

つまり、投資家が投資法人債を引き受ければ危機は存在しないし、そうなると銀行も貸し渋りをすることはなくなる。


REITトラコミュ情報も参考にしてください。

REIT情報が充実してきました。↓
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT


つまり、貸してもいいけど、それは自分を含めたトータルで十分な資金が集まりREIT運営に支障が無ければと言う条件があるわけです。

つまり資金不足になれば物件を捨て値で売らねばならず、結果その損失が配当を奪ってしまうからです。

であれば、やはりREIT投資家の今の考え方

「いい銘柄を選択して保有すればいい。」

というのは大きな誤りだということがわかります。今重要なのは、REIT投資を広め、投資家を増やし、資金供給に不安を起こさせないことだと思います。

株でも何でも買うときは安く買いたいものですがその為の安易な売り煽りが実際には安く買ったものが更にそれから安くなってしまうという間抜けを演じます。一般には空売り銘柄ではないREITはもし買ったら、その後はREITを広める努力をするべきだと思います。

そんな訳で以下のクリックで当ブログのランキングに協力して欲しいのです。

 _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

にほんブログ村 株ブログへ
現在、投資信託ブログランキング3位まで来ています。株式ランキング上位にREITブログがあるだけでREITってよく聞くけどなんだっけということになるのではと思っています。REIT保有者の思っている程、REIT非保有者の認知度は高くありません。

REITのブログが投資信託ランキングだけでなく株式ランキング上位に並ぶ日もあと5年くらいで来るかも知れません。
現在1325位です。↓





 
にほんブログ村 株ブログへ

試しに「REITの利回りってどれくらいか知ってる?」と周りの人に聞いてみてください。それだけでREITの普及になると思います。回答の多くは「REITって何だっけ?」と聞き返して利回りを答えません。

我田引水は承知の上です。しかし、当ブログは2005年8月以来、さまざまな情報をお送りしています。そしてREIT中心のブログとしてはそれなりの更新頻度があると思います。また、全投資法人に対する通信費は相当額に達しています。

そんな事情も加味して当ブログを応援してやってもいいと言う方は応援していただければ嬉しいです。

もしREITを保有している方、REIT投資信託、REIT−ETFを保有している方にはたった数秒のクリックでREITの普及によるREIT価格の安定化と言う面で還元できるかも知れません。株式投資額の数パーセントでもREITに回れば、REIT投資家の大きな利益になるのでは我田引水のコメントで本日の記事を終わりにしたいと思います。


月3回まで振込み無料の銀行です。 

     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ

私のホームページ

     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。 
にほんブログ村 株ブログへ

日本レジデンシャル投資法人の見解!「パシフィックHDが破綻したら!」


取引条件はありません。入金した時点で5000円もらえるので完璧にノーリスクで5000円もらえます。これほどの好条件はあまり無いでしょう。

日本レジデンシャル投資法人のスポンサーのパシフィックHDが債務超過で破綻した場合、どうなるかという見解を同法人の運用会社のパシフィックレジデンシャル株式会社の管理部 エクイティチーム延島 睦さんからいただきました。

「投資法人はスポンサー会社から独立した存在であり、スポンサーの業況と何らリンクするものではございません。万が一、スポンサー会社が倒産した場合は、運用会社のパシフィックレジデンシャルのスポンサーの変更とういことが考えられます。」

上記内容に関して私はもっともな事と考えています。

で当然のことかも知れませんがそれでも影響を受ける、日本レジデンシャル投資法人の信用力低下と言う問題には言及しませんでした。

ですからそれらの問題が生じて負債、投資法人債の返済期限時の資金繰りに窮した場合に関してはあくまでも間接的影響として捉えられるのでしょう。

やはり投資は自己責任です。皆さんはどう考えますか?良いスポンサーがみつかればいいのですが。

REITトラコミュ情報も参考にしてください。

REIT情報が充実してきました。↓
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT


固定相場のEURDKK投資

−−−−

週末に親会社のパシフィックが上場延期したので破綻観測で日本レジデンシャルが大幅安です。

以下は前回の記事ですがそれから大きく事情が変わりました。

昨日の記事に書いたREIT救済の検討開始ですが、本日、日銀が以下の決定を発表しました。

 [東京 22日 ロイター] 日銀は21、22日開催の金融政策決定会合で、コマーシャルペーパー(CP)の買い取りについて、債務履行能力が高いとされる「a─1」格相当に限るなどの条件を決定した。 

 合わせて議長である白川方明総裁が執行部に対して、残存期間1年以内の社債の買い取りを検討するよう指示したほか、金融調節の一層の円滑化を図る観点から、不動産投資法人債や不動産投資法人が振り出す手形などを適格担保とすることも決めた。利下げ余地が限られる中で、今後は流動性供給を強化することで企業金融を支援する姿勢を鮮明にした。

REITトラコミュ情報も参考にしてください。

REIT情報が充実してきました。↓
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT


 日銀が買い取るCPの規模は、資産担保CP(ABCP)も含め3兆円が上限。3月末まで買い取りを継続することで、年度末に向けて懸念される企業の資金繰りを支援する。白川総裁は、会合後の記者会見で「CPというのはマーケットで資金調達する最後の手段。そのCP市場の機能が大きく低下した事態に対して、日銀が買うことによってCP市場の機能回復を側面から支援する。この意味は大きい」と指摘。その上で「12月に日銀が買い入れ方針を発表したあと、日本政策投資銀行の買い入れとも相まってCPの発行環境は上位格付けを中心に改善を見てきているということも、そうした効果の大きさを潜在的に示している」と政策効果を強調した。

 _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ


月3回まで振込み無料の銀行です。 

 この日の会合では、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標は全員一致で0.1%前後に据え置いた。今後の金融政策の展開に関連し、白川総裁は「ここまでオーバーナイト金利が下がってくると、企業が実際に資金調達をする長めの資金の金利をどのように引き下げていくのか、量に関する安心感をどうやって確保するのかということが実質的に意味のある論点だ」と述べ、今後の金融政策の力点が、企業金融の支援に移る方針を示した。

 また、前回会合で表明した長期国債の残存期間別の買い入れについては、1年以下を年5兆5200億円、1年超10年以下を同9兆6000億円、10年超を同9000億円、変動利付債を同6000億円、物価連動債を同1800億円とすることを決めた。

 日銀は中央銀行の財務の健全性などを確保するために、なし崩し的なリスク資産の購入には歯止めをかけたい意向。このため会合では金融商品の買い入れについての基本的な考え方も整理し、当該金融商品の市場金利が発行企業の特性如何にかかわらず全体として高騰する、あるいは市場機能が著しく低下しており、これが企業金融全体のひっ迫につながっていることなどを買い入れの条件とした。


     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ

 
 同時に「今回発表した基本的な考え方を踏まえて、最終的に日本の経済・金融情勢をみて判断していく」と述べ、日本経済がさらに悪化した場合の政策対応に余地を残した。

 <日本経済は2年連続でマイナス成長へ>

 会合では、昨年10月末に公表した「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)の中間評価も行った。政策委員が予測する2009年度実質国内総生産(GDP)成長率の中央値は前年度比マイナス2.0%となり、昨年10月時点の同プラス0.6%から下方修正された。08年度も同マイナス1.8%に下方修正となり、この結果、2年連続のマイナス成長見通しとなった。

 2010年度は10月時点の同プラス1.7%から伸び率は縮小したものの、同プラス1.5%のプラス成長と見込んでいる。 

 日銀は22日に発表した声明で、足元の景気について「大幅に悪化している」と指摘。12月の「悪化している」から下方修正した。

 一方、09年度消費者物価指数(除く生鮮食品、CPI)見通しの中央値も昨年10月時点の前年比横ばい(0.0%)から同マイナス1.1%に修正。2010年度も同マイナス0.4%を予測している。

私のホームページ


 声明では、CPIについて「石油製品価格の下落や食料品価格の落ち着きを反映して足もと低下しており、春ごろにかけては、需給バランスの悪化も加わって、マイナスになっていく」との見通しを示したが、2010年度までの中心的な見通しとしては「中長期的な成長期待やインフレ予想が大きく変化しないもとで、2009年度後半以降、国際金融資本市場が落ち着きを取り戻し、海外経済が減速局面を脱するにつれ、日本経済も持ち直し、物価の下落幅も縮小していく」との姿を描いた。

 その上で「こうした下で、見通し期間の後半には、物価安定のもとでの持続的成長経路へ復していく展望が拓けるとみられるものの、このような見通しを巡る不確実性は高い」と付け加えた。

ホームページへ

豊証券の外国為替証拠金取引「ゆたかFX」は手数料0円!取り扱いペアも30種類


 CPIについては予測通りなら、09年度、2010年度と2年連続で日銀が公表している中長期的な物価安定の理解(0─2%)を下回ることになるが、白川総裁は「中長期的にみた予想インフレ率が変化するかどうかが非常に大事。ゾーンからはみ出たから直ちに金融政策上の対応が必要であるということでは必ずしもない」と述べ、重要なのは予想インフレ率だとの認識を繰り返した。

 その予想インフレ率については「今のところ大きく下落するという感じはではない」と強調。さらに「デフレスパイラルに陥っていくという感じではない」とも語った。 


ホームページトップへ

 一方、社債の買い切りは、昨年暮れに決めたコマーシャルペーパー(CP)の買い切りに続き、検討課題になっていた。社債はCPより償還までの期間が長く、日銀が損失を被るリスクが高い。買い切り対象にする場合は、償還期間が短めで、格付けも高いものにするといった条件を付ける見通しだ。

 決定会合では、09年度の実質経済成長率の見通しも改定。昨年10月に示したプラス0.6%から、マイナス1%台後半へと大幅に引き下げるとの見方が強まっている。


     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。 
にほんブログ村 株ブログへ




パシフィックの決算延期で日本レジデンシャル大幅安!


取引条件はありません。入金した時点で5000円もらえるので完璧にノーリスクで5000円もらえます。これほどの好条件はあまり無いでしょう。

週末に親会社のパシフィックが上場延期したので破綻観測で日本レジデンシャルが大幅安です。

以下は前回の記事ですがそれから大きく事情が変わりました。

昨日の記事に書いたREIT救済の検討開始ですが、本日、日銀が以下の決定を発表しました。

 [東京 22日 ロイター] 日銀は21、22日開催の金融政策決定会合で、コマーシャルペーパー(CP)の買い取りについて、債務履行能力が高いとされる「a─1」格相当に限るなどの条件を決定した。 

 合わせて議長である白川方明総裁が執行部に対して、残存期間1年以内の社債の買い取りを検討するよう指示したほか、金融調節の一層の円滑化を図る観点から、不動産投資法人債や不動産投資法人が振り出す手形などを適格担保とすることも決めた。利下げ余地が限られる中で、今後は流動性供給を強化することで企業金融を支援する姿勢を鮮明にした。

REITトラコミュ情報も参考にしてください。

REIT情報が充実してきました。↓
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT


 日銀が買い取るCPの規模は、資産担保CP(ABCP)も含め3兆円が上限。3月末まで買い取りを継続することで、年度末に向けて懸念される企業の資金繰りを支援する。白川総裁は、会合後の記者会見で「CPというのはマーケットで資金調達する最後の手段。そのCP市場の機能が大きく低下した事態に対して、日銀が買うことによってCP市場の機能回復を側面から支援する。この意味は大きい」と指摘。その上で「12月に日銀が買い入れ方針を発表したあと、日本政策投資銀行の買い入れとも相まってCPの発行環境は上位格付けを中心に改善を見てきているということも、そうした効果の大きさを潜在的に示している」と政策効果を強調した。

 _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ


全員に5000円


月3回まで振込み無料の銀行です。 

 この日の会合では、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標は全員一致で0.1%前後に据え置いた。今後の金融政策の展開に関連し、白川総裁は「ここまでオーバーナイト金利が下がってくると、企業が実際に資金調達をする長めの資金の金利をどのように引き下げていくのか、量に関する安心感をどうやって確保するのかということが実質的に意味のある論点だ」と述べ、今後の金融政策の力点が、企業金融の支援に移る方針を示した。

 また、前回会合で表明した長期国債の残存期間別の買い入れについては、1年以下を年5兆5200億円、1年超10年以下を同9兆6000億円、10年超を同9000億円、変動利付債を同6000億円、物価連動債を同1800億円とすることを決めた。

 日銀は中央銀行の財務の健全性などを確保するために、なし崩し的なリスク資産の購入には歯止めをかけたい意向。このため会合では金融商品の買い入れについての基本的な考え方も整理し、当該金融商品の市場金利が発行企業の特性如何にかかわらず全体として高騰する、あるいは市場機能が著しく低下しており、これが企業金融全体のひっ迫につながっていることなどを買い入れの条件とした。

     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ

 
 

 同時に「今回発表した基本的な考え方を踏まえて、最終的に日本の経済・金融情勢をみて判断していく」と述べ、日本経済がさらに悪化した場合の政策対応に余地を残した。

 <日本経済は2年連続でマイナス成長へ>

 会合では、昨年10月末に公表した「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)の中間評価も行った。政策委員が予測する2009年度実質国内総生産(GDP)成長率の中央値は前年度比マイナス2.0%となり、昨年10月時点の同プラス0.6%から下方修正された。08年度も同マイナス1.8%に下方修正となり、この結果、2年連続のマイナス成長見通しとなった。

 2010年度は10月時点の同プラス1.7%から伸び率は縮小したものの、同プラス1.5%のプラス成長と見込んでいる。 

 日銀は22日に発表した声明で、足元の景気について「大幅に悪化している」と指摘。12月の「悪化している」から下方修正した。

 一方、09年度消費者物価指数(除く生鮮食品、CPI)見通しの中央値も昨年10月時点の前年比横ばい(0.0%)から同マイナス1.1%に修正。2010年度も同マイナス0.4%を予測している。

私のホームページ

5000円もらえます。

全員に5000円もらえます。

 声明では、CPIについて「石油製品価格の下落や食料品価格の落ち着きを反映して足もと低下しており、春ごろにかけては、需給バランスの悪化も加わって、マイナスになっていく」との見通しを示したが、2010年度までの中心的な見通しとしては「中長期的な成長期待やインフレ予想が大きく変化しないもとで、2009年度後半以降、国際金融資本市場が落ち着きを取り戻し、海外経済が減速局面を脱するにつれ、日本経済も持ち直し、物価の下落幅も縮小していく」との姿を描いた。

 その上で「こうした下で、見通し期間の後半には、物価安定のもとでの持続的成長経路へ復していく展望が拓けるとみられるものの、このような見通しを巡る不確実性は高い」と付け加えた。

ホームページへ



豊証券の外国為替証拠金取引「ゆたかFX」は手数料0円!取り扱いペアも30種類




 CPIについては予測通りなら、09年度、2010年度と2年連続で日銀が公表している中長期的な物価安定の理解(0─2%)を下回ることになるが、白川総裁は「中長期的にみた予想インフレ率が変化するかどうかが非常に大事。ゾーンからはみ出たから直ちに金融政策上の対応が必要であるということでは必ずしもない」と述べ、重要なのは予想インフレ率だとの認識を繰り返した。

 その予想インフレ率については「今のところ大きく下落するという感じはではない」と強調。さらに「デフレスパイラルに陥っていくという感じではない」とも語った。 


ホームページトップへ

 一方、社債の買い切りは、昨年暮れに決めたコマーシャルペーパー(CP)の買い切りに続き、検討課題になっていた。社債はCPより償還までの期間が長く、日銀が損失を被るリスクが高い。買い切り対象にする場合は、償還期間が短めで、格付けも高いものにするといった条件を付ける見通しだ。

 決定会合では、09年度の実質経済成長率の見通しも改定。昨年10月に示したプラス0.6%から、マイナス1%台後半へと大幅に引き下げるとの見方が強まっている。


     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。 
にほんブログ村 株ブログへ




パシフィックの決算延期で日本レジデンシャル大幅安!


取引条件はありません。入金した時点で5000円もらえるので完璧にノーリスクで5000円もらえます。これほどの好条件はあまり無いでしょう。

週末に親会社のパシフィックが上場延期したので破綻観測で日本レジデンシャルが大幅安です。

以下は前回の記事ですがそれから大きく事情が変わりました。

昨日の記事に書いたREIT救済の検討開始ですが、本日、日銀が以下の決定を発表しました。

 [東京 22日 ロイター] 日銀は21、22日開催の金融政策決定会合で、コマーシャルペーパー(CP)の買い取りについて、債務履行能力が高いとされる「a─1」格相当に限るなどの条件を決定した。 

 合わせて議長である白川方明総裁が執行部に対して、残存期間1年以内の社債の買い取りを検討するよう指示したほか、金融調節の一層の円滑化を図る観点から、不動産投資法人債や不動産投資法人が振り出す手形などを適格担保とすることも決めた。利下げ余地が限られる中で、今後は流動性供給を強化することで企業金融を支援する姿勢を鮮明にした。

REITトラコミュ情報も参考にしてください。

REIT情報が充実してきました。↓
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT


 日銀が買い取るCPの規模は、資産担保CP(ABCP)も含め3兆円が上限。3月末まで買い取りを継続することで、年度末に向けて懸念される企業の資金繰りを支援する。白川総裁は、会合後の記者会見で「CPというのはマーケットで資金調達する最後の手段。そのCP市場の機能が大きく低下した事態に対して、日銀が買うことによってCP市場の機能回復を側面から支援する。この意味は大きい」と指摘。その上で「12月に日銀が買い入れ方針を発表したあと、日本政策投資銀行の買い入れとも相まってCPの発行環境は上位格付けを中心に改善を見てきているということも、そうした効果の大きさを潜在的に示している」と政策効果を強調した。

 _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ


全員に5000円


月3回まで振込み無料の銀行です。 

 この日の会合では、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標は全員一致で0.1%前後に据え置いた。今後の金融政策の展開に関連し、白川総裁は「ここまでオーバーナイト金利が下がってくると、企業が実際に資金調達をする長めの資金の金利をどのように引き下げていくのか、量に関する安心感をどうやって確保するのかということが実質的に意味のある論点だ」と述べ、今後の金融政策の力点が、企業金融の支援に移る方針を示した。

 また、前回会合で表明した長期国債の残存期間別の買い入れについては、1年以下を年5兆5200億円、1年超10年以下を同9兆6000億円、10年超を同9000億円、変動利付債を同6000億円、物価連動債を同1800億円とすることを決めた。

 日銀は中央銀行の財務の健全性などを確保するために、なし崩し的なリスク資産の購入には歯止めをかけたい意向。このため会合では金融商品の買い入れについての基本的な考え方も整理し、当該金融商品の市場金利が発行企業の特性如何にかかわらず全体として高騰する、あるいは市場機能が著しく低下しており、これが企業金融全体のひっ迫につながっていることなどを買い入れの条件とした。


     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ

 
 

 同時に「今回発表した基本的な考え方を踏まえて、最終的に日本の経済・金融情勢をみて判断していく」と述べ、日本経済がさらに悪化した場合の政策対応に余地を残した。

 <日本経済は2年連続でマイナス成長へ>

 会合では、昨年10月末に公表した「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)の中間評価も行った。政策委員が予測する2009年度実質国内総生産(GDP)成長率の中央値は前年度比マイナス2.0%となり、昨年10月時点の同プラス0.6%から下方修正された。08年度も同マイナス1.8%に下方修正となり、この結果、2年連続のマイナス成長見通しとなった。

 2010年度は10月時点の同プラス1.7%から伸び率は縮小したものの、同プラス1.5%のプラス成長と見込んでいる。 

 日銀は22日に発表した声明で、足元の景気について「大幅に悪化している」と指摘。12月の「悪化している」から下方修正した。

 一方、09年度消費者物価指数(除く生鮮食品、CPI)見通しの中央値も昨年10月時点の前年比横ばい(0.0%)から同マイナス1.1%に修正。2010年度も同マイナス0.4%を予測している。

私のホームページ

5000円もらえます。

全員に5000円もらえます。

 声明では、CPIについて「石油製品価格の下落や食料品価格の落ち着きを反映して足もと低下しており、春ごろにかけては、需給バランスの悪化も加わって、マイナスになっていく」との見通しを示したが、2010年度までの中心的な見通しとしては「中長期的な成長期待やインフレ予想が大きく変化しないもとで、2009年度後半以降、国際金融資本市場が落ち着きを取り戻し、海外経済が減速局面を脱するにつれ、日本経済も持ち直し、物価の下落幅も縮小していく」との姿を描いた。

 その上で「こうした下で、見通し期間の後半には、物価安定のもとでの持続的成長経路へ復していく展望が拓けるとみられるものの、このような見通しを巡る不確実性は高い」と付け加えた。

ホームページへ



豊証券の外国為替証拠金取引「ゆたかFX」は手数料0円!取り扱いペアも30種類




 CPIについては予測通りなら、09年度、2010年度と2年連続で日銀が公表している中長期的な物価安定の理解(0─2%)を下回ることになるが、白川総裁は「中長期的にみた予想インフレ率が変化するかどうかが非常に大事。ゾーンからはみ出たから直ちに金融政策上の対応が必要であるということでは必ずしもない」と述べ、重要なのは予想インフレ率だとの認識を繰り返した。

 その予想インフレ率については「今のところ大きく下落するという感じはではない」と強調。さらに「デフレスパイラルに陥っていくという感じではない」とも語った。 


ホームページトップへ

 一方、社債の買い切りは、昨年暮れに決めたコマーシャルペーパー(CP)の買い切りに続き、検討課題になっていた。社債はCPより償還までの期間が長く、日銀が損失を被るリスクが高い。買い切り対象にする場合は、償還期間が短めで、格付けも高いものにするといった条件を付ける見通しだ。

 決定会合では、09年度の実質経済成長率の見通しも改定。昨年10月に示したプラス0.6%から、マイナス1%台後半へと大幅に引き下げるとの見方が強まっている。


     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。 
にほんブログ村 株ブログへ




日銀のREIT救済決定!日本レジデンシャル投資法人ストップ高!


取引条件はありません。入金した時点で5000円もらえるので完璧にノーリスクで5000円もらえます。これほどの好条件はあまり無いでしょう。

昨日の記事に書いたREIT救済の検討開始ですが、本日、日銀が以下の決定を発表しました。

 [東京 22日 ロイター] 日銀は21、22日開催の金融政策決定会合で、コマーシャルペーパー(CP)の買い取りについて、債務履行能力が高いとされる「a─1」格相当に限るなどの条件を決定した。 

 合わせて議長である白川方明総裁が執行部に対して、残存期間1年以内の社債の買い取りを検討するよう指示したほか、金融調節の一層の円滑化を図る観点から、不動産投資法人債や不動産投資法人が振り出す手形などを適格担保とすることも決めた。利下げ余地が限られる中で、今後は流動性供給を強化することで企業金融を支援する姿勢を鮮明にした。

REITトラコミュ情報も参考にしてください。

REIT情報が充実してきました。↓
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT


 日銀が買い取るCPの規模は、資産担保CP(ABCP)も含め3兆円が上限。3月末まで買い取りを継続することで、年度末に向けて懸念される企業の資金繰りを支援する。白川総裁は、会合後の記者会見で「CPというのはマーケットで資金調達する最後の手段。そのCP市場の機能が大きく低下した事態に対して、日銀が買うことによってCP市場の機能回復を側面から支援する。この意味は大きい」と指摘。その上で「12月に日銀が買い入れ方針を発表したあと、日本政策投資銀行の買い入れとも相まってCPの発行環境は上位格付けを中心に改善を見てきているということも、そうした効果の大きさを潜在的に示している」と政策効果を強調した。

 _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ


全員に5000円


月3回まで振込み無料の銀行です。 

 この日の会合では、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標は全員一致で0.1%前後に据え置いた。今後の金融政策の展開に関連し、白川総裁は「ここまでオーバーナイト金利が下がってくると、企業が実際に資金調達をする長めの資金の金利をどのように引き下げていくのか、量に関する安心感をどうやって確保するのかということが実質的に意味のある論点だ」と述べ、今後の金融政策の力点が、企業金融の支援に移る方針を示した。

 また、前回会合で表明した長期国債の残存期間別の買い入れについては、1年以下を年5兆5200億円、1年超10年以下を同9兆6000億円、10年超を同9000億円、変動利付債を同6000億円、物価連動債を同1800億円とすることを決めた。

 日銀は中央銀行の財務の健全性などを確保するために、なし崩し的なリスク資産の購入には歯止めをかけたい意向。このため会合では金融商品の買い入れについての基本的な考え方も整理し、当該金融商品の市場金利が発行企業の特性如何にかかわらず全体として高騰する、あるいは市場機能が著しく低下しており、これが企業金融全体のひっ迫につながっていることなどを買い入れの条件とした。


     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ

 
 

 同時に「今回発表した基本的な考え方を踏まえて、最終的に日本の経済・金融情勢をみて判断していく」と述べ、日本経済がさらに悪化した場合の政策対応に余地を残した。

 <日本経済は2年連続でマイナス成長へ>

 会合では、昨年10月末に公表した「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)の中間評価も行った。政策委員が予測する2009年度実質国内総生産(GDP)成長率の中央値は前年度比マイナス2.0%となり、昨年10月時点の同プラス0.6%から下方修正された。08年度も同マイナス1.8%に下方修正となり、この結果、2年連続のマイナス成長見通しとなった。

 2010年度は10月時点の同プラス1.7%から伸び率は縮小したものの、同プラス1.5%のプラス成長と見込んでいる。 

 日銀は22日に発表した声明で、足元の景気について「大幅に悪化している」と指摘。12月の「悪化している」から下方修正した。

 一方、09年度消費者物価指数(除く生鮮食品、CPI)見通しの中央値も昨年10月時点の前年比横ばい(0.0%)から同マイナス1.1%に修正。2010年度も同マイナス0.4%を予測している。

私のホームページ

5000円もらえます。

全員に5000円もらえます。

 声明では、CPIについて「石油製品価格の下落や食料品価格の落ち着きを反映して足もと低下しており、春ごろにかけては、需給バランスの悪化も加わって、マイナスになっていく」との見通しを示したが、2010年度までの中心的な見通しとしては「中長期的な成長期待やインフレ予想が大きく変化しないもとで、2009年度後半以降、国際金融資本市場が落ち着きを取り戻し、海外経済が減速局面を脱するにつれ、日本経済も持ち直し、物価の下落幅も縮小していく」との姿を描いた。

 その上で「こうした下で、見通し期間の後半には、物価安定のもとでの持続的成長経路へ復していく展望が拓けるとみられるものの、このような見通しを巡る不確実性は高い」と付け加えた。

ホームページへ



豊証券の外国為替証拠金取引「ゆたかFX」は手数料0円!取り扱いペアも30種類




 CPIについては予測通りなら、09年度、2010年度と2年連続で日銀が公表している中長期的な物価安定の理解(0─2%)を下回ることになるが、白川総裁は「中長期的にみた予想インフレ率が変化するかどうかが非常に大事。ゾーンからはみ出たから直ちに金融政策上の対応が必要であるということでは必ずしもない」と述べ、重要なのは予想インフレ率だとの認識を繰り返した。

 その予想インフレ率については「今のところ大きく下落するという感じはではない」と強調。さらに「デフレスパイラルに陥っていくという感じではない」とも語った。 


ホームページトップへ

 一方、社債の買い切りは、昨年暮れに決めたコマーシャルペーパー(CP)の買い切りに続き、検討課題になっていた。社債はCPより償還までの期間が長く、日銀が損失を被るリスクが高い。買い切り対象にする場合は、償還期間が短めで、格付けも高いものにするといった条件を付ける見通しだ。

 決定会合では、09年度の実質経済成長率の見通しも改定。昨年10月に示したプラス0.6%から、マイナス1%台後半へと大幅に引き下げるとの見方が強まっている。


     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。 
にほんブログ村 株ブログへ




不動産投信債担保に資金供給検討!日本レジデンシャル投資法人は6.35%の上昇!


取引条件はありません。入金した時点で5000円もらえるので完璧にノーリスクで5000円もらえます。これほどの好条件はあまり無いでしょう。

不動産投信債担保に資金供給検討 日銀、社債買い切りも
2009年1月19日15時5分

 日本銀行は、金融機関に資金を貸すときの担保に、上場不動産投資信託(Jリート)が発行する投資法人債券を新しく加える検討に入った。この債券は不動産市況の悪化と金融危機で取引がマヒし、対策を求める声が出ていた。日銀はさらに、一般企業の社債の買い切りを通じた資金供給も検討する。

 日銀は、21、22日の金融政策決定会合で資金供給策の拡大を議論する予定だ。

 _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ


全員に5000円


月3回まで振込み無料の銀行です。

 Jリートは不動産の賃貸収入を投信購入者に分ける仕組み。資金調達のため、一般企業の社債にあたる投資法人債も金融機関などに売っていた。しかし、サブプライムローン問題が深刻になった一昨年から新規発行が難しくなり、昨年9月にリーマン・ブラザーズが破綻(はたん)した後には、既に発行された債券の取引も停滞。国土交通省や不動産業界、金融機関は資金繰りが厳しくなる年度末を控え、日銀に働きかけを強めていた。

 日銀は短期金利を操作する主な手段として、金融機関から担保をとってカネを貸しているが、担保は国債や格付けの高い社債など、信用力があり市場での取引も多い商品に限っていた。市場規模が約7千億円で取引も薄い投資法人債が担保に認められれば、きわめて異例だ。日銀は、金融機関を通じて不動産市場に資金が流れる効果が期待できるとみている。

ホームページトップへ


REITトラコミュ情報も参考にしてください。

REIT情報が充実してきました。↓
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT


 一方、社債の買い切りは、昨年暮れに決めたコマーシャルペーパー(CP)の買い切りに続き、検討課題になっていた。社債はCPより償還までの期間が長く、日銀が損失を被るリスクが高い。買い切り対象にする場合は、償還期間が短めで、格付けも高いものにするといった条件を付ける見通しだ。

 決定会合では、09年度の実質経済成長率の見通しも改定。昨年10月に示したプラス0.6%から、マイナス1%台後半へと大幅に引き下げるとの見方が強まっている。

     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ

 
 

このニュースを受け日本レジデンシャル投資法人は6.35%の上昇。一時ストップ高となった。

ホームページへ



豊証券の外国為替証拠金取引「ゆたかFX」は手数料0円!取り扱いペアも30種類





     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。 
にほんブログ村 株ブログへ

私のホームページ

5000円もらえます。

全員に5000円もらえます。

にほんブログ村 株ブログへ

日本レジデンシャル投資法人の稼働率低下とギャンブル投資!


取引条件はありません。入金した時点で5000円もらえるので完璧にノーリスクで5000円もらえます。これほどの好条件はあまり無いでしょう。

日本レジデンシャル投資法人の株価が6万1700円とかなり落ちてきている。

利回りは3116円の分配金で計算して10.1%ですがこれは違約金を支払った事に寄ります。

違約金がなかった前の期は14577円でしたからこれで計算すると47.3%となる。

実際には金利上昇などで14577円は無理。でも3116円と14577円のどちらに近いかと言えば14577円でしょう。

ホームページトップへ


   _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ

これは現株価で10.1%より47.3%の方に近いということです。

で10.1%でも十分な利回りですから破綻しなければおいしい投資かもしれません。

あくまでもギャンブルとして見てですが!


全員に5000円


月3回まで振込み無料の銀行です。

で気になるデータは稼働率

稼働率


REITトラコミュ情報も参考にしてください。

REIT情報が充実してきました。↓
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT



     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ

重要な主要5区の稼働率が半年で4.9%下落。全体の48.3%ですから結構大きいです。景気の悪さが影響しているようです。
 
 

でも実際には破綻しないで仮に33.3%の利回り程度なら次回の決算予想がでた時に大きく上がる可能性がありますからギャンブルとしては面白いでしょう。

高額リートが10%株価下落する確率とここが破綻する確率はどっちがたかいでしょうか?


ホームページへ



豊証券の外国為替証拠金取引「ゆたかFX」は手数料0円!取り扱いペアも30種類





     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。 
にほんブログ村 株ブログへ

私のホームページ

5000円もらえます。

全員に5000円もらえます。

にほんブログ村 株ブログへ

MHAMJ-REITインデックスファンド(毎月) 8000円台回復!


取引条件はありません。入金した時点で5000円もらえるので完璧にノーリスクで5000円もらえます。これほどの好条件はあまり無いでしょう。

以下はカブドットコムの口座ですかがREIT2銘柄がプラスに転じました。

kabucom

ホームページトップへ

何にしてもMHAMJ-REITインデックスファンド(毎月) 8000円台回復は久しぶりです。昨年の11月4日以来です。

   _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ

最近の値動きはこんな感じ!(本日は8029円)

日付 基準価額 純資産総額(百万)
2009年1月6日 7,884 14,382
2009年1月5日 7,861 14,178
2008年12月30日 7,754 13,965
2008年12月29日 7,655 13,788
2008年12月26日 7,743 13,941
2008年12月25日 7,655 13,784
2008年12月24日 7,672 13,818
2008年12月22日 7,903 14,368
2008年12月19日 7,976 14,507
2008年12月18日 7,740 13,927
2008年12月17日 7,783 14,009
2008年12月16日 7,695 13,848
2008年12月15日 7,853 14,114
2008年12月12日 7,725 13,892
2008年12月11日 7,825 14,106
2008年12月10日 7,869 14,181
2008年12月9日 7,105 12,800
2008年12月8日 6,648 11,974
2008年12月5日 6,574 11,837
2008年12月4日 6,853 12,341
2008年12月3日 6,925 12,472
2008年12月2日 6,937 12,473
2008年12月1日 7,063 12,710
2008年11月28日 7,524 13,631
2008年11月27日 7,102 12,869
2008年11月26日 6,965 12,620
2008年11月25日 6,788 12,304
2008年11月21日 6,532 11,833
2008年11月20日 6,337 11,467
2008年11月19日 6,471 11,653
2008年11月18日 6,678 12,029
2008年11月17日 6,910 12,431
2008年11月14日 6,901 12,411
2008年11月13日 6,915 12,349
2008年11月12日 7,148 12,762
2008年11月11日 7,181 12,819
2008年11月10日 7,235 12,907
2008年11月7日 7,361 13,243
2008年11月6日 7,388 13,190
2008年11月5日 7,787 13,902
2008年11月4日 8,011 14,295


月3回まで振込み無料の銀行です。


REITトラコミュ情報も参考にしてください。

REIT情報が充実してきました。↓
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT


チャートはこんな感じです。

チャート

基本はJ−REITですが少量ワールド・リートを買って見ただけですけど、今後の動きを見ながら決めたいと思います。


振込みが月3回無料です。

     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。

 
にほんブログ村 株ブログへ


 
 


ホームページへ



豊証券の外国為替証拠金取引「ゆたかFX」は手数料0円!取り扱いペアも30種類





     _| ̄|○ 私の記事を継続するために...。 
にほんブログ村 株ブログへ

私のホームページ

5000円もらえます。

全員に5000円もらえます。

にほんブログ村 株ブログへ

お奨め!
REIT特選情報
世界のREIT指数
(米豪欧日)




DMM FXでは、業界最高水準極小スプレッドを実現しました!!
「USD/JPY 0銭〜」「EUR/JPY 1銭〜」「GBP/JPY 2銭〜」「AUD/JPY 2銭〜」「NZD/JPY 3銭〜」(USD/JPY 0銭〜とかでは分かりにくいという方は上記バナークリックでリアルタイムレートが見られます。)



 

Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ