これは、同じ原作者の「篤姫」とも共通なのですが、このドラマで感じていた違和感が何かわかりました。

それは、原作者が歴史の本を読み知っている知識を登場人物の多くが共有してしまっているからです。

歴史はその偶発性が面白いのであり、実際にその時代に生きている人は、その後の歴史などわからないのですが、このドラマの中で重要な登場人物を、重大事件に無関係にほって置く事が出来ない原作者なのです。


REIT情報が充実してきました。↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT


無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

本能寺の変というのは、突如起こり誰もがその知らせを受けて仰天するのですが、

このドラマでは、その時、秀吉、お市、江、利休がそれを予感します。まあ、利休が茶碗のひびを見つけて不吉を感じるくらいなら違和感は感じませんが、こうも勢ぞろいでは興ざめです。

更に、信長まで謀反の話を光秀と交わします。

そして、本能寺の変の時には信長に江の幻が現れます。

逆に野武士に囲まれた江には信長の亡霊が現れ、信長の生死の情報が伝わっていないのに、信長はもう死んだと江は家康に告げます。

まるで、オカルトドラマです。



 
にほんブログ村 株ブログへ

つまり、一寸先は闇の歴史の醍醐味の大河ドラマと言うより舞台劇の様なシナリオなわけです。

時代考証や事実通りだと話にメリハリがつかないので時に少しそれは無いだろという脱線が盛り込まれる程度だと面白いのですが、あまり頻発すると、大河ドラマとしての面白みがなくなります。




この原作者は当然、歴史を知っています。しかし、登場人物までもが教科書の年表でその後がわかるように、将来の事実を確信して描かれる所が違和感なのでしょう。

歴史では、それを成し遂げた本人ですら、為す前にそれが正しいかどうかわからない。

私はそれがおもしろいのですが、このドラマは歴史の上の事件をつなぎ合わせただけの様な印象を受けます。

結局、この原作者のドラマは役者の迫力次第です。宮崎あおいと上野樹里の力量の違いが、全てでしょう。

江も他の俳優がそれなりに実力者なので残念です。

まあ、あまり取り上げられることの無い、お市の三女を主人公にする以上、ふくらませないと話にならないので仕方ないでしょうか?

サイバーエージェントFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】








 


月3回まで振込み無料の銀行です。 


私のホームページ