1月27日付のMHAM J−REITインデックファンド(毎月決算型)愛称ビルオーナーのレポートを見ると

基準価額6,124円 配当利回り5.98%

となっている。

さて、何で私がビルオーナーのレポートを見るかというと、分配金利回りではなく、実際に年間にファンドがREITから受け取っている配当から割り出した利回りが見られるからです。

つまり、ファンドが出す分配金利回りは、タコ配である可能性があるので全く使えない。

ですが、他のREITは分配金利回りしか公表していないものが多い。ビルオーナーは毎週、週間レポートが出てくるので、状況が把握しやすいのです。



さて、ここから先は、以下のランキングをクリックすることを真剣に検討してから読んで欲しい。
そんな、読者の応援がブロガーのやる気を大きく左右します。よろしくおねがいします。



 
にほんブログ村 株ブログへ





皆様、お願いを無視せずに応援頂きありがとうございます。

さて、以下の図はオールアバウトのものですが、節分天井、彼岸底を表しています。


higanzoko









ご覧のように、3月10日〜3月21日に購入するのが有利だという傾向が見られます。

さて、今回の記事は実は安く買って、高く売る目的ではありません。

簡単に言うと、現時点で5.98%の利回りだから、もし彼岸底で下がるのなら6%を超える利回りですから、永久に保有しても良いのではないでしょうかという提案です。

REIT情報が充実してきました。↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 トラコミュ REITへ
REIT


無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

もし、REITが他の株式のように、収益が赤字になったり、大きく変化するなら、勝っている間に売ってしまう必要がある。あるいは値下がりすると逃げ場を失うというケースもあるでしょう。

しかし、サブプライムショック、リーマンショック、ギリシャショックもJ−REITは基本的に影響を受けませんでした。

当時は、企業が儲からないとオフィス空室率が極端に上がるとか、住宅REITdすら空室が増えるとか言われましたが、基本的にREITは乗り越えてきました。

個々で考えるべきは、私が買うのは個別REITでは無く、J−REITファンドだということです。

J−REITでも問題のあるREITがありました。

しかし、J−REITインデックスファンドはJ−REITインデックスと同じ動きを実現するために時価総額に比例して保有するので、実際は超優良の時価総額のファンドの比率があまりに多く、問題を起こす零細REITがあっても、影響が少ないと思います。

私は大昔、超優良REITの比率が多いことが不満でした。

理由は全体の配当利回りが低くなるからです。

ところが、利回りが6%くらいになれば、これを更に上げるためにオンボロREITを増やすのは逆に嫌です。

優良REITで配当の安定感を得たいのです。そうすれば、オンボロREITがこけても影響が軽微だからです。

逆に言うと、安定度のあるJ−REITインデックスファンドの比率で6%の利回りは魅力的です。



もし、まだ、ランキングに応援いただけていない方は、以下のランキングの応援を一考願えると嬉しいです。(読者数に対し、あまりにランキング応援が少ないのでお願いです。いつも応援していただけている方にも感謝いたします。)




 
にほんブログ村 株ブログへ



応援、感謝です。^^





投資信託が6月1日まで、購入手数料ゼロです。


さて、どうせ買うなら彼岸底を確認してからで良いと思います。もし下がらなくても買えばいいのです。

そして、利確するのは、2年後辺りに米国の景気が良くなり、巡り巡って、家賃収入が上がり、それに比例してREITが急騰した時です。

今までの様に、REITの人気が無くて、家賃収入が増えても、株価が上がらなくてもいいのです。だって、利回りが更に上がって6.5%なら、元本なんて、どうでもいいからです。

しかし、国も馬鹿ですよね。年金の運用にREITを使えばいいのに。まあ、そんなことしたら、REITを買うことができないほど上昇するかもしれません。そうであれば、今の内に買ってから...。




全員に5000円が貰えます。








 
全員に5000円が貰えます。


月3回まで振込み無料の銀行です。 


私のホームページ