こんにちは。
名南経営の右田です。

本日は会社と取引をするときのみならず、
一般的に目にする役職について書きたいと思います。

一番有名な役職と言えば・・・・
おそらく株式会社の「代表取締役社長」ではないでしょうか。

この役職、正確に区分すると

会社法上の「代表取締役」と
会社内のいわゆる役職の「社長」に分かれます。

会社を代表し、対外的に法律行為を行うのは株式会社で言えば、
「代表取締役」なのであって「社長」ではないのです。
(もちろん一般的に社長は代表権を持っているだろうと思われる役職なため、
代表する権利がないのに、あるかのように振る舞えばその責任を会社が負わされてしまう可能性はあります。)

株式会社と取引する際には、その相手が社長か否かではなく、
「取締役」か「代表取締役」かで判断する必要があるわけです。

民間企業に見られる「社長」を退いた方が付くことが多い「会長」という役職ですが、
「代表取締役会長」と「取締役会長」では対外的な影響力は大きく異なります。

対内的にはトップであっても対外的に契約などをするには代表権が必要だからです。

ニュースを見る際にも「社長」「CEO」という役職のみならず
会社法上どういった役職なのかという点を気にしてみると少し面白いかもしれません。

ただ、今回の話はあくまで株式会社の話です。
次回は、有限会社の代表者について触れたいと思います。