このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    鬼才といわれるレオス・カラックス監督作品であり、

    後に「アレックス三部作』と呼ばれる作品群の

    一作目であります。



    物語は恋人フロランスに振られたばかりの主人公、

    アレックスが彼女が残した傷から

    「最初の殺人未遂、83年5月25日。グロ・カユーの河岸にて」

    といった感じで自殺を図った場所と時間をメモを残し、

    一方のヒロインであるどこか遠い世界で暮らしている

    ミレーユも恋人ベルナールと喧嘩ばかりの日々を送って

    いるのです。

    この映画ではそんな二人が徐々に距離を縮め、ついに

    出会うことになるまでを負ったものですが、正直な話、

    この文章を書きながら初めて知ったようなお話ばかりです。

    今の僕には少し高尚すぎた話かもしれません…。



    ボーイ・ミーツ・ガール<HDニューマスター版> [Blu-ray]
    ドニ・ラヴァン
    アミューズソフトエンタテインメント
    2014-12-24


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」の

    後日談&年末公開劇場作品

    「ウルトラマンゼロTHE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」

    の壮大なプロローグその完結編です。



    ここでは第2話「ゼロの決死圏」が収録されており、

    ウルトラマンゼロの成長の軌跡が描かれます。

    多次元宇宙に浮かぶ謎の惑星チェイニーで繰り広げられる

    ダークロプスゼロと果てしなき激闘を繰り広げるウルトラマンゼロ。

    更にもう一方でレイを救うため、謎の宇宙人基地に潜入した

    ヒュウガの物語が展開していきます。



    個人的ハイライトはウルトラ5兄弟のロボットに追い詰められ、

    あわやゼロが…。といったところで師匠であるウルトラマンレオが

    さっそうと登場し、にせウルトラマン、セブンをゼロとともに

    倒し、合体光線であるウルトラダブルフラッシャーをレオとゼロの

    師弟コンビで繰り出すシーンですね。

    このシーンだけでもお腹いっぱいです。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    この作品は

    「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」

    の 後日談&とその完結篇にあたる

    「ウルトラマンゼロ THE MOVIE超決戦!ベリアル銀河帝国」

    のプロローグ作品という位置づけで制作された物語です。



    ここでは第1話「衝突する宇宙」が収録されており、

    悪へと落ちて行ったウルトラマン。ウルトラマンベリアルとの

    死闘を終え、晴れてウルトラ戦士の一員となったセブンの息子、

    ウルトラマンゼロが多次元宇宙に浮かぶ謎の惑星、チェイニーで

    ウルトラマンやウルトラセブンに

    そっくりのニセウルトラ兄弟たちや、

    はては自らの「そっくりさん」である一つ目の巨人

    「ダークロプスゼロ」と激闘を繰り広げていくのです。



    さらにはさらにレイの召喚するゴモラの前に、謎の

    強敵・メカゴモラが出現し、こちらも激闘が繰り広げられます。

    「新世代のウルトラマン」として時に鼻っ柱の強い

    ウルトラマンゼロの活躍ぶりが微笑ましいです。







      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    時に『狂気』とも取れるような独自の目線や

    強いこだわりを持って日本や世界を行脚し続ける

    「クレイジージャーニー」たちを特集したDVDの

    第4弾になります。




    本作にはリヤカーと己の肉体のみで世界中を歩いた

    2016年ギャラクシー賞5月度月間賞回を受賞した

    「リヤカーマン」こと永瀬忠志の回を収録されており、

    大変豪華なつくりとなっております。



    さらには

    ・【奇界遺産】×【地獄の入り口】⇒ 佐藤健寿

    ここでは佐藤氏がカメラをハイエナに噛まれる香ばしい展開があります。

    さらに

    ・【メキシコ麻薬戦争 前編・後編】⇒ 丸山ゴンザレス

    ではメキシコの地で繰り広げられている「メキシコ麻薬戦争」

    の実態を探るべく、命がけの現地取材を敢行しますが、見終えた後は

    言葉も出ず、僕もこれがきっかけで「メキシコ麻薬戦争」関連の

    本や映画を見るようになりました。エグいです。

    さらに

    ・【北極で偉業に挑む冒険家】⇒ 荻田泰永

    ではあたり一面氷の世界を無補給で北極へとそりをひたすら引いて

    目指し続ける荻田氏の姿に心打たれました。それにしても、1回の

    チャレンジにかかる費用が3000万円…。

    これはもう現代における「教養番組」といっても差支えはありません。




    クレイジージャーニー vol.4 [DVD]
    松本人志
    よしもとアール・アンド・シー
    2017-01-25

    このページのトップヘ