ばらいろ通信(改 ミニョン堂通信)

長い白猫と着物好きイラストレーターのまいにち

October 2006

チアコアの7周年イベントも今日で終了。あっと言う間です。日曜日は着物を着て私もイベント会場でニヤついてました。
watashi
天井のダクトに関しては薄目で見て下さい...着物&帯は大好きな大谷さらささんから嫁入り。もうこの着物...ヤバい...薔薇...おめかしスタイルでチアコアへ。たくさんの方とお会いできて非常に嬉しかったです。自分人見知りなもんで(高倉健口調で)なかなか気の効いたトンチやセリフを言えませんでしたが皆さんとても優しくて嬉しかったです。ほんとうにありがとうございました。

店主がお客さまからお祝いにとても可愛いお菓子をいただいていたので、ちょうど来ていらしたSpaghetti Vabune!のちいこさんにモデルになってもらう。なんて可愛いのでしょう!私はもしも次生まれかわれるならこんな感じの女の子に生まれたいと中学生の頃から真剣に思っています。華奢で小さくてギャワイイ...ゲボ...
kawaii
それにしてもお客さまが「おみや」に持って来られるモノ達のセンスの良さに感服!眼福!皆さん本当にナイスセンス!GJ!おこぼれに預かり過ぎていっきにデブの国にINしました。デブの国は片道切符しか無いのでなんとか帰ってこえるように腹筋して寝ました。

この日は店主もキモノ。お色気スタイルだったのでチアコアがラウンジに早変わりしたようだった。店主の後ろにボトルの棚が見えるよ...洋酒をいっき呑みしてるようだよ...お疲れさん...


tensyu



いやぁ〜楽しかったです!!!ありがとうございました!!!merci!!!

zyakucuuu伊藤若冲を観に京都へ。ラ・シゴーニュさんでフレンチを喰らいダラしゃべりで気がつけば2時間経過。慌てて美術館へ!!!『江戸時代中期の画家。1716年、京都の青物問屋の長男として生まれる。20代後半に狩野派の絵師から基礎を学び、中国画模写や鶏など動植物の写生を続けた。家督を弟に譲った40歳ごろから本格的に絵の道に。繊細な筆遣いで動植物を描いた「動植綵絵(さいえ)」や金閣寺の大書院障壁画(重文)などで知られる。』と言う事ですが素晴しかったです!特にやっぱりベタですが象さんタイル風の鳥獣花木図屏風がすごくてちょっとドキドキしてしまった。アマゾンで誰かが『江戸時代に描かれたファミコン画だ。』とコメントされており「まさにそうです!」と膝をポンと叩いたよ!升目をひいてタイル状に(ドット状って言うんでしょうか)描かれた緻密な絵。小さい所にまでギロギロになって描かれたものが大好物な私はたまらん気持ちでいっぱいでした。そして極彩色!その時代にリアルに見たらもっと派手で腰を抜かすだろう。いやぁ〜行ってよかった。鶏も虎も渋過ぎます。江戸POP(勝手に命名)ヤバいです。若冲見る夢が叶ったのでいつか1番好きな国芳の絵を見たいなぁ〜

http://d.hatena.ne.jp/jakuchu/

会期はあとわずかです。





さてチアコアのイベントもいよいよ佳境です!!お近くにお越しの方は是非遊びに来て下さい!明日は私も行かせていただきます。どうぞよろしくお願いします。そしてそして既にお越しいただいた方本当にありがとうございます!!!好きです!!!(狂)


再度告知アップしておきます〜

チアコア7周年イベントココロがすいたら旅に出る
2006年10月25日(水)ー30日(月)
またいちねん、ありがとう

10月28日。またチアコアは誕生日を迎えます
「あっという間」「あっという間」で7回目なんと8年目に突入です
ほんとうに、みなさん、ありがとうございます!
さて、チアコアを語る上で欠かせないもの。それは「旅」
海の向こう、日本の中、近くでも遠くでも「旅」
旅に出て、心の栄養をたっぷり摂って、かわいいものに出会って、
連れて帰ってチアコアは私の大きなトランクです
そんな旅にまつわるイベントが何か出来ればな、とずっと考えていました
なかなかイメージがかたちにならなかったのですが
7周年に合わせてタイミングよく、多くの方に助けていただいて
実現することになりました
一週間だけの旅の店。ぜひ遊びにいらしてください

*あの人のトランク
〜7個のトランクに7個の世界〜
旅上手さんによる旅のおすそわけの展示販売
+イソガイヨシエ(小冊子my charm発行人)
+ダテカヨコ(イラストレーター)
+ヒガシユーナ(スタイリスト)
+Bleu Blanche(楽しい+可愛いを形にするハンドメイド作家)
+maricoco(店主マブダチ)
+山本ヨーコ(yokodoll)
+吉田里美(サイトpetite cocotte運営人)
*手紙は旅をして私のところにやってくる
パリに3年半住んだmaricocoの手紙自慢

*まばたきは心のシャッター
チアコアとkirixxの旅の写真展示
(kirixxによるモスクワお土産セットも限定販売します)

*ドギマギ☆パリ
イラストレーターハセガワアヤ初めてのパリ珍道中が
ミニブックになりました!!10月25日発売です!
読むとパリに行きたくなるドギマギが伝わってくる楽しい一冊です
イベントでは立体「ドギマギ☆パリ」としてブック内に登場する
アイテムと生原稿や打ち合わせのメモも展示します
更にキモノコモノ「mignon堂」の草履やアクセサリーも展示販売します!
29日(日)はハセガワアヤ来店です!

その他旅に関する小冊子の販売や
みつばちトートのトラベリングトートを限定販売します!

chia khoa
神戸市中央区元町通り1−14−4・2階(イベントは3階)
078−321−3843
このエントリーをはてなブックマークに追加

ずいぶん前に観た映画ですが...

bokuno
ドリュー・バリモアのキスシリーズ第3弾!と言う悲しい邦題を付けられた『2番目のキス』アメリカでは『フィーバー・ピッチ』と言うタイトルで公開されています。野球狂の彼氏を持つ彼女のとその状況を描いた作品なのですが、私は大リーグについて全然知らなかったのですが昨年のレッドソックスの奇跡的なワールドシリーズ優勝やらバンビーノの呪いやらファンの方にはたまらない隠しネタ(例えばスティーブン・キングの始球式など)が満載されていて1粒で2度美味しい仕上がりです。原作は大好きなニック・ホーンビィ!んで本当のタイトルは『ぼくのプレミアライフ』と言うサッカー狂男子のお話。そうよね。ニックはイギリス人だものね。監督は天才ファレリー兄弟!日本では彼等の作品はヒットしないそう...なんでやねん!!!めちゃオモロイやんけ!!!

さてこの作品もキスなんてタイトルは本当にアホかと言うくらいど〜でもよくって(もうなんだよこのタイトル...)めちゃオモロイ作品です。毎度おなじみファレリーの毒も少なめなのでファレリー苦手よ!と言う方にも是非観ていただきたい。ニック・ホーンビィの描く男共は女の私から見れば本当にダメンズなのだがそこがまた愛おしい。(それは単に私がダメンズ好きなせいでもあるのだが...)

今回の主演の野球狂のジミー・ファロンはもうアータ!最高にヤバイです。母性本能くすぐられますよ。ダメ過ぎ&ヌボーっとしたルックスも素敵(単に私の好みの顔なだけかもしれない)負けてばかりのレッドソックスの狂信的なファン!全てを投げ捨てて全試合見に行くし部屋中レッドソックスグッズだらけ(特に電話が...)なんせダサい!とにかくダサい!日本で言う所の阪神ファン「トラキチ」です。もしも自分の好きになった人がなにか物凄いマニアでその事のためなら嫁を質に入れてでも行くような人なら...どうするか?私は「男の子ってお茶目!いつまでたっても子供なんだから!でもそこがソーキュート!」って最初は思えるかもしれないが途中からどんどん引いてしまう気がする...ああでもマニアになるものにもよるかしら?ああでもなぁ〜。もんもんと悩んでしまった。いやしかしラストはベッタベタに爽快だし、久々の爽やか映画を観た気がした!ドリューの出る映画は全部好きだワシ。

監督は違いますがニック・ホーンビィの『アバウトアボーイズ』も大好き。ヒュー・グラントがええ味出してます。(私は勝手に阿部寛は日本のヒュー・グラントと思っている)もう1作『ハイ・フィディリティ』も良いですが主役のジョン・キューザックが不器用なダメ男に見えなくてイマイチだった...(なんかダメな格好してもダメじゃないねん)あ、でもジャック・ブラックがスゴイから一見の価値アリっス。
このエントリーをはてなブックマークに追加

9efa473f.jpgフェリシモのTOP画像変わりました。壁紙ダウンロードも出来ますのでコチラに遊びに来て下さいませ!

チアコアさんでのイベントが明日に迫りました。今日は搬入の嵐!小さな部屋に乙女達が可愛いものを持って大集結していたのでオッサンはウハウハ状態で上手にしゃべれませんでした。みなさん本当に素敵なトランクで本当にウットリ...tennai





見て下さいもう...ハァ〜ッ.....

そしてミツバチトートさんからはトラベリングトートが!
mistubachi








maricoco
途中で帰ってきてしまったので途中経過写真。完成状態を見るのが楽しみなmaricocoさんのブース。

本当にどれも素晴しいのでゆっくりじっくり見に来て下さい。各々販売される商品もその人その人の個性が溢れてて全部欲しくなってしまいます。この部屋に投網を投げたい...かなり濃厚な仕上がりになっております。

mignonnon
私のブースはこんなカンジ。ほとんどチアコア店主にやらせてしまい本当に申し訳ない。グヘヘ。

さあ!いよいよだわさ

週末はNU茶屋町の1周年イベント『クレイジーケンバンド横山剣トークショー』に行って参りました。トークショーというより歌謡ショーでした。こんなものを無料で...なんという贅沢!幸せなひとときでした。

んで、今日はチアコアの店主が無事に旅から帰って来たので土砂降りの中イベントの準備に向いました。
ろしあ
可愛いお土産ありがとう!この猫.....







さて『ドギマギ★パリ』ですが中身はこんなカンジです。
ちら








ミニョン堂は少しですが販売いたします。冬色の髪飾りと脳髄がヤラレた感じの毎度お馴染み帯留。今回は私のウマブームのせいで馬モノを何点か出します。馬最高!
ミニョンみにょ










イベントは25日からです!!!たくさんの方にお会いできるのを楽しみに待っています。
ほっかむり










気合い系

秋ですが今日は暑かったですな!秋深まる今日この頃しつこく再度イベント告知させていただきます!神戸は元町にあるイカス雑貨屋チアコアにて7周年イベントがございます。そこで私なんとミニブックを出版していただきました。その名も『ドギマギ★パリ』パリの旅行を綴ったイラストエッセイ(エッセイというのか?これは...珍道中記)です。
ドギマギパリ

このイベントから販売をスタートさせていただきます!皆さん是非お手にとってギロギロ見て下さいね。

今月29日には私もお店に遊びに行かせていただきます!ボ〜ッとしてるのでお時間のある方はしゃべりに来て下さい。

マロみ
夜露死苦にゃ!









ショップカードも作らせていただきました〜
ショップカード
全体像は是非店内で...

たぶん...いえ...絶対ナイスなイベントになると思いますので期間中是非ともカモン!
25日から30日まで開催です。詳しくはチアコアのブログへジャンプ!

マロむ

待っとるばい

18daa84f.jpg歩けども歩けども長く続く美容道。しかもそれは年々険しくなってきております。なんとか食い止めねば!老いを!OI!OI!OI!さて季節の移り変わり皆さんいかがお過ごしでしょうか?宮古島でガッツリ日焼けした私はなんとかトゥベールのビタミンパックで白肌に戻しました!ヨカッタ...ありがとうトゥベールさん。ここのは何使っても自分の肌に合っている気がする。そうそう以前書きました手作り化粧品ですが効果を発表すると........化粧水以外ダメだった...........なんかねやっぱり乳液とかクリームは作るのに限界が...ってかコラーゲンとかヒアルロン酸とかブチ込めばいいんだけどそうすると高価になってしまうのです。なので今は化粧水だけ使ってます。

そんな私の最近(と言うか通年)のお気に入りは。誰もが経験した事があるハズ!香りに誘われて、ついつい入店してしまうLUSHです。今まで入浴剤しか使った事が無いのですが、しかも入浴剤も1度に使うのもったいなくてカナヅチで半分に叩き割って使ってたんだが(どんだけ貧しいんだよ心が)今回初めて洗顔と生パックを購入してみました。洗顔は天使の優しさと言う名前の泡立たないもの。アーモンドの粉(というかカス的なもの。笑)がスクラブがわりになって優しく顔面をマッサージしてくれます。私は皮膚が薄いのでスクラブ系は全然ダメなのだがこれは大丈夫!ツルツルになります。んで生パック!これがすごい気持ちいい!美味しい日曜日と言うアボガドとヨーグルトのパックなのですが、パック後の肌はモッチモチになります。これはよい!


しかしLUSHの乙女なネーミングセンスはなんとかならないものだろうか.........


あとこれ気になる
天然のソルトとハーブの入浴剤クナイプ バスソルト ローズマリー 500g

クナイプ大好きクナイパーなんだがローズマリーがあるなんて!ローズマリーと言えばアータ(aka.徹子黒柳)若返りのハーブでっせ。肌のタルミとくすみに効くのよ〜これいただくわ〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカの連続ドラマLOSTにハマっています。シーズン1はレンタルで、シーズン2は友達が録画(神様!)してくれるのでそれを楽しみに見ています。海外ドラマは日本と違ってクールが長いので(あ!渡る世間は鬼ばかりは別)1回見出すと大変な事になりそうで「24」とかも見なかったのだが「LOST」はなにかレンタルした映画の中にオマケで1話がついててついつい見てしまった。それが地獄の始まり...とにかく次から次へと事件が巻き起こり一体どうやって終わるのか...本当にどうなるのだろう...あれもこれもそれも何も解決していない!!!

あらすじは飛行機事故で無人島に住む事になってしまった人々の話。しかし島にはなんか秘密があるようだし、なんか変な生き物もいるみたいだし、墜落して住む事になった人達もそれぞれ問題を抱えていて...生き物気になるわ〜

さて長く見ているとお気に入りのキャラが出てくるワケで案の定ミーハーな私はマジ惚れしています。彼の名前はナヴィーン・アンドリュース!役名はサイード!saidoカッコええ.....ムサくるしい....




SAIDO
素敵.....このムサイ感じがたまらなくツボです。しかもサイードと言う男の役がカッコええの。イラク人兵士なのだが何ごとにも動じなくて知的で理系でなおかつワイルド。悪い所無いです。この人はイギリス人なんですがこのイラク兵士の役のためにワザと訛った英語で喋っててそこもなんかつたなくて胸キュン(完全バカ女発言ですみません)とにかく大好きなのだ!



matomarisa-doあ〜ムサくるしい...ポワ〜ン






とか言って普通にハンサムなソーヤ役のジョシュ・ホロウェイも好きです
I-SANn

キャーキャー言うてますがストーリーとか本当に面白いです!ああもう録画してもらった分全部見てしまったのでつまんないわ
このエントリーをはてなブックマークに追加

0063ecd1.jpg手作り市で友達と盛り上がった話。私達女性って中年期がモンダイよね!と。可愛いばあちゃんとかは想像できるねん。私は花柄ワンピとかド派手スカートとか履いてパリで見たバアさんみたいなコーデすんねん。問題は中年よ中年!手作り市にはオバサマ達がたくさんいたのだが紬とかの和服をリメイクして洋服にしているリメイカーが多かった。この人達って若い頃オシャレで今も人とちょっと違う感じでいたいっていうハイセンスさがあるのだろうな...髪型も研ナオコ的なのとか白髪まじりのオカッパもしくはアシメヘア!確かにオシャレである...でもなんか違うねんなぁ〜もっとこう女くささを残していたい...あと多かったのが登山系。登山ルックに身を包み登山に燃える。これは夫婦で行動している人が多い。男女混合のサークル的雰囲気はなんだかトキメキもありそうで素敵だ。あとはアロマテラピーや花壇作り、押し花などに燃えるブリブリ系、大阪はアニマル系、全てを捨てた男とも女ともつかない系...迷いの時期50〜60代。男の人は年とってもジーンズ履いたりできるし、年とってるからこそ出る色気とかフェロモン的なもんでブイブイいわせられるけど女はキツイよな〜私はどこへゆくのだろう...女の人のかたちをしていたいなぁ〜。理想は毎日着物のサザエさんのフネ的生活だわ〜着物って年とった方が絶対似合うもん。

京都で毎月15日に開催されている手作り市に行ってきました。日曜日だったせいかすごい人!人!人!炎天下の中、人に揉まれながら腕の隙間からモノを見ると言うわけのワカラン状態であまりの辛さに20分程で脱出。疲れた...フラフラの中とにかく食べ物を食べようとファラフェルガーデンへ。ファラフェルとはイスラム圏内のファーストフードですり潰したひよこ豆を香辛料と混ぜ、ボール状にして揚げたものとドッサリ野菜をピタパンに挟み、アメリケーヌソースをかけたもの。初めて食べたのはパリのマレ地区。野菜不足で飢えていた私のごちそうでした。ほんま旨いです。ファラフェル







お腹もふくれたので恵文社移動。それにしても休みの日の京都は人が多すぎる!!!ぶっ倒れそうだ。大好きなD-BROSの展覧会『ホテルバタフライ』を見る。新しいブランドライン”Hotel Butterfly”が正にホテルの一室をイメージした空間で展示してあり本当にステキング!ホテバタ3





ホテバタ2






ホテバタ全てにウットリ...私はD-BROSの渡辺良重さんの大ファンでもう彼女の生み出す作品に毎回クラクラしています。今回のカレンダーも本当に素晴しくて倒れそうになった!デジタル化が進んでもやっぱり緻密な手仕事はやはり美しいなぁと思います。あとはずっと欲しかった南佳子さんの画集『ボヌール』を購入。銅板画(エッチング)なのですがこれまた本当に緻密で美しいのです。ボヌールしかもこのモダンで素晴しい作品は明治生まれの女性が生み出したもの!明治...女性がガッチガチに縛られていた時代に奔放に生きた南さんの生き方まで気になります。30才で渡仏。そしてずっとパリで暮らした彼女。なんちゅうハイカラ...立ち読みでもいいので本を見かけたら是非見て下さい。特にミナペルホネン好きの人にはたまんないです!その後お茶して夕方京都を出て大阪へ。そのまま三線教室へ。んでその後教室のみんなと焼き鳥屋で呑み。焼酎旨い。なんかすごい1日だった

本日仕事の打ち合わせの前にカヨイコマチさんのちっちゃいセールに行って参りました。やっとこさ袷の季節到来!着物を着るのが俄然楽しくなります!!んで猛烈に欲しくなるのだ。今回は買う買うモードで入店。

着物もりもり

ギャン!今回は結構派手でカラフル!こういうのって見ているだけで楽しくなる。よく見えないかもしれませんが青い鳥模様の着物がとても可愛いかった。単衣だった事と青が似合わない私が来たら演歌歌手(しかも男もしくは初期のチーター)みたいになりそうだったので「キュートな女の子に買われますように」と念を送るだけにした。

あとこの南国羽織り。今回羽織りがたくさん、しかも素敵なんばっかりでした。ハオラーは一見の価値アリ。羽織り











そして前回の中之島でもギロギロ見たオウム着物。本当にこれ作った人は一体どんな人なのだろう。なにの帯を合わせてよいのか皆目検討つきません。かなりのパーチー仕様。イカス!
オウムDS












久々に御会いできたタチコマさん、奈美さん、ねぎぞうさん、アヤさん達とあーでもないこーでもないと悩みに悩んでみんながクールダウンしに出て行ってもまだ悩んだ末にお持ち帰りしたのがコレ。買った今、私完全にモダンブームきてます。髪の毛切ったからかなぁ〜粋モダンに惹かれます。

...ブ.........ブタモダン.....
(ごめんなさい書かずにおれなかった)






カヨイコマチさんのセールは明日までです!今回か〜なりお値打ちプライス★マジで時間ある方は絶対行くべしDA!
このエントリーをはてなブックマークに追加

9a09489a.jpg念願の琉球フェスティバルに行って来ました!アリーナだったしスゲェ楽しかった!汗だくになるであろうとおもってくるりのデニム着物と綿の作り帯で参戦。本当は紅型とか着て行きたかったのだがなぁ〜残念である。
ryu



さてずっと見たかったパーシャクラブはやっぱり最高にかっこよかった。ボーカルの新良さんはもうフェロモンムンムンのいい男で赤シャツに胸毛ボーボーでクラクラした!雑誌『うるま』で見た薔薇のティーガーも拝めた。こんなん似合うのこの人しかいないです。歌うますぎだし...三線も非常に男らしくもうセクシー全開!ああかっこいいなんてかっこいいんだろう...
あと、神谷千鶴が可愛かった!パーシャと唄ったオリオンビールの曲もよかった。女の人の声で好きと思ったのって久々です。島唄って男の人の浪々とした声の方がなんか心地いいのだ私は。

そして白百合クラブ。ヤバかった...ボーカルの男性がDVDと変わってたので心配。なんか3人来れなかったみたいです。残念だわ〜。みんな70歳以上なのに踊るわ歌うわで本当にイカス。宮古島の民宿で教えてもらって大好きになった曲「南の島」を演奏してくれた。嬉しすぎる。この曲は宿のおじさんに工工四もらったのに全然上手に弾けないの。いつかマスターしたい。

大工哲弘氏はゴルゴ13みたいな劇画タッチの顔だった。カッコエエ!強烈な七三分けを拝みたかったのだが頭になんか巻いており見れず残念。私の行ってる教室は大工さんの門下なのだが大工さんの八重山民謡を聴いて絶対無理!弾くのも歌うのも無理すぎる!とあらためて思う。三線の奏でる音と唄が違い過ぎる...なんじゃアレは...大丈夫だろうか?私の進むべき道は八重山民謡で大丈夫なのだろうか?と中級に上がってからず〜〜〜っと思っている。今習っている目出度節は楽しいが鷲ぬ鳥節は嫌いだ本当に厭だ.......声量もないし。トホホ...

さて会場がある大正区は沖縄から移住して来た人がたくさん住んでいる街なので会場はほとんどうちなんちゅの皆さんでいっぱいでした。カチャーシ踊る姿の美しいこと。私もあんなに滑らかに手を揺らせてみたい。指笛吹きたい。三線教室に初めて行った時に先生が「琉球は銃を持たずに歌と踊りで
外交をしてきた国です」と教えてくれた時なんか漠然とスゲェ!と思ったのだがこうやってナマでみなさんが歌い踊る姿を見るとなんか血と言うかルーツはすごいなぁ(うまく言えないダメだわ)と思った。

さてこの日は偶然にも嘉手苅林昌さんの命日でした。知名定男氏が唄ってる時に林昌の写真がスクリーンにド〜ンと出て来た。嘉手苅林昌さんはとても好きな唄者の1人なので実物見てみたかったなぁ〜BEFORE/AFTERって言うライブアルバムがあるのですが非常にかっこいいので機会があれば皆様是非に。
このエントリーをはてなブックマークに追加

cf73bcf3.jpgいつまでも木之本亮がトップ画像というのもどうか...。
と言うわけで告知させていただきます!!!

なんとミニブックをチアコアから発行していただきます★この仕事を始めて初の冊子モノ。しかも丸ごと描かせていただきました。タイトルは「ドギマギ★パリ」。去年旅した初めてのパリ。私が見たパリを物凄い集中力で絵と文にしました。巻末にはパリ在住経験アリのmaricocoさん監修のパリ旅行に役立つ会話集や付録としてパリからすぐ出せるポストカードも付きます。25日から下でも書きましたが神戸元町のイカス雑貨屋チアコアの7周年イベントで先行発売されます。(イベントの詳しい情報はチアコアの文字をクリックしてくださいまし)29日は私もお店に遊びに行かせていただきます。期間中には久々に!ミニョン堂の!グッズも!販売させていただくので皆さん是非遊びに来て下さい〜

さてパリ話に戻りますが私がパリに行って一番感じたのは日本でイメージするパリと本当のパリの大きなギャップ。マリン、ボーダー、リネン、ジーン・セバーグ...フランスパン、カフェオレ、貧困な発想!!!フランスパンとカフェオレはバンバンありましたが日本で言うフレンチカジュアルってのはほとんど無かったのです。パリっ子はシンプルな...と言うよりドギツくてキッチュな色使いの達人でした。ピンク×黄緑、青×茶色、深いグリーンに深い赤...斬新なそれでいてしっくりくる色の洪水に私はただただ呆然としながらパリを練り歩きました。ブランドものを持つ人もほとんどいないし...。そしてちょっとでもフランス語をしゃべるとものすごく親切になったり、挨拶をちゃんとしないとプイ!とそっぽを向かれたり、極端な性格もおかしかった。んで男の人はみんなジェントルマンで激男前でブッ倒れそうだった!

...そんな気持ち悪く高いテンションで綴ったパリ旅行記です。みなさま是非お手元に...イベント終了後はミニョン堂でも販売開始します。また店頭でも販売されますので詳しくは追って報告させていただきます!!



888e2854.jpg京橋にある居酒屋とよに行って来ましたお目当てはウニいくらを喰らう!と言う事。木之本亮イズムでお店にGO!(意味不明)立ち呑み屋なのですが常に満員のお店。それもそのハズ、ソフトドリンク飲み放題150円...とか魔法プライスなのです。ウニといくらの盛り(これは下にカッパ巻きが潜んでいる)鰻の蒲焼き、まぐろ盛り、まぐろ焙り、カニ、貝柱とカニの酢の物...んでビール...呑んで喰って、でもかなりリーズナブルなお値段でしたわよ!お近くの方は是非...(乙女度ナッシングです)うにいくら
このエントリーをはてなブックマークに追加

d77d6b2c.jpg神戸元町にある雑貨屋さんチアコアが10月28日に7歳の誕生日を迎えます!!!ブラボ〜!!!バースディイベントが10月25日から30日まで開催されます!その名も『ココロがすいたら旅に出る』旅をテーマにした展示アレコレ...名前をつらねる参加者メンバーも実に魅力的で非常に楽しみ★なんと私も参加させていただきました!しかも本と言うカタチで!店主ありがとう。店主は私と違っていつもフルスロットルで走っており眩しく見つめている存在。また詳しくお知らせします(今日は睡魔が...)

DMもイカス!

8bf457ae.JPG今日は愛するバンドCKBのコンサートでございました。初めてのフェスティバルホール!2階席でしたがこれはこれで落ち着いてまったりと見れてよかった。全体が見れたし。久々に「真夜中のエンジェルベイビー」を聴いて感動した!平山みきの歌なんだが(これも最高にィイ)私はこの曲が大好きだす!カラオケで歌い隊...といつも探すのだが「真夏の出来事」(これも名曲ですが)しか無いので残念。剣さん間違えてばっかり&最後はろれつが回らずめちゃくちゃだったけどそれもご愛嬌。素敵なライブでございました。

仕事が残っているので友達とご飯にも行けず名残惜しいのでそのまま立ち話。(なら飯行けよ!ってカンジだが)CKB好きになったのってもう7年前だわ〜ゲボ!と2人でのけぞる。年をとったものです。7年たっても色褪せないこの想いは凄いわね。私は1回好きになったらしつこく好きなので多分ずっと好きだろう。CKBが続く限り毎回おめかしして濃厚メイクで出かけるのだろう。
そしていつか長者町へ...
本当にィヨボヨボになっても続けて欲しいです。
そんな感じでロングスパンで物事を考えるのが好きです。
三線はババァになっても続けるつもり。
近所のガキから三線ババァとか呼ばれるのが目標。

9月は仕事やなんやらがギュウギュウで走り続けた1ヶ月だった。パンパンのスケジュールで毎日疾走感のある日々だったがこのやり方は自分に向いていないと言うのが三十路にしてわかった。私は馬車馬の様に動き続ける事でアドレナリンが出て燃えるタイプではないようだ。その証拠に充実感よりも疲労感が多いし。せっかくの気候の良い9月を引きこもって暮らしてしまった。これはイカン! 自分のスケジュール管理不足にガックリした10月はマイペースで進もう...いやホンマ疲れた... ちょっとしばらく休もうと思う。休んだ方が効率いいし。たっぷり寝てご飯食べて外に出て買い物して呑みに行く事にしよう。思えばそうなのだ。旅行に行っても場所もあんまり決めて移動しないし公園で飲み食いしながらボンヤリしている方が多い。この前行ったパリでも1人のときは延々とグルグル回るメリーゴーラウンドを見て金髪の子供を激写していた(これ冷静に考えるとかなり怪しい東洋人である)沖縄も宮古も八重山もボゲ〜として暮らす事が多いな...いいかげん自分を知れ俺


ロングランでマイペースで生涯現役と言えば来週の琉球フェスティバルに登場する白百合クラブ!

***************************************
終戦の翌年。沖縄県の石垣島に住む若者たちが、一つの楽団を結成した。それが《白百合クラブ》。彼らの暮らす集落"白保"と、彼らが歌い遊んだ海岸"百合ヶ浜"からつけられたクラブ名だった。
以来、白百合クラブは現在に至るまで、オリジナルのメンバーで活動を続けている。オジイ、オバアが歌い踊る様は、あの《ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ》に登場したキューバの老ミュージシャンたちを彷彿させる。おそらく日本一の長寿楽団だろう。結成当時、石垣島も戦争の傷跡が人々の心に暗い影をもたらしていた。白百合クラブのメンバー自身もそうだった。
そんな時代に人々の心を癒し、自らも奮い立たせるために、白百合クラブは歌い踊った。とはいえ戦後のなにもない時代である。マンドリンは瓢箪で作り、バイオリンの弦は墜落した戦闘機のワイヤーを張った。衣装はパラシュートの布で手作り。舞台の背景はセメント袋を張り合わせて絵を描いた。すべてが手作りの白百合クラブは、明るく朗らかな歌声を島に響かせていった。

****************************************

そして現在もバリバリ現役!カッチョエエ!
私は白百合クラブのテーマと言う曲が大好きなのだがそれを
ナマで聴けるかも!とかなり心踊らせています。


なにを書いてるのかわからなくなってきたがライブで興奮したのです........

このエントリーをはてなブックマークに追加

2da55fe6.jpgなんだか激しい激務の9月でした...あまり記憶とかもない...そんな脳が腫れた状態の日々つかの間の休息を取りました。注文の多いキモノ店の店主マドカどんとKIMONO CQのイナバどんが京都に遊びに来たのです!きゃわゆい2人を見たら元気も出るでよ!とスナック通いするオッサンのような心境で(一服の清涼剤的な?)京都に出かけました。

滑り込みセーフで最後の単衣着物。単衣の着物ってコレとマドンナのライブに着て行ったのしか持ってません!なのでこのコーデはワンパターン甚だしいです。
全身

昼間に仕事を終わらせて2人のいる京都へ!実は私京都ってな〜んか苦手だったのです。入れてくれへん感じが...でも着物を着だして歴史とか古いものに興味を持ち出したら京都がヤバイ程素敵に思えてきました。歴史のある街はそれだけでやはり凄みがあります。特に今回は観光で2人が来ていたので普段全然眼中に無かった観光地も行く事ができました。なんで今まで行かなかったんだろう?バカかワシと思う程美しい景観であらためてじっくり来ようと思いました。

後ろ姿

高台寺で「百鬼夜行展」開催中のポスターを見つけ意気揚々と入り込むがなんと最初に見た巻き物が超現代もの...しかも保育園の先生が描いたようなホンワカムード溢れる百鬼夜行の図。これは百鬼夜行ではなく陽気な仮装軍団である。ダラダラと続くファンシー夜行巻き物のラストを飾るのは狐の嫁入りの図。突然マドカどんが小太りの白いシャツの頭ボッサボサの男性に「オチがこれですか...と」と独特フレーズで話し掛けられる。その後もその男性はワシらとつかず離れずの関係を保ち視界の端にいつもその男性(めっちゃ独り言言うてる)を感じつつ円山応挙の幽霊画を見たりする。円山応挙はさすがに恐ろしさ満開の絵だったのだが今現実に横にいる殿方の方に恐怖を抱き全然集中して見れなかった。んでなんか専門学生さんが描いたような地獄と天国の屏風(これも現代......)も飾ってあり高台寺のジャンボリーぶりが伺えた。色々な意味で恐怖だった。忘れない。


気分を変えて心強いガイド、京都マスターのchiiさんに連れられて長楽館のカフェへ。ここはレディースホテルも併設してあり乙女ムードがもうバンバンの状態の館。元迎賓館だけに内装はなんてゴージャス!!!入り口も重厚感ございます
入り口

中私

もうね!とにかく鼻血ブ〜ですよ皆さん!シャンデリア...ステンドグラス...ポヤ〜ン...
アイス珈琲を飲みながらどうしようもないくだらない話ばかりする。


その後cocon烏丸へ移動。オシャレすぎて視界に入れてなかったビルだ。よい機会である。美味しいご飯を食べて延々と脳が腐ったような会話をし腹筋が痛くなる程笑ってあっという間に11時。みんなと別れて帰路に着く。スゲ〜楽しかった。よいリフレッシュであった。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ