ばらいろ通信(改 ミニョン堂通信)

長い白猫と着物好きイラストレーターのまいにち

September 2007

我が家は台所の窓が道に面していてその窓の下あたりに帰宅後 自転車をとめるので、どちらかが台所にいる時に帰宅したら窓越しにしゃべったりしている。

先日も台所にいる時にガタンと音がして、その後「ブーブー」と音がしたので「おおっ!旦那どんがオナラの口マネをしている!これは応戦せねば!」と思い私も「ブウブウ」言いながら玄関に走りより物凄い笑顔で「コラァ!」と言いながらドアを開けたら旦那どんの姿は無く見知らぬオッサンが足早に去っていく姿が...オッサンのマジ屁だったとは!!!!!!!

オッサンごめん...

そんな秋の午後いかがお過ごしでしょうか?

やっと秋の足音が聞こえてきたのでモリモリとミニョン堂をこさえてます。来月履き物フェスティバルに向けて勝手に盛り上がってます。と言う訳でどんどん草履とか出来てきてます。

今回ゼブラ下駄を描きました。
ゼブラ

花と女下駄も描きました。
花と女



イメージはドラマ「はだしのゲン」の中井貴一スタイルで!

昨日出来て来た草履は蝶々に豹柄と言う大好きコンボでかなり可愛い...自画自賛...鼻緒はチョコレート色...
ひょう

ものすごい片寄ったものばかり作ってしまうので、たくさん作ると不安でいっぱいになります。しかしもっと作るわ! 今回はお買い上げいただいた方に「年に数回しか開店しないのにいつも本当にありがとうダス」の気持ちを込めてプレゼントなど付けさせていただこうと思ってます。10月半ばまでどんどん画像あげていきますので是非遊びに来て下さいね★


余談ですが先日見た、お散歩できる猫にゃん。しかし相当暴れたのかオッサンのシャツに穴が...&あまりの周りの白さに消えるマロ氏
ひっかかれしろいまろ

街をブラブラしてたらギャルがかぶってたモケモケのロシア帽子が可愛くて欲しいなぁ欲しいなぁと思っていたらチアコア店主のブログでもモケ帽子が登場。あーーーーやっぱり可愛いズラ...秋冬は帽子が楽しい!去年はCA4LAの帽子にハマって色々買ったが今期のラインはあまりグッと来なかったのだよなぁ。ロシア帽子もあったんだけどめちゃデカくてかぶったらボンボリ女が歩いてくるみたいだったのだ。あまりの似合わなさに光の速さで脱いだわ!!!

これ可愛いわぁ〜でもモデルちゃんが可愛いからかな?デカいかな?と毎日悩み中。話は飛ぶが我々の世代でロシア帽子と言えば泉谷しげるです...春夏秋冬...

ついでに何本買っても欲しいバギーパンツ。1本サロペットのバギーを追加しました。ジョンブルのバギーは引き続き続投。ジョンブルのパンツはどれも本当に履きやすくて大好きである。後はスケバン風デニムのガウチョパンツ。これらをグルグル履き回しているんだがアカンよねバギーって。絶対足が太くなる気がする!だって気を抜きまくっておるもの!とはいえコレ可愛いにゃー


私は容姿に非常にコンプレックスがあって足なんぞとても出せないんだが、もしも私が棒のようなまっすぐな足ならばカラータイツにブーティでミニスカで街を闊歩したいわ!ショートパンツもいいわね!憧れは脂肪分ゼロの枝の様な小さい女子です。と言うわけで今注目はゼクシィのCMの高橋真唯さんですねん。はぁ可愛い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「タオル」をペタリ。このPVの女の子超ィイ女。
このエントリーをはてなブックマークに追加


なんだか涼しくなって来てやっとこさ秋の気配を感じますのぅ...洗濯が大好きな私にとって夏と秋はモリモリ洗濯テンションが上がる季節です。毎日グオングオンと洗濯機を回しております。んでもってニオイフェチなので洗剤やら柔軟剤を選ぶのも楽しい。洗剤は効能優先で液体タイプ(溶け残りが無くて本当にオススメざますわよ奥様!!!)のアリエールなんですが柔軟剤は何種類か用途別に使っています。レノアのベビーソープの香りは爽やかで夏場の寝具にピッタリだったのですが秋はやはり濃厚にこっくりした香りがいいわ...と私の中でアメリカの香り!沖縄の香り!『ダウニー』を購入しました。ものすごい香りが強いので好き嫌いはハッキリ別れると思いますが...しっかしダウニーってオシャレ雑貨屋とかプラザ(ってマジ言いにくい私の中では永遠に多分ソニプラ)で買うと高級なのでございます。冷静に考えて柔軟剤に1000円使うのはおかしい...香りも1種類しか売って無いし。と思ってたのですが奥様!便利な世の中ですわね。ネットと言うものがあるではないですか!と言うわけで探して見つけました。しかも「バニララベンダー」と言うワシ好みの香り!もう私バニラとかココナツとか大好きなのです。ミントとかユーカリとかも好きだし柑橘系も好きなんですが特にこの甘ったるい香りが好き...しかも日本人には発想不可能なバニラにラベンダー入れたですと!?な組み合わせ。さすがアメリカ...ベイベー。と言う訳で届いたのでさっそくカーテンを洗いました。一面に立ち上る甘い香りにウットリしながらお洗濯。乾いてカーテンレールにかけてからもカーテンに顔を埋めて香りを嗅ぐ姿は旦那どんの目には奇異に映ったことでしょう。残念ながら旦那どんは年がら年中鼻炎男なので嗅がせてもキョトンとしていましたがね。わーい嬉しいなぁどんどん洗濯するべ!

BGMはもちろん敬愛するCKBの『タオル』でしょ。これ聴いた瞬間「ダウニーだ絶対ダウニーだ!もしくはゲイン!」と叫んだわ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ふぅ...毎日暑いですね。無理矢理ブーツはいたらムンムンムレ子になってしまいました。しかしもう飽きた...夏服飽きた...気分は秋なのに...とは言いつつこの前チアコア店主と語らった後に寄ったお店で買ってしまったTシャツ。すんごいバカ柄!さすが古着。奥が深いです。ねこ着る勇気が無くなったらお針子部でクッションに変えてしまう予定。

さてミニョン堂では来月「履物フェスティバル」を開催しようと思っております。現在4足のお草履が職人さんの手に寄って誕生中です。どれもこれも1つ1つ職人さんとあーでもないこーでもないと考えまくった子達なので完成が楽しみです。その他に下駄も数足登場します。妄想がカタチになるのって本当に楽しい★まだ仕上がりを待っている状態なので、出来て来たら写真をアップさせたいと思います。あと和装バッグを1点昨日頼んで来ました。和装にも洋装にも使えるってのがミニョン堂のモットーなので今回も派手な感じに。そして大好きな古着屋さんに置いてあるイメージで考えました。昨日試作品が出来上がってきたので写真をパチリ!ここから少し持ち手を変えたりします。布の関係上コチラは1点ものとなります。こちらは加工に時間がかかりますので来月真ん中あたりに完成予定です。フェスに合わせて色々特典も考え中。ちょっと自分の中で大きなイベントっぽくしようと思っています。なんせ年に数回しかオープンしないズボラなお店なので(なのに皆様毎回本当にありがとうございます)感謝の気持ちをたくさん込めたいと思います。随時ブログにてアップしますのでどうぞ見に来て下さいね★バック

んでもって嬉しいお知らせが(私が嬉しいだけなんスけど)来月頭に待ってましたの「KIMONO姫」が発売されます。わーいわーい。KIMONO姫は私にとって着物を愛するきっかけになった本。コーデ丸ごと取り入れる!と言うよりも着物に夢見られる1册です。毎回ウットリのこの雑誌になんとイラストを描かせていただきました。本当に嬉しくて楽しくて空中から1メートル程浮かび上がりながらお仕事させていただきました。

んでもうそろそろ着物着たいのです。しかし、猛暑で毎日体中から滝のように汗を流している今日この頃です。むーん

今回の東京旅は着物を着ようと鼻息荒々しくスーツケースに着物一式詰め込んで行ったのに東京はドシャ降り...全て洋服で通しました。残念だわ。

そんな雨の降る中、行ってみたかったギャラリー・ドゥー・ディマンシュへ。ちょうど大好きなパリのイラストレーター、ナタリー・レテの展示会が開催されてて非常に嬉しかった!新作のカーペットなど本当に素敵だったわ...でも高価過ぎて買えなかったわ...無念だわ...ナタリーのカードともうすぐ発売されるぬりえを予約してshopコーナーで1目ボレしたプッチのデザイナーだったルイーズ・スコットスミスとグラフィックデザイナーのジョージア・ヴォーの二人が立ち上げたブランドloveryloveryのビニールドイリーを購入。本当に可愛いわ...これのテーブルクロスが欲しかったのだが、よく考えたら我が家には「ダイニングもねぇ、あ、テーブルもねぇ」@吉幾三だったので断念。ナタリ







そして中野のタコシェさんに遊びに行って色々東京巡りスポットを教えてもらいました。そして出会ったのです...この書物に...(震え口調)その名も「UA!ライブラリー」唐沢&ソルボンヌ夫妻が自主制作で刊行している昭和40年代の貸し本漫画の復刻版なのれす!もうね...このトンデモタッチ!突然終わる支離滅裂さ!面白すぎる!全巻欲しいわ...ちなみにコイツの名前は紅夫。マンガ表し
マンガナカいいわ...
マンガナカ2ベッドに対して人が小さすぎるわ!!!タスケテ!!!


欄外に唐沢&ソルボンヌのツッコミが入っててそれがもう的をえてて最高です。このようなアホなものを探し自費で出版してしまうなんてなんて素敵な夫婦でしょう。憧れです。

話はゴロリと変わりますが東京でブーツを2足も買ってしまいました。モチロンこの秋流行のブーティなるものではなく太い丸太のようなふくらはぎを優しく包んでくれるロングタイプです。1足は原宿のギャルの店でフリンジ付きの柔らかブーツを。もう1足は新宿ルミネで、待ち合わせの間にフラリと入ったお店で買ったウエスタンブーツ。私はウエスタンブーツ、しかもヒールの高い『ウエスタン風』ブーツが大好物でその店に入った途端に見つけて大興奮してたら後ろから「あああっ!ソレ超可愛いでしょ?うん。超可愛い」とオネエ言葉が!振り向くと思いっきり見た目は男の店員が...「これ今日来たばかりだからぁサイズもぉ種類もぉ全部あるからぁどんどん履いちゃって★」とキュートに接客された。しかも接客ポイントが「この焦げ茶にピンクのステッチってヤバクない?」など細かな女子ポイントを突くニクイもの!アンタに負けたわ!乾杯!といただいちゃったわ...なんて可愛いのかしら...ブウツ

今回の旅は仕事もしつつ、お世話になっている方々に挨拶もでき、毎晩毎晩友達と食い荒らして本当に楽しかったわ。東京マーベラス。また行きたいものね(なぜかオネエ言葉に!)

809421cd.jpgお久しぶりの日記ですズボラですんません。東京に行ってました。目的はお仕事もありましたが、他にもございまして...大好きなチェコのヘンテコ作家夫妻ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展 〜アリス、あるいは快楽原則〜がどうしてもどうしても見たかったのダス!ヤン監督は最近(と言っても去年だけど)「ルナシー」という肉中心のズンドコサド映画が日本でも公開されましたが、映画はモチロンの事劇中に出てくる13の体罰カードというのを嫁はんのエヴァが描いてましてそれがもうオドログロくて可愛くてとても素敵で...絶対エヴァの原画見たし!と言う欲望が煮えたぎってた所でこの展覧会。行かないでか!

今回、江戸川乱歩の傑作「人間椅子」の挿し絵をヤンが作ってて乱歩好きとしては大好き同志がリンクした!と興奮しまくったのですが1番の興奮は「オテサーネク」と「アリス」の撮影に使用した人形とセットがドーンと展示されていたこと&アリスの映画宣伝用のエヴァの絵のポスターを観れた事です。アリスウサギの恐ろしい顔!1人で行ったのですがドキドキウハウハしっぱなしでかなり奇妙な女でしたが周りの人も結構ドキウハな感じで観てたので目立ちませんでした。会場中ヤン&エヴァに対する煮えたぎる想いで一杯で知らない人が見たらだいぶんキモかったと思います。いやぁそれにしてもヤンのコラージュの才能(って私が言うのは偉そうだが)は本当に素晴しい!天才とはこういう事を言うのね...と。パソコンも無い時代(ヤンさん73歳)手で切ってトレースして1枚1枚丁寧に貼り合わされた作品は職人の領域。この感じは日本が誇る切り絵爺さん藤城清治さんの作品を観た時と同じだわ...手仕事忘れてはいけないわ...そしてこういう人はなんとかクローンとか作ってずっとずっと生かしてはゆけないものだろうかといつも思う。(余談だが大滝秀治に関しても思う。)残念ながら奥様のエヴァは一昨年に亡くなられてしまったのだけど...あの脂ぎってるのに静閑な絵がもう観れないのは本当に悲しい...。最後に会場の入り口にあったヤンの言葉を。カッチョイイ!!!

幼少期と夢は、想像力を生み出す
基本的な源泉の一つである。
シャルル・ボードレールが記しているように、
想像力とは、人間にそなえられた諸能力の女王である。
自分たちがその王国の住民だと
私たちは自覚している。
このアリスの鏡の国では、快楽原則、すなわち
際限ない自由が君臨しているのだ。
展覧会とは魂の《人形の家》であるが、
この展示物を通して、みなさまには、
創作の道筋を定める私たちの強迫観念を
体験していただきたいと思っている。
この迷宮の中心にあるのは、
幼少期の抵抗のシンボルとしてのアリスである。
私たちがいるのは、おとぎ話の中ではない、
夢の中なのだ。つまり、ありとあらゆることが受け入れられ、
ありとあらゆることが許容される悪夢の中なのだ。
《現実原則》は、扉の先に追い出してしまった。
さあ、瞳を閉じて、足を踏み入れるがいい。
              ヤン・シュヴァンクマイエル

先日梅田をブラブラしてたらすごい背の高い細いエビちゃんファッション(キャミワンピで巻き髪)の人にぶつかりそうになってしまい「スミマセン...」とあやまって相手を見たら五十路のオッサンで驚愕しました。完璧な女装!YO!しかしその顔モロオッサン!YO!と心で唱いました。そんな夏の終わり皆さんいかがお過ごしでしょうか?

「のしあがっちゃるけん」なドラマ「女帝」が来週で終わりなのでとても寂しいです。秋の気配を感じます。なんだか回を追うごとにローサたんのズンドコ演技にも慣れきってしまいました。今日はなんと言ってもママ!かたせ梨乃がよかったねぇ...あの口を塞いでしゃべってるみたいな強弱のやたらついた台詞まわし。節目がちな視線...たまらんぜ!あと大好きだった昼ドラ麗鬼の洵子(金子さやか)が同じキャラって言うか同じ安さで出ているのでこんがらがってきます。前回のホスト役のもこみちに抱かれる!と小躍りしながらのシャワーシーンとか「さやか...君はウッチーに似てて可愛いのになぜこの仕事引き受けたか!?」と叫びそうになりました。今日は人刺して友達に騙されて放火とドエライ事してたね。

そしてなんと言っても酒井彩名です。この人が一番心配ですベルクラシックかなんかでウェディングドレスをデザインしている人がこんな悪玉菌丸出しの演技をしてしまってて大丈夫かしら?彩名チュールなんて着てられないわ!!!
見てこの顔...
3










全然関係ないけどこの顔もすごい。背脂濃厚なエロスフェイス!
246



来週の予告ではもうベッタベタにベタな襖を開けたらそこに布団が!というシーンがあるので見逃せません
4

そんなオモロドラマもあと1回だなんてなんて悲しいのでしょう...ローサの父親役の井原剛志は明らかに小泉総理のコスプレだよね...あと今日の泉谷の死に方は面白過ぎて気が動転してしまいました。マンガ!!!
多分来週1回見るだけでも面白いと思うので皆様是非!
1
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ