image



















「アドバンスト・スタイル〜そのファッションが人生〜」試写に行ってきました。 NYに住むover60のハッスルウーマン達のドキュメンタリー。オシャレが大好き!とにかく着飾ることに夢中なマダム達がすんごい派手な服装で生き生きと街を闊歩する姿の眩しいこと!そしてみんな自信に満ち溢れている「あたし達センスが良くて良かったわよね」と言い合う79歳と93歳なんて最高!

私はとにかくニューヨークが大好きで聞かれてもいないのに「私のアナザースカイだわ…」と思ってるんだけどニューヨークって大阪に似てるんです。みんなの世話焼きな感じとかお喋りな所とか。1人で1ヶ月暮らした時、道に迷ってボンヤリしてたら「どうしたどうした」とやってきたり、立ち止まってたらやたら話しかけてきたり、エレベーターで会えば「そのピアスいいじゃない!」と話しかけてくれたり…だから毎日ほんと寂しくなかったなぁ。

この映画に出てくるマダム達も大阪のおばちゃんと同じ。世話焼きで目立つことが大好きで自信家。途中ブーッ!と噴き出してしまう面白シーンもあってあっという間の72分でした。

老いは怖い。とても怖い。漏らすほど怖い。白髪が増えることや肌が弛むこと、シワが刻まれること…今は怖くてそこからなんとか逃げようとしちゃうけど、受け入れて楽しむ、そんなおばはんになりたいなと思いました。登場するマダムで1番好きだったジョイスが

「若く見えるより魅力的に見えたいの。納得できる人生を送るには自分らしく前進するしかないわ」


と語る言葉に深く深く頷きました。 あとね、ジョイスのお孫さんがジョイスが身につけてるパールのロングネックレスをつけるシーンがあるんだけどとても美しいお孫さんなのにロングネックレスは断然ジョイスの方が似合うの!大振りのネックレスやイヤリング、リングは歳を重ねた女のもの。あれが似合うようになるなんて老いもいいやん、なかなかのお楽しみを人生に残してくれてるやん!って思えた。

歳を取ることは失っていく事とどうしても思ってしまってどんよりしてしまう私ですがこの映画を観て人生楽しんだもん勝ちだなぁとしみじみ思いました。


んで偶然やけど出てくるマダム、リンのお店に私行ってる(笑)見覚えのあるお店にワオ!と声が出そうになりました。


あーニューヨークに行きたいーーー

 image



















ジョイス素敵だ!