続けて書きますよ!いきますよ!

前回は仕様のお話でしたが今回はデザインについて。
『旅する草履』と名付けて今まで行った都市ならどこに着物を着て行きたいかな...と妄想しました。もちろん大好きだけど着物じゃないよねって国も。例えばタイとかハワイとかバリは簡単なワンピースやTシャツの方が過ごしやすい。など踏まえて頭に浮かんだ国は...

1番好きな国ニューヨーク
2番目に好きなパリ
思い出深かったアムステルダム
色合いが可愛かったホーチミン

この4都市に絞り込んであれこれ構想。4足のお気に入りができました
s全員上から

まずニューヨーク
スタイリッシュな街。降り立った時の興奮は忘れられない。最初に思ったことは「メ...メグ・ライアン...」でした。もちろん会える訳も無く。ニューヨークは不思議な縁がある街。元々全く興味がなかったのですが仕事で行く事になりニューヨークでホームスティをすることに。翌年友達のお兄さんがニューヨークに転勤になったのでこれ幸いとまた行く事に。数年後1通のメールからお仕事をいただき1ヶ月暮らす事に。その翌年仕事の成果を見に再びニューヨークへ。

いつ行っても刺激的でワクワクする大好きな街
カラーリングもスタイリッシュにしました。
sニューヨーク横から
鼻緒と台は思い切って同じ色目にして先ツボがグンと目立つデザインに。これ白足袋履いたら絶対素敵だぜ!
sニューヨークとアムステルダム
巻きはレッド、グレー、グリーンの3色。巻きの方向を左右で揃えているので右左逆に履くと表情が2パターン楽しめます。まずレッドがメインになるこちらと
sニューヨーク横1
グリーンがメインになるこちら
sニューヨーク横2
左右入れ替えるだけで雰囲気がグッと変わります。こちらはよりクールな印象に。
踵はこんな感じ。このビロードを綺麗に合わせるのも職人技!
sニューヨークかかと


続きましてパリ!
パリも降り立った時興奮したーーーーーーー金色の洪水!色彩の国。パリはシャビーシックな国と思っていたのでその色鮮やかな色彩感覚にガツンとヤラれて私の色の使い方もだいぶん変わりました。あまりの興奮に『ドギマギ★パリ』というイラストエッセイを出していただいたり。「サクレクール寺院」の美しさに号泣したりハンサムなパリジャンに追っかけられたり(なぜかこの大根の神様みたいな私がパリではモテた)ドタバタしましたが次どこの国に行く?と問われたら「やっぱり...パリかな?」とアンニュイに答える用意はいつでも出来ています。そんなパリはピンク!sパリ横から
オペラピンクの鼻緒にラベンダーの先ツボ。巻きはボルドー、グレイッシュベージュ、ラベンダー、洒落てるぜボンボヤージュ!

こちらも左右変えて楽しめます。ラベンダーメインで甘い印象
sパチ横1
ボルドーメインで大人の女
sパリ横2
sパリかかと
sパリ先ツボ
かわいい...


どんどん行きましょう!
次はパリから電車に乗ってアムステルダムへ!
大好きなイラストレーター「フィープ・ヴェステンドルプ」を訪ねる旅。フィープさんの手がけたキャラクターが所狭しと並ぶスーパーマーケットHEMAで興奮し過ぎて倒れそうになりました。画集を鬼買いしました。アムステルダムそのものは雑多なんだけどピクトグラムがいちいちオシャレで可愛い不思議な街でした。そんなアムステルダムは赤い鼻緒で
sアムステルダム先ツボ
sアムス横から
先ツボはブルーで。これまたオランダの大好きなイラストレーター「ディック・ブルーナ」のキッパリとした配色を意識して。巻きはレッド、グレー、ネイビー。

ネイビーメイン。アムステルダムの印象ってなぜかこんなカラーリングなんです。なぜでしょう。(なぜでしょうと言われても困りますよねすんません)
sアムス横2
左右を変えるとレッドメインに
sアムウ横1
可愛い。ベタベタした可愛さじゃなくてどこかスマートな可愛さ。私が感じたアムステルダム
sアムステルダムかかと



ラストはホーチミン
ベトナムの色は甘い色。ベトナムのお母さん達が着ている上下お揃いのパジャマみたいなお洋服が全部甘い色だったのが印象深いです。(可愛いので家の婆ちゃんにお土産に買って帰ったら「派手過ぎて着れん」とキッパリ却下された苦々しい思い出も。NOと言える日本人め!)街並はフランスの領土の名残が残るカラーリング。甘くてスモーキーなホーチミン。
sホーチミン横から
ピンクベージュの曖昧な色と先ツボの青味がかったグリーンがとても好きです。
巻きはピンクベージュ、チョコレート、ブルーグレーの3色

「野菜めっちゃ食べるよねベトナム」の思いも込めてのグリーン(笑)
ピンクメインで甘く女らしく。
sホーチミン横2
チョコレートメインでちょっと甘さを控えめに。でもこのお草履は甘く履いて欲しい!
sホーチミン横1
sホーチミンかかと
そうです。アポロチョコです。甘くてぼんやりした不思議なホーチミン。

sすらり反対側
s前から
s全部かかと

ずらり揃いました

s横っ面
ああかわいい!!!自分で作っておいて可愛いです。かなりこだわって作ったので今回はちょっとお値段がいつもよりアップしてしまいましたが損はさせません。職人の技がビシバシに入った宝物みたいな履き物になりました


あなたはどこに旅に出ますか?
本日夜9時出発しまっせ
s旅する草履メイン


webshop ばらいろ