ばらいろ通信(改 ミニョン堂通信)

長い白猫と着物好きイラストレーターのまいにち

カテゴリ: NYC日記

久々のNYC日記。
ゆるゆるですがお付き合い下さい

今回一切ニューヨーク感ナッシングです

さて無事にニューヨークに着きタカコママにも合うことが出来て一安心。私が生活するアパートメントも見れて美味しいご飯を食べてその夜は解散。

しかし!!!寝れない!!!まさかの時差ボケ。ヨーロッパ方面に行くよりもアメリカ方面に行く方が時差ボケって酷くなるんですね。この時差ボケに今後悩まされる事になるとは...

3時間程寝て翌日はいよいよ仕事開始です。お店はこんな感じ。窓が大きいので黒板が丸見え!ってことは通る人にも絵が見える。う...嬉しい
_MG_7644

現場を見て呆然
DSC01357

デッカ!!!!長い!!!これ私1人で描くの!?
DSC01372
しかも描いた事の無い「黒板」というキャンバス。一応日本で黒板の上に絵の具が乗るか実験済みではあるけどやはり不安。下書きは鉛筆がいいのかチョークがいいのか...11メートル超える黒板を前に佇む私であった

ちなみに2ヶ月くらいママとラフとかやり取りして最初「メインはお肉の食べ方と効能で楽しく食べている感じで尚かつ大阪とニューヨークを繋ぐような絵を」とムチャぶりな事を言われてたのでせっせこ描いていたんだけど途中から「やっぱり大阪感出さんでええわ」という鬼のような発言によりボツになってしまった絵がありますのでここの残しておきます。
※クリックしたら大きくなります。こんなお仕事お待ちしております。フフフ

まずは右手から流れるようにママの大阪のイメージである住吉さんの太鼓橋の風景から大阪城、道頓堀はたまた太陽の塔へ
1

食い倒れ太郎のような生き物が行った先には美味しい焼肉屋さんが
2

お店を抜けると大阪の通天閣の風景
3

と、ここまで描いてボツですわ...しかも渡米2週間前!脇汗ビッショリになりましたわ。でもママのお店に対するアツイ思いたくさんたくさん聞いてたから「いっちょやりましょか」的なテンションに。メールだけじゃなくスカイプのお陰かも。やはり対面して喋ったりちゃんと言葉を交わし合う事って大事だなぁと思った。ボツ作品は今こうしてブログに載せられたので軽く成仏できた気がします。いつか色も塗ってやろう

全く関係無いけど「万正」が好きなママに送った万正のママの似顔絵も記念に張っておきます。こんなん一部の人しかわからんけどな(笑)
download


さてこれらは無かった事になり何を描くのか?毎日メールで相談しましたこの先何年もお店を続けて行く事を考えると大阪にとらわれ過ぎていつまでも大阪命!って思われるお店よりもっと焼肉だけに焦点を置いて、シンプルに焼肉、ホルモンなんかについてでええかな〜と。このほうが、ユニバーサルでしょ?

うん。確かに。焼肉、ホルモンの歴史書いて、肉の栄養、説明、焼き方。。。

2人で毎日相談して結構見切り発車で飛行機に乗りました

しかし壁はこれだけでなく、私が全く英語を話せないために黒板に書く効能や説明が全然わかんない!そんであらためて思ったんだけど英語ってまどろっこしい!日本だと「肉うまい!」で伝わることも英語だと「This meat is delicious!」と長い...長過ぎる...漢字の合理的でシンプルな素晴らしさを異国で実感しました。

なので「こんな事書こう」と思って日本でまとめてニューヨークで文字おこしてもらった文章見たらすごい量!まずこれを短くまとめる作業が必要。しかし英語出来ず。ママの旦那さんに助けを求めて直し作業お願いしつつとりあえず真ん中に肉の部位のイラストだろう...と下書きを開始
IMG_0413
英語...勉強もっとしておけばよかった...

4分の1くらい下書きしてその日は終了




まさか翌日これ全部消す事になるとは知らずに...



このエントリーをはてなブックマークに追加

さてなんとか独りで飛行機に乗り込み緊張しながら席に。
本当に初めて1人で乗るのでドキドキが止まらない。窓際の席なんだけど3列シートで隣がカッポーーー!!!しかも異様にイチャつく2人でトイレに行くのに恐ろしく気を使った(帰りは通路側にしてもらおう)そう心に決めた。

しかしアレですね。1人の機内はつまんないわ。まずい機内食に毒づいたり土産物の冊子見て「飛行機乗っててこのソファー買おうって思う人って猛者だよねー」とか言いたいわ。ひたすら映画観て寝て過ごす。ちなみに朝ご飯がパンケーキとソーセージとサラダとパンだったのだが「パンケーキにパン!炭水地獄!」と白目をむいたのだがこれも誰にも言えず...

うつろな目で外を見つめる私。すごい意味不明な写真撮ってるわ。
女一人旅(飛行機苦手)BGM「異邦人」
_MG_7596


無事空港に着き入国手続きをマゴつきながらもなんとか済ませゲートを抜けるととてもハンサムなカップルが私を迎えにきてくれていた!タカコママと恋人!なんて美しいカップル!初対面なのに1人でいた寂しさのせいですぐなつく私。タクシーでいざ出発!

キャーーーー!!!ヌーーーヨーーーク!!!
_MG_7601

アパーメントを借りてくれたのはチェルシーという街。ニューヨークはこの旅で3回目だけどミッドタウンとかソーホーという派手な所しか行った事が無かったのでこんなクラシカルで静かな街があるのかーと感激!街並もレンガ作りで可愛らしい。

_MG_7636


ママ曰く「ニューヨークで一番女が安全な所よ」そう...ここはゲイタウン(本当に夜フラフラしてても大丈夫だった)
_MG_7605

_MG_7766
私の部屋はココ
_MG_7769

中は広い!
_MG_8101

_MG_8103
ここで3週間独り言を呟きながら暮らす事になります


この日はミートパッキングエリアのギャラリーをウロウロしたりママが好きな作品を観に行ったりインプットの日!アート作品をモリモリ見て「わけが...わからないわね」と言いながら歩く。そしてとても食べた!

まずはウエストヴィレッジにあるシーフードレストランMary's Fish Camp内装も潜水艦の中にいるみたいでかわいい。オーナーはここ周辺のドンとも言えるビアンの女性。兵藤ゆき似のハンサム
IMG_8696
ロブスターサンドにシュリンプ!うま過ぎる
IMG_1208

IMG_0374

その後マグノリアベーカリーでSATCのキャリー気取りでカップケーキを喰うもあまりの甘さに奥歯がガタガタなる
IMG_8870

後にこの度で私の胃袋となるチェルシーマーケットでウニのお寿司を食べて
IMG_5704

チャイナタウンに繰り出し火鍋。時差ぼけとハイテンションで満腹中枢崩壊
IMG_6973

IMG_0790


呑気過ぎる程呑気に1日目を終わらせた!腹爆発状態でアパートに帰り、興奮と時差ぼけで上手に眠れずドッタンバッタン寝返り打ちながら就寝


翌日から来る怒濤の日々をこの時の私はまだ...知らない
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッターとフェイスブックでは散々喜びの舞いを踊らせていただいたのですが

この度NYCにあるyakiniku TAKASHIのドレッシングのラベルイラストを描かせていただきました

じゃじゃーーーん!!!

DSC00414
キャップの色がキミドリってのがまた可愛い!さすがです

本当に嬉しくてニヤニヤしています
DSC00412
発売はまだ未定なんですが発売されたら並んでいる所見てみたいなぁ


ちょっとセンチな気持ちになりましたのでNYCでのことでも書きましょうかね。全然日記も書いて無かったし。書く書く詐欺だよ...って私の今までの詐欺ぶりをご存知な方は期待されてなかったと思いますがデヘヘ


と言う訳で今から2010年NYCの旅を今更ジロー的に書きたいと思います


まずは出会いから
突然メールが届いたのは2009年の年末
「どうも初めまして、オカマのタカ子と申しまして、 NYCからメールしてま〜す。」
アッパーな挨拶から始まったそのメールの内容はニューヨークにホルモン焼きのお店を出すのでサイトを作って欲しいというものでした。これは...誰だ?オカマ?そしてニュ...ニューーヨーク!?!?!?となってビビって返事もせずにしばらく時が過ぎ、旦那さんに「こんなメール来てん。知らない人やしイタズラかな?」と聞いてみたら「こんなんイタズラで送る?凄い事やで!返事してみ」と背中を押されて恐る恐るメールをしたのが始まり

どうやら私が関西で仕事をしたエルマガジン社の「関西肉本」を日本に帰国した時に見たのがきっかけだそう。すごい偶然。もし私がエルマガで仕事してなかったら肉本のマンガ描いて無かったら出会ってなかったんやと思うとエルマガジン社が神に見える!!!ありがとうエルマガジン社

そこから「サイトが作れないなら店の壁に絵を描いてみない?」と言われまた旦那さんに「こんなことなかなか無いで!がんばれ!」と応援されてほんでもってこの便利な世の中。ニューヨークと日本でスカイプで打ち合わせをして壁画のイメージを固めて行きました。

私の絵の作風でもあるイラストと文字を合わせたものを気に入ってくれたみたいでホルモンを食べたことの無いニューヨーカーにホルモンってどういうものか?どんな栄養があってどうやって食べるのかとイラストと文字にして壁中に描いて欲しいと言う事でした。聞けば10メートル以上の黒板!そもそも自分の作品にイマイチ自信が無い私。本当に出来るんかいな?考えるだけで手汗が止まりませんでした

でもタカコママの

「ほんで、ホルモン焼きは大阪の下町で在日の韓国人が始めたもの。現在どこにでもある上品な上品な、高級な焼肉とは全く違うもんなのよ。味もニンニク強烈、煙も臭いもバンバン。でも最高〜〜〜〜〜にウマい!一口食べるだけで笑顔になれる!それって素晴らしい事よね!」

というメールを読んで、みんなが美味しそうに食べている所とかざわめきとか煙の向こうに見える笑顔とかが頭に浮かんで、そこがニューヨークだと思うとワクワクしてきて、その背景に自分の絵があると思うと血沸き肉踊って来て「絶対がんばろう」と鼻息荒く誓った事をとても覚えてる

もちろん脳内再生された音楽はコレ!

事前にタカコママおすすめの鶴橋の「万正」で友人とホルモン焼きを豪快に笑いながら喰ってテンションもアゲてみた

しかし
英語も喋れねぇ!
海外に1人で行った事もねぇ!
そもそも飛行機も1人で乗った事がねぇ!
まさに「オラ、ニューヨークさ行くだ」状態
こんな私がニューヨークに行くだなんて.........

旅立ちは2月9日関空で絵の具を危険物と思われ何本か没収され不安で漏らしそうになりながらガタガタ震えて旦那に見送られ飛び立ちました。もう飛行機落ちる!とかばっかり考えて本当に怖かったの覚えている


が!!!!!!NYC吹雪で飛行機が東京で足止め


まさかの成田空港に降ろされ1泊「私の人生だいたいこんな感じだけど今回本気で大丈夫だろうか?」寒い雨の降る陸の孤島のような成田空港近くのホテルで暇をもてあましトランジット中の他所の国の皆さんとシャトルバスに揺られジャスコの無印でリュックサック買って(これがその後大活躍)冷めたお弁当食べて就寝


そして翌日2月10日


テイクオフ!いざヌーヨークへ!

つづく

_MG_7594



このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ