「イザ机に向かっても、10分も集中できない」
こんな経験ありませんか?

「10分も集中できない自分が情けない。あ〜自分で自分がイヤになる!だからどうせわたしなんて…」
こ〜んなネガティブしんきんぐに悩んでいる人、いるでしょう!

ではここで、ある東大理Ⅲ合格者の体験記を紹介します!

「私は高校2年の頃、部活にハマりこんでいました。そろそろ勉強しなきゃヤバいと思った高2の2月、勉強を始めてみたんですが、10分も集中できないくらい、集中力が落ちていました。」

天下の東大理Ⅲ合格者の中にも同じような悩みを持ってた人がいるんですよ。意外でしょ?

そもそも集中力というものは鍛えるものです。10分で集中力が切れてしまうのは、単に鍛えてないからです。筋トレやマラソンみたいなものです。よ〜く考えてみて下さい。今までまともに筋トレしていなかった人が、いきなり腕立て伏せ100回・腹筋200回、できると思いますか?あるいは、運動不足で下っ腹が鏡餅状態のおじさんが10km走れると思いますか?それと同じです。

集中力がないから勉強できない、ではなく!

勉強しないから集中力がつかないのです。

では集中力を鍛えるトレーニング方法を伝授しましょう。まずそうですね、今の実力で確実に解ける参考書をご用意下さい。中1の計算ドリルとか。それをまず、集中力が切れるまでやってみて下さい。普段10分で集中力が切れる人でも、30分くらいは集中できるんじゃないですか?

それに慣れてきたら、少しずつ負荷をかけます。30分→1時間→1時間半といった具合に。このトレーニングを1ヵ月も続ければ、どんどん集中力が鍛えられます。

あせらず、できることからやっていきましょう!

ぽちっと!
http://suguni.todai.in/